忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】高里 椎奈」の記事一覧

黄色い目をした猫の幸せ 薬屋探偵妖綺談

黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)黄色い目をした猫の幸せ 薬屋探偵妖綺談/高里椎奈
薬屋の看板を掲げながら、揉事相談所を裏家業にしている深山木薬店に少年殺しの依頼があった。引き受けれらるはずもないが、後にその少年がバラバラ死体で発見されたことから事態は緊迫! 店主・秋に殺人の容疑が降りかかる。凄惨な事件の裏にあるあまりにも意外な真相とは!? 好評薬屋探偵シリーズ第2弾。


銀の檻を溶かしての続編。
表紙をあまりじっくり見ることがなかった上に帯がずれていたため気づかずにいたのですが、表紙にザキいたんですね。
ずっと秋と拗ねたリベザルだけだと思っていました。


秋と刑事さんたちの会話が好きです。
手玉にとられる衒崎さん、対等に会話しているようでやっぱり手玉にとられてる高遠さん、そして秋にべたぼれ(笑)の葉山さん。
うん、楽しかったです。

高遠さんを見ていて誰かに似ているなぁ、と思っていたのですが、ようやくわかりました。
魔人探偵脳噛ネウロに出てくる笹塚さんでした。
どちらもやる気がないけれど、頭がいい人で愛煙家。

多分、高遠さんは笹塚さんほど目が死んでないと思うのですが、なんとなく似ているなぁくらいな感じ。
ああ後は、高遠さんの方が部下にたいして優しいですね。笹塚さんは石垣さんに対して厳しすぎたというか。
いやあれは石垣さんが悪いのか。
閑話休題。


リベザルが元の姿でごはん食べてる姿が可愛くて仕方なかったです。
赤いたわしに試験管ブラシをつけたような姿なんですよね。
ザキに続いて表紙に登場することを願います。
絶対かわいいんだろうなぁ。


リベザルが拗ねるんですが、秋の配慮がわかりにくいから仕方ないよな、と。
秋もリベザルの思考能力を分かっているんだからもう少し説明してやるくらいの心遣いを見せてやればいいのに、と思いました。
まあ、それをやったら秋じゃないか、とも思うのですが。


良太くんのおじいさんに秋が「うそつき」というんですが、学生時代に何があったのか、そして一体何が嘘だったのか気になりました。
秋が春だったころのこととかいつか語られることがあるのでしょうか?


最後、良太くんが自己防衛のために記憶を失うのですがそれがすごく悲しかったです。
結局2人は喧嘩別れしてしまってる訳ですから、図らずもリベザルが言った言葉の通りになってしまったわけです。

10年後に再会するとなってましたが、22、23歳くらいになっているであろう良太くんと姿が全くといっていいほど変わっていないだろうリベザル。
どういう再会の仕方をするのか非常に気になりました。

今回、妖怪はほとんど出てきませんでしたが、おもしろかったです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談/高里椎奈
見たところ二十代後半の爽やかな青年・座木(通称ザキ)、茶髪のハイティーン超美形少年・秋、元気一杯な赤毛の男の子リベザル。不思議な組み合わせの三人が営む深山木(ふかやまぎ)薬店は探偵家業が裏の顔。だが、もっと驚くべきことに、彼らの正体は○×△□だった!? 謎解きはあくまで本格派をいう第十一回メフィスト賞受賞作。


読み終わるかなぎりぎりかなーと思っていたのですが、全然問題ありませんでした。
私の場合、7時まで読み終わっていないと感想書くのに間に合わなくなってしまうんですけど、6時ちょっとすぎには読み終わってました。
かなり余裕でした。
結構厚め(400P超)だったんですけど思っていたより読みやすかったです。


まず、店頭で1番に惹かれるのは表紙だと思うんです。
唯月一さんが描かれた表紙だけ見ると一瞬「ラノベ?」と思ってしまうのですが、かなりしっかりした物語です。
けどまあ、メフィスト賞受賞作ってこともありますし、設定だけみたら若干ラノベっぽいとも思います。

メインとなるのはあらすじでも紹介されている座木(くらき)ことザキと秋とリベザル。
三人の正体は妖怪です。あらすじでこそ濁していますが、目次のすぐあとにある登場人物紹介では普通に妖怪となってますからここで言ってしまっても問題ないかな?と。


物語は一部例外こそあるものの基本的にリベザル視点の三人称で物語は進みます。
秋を師匠と呼び、ザキを兄貴と呼ぶリベザルは可愛くて仕方ないです。
そして、本体というか本来の姿が見てみたいです。
15センチくらいの赤い毛玉で尻尾は試験管ブラシ。動いてる描写も可愛くて。


探偵役は秋なんですが、考え方が人間とはかなり違うのでちょっと納得いかない方もいるかもしれません。
正直私も「それってどうなんだ」と思ってしまいました。

それでもまったく関係のないと思われていた事件が繋がっていくさまはなかなかおもしろかったですけどね。
ちょっと強引すぎるかな、とも思いましたが、まあそこは物語ですし、デビュー作だし。
それくらいは仕方ないのかな、と。


リベザルは前述のとおり、可愛くて仕方ないです。
あとは秋の友達(?)のゼロイチこと桜庭零一が好きですね。
少ししか出ていないのですが、リベザル以上に秋に酷い目にあわされていそうで……。
彼ってきっとどこまでいっても貧乏くじばっかりひいてるんだろうなぁ。


解説を「今日からマのつく自由業!」を書かれている喬林知(たかばやしとも)さんがされているんですが、ものすごいツッコミたくなる解説でした。
多分、喬林さんの意図とは違うんだと思うのですが、まるマシリーズを知っているので覚えてしまった疑問というか。
知らない人にはまったく気にならないと思います。
でも知っているの私は「そんなこといってていいの?」と思ってしまったんですよね。

エピローグのリベザルが可愛くて「ああ面白かった」で終わっただけに解説でそんなふうに思ってしまってちょっと残念というか。
作品の評価にはまったく関係ないのですが、読後感には若干影響してしまいました。



明日の予定は未定。
でも多分ラノベを読むかと思われます。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR