忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】高里 椎奈」の記事一覧

緑陰の雨 灼けた月 薬屋探偵妖綺談

緑陰の雨 灼けた月<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)緑陰の雨 灼けた月 薬屋探偵妖綺談/高里椎奈
「灰色の木を金色に戻す薬を下さい」不思議な合言葉を告げるとトラブル相談所に早変わりする深山木薬店を女子高生エリカが訪れる。寝ている布団が突然泥だらけになる、ぬいぐるみがカッターナイフで襲ってくる、自宅で続く怪奇現象に悩む彼女に、秋は四日で解決すると請け負うが? 大人気シリーズ第5弾。


かなり久しぶりな気がする薬屋探偵シリーズです。
前巻を紹介したのって、去年の6月!? うわー1年以上も紹介してなかったんですね。


今回は、刑事さんたちは登場しません。
ざっと登場人物紹介を見てから本編を読み始めたので出ないことはわかっていたのですが。

かわりにお兄さんが出ていてちょっとびっくりしてしまいました。
そういうつながり方をするとは思いもしてませんでした。


今回の依頼人は、車谷エリカ。
そうシャドウの片割れです。前述のとおり、前巻を読んだのがだいぶ前だったこともあり、ある程度読み進めるまでエリカ=シャドウと思い出せませんでした。

彼女の身に降りかかる怪奇現象をどうにかしてほしいという依頼を受け、秋たちは今回別行動を取ります。

秋と座木は調査を。
リベザルと柚之助はエリカの護衛として福島へ旅行へ出かけます。

柚之助は、依頼の数日前から深山木薬店に居候していた妖怪。
野狐である柚之助は見た目的にはリベザルとほぼ変わらない年齢なので、一緒になって妖怪らしく(?)いたずらして遊んでる姿はすごく楽しそうでした。


調査を進める課程で秋たちは2人の女子高生と知り合います。
栗東(りと)ちゃんと美浦ちゃん。

彼女たちに校内を案内される途中で美浦ちゃんがいなくなってしまいいったいどうなってしまうのかとハラハラしながら読んでいました。

依頼とは関係ないところで起こった事件。
それはすごく痛ましいな、と思いました。
なんていったらいいのかな。一見何の変哲もない人が隠す狂気とでもいえばいいのか。ちょっと怖かったです。

さて本筋に戻って。
エリカちゃんの身に起きていた怪奇現象の犯人は柚之助でした。
柚之助が慕っていた人間をまつった石碑を足蹴にされ怒っていたんですね。

まあ、その石碑は石碑と認識されていなかったのでエリカちゃんはそんなこと知りもしなかったんですが、知らなかったら何しても許されるって訳じゃありませんからね。

彼女の謝罪を受け、事件は終わりを迎えます。

そうして柚之助はリベザルの前から姿を消してしまうんです。
リベザルって「せっかく仲良くなれたのに……」ってことが多い印象があったので、今回もまたなのかとちょっと悲しくなったんです。
が、まだまだ未熟な柚之助はリベザルが振り回した手にあたって姿を表してしまいます。

ちょっと間が抜けてるけど、そうして笑いあえたのならすごくいいことだと思いました。


エリカちゃんは確かに気の強い女の子です。
手足がでるのは早いし、頭の回転もはやい。1を言えば10反論するタイプの子。

彼女をよく知らなければ確かにひどい子だと思われてしまうのでしょう。
でも、ちゃんと向き合ってみればぜんぜんひどい子じゃないんですよね。
むしろいい子かも。
彼女が素直に相棒である円くんに好意を告げられる日は来るのかな、とちょっと本編関係ないところで楽しくなってしまいました。

途中、座木が「秋は好意に鈍感だ。冷たすぎる」と窘めるシーンがあるのですが、最後の最後で栗東ちゃんと美浦ちゃんが座木に声をかけた理由が明かされるんです。
それを読むと座木も人のこといえないなぁ、と皮肉っぽく思ってしまいました。
座木は美浦ちゃんの番号を携帯のメモリーから消しています。
もう関わることはないとの意思表示なんでしょうけど、ふつうに考えて美浦ちゃんからのアプローチは可能でしょう?
今後が描かれる可能性はなさそうですが、ちょっと気になりました。

気になるといえば円くんの後輩で図書委員の亜鳥くん。彼、気になるなー。いじりがいがあってかわいい(笑)
この作品って思ってもいなかったところが所々つながっているので、いつの日かまた登場することもあるのかな?とワクワクしてしまいました。

次巻は今回ほど時間をあけずに読めたらいいな。せめて半年くらいで。

拍手[0回]

金糸雀が啼く夜 薬屋探偵妖綺談

金糸雀が啼く夜<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)金糸雀(カナリア)が啼(な)く夜 薬屋探偵妖綺談/高里椎奈
深山木薬店の三人組に分裂の危機が! 展覧会からサファイアを盗み出す犯罪計画に巻き込まれた座木とリベザル。だが一方で秋は盗難警備の依頼を受けていた! さらに、対決の場に突如現れた道化師の死体とは? 混乱する事態はいかなる結末を迎えるのか? 花屋の主従コンビが新登場する快調シリーズ第4弾。


2ヶ月ぶりの薬屋探偵です。もっと間あいてるような気がしていたのですが。
この作品、過去の紙媒体の記録を見ていたら高校生のときに1度読んでるみたいなんですが、まったく覚えてなかったです。
そういや、図書館で借りた覚えはあるのですが、内容に関しては微塵も……。

本に関しての記憶はそれなりに自信があったのですが、自信がなくなってきました(汗)


今回のメインは座木かな。
過去作品に名前だけは登場していた花屋「花花」のカイ(本当は漢字なんですが、出ない…orz)。
彼がリベザルに強制的に盗難を協力させようとするところからはじまります。

リベザル本人は気付かないのですが、催眠術にかけられて「カイに協力することが当たり前」だと思い込まされるのですね。
それを放置できない座木はカイに協力することになります。
しかもあらすじにもある通り、秋は警備側にまわることになるので、座木と秋が対立する形に。

座木が秋に挑むというのはこういう展開でもないとまずありえませんね。
秋の行動に異をとなえることぐらいはしそうですが、それだけで終りそうというか。
ボイコットをすることはあっても、敵にまわることはないというか。座木に関してはそういうイメージがあったので。

そういう意味ではこの話はけっこう貴重なのではないでしょうか。


カイの性格が結構好きです。
ちょっとおバカなんだけどいい人で、実は結構おしゃべりで。
元々群れを作る種族だということなので、仲間にさえなれればすごく大事にしてくれそうですし。
それは今回の盗難の目的――胭李(イエンリィ)の声を取り戻すためという理由を鑑みればわかりますよね。

「何が欲しい?」と聞かれて「新しい帽子」と答えたリベザル。
カイに「お前可愛い奴だなぁ」と評されてましたが、激しく同意します。
欲がないというか、ただ単にニュアンスの違いがわかってないだけなんだと思いますが、あれはすごく微笑ましい。


今回1番びっくりしたこと。
葉山さんってキャリアだったんですね!
びっくりです。とてもそうは見えませんよ。
あれ、階級って明らかにされてましたっけ?キャリアで25歳ならなんだろ警部とか警部補とかが普通なのかな?
でも昇進試験受けてないってありましたから、実際はもっと下なのかなー。

私の中で、高遠さんと葉山さんのコンビってどうしてもネウロの笹塚さんと石垣さんとかぶるんですよ。
高い能力を持っているもののそう見えないやる気なさげな先輩と、警察官らしからぬ後輩。
石垣さんも最終巻間近を迎え、成長が見えるまで「警察じゃなくて科捜研に入ればよかったのに」と思っていたので、葉山さんの夢には妙に納得してしまいました。


今回の話、というかサファイアに秘められた過去は悲しいものでした。
人と妖怪の老いる速度の違いというのは、妖怪と人が交流していくこの手の話では必ずといっていいほどあげられるものではあるのですが、それでも悲しい。
そのあたりは仲良くなればなるほど辛いのだろうな。


結局最初から最後まで秋の手の平の上な訳でしたが、それでも座木が秋に挑むという珍しい話が読めたので良かったです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

悪魔と詐欺師 薬屋探偵妖綺譚

悪魔と詐欺師〈薬屋探偵妖綺談〉 (講談社文庫)悪魔と詐欺師 薬屋探偵妖綺談/高里椎奈
毒死した京都の外科医、轢死した東京のプログラマー、出血死した鳥取の書店員…場所も日時も別々で互いに無関係な六人の死。自殺、事故死、殺人としてすべて解決したはずのこれらの事件の共通点とは何か? 薬屋探偵三人組の良心座木が難攻不落の謎に挑む! 個性派キャラが続々登場する好調シリーズ第3弾。


ずいぶん久しぶりな気がする薬屋シリーズ第3巻です。
これで高里さんの作品3つ目なのでカテゴリ作りました。


この作品は異色作。
短編集なのかと思うような事件が3つ続きます。そして、それらを全て結ぶ話が語られます。

その全てを結ぶ線を前回登場した刑事さん――高遠さんと葉山さん――と座木とリベザルをメインに話は進みます。

今回は秋の出番はあまりなし。
というか、出番はあるんですよ。
でもその出番が妙というか最後まで読まないと一体どういうことなんだ?と首を傾げてしまうというか。
そんな感じ。


毎回思うことなのですが、リベザルが可愛い。
葉山さんが悶えてましたが、わからなくもない。
秋の可愛さというのはほぼ見た目の問題なので、小説という媒体ではわかりにくいんですが、リベザルの可愛さは小説でも十分わかります(笑)

リベザルがいろいろ考えて、自分から苦手な人付き合いに挑戦しようとする様は読んでいて素直に応援してあげたくなりました。
で、ちょっと疑問に思ったこと。
今回リベザルは読み書きが出来ないらしいという描写がされています。
文字の練習をしていたり、座木に雑誌を読んでもらったりしているところからわかりますよね。

が、その一方で座木が作成した表を確認したり、前話で雑誌の推理パズルみたいなやつに応募しようとしていたような気がするんですが。
その辺どうなっているんだろうなぁ……。あんまりつっこんじゃダメかな。
私が持っているのは第5版なんですが、脱字とかありましたし、もしかしたら最新版では修正されているかもしれませんね。


『悪魔と詐欺師』というタイトル。
すべて読み終えるとそういうことだったのか、と思わず納得してしまいました。
が、ミステリーとして楽しむにはちょっと結末が放り投げられているような気がします。
だからこその異色作ってことなんだと思うのですが、こういう終わりもありかなと、妙にすんなり受け入れられました。

今作でもまたゼロイチの扱いが悪くてちょっとかわいそうでした(笑)
けどここの力関係ってきっとかわらないんだろうなぁ。


そこまで気にすることじゃないんですけど、今回の解説、朝香祥さんなんが書かれてます。
シリーズ3作のうち2作がライトノベル作家ってある意味すごいですね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR