忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】乙一」の記事一覧

夏と花火と私の死体

夏と花火と私の死体/乙一
九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく――。
こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。
次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れることができるのか? 死体をどこへ隠せばいいのか? 恐るべき子供たちを描き、斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、早熟な才 能・乙一のデビュー作、文庫化なる。


ちょっと前に手に入れる機会があったので随分久しぶりに再読です。
なので(?)私が持ってるのは藤崎竜カバーではなく石段が描かれた方だったりします。


短い作品なので、表題作【夏と花火と私の死体】【優子】が収録されています。
まずは、【夏と花火と】の方から。
この作品の何がすごいかって、タイトルの通り"私"は"死体"なんですよね。
冒頭で物語の語り部である少女・五月は死んでしまいます。

主人公が初っ端で死んでしまう作品っていうのはまあ、なくはないです。
漫画ですけど、幽遊白書あたりが有名でしょうか。
けど、幽白はよみがえりますし、最近流行りの異世界転生モノも主人公が初っ端で死ぬけど転生ですから物語のほとんどが生者として語られます。
主人公ではなく、他の登場人物が死んで後ろで幽霊としてフワフワしてる状態で語り手を担う作品もちょっとすぐには思いつきませんが探せばあるでしょう。

けれど、この作品はそれらとは一線を画しているのです。
何が違うかって物語の最後以外すべて"わたし"の視点で語られているという何とも不思議な書き方をされているのです。
解説の小野不由美さん(豪華!)の言葉を借りると
「これはむしろ、『わたし』という自称を持つ神の視点なんだと思う。(中略)この神はかつて五月という九歳の少女であり、五月の記憶を持っており、五月の情感の残滓を留めているのだが、確実に記述上の『神』だ」(p218)
こんな感じ。

聡明かつ胆力のある少年である健くんの主導で、妹の弥生ちゃんとともに五月の死体をどうするかと右往左往する訳ですが、正直ご都合主義な感じはあるし、ラストはあれで五月の死体が見つからないことになるのはちょっと無理があるでしょう。
それでも死体の視点で語られるという奇抜さだけで読ませるだけの力があるすごい作品。

子どもの無邪気さが恐ろしい作品でした。


次は、【優子】
再読なのでこちらも一度読んでるはずなんですが、全く覚えていませんでした(笑)
清音という少女がとある家で住み込みで働くようになり、その家の主人の妻の存在に不信感を抱くようになるお話。
叙述トリックの妙というか、清音の視点で語られているからこそ許される作品ですね。

どこまでが事実であり、どこからが幻覚だったのか……。
途中でなんとなく気づきましたが、それでも不気味な作品でした。

今度はダークじゃない乙一作品を読みたいです。

拍手[1回]

ZOO 1、2

ZOO 1 (集英社文庫)ZOO 1/乙一
何なんだこれは! 天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのに何故か姉のヨーコだけが母から虐待され……(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。
ZOO 2 (集英社文庫)ZOO 2/乙一
天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集その2。目が覚めたら、何者かに刺され血まみれだった資産家の悲喜劇(「血液を探せ!」)、ハイジャックされた機内で安楽死の薬を買うべきか否か?(「落ちる飛行機の中で」)など、いずれも驚天動地の粒ぞろい6編。文庫版だけのボーナストラックとして、単行本に入っていなかった幻のショートショート「むかし夕日の公園で」を特別収録。


今年最後の感想になります。
なんとか目標に達することが出来ました。
あとで一覧をアップしますね。


1には【カザリとヨーコ】【SEVEN ROOMS】【SO-far そ・ふぁー】【陽だまりの詩(シ)】が、
2は【血液を探せ!】【冷たい森の白い家】【Closet】【神の言葉】
【落ちる飛行機の中で】【むかし夕日の公園で】が収録されています。

あらすじの感じだと単行本版と収録順が違うのかな。

私がこの作品をはじめて読んだのは、単行本版でした。
高校生のときに乙一さんの作品が流行っていて図書室で借りて読んだ記憶があります。

その当時「【SEVEN ROOMS】が好き」といったらドン引きされた覚えが(笑)
今改めて読み返してみても、これ相当怖いですよね。
やっぱり好きですけど。


当時良さがわからなかったものも楽しめました。
ジャンル分け不能の言葉通り、どういうジャンルか聞かれると首を傾げてしまうんですが、どちらかというとホラー寄りですよね。
めちゃくちゃ怖いというより、読み終わってぞっとするというか。
そんな感じの作品が多いです。
あ、【陽だまりの詩】は感動話だし、【血液を探せ!】は喜劇っぽいですけど。


おもしろかったです。
乙一さんの作品って印象深いものが多いので、なんとなく覚えている作品が多かったんです。
ですが、細かな点は結構忘れていたので十分楽しめました。

乙一さんの作品はまだいくつか持っているんですが、持ってない作品も多くて。
改めて読み直したい作品とか結構あるんで、少しずつそろえていけたらなと思います。

拍手[0回]

GOTH モリノヨル

GOTH  モリノヨルGOTH モリノヨル/乙一 写真/新津保建秀
12月のある土曜日、森野夜はひとり殺人現場へと向かった。記念写真を撮るために――
書き下ろし小説100枚×新津保建秀の撮り下ろし写真で鮮やかに浮かび上がる、黒乙女の輪郭。
乙一GOTH6年ぶりの最新作!


図書館でたまたま見つけたので借りてきました。
GOTHにこんなものがあったのなんて知りませんでした。


【GOTH番外編 森野は記念写真を撮りに行くの巻】とたくさんの写真が収録されています。
帯の感じからして、映画化された時に出版されたものっぽいですね。


正直、写真にはあまり興味がなく、乙一さんの小説だけが目当てだったんですが、小説を読み終わってからだと写真もそれなりに楽しめました。

被写体の少女って、単行本のカバー裏の少女と同一人物なのかなー?とか思ってみていました。
引っ張り出してきて確認するのはちょっと面倒だったので、きっと謎のままですね。


まず、小説。
おもしろかったです。
相変わらず森野夜は殺人犯とのエンカウント率が高すぎますね。

タイトルの「モリノヨル」は、登場人物の"森野夜"と事件現場である“森の夜”の二重の意味がかかってるんですが、こう薄暗い感じで淡々と進んでいくこのシリーズ好きです。

今回も森野夜は何もしりません。
殺人犯との邂逅を望む彼女は実は何度も殺人犯と遭遇し、狙われているんです。
でも、森野夜はそれ知らない。

それを知っているのは少年と犯人だけで、少年の手によってそれは闇の中に葬り去れら手しまう、と。
少年は犯人をも手玉にとっている印象があるので、やっぱり全ては少年の掌の上なんですよねー。

少年の名前はここでは明かされていません。
気になる方は本編を見てね、ってことなんでしょうか。


次、写真。
比較的薄めの本なんですが、カラーページが半分をしめ、小説部分もそれと同一の紙を使っていることもあってちょっと重いです。
小説を読んだあとだと、「小説のあのシーンはこういうことだったんだな」と思いながら見ることが出来ました。

ただ、最後の方にあるミニスカートの少女が「あれ?」と。
前半にある写真が黒タイツだっただけあってちょっと首を傾げてしまいました。


写真とか基本見ないので、ちょっと新鮮でした。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR