忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

夏と花火と私の死体

夏と花火と私の死体/乙一
九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく――。
こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。
次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れることができるのか? 死体をどこへ隠せばいいのか? 恐るべき子供たちを描き、斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、早熟な才 能・乙一のデビュー作、文庫化なる。


ちょっと前に手に入れる機会があったので随分久しぶりに再読です。
なので(?)私が持ってるのは藤崎竜カバーではなく石段が描かれた方だったりします。


短い作品なので、表題作【夏と花火と私の死体】【優子】が収録されています。
まずは、【夏と花火と】の方から。
この作品の何がすごいかって、タイトルの通り"私"は"死体"なんですよね。
冒頭で物語の語り部である少女・五月は死んでしまいます。

主人公が初っ端で死んでしまう作品っていうのはまあ、なくはないです。
漫画ですけど、幽遊白書あたりが有名でしょうか。
けど、幽白はよみがえりますし、最近流行りの異世界転生モノも主人公が初っ端で死ぬけど転生ですから物語のほとんどが生者として語られます。
主人公ではなく、他の登場人物が死んで後ろで幽霊としてフワフワしてる状態で語り手を担う作品もちょっとすぐには思いつきませんが探せばあるでしょう。

けれど、この作品はそれらとは一線を画しているのです。
何が違うかって物語の最後以外すべて"わたし"の視点で語られているという何とも不思議な書き方をされているのです。
解説の小野不由美さん(豪華!)の言葉を借りると
「これはむしろ、『わたし』という自称を持つ神の視点なんだと思う。(中略)この神はかつて五月という九歳の少女であり、五月の記憶を持っており、五月の情感の残滓を留めているのだが、確実に記述上の『神』だ」(p218)
こんな感じ。

聡明かつ胆力のある少年である健くんの主導で、妹の弥生ちゃんとともに五月の死体をどうするかと右往左往する訳ですが、正直ご都合主義な感じはあるし、ラストはあれで五月の死体が見つからないことになるのはちょっと無理があるでしょう。
それでも死体の視点で語られるという奇抜さだけで読ませるだけの力があるすごい作品。

子どもの無邪気さが恐ろしい作品でした。


次は、【優子】
再読なのでこちらも一度読んでるはずなんですが、全く覚えていませんでした(笑)
清音という少女がとある家で住み込みで働くようになり、その家の主人の妻の存在に不信感を抱くようになるお話。
叙述トリックの妙というか、清音の視点で語られているからこそ許される作品ですね。

どこまでが事実であり、どこからが幻覚だったのか……。
途中でなんとなく気づきましたが、それでも不気味な作品でした。

今度はダークじゃない乙一作品を読みたいです。

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR