忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】太田 紫織」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 雨と九月と君の嘘

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 雨と九月と君の嘘/太田紫織
北海道、旭川。僕、正太郎と、櫻子さんが住む街だ。櫻子さんは、抜群の美貌とスタイルを持つお嬢様。けれどどこか残念なのは、彼女が骨を好き過ぎるから。その雄弁さに惹かれ、真実を探り出す様は、まるで探偵。
そんな彼女が、僕の高校の文化祭に来ることに。黙っていれば魅力的な彼女に、密かにときめく僕だけど、理科準備室で人骨が見つかり……。(「託された骨」)
北の美食も謎も満載。残念美人櫻子さんの最強キャラミステリ!


図書館で借りてきました。
これでこの方の作品も3冊目なのでカテゴリ作りますね。


【プロローグ】
【第壱骨 呪われた男】
【第弐骨 お祖母ちゃんのプリン】
【第参骨 託された骨】
【エピローグ】

が収録されています。
今回は全話アニメ化されたエピソードですね。
【1話】は内海巡査の友人の呪いを解く話、【2話】はばあやさんが舘脇くんのおばあちゃんが隠し続けた秘密を暴いてしまう話。
【3話】はあらすじにもある学校で見つかった人骨と猫の骨の話です。

あと今回からキャラクター紹介ページもあります。
櫻子さんと舘脇少年だけでなく、内海巡査と磯崎先生のイラストも用意されています。
アニメから入った身としては、藤岡夫婦のイラストがあるのに鴻上さんとばあやさんのイラストがないのはちょっと残念というか不思議な気がします。

あ、アニメでは1話から登場していましたが、原作ではここでようやく磯崎先生初登場ですね。
正直、アニメをみている当時、CV:石田章さんの時点で「こいつ絶対裏がある……」とか思ってました。
後に、CV:子安秀人さんが出て「あ、こっちが黒幕か」ってなりましたけどね。

今回はちょっと少な目な感じでしたけど、北海道あるあるの話。
プリンが家庭の味云々は、それこそ家庭によるよな、と思って読んでました。
我が家のプリンは手作りなんてしてなかったので3連プリンでしたし(笑)

卵焼きが家庭の味なのは否定しないけどこれは全国共通だし、北海道ネタでまとめるならそれこそザンギが家庭の味かな、なんて思ってしまいました。
後はそうですね、私はジンギスカンザンギって食べたことないんですが、これ有名なんでしょうか。
道民のみなさんにぜひ聞いてみたいです。


作中でも触れられていましたけど、今回は舘脇少年の成長が目立つ話だったな、と。
【1話】での気づきもそうだし、【3話】で櫻子さん相手にしているなんてまさにそうですよね。
こういう物語を読む上で成長していく様子ってやっぱりいいなーなんて思ってしまいました。

で、エピローグ
櫻子さんからもう来ないようにいわれて、それを拒むわけです。
櫻子さんからするとそれは一種の愛情なのかな。舘脇少年が死ぬ様をみたくないってことですから。
でも、舘脇くんからするとそんなオカルトじみたこと信じられないと。
一応、これからも来訪し続けるってことで話は終わりましたが、櫻子さんは彼と舘脇くんを重ねみている点もあるし……って感じかな。

また、そのうち図書館で続編を借りてきたいと思います。

拍手[1回]

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と柘榴と夏休み

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と柘榴と夏休み/太田紫織
北海道、旭川。とあるレトロなお屋敷に、「櫻子さん」が住んでいる。彼女は型破りなお嬢様。 骨を偏愛し、骨と死体の状態から、真実を導くことができる。 そんな彼女と一緒にいると、平凡な高校生であるはずの僕まで、骨と縁が深くなるようで……。
夏の初め、櫻子さんに付き合って出かけた僕は、山道でひっそりと眠る骨に遭遇する。その骨に隠された悲しい秘密とは……。
お陰様で大人気! 新時代の才能が放つ、最強キャラミステリ!


図書館で借りてきました。
これの続編になります。


【プロローグ】
【第壱骨 夏に眠る骨】
【第弐骨 あなたのおうちはどこですか】
【第参骨 殺されてもいい人】
【エピローグ】

が収録されています。
3話以外はアニメでも放送されていましたね。
1話は鴻上さんのおばあちゃんの話、2話はいいちゃんのお話です。
ちなみに放送されなかった3話は薔子さんの実家のお話。

ほぼアニメ通りの内容なので、1、2話はさらっと読み終えることができました。
ずっと「いーちゃん」だと思っていたのですが、正しくは「いいちゃん」だったようです。

鴻上さんといいちゃんが知り合いだったという設定はご都合主義だな、と思っていたらアニメオリジナルで、尺の都合のご都合主義だったようです。


3話は読んでいて素直に、今時こんな人いるんだろうか、と。
なんとなく昭和の物語の世界のイメージ。松本清張とかそんなの。まともに読んだことも見たこともありませんけど。
おもしろいけど、正直、読んでいて気持ちのいい話ではないですよね。

あとはそうですね。
こういう話をするのならば、医者の介在しない嵐の山荘あたりのほうがおもしろかったのでは、とも思いました。
死因の特定も容易ではない状況で、それぞれが自身の罪を告白し、誰が犯人か疑心暗鬼に陥ると。
でもまあ、この話はそこがメインではないのでしょうしこれはこれでいいんだろうと思いますが。

すごくどうでもいいのですが、
「櫻子さんはいつも、殺意は病だという。」(p233)
ってあって、ネウロを思い出してしまいました。
このシリーズにおけるシックスは、あの人なんでしょうが、まだまだ姿は見えませんね。アニメではこの辺からちらほら出ていたのですが。


アニメを見ていたときも気になっていたのですが、在原さんって本当に何なんでしょう?
櫻子さんの婚約者であり、警察関係者。
いつも忙しそうにしている人だってのはわかるんですが、姿が見えないんですよね。
語り手である僕・館脇くんは彼をすごい人だといい、それなりに交流があるような気配はあるものの登場しないので。

というか、婚約者が年頃の男の子と二人っきりで出かけたりしてても気にしないって逆にすごくないですか?
在原さんが館脇くんをそこまで信用している理由が知りたいなぁと思いました。

このシリーズはもう数冊図書館にあったのでまた借りてきたいと思います。

拍手[0回]

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

櫻子さんの足下には死体が埋まっている/太田紫織
北海道、旭川。平凡な高校生の僕は、レトロなお屋敷に住む美人なお嬢様、櫻子さんと知り合いだ。けれど彼女には、理解出来ない嗜好がある。なんと彼女は「三度の飯より骨が好き」。
骨を組み立てる標本士である一方、彼女は殺人事件の謎を解く、検死官の役もこなす。そこに「死」がある限り、謎は解かずにいられない。そしてのくは、今日も彼女に振り回されて……。
エンタメ界期待の新人が放つ、最強キャラ×ライトミステリ!


図書館で借りてきました。
発売当時から気になっていた作品なので読めて良かったです。


【プロローグ】
【第壱骨 美しい人】
【第弐骨 頭(こうべ)】
【第参骨 薔薇の木の下】
【エピローグ】

が収録されています。
プロローグとエピローグがありますが、短編連作の体なのこの巻はどの話から読んでも大丈夫だと思います。
事実、アニメでは【頭】が一話として放送されていたはずですし。


前知識はアニメを一通り見ている程度です。
アニメでみているからなーと思いつつ読み始めたのですが、収録されている3話中2話はアニメにならなかった話だったのでアニメをみてても十分楽しめました。

物語は骨を愛してやまない標本士のお嬢様・櫻子さんと物語の語り手である舘脇少年の物語です。
1話は少年の淡い青春の思い出的なお姉さんの死を、2話は骸骨と心中死体の謎を、3話は秘められた薔薇の下の約束について描かれています。

物語の語り口から現在進行形の話を語っているかと思っていたのですが、2話ラストで山路巡査との交流について触れられているところで
「美酒を味わいながら、甘エビをつまみに櫻子さんの『武勇伝』に二人で花を咲かせるようになるのだけれど」(p183)
とあるのです。なので、この話が語られているのは少なくても作中で高校生である少年がお酒を飲めるようになった数年後以降であるということがわかります。

深読みしたくなる言葉も同じページにあるんですよね。
「櫻子さんが受け取れなくなった後は、かわりに僕の元に届けられるようになった」
うーん、これはどういう事情で受け取れなくなったのか、気になるところです。


この作品の舞台は北海道旭川。
作者が札幌出身、旭川に暮らしていたこともあったらしく随所に北海道あるあるがちりばめられています。
アニメでも登場するコンビニがセイコーマート(道内を網羅しているコンビニ。札幌をはじめある程度の市ならともかく田舎だとここと個人経営の商店ぐらいしかなかったりすることも。通称セイコマ)だったり、ビタミンカステラが登場したりと北海道感がでていたんです。
原作からしてそうだったんですね。
ゆめぴりかは高級品ってくだりには思わずくすりとしてしまいました。
そうなんですよねー。
ふつうは特売のほしのゆめかななつぼしです。一昔前はきらら397なんかもありましたけどめっきり見かけなくなりましたね。
閑話休題。


ミステリとしてはちょっと弱いというか、すべての情報が提示されるタイプのものではないのですが、それでも読んでいてわくわくするし、櫻子さんは次はどんなことをしてくれるんだろう?と気になってしまういい作品でした。

3話の影響で、響野夏菜さんのS黄尾読みたくなりました。
多分羊たちの祭壇 ?でももう図書館からなくなってしまったんですよね……。いつか読み直したいものです。

このシリーズは図書館に続きが数冊あったのでまた借りてきたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR