忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】西 義之」の記事一覧

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 17、18

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 17 進化/西義之
ベクトールを首謀とする霊の集団が、第13魔監獄と協会北支部を占拠。霊討伐のためムヒョにも出動命令が下るが、ムヒョは原因不明の深い眠りから目覚めずにいた。協会は戦力にならないムヒョを外し戦いを始めたが!?
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 18 ムヒョとロージー/西義之
遂に眠りから目覚めたムヒョが魔法律を発動。その桁違いの力を見せつけ!? ベクトール編、クライマックス! そして、ムヒョとロージーのコンビに突如、解散の危機が訪れ!? 最初期の読切版も収録した、感動の完結巻!


今回は2巻まとめて紹介します。
本編はこれで完結ですが、小説版が連載終了後に発売されてたんじゃなかったかな?


17巻には、
【第142条 出動】【第143条 訪問者】
【第144条 まじない】【第145条 協会軍】
【第146条 剥奪と開戦】【第147条 結界】
【第148条 進化】【第149条 孤独】
【第150条 漂流の果て】

18巻には、
【第151条 赤い糸】【第152条 因果】
【第153条 解散】【第154条 奇跡】
【第155条 パートナー】【最終条 ムヒョとロージー】
【特別読切 ムヒョとロージーの魔法律相談事務所】

が収録されています。

かなり久しぶりに読みましたが、あまり記憶に残っていませんでした。
多分あまり面白く思えなくて、1、2回しか読まなかったんだろうなぁ。


改めて読むとそれなりに面白かったのですがかなり急ぎ足ですし、謎は謎のまま終わっています。
ビクトール編は、かなりあっさり解決してますが、新キャラが登場したり、戦いがまだまだ続いていくような描写があったんですけどね。
まあ、打ち切りなので仕方ないんでしょうけど、せめてアロロパシーや「腐れ縁の赤い糸」(通称「腐れ糸」)云々についてはもうちょっと説明してほしかったなぁ。


ビクトール編は、正直怖かったです。
菜々ちゃん(というか霊媒女性)を孕ませる云々はゾッとしたし、ビクトール気持ち悪かったし。
その後のエンチューも登場してたりするんでその辺は良かったのかも。
ロージーはムヒョをたたき起こすんですが、それを見ていてこの2人は相棒なんだなぁ、と。

ロージーは気づいていませんが、「腐れ糸」で繋がった2人は共存というか搾取しあう関係とでもいえばいいのかな?
腐れ糸を通じて、煉をやりとりしているってことなんでしょうが、ロージー側は魔具の効果でムヒョから煉を奪うだけになっていると。
だからムヒョは時折昏睡状態に陥っていた、と。

ロージーの煉の量が常人の数倍って設定ありましたけど、この腐れ糸ありきの設定だったのかもしれませんね。
自分の煉+ムヒョから搾取していた煉ってことだったりしたのかも?
まあ、今更考察してもどうしようもないんですけど。


コンビ解散の危機に対しては、うーんヨイチの暴走って感じですね。
まあ、ヨイチの気持ちも分からなくもないんですが、今ココで?って感じはしました。
ヨイチがムヒョとコンビを組みたかったのはわかります。

だからこれがエンチュー倒す前だっていうのならわからなくないんですよ。
だけど、何度も修羅場を潜り抜けてきた2人の間を裂くほどヨイチは馬鹿じゃないだろう、と。

正直、エンチューが罪を償い終わるまで待っていてエンチューの補佐になってもおかしくないんじゃないかな、とか思っていたので余計ですね。

ロージー←今井さんがなんか可愛かったです。
でも、ここ絶対くっつかないですよね。
今井さんは感情押し殺しちゃいそうだし、ロージーは絶対気づかないというか見当違いな勘違いしそう(笑)


読切は懐かしかったです。
覚えてました。これ掲載された赤マル部屋にありますよ。
絵は確かにかなり微妙ですけど、赤マルだと癖のある新人さん多いのであまり気にならないんですが、こう最初と最後が並ぶと違和感がすごいですね(笑)


前述の通り、残すはノベライズのみ。
そっちも近いうちに読んで紹介したいと思います。

拍手[0回]

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 16

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 16 はぐれ霊/西義之
禁魔法律家との戦いを終え、事務所に帰ったムヒョ達。だが久方ぶりの平穏は長くは続かなかった。長らく留守にした事務所に霊らしきものが棲みついていたのだ! 気にもしないムヒョとは裏腹に、怯えるロージーだが…!?


かなり久しぶりのムヒョロジです。
前巻を紹介したのは昨年6月のことですからかなり間があいてしまいましたね。


【第133条 はぐれ霊】
【第134条 はりつき】
【第135条 姉弟】
【第136条 蝶布市10人連続誘拐事件】
【第137条 「とりこみ」】
【第138条 救いの手】
【第139条 記憶】
【第140条 みえないもの】
【第141条 遠雷】

が収録されています。

133話から135話までは初期のような依頼人がやってきて~という形式のもの。
136話から141話までは刑事さんたちが登場する中編。
141話からは新章です。


正直、私はジャンプ掲載当時からここから先の話は蛇足でしかなかったと思っています。
ティキを倒し、エンチューを助けた、ってところで終わってしまえばよかったのに、と今読んでも思います。

1話1話で見たら面白くないわけじゃないんだけど、前巻までの盛り上がりがすごかっただけにすごく残念に思えます。
エンチューに関することは結構序盤から伏線が張られていたんですよね。
エンチューの存在が仄めかされているのが3話だってことを考えればわかってもらえるかと思います。
それに比べてしまうとどうしても無理矢理感が否めないんですよね。

まあ、仕方ないんだろうなぁ。
そう考えるとネウロの「どこで終わってもいいように」という伏線の張り方は本当に綺麗です。


前半、初期を彷彿とさせる依頼モノなんですが、ロージーがちゃんと「助手」をしていて成長したなぁ、と感慨深くなってしまいました。
怯えて気づかなければいけないものに気づけないのはいつものことなんですが、それでも術を使ったりと成長が見えます。

というか、事務所での日常的なものが垣間見えるんですが、この2人は亭主関白な夫と妻に見えてしまうのは私だけでしょうか(笑)
ロージーが乙男だから余計そう見えるんですよねー。


この作品も残り2巻。あ、ノベライズもあと1冊あるから実質3冊か。
あまり間を開けず紹介したいと思います。

拍手[0回]

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 15

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 15 (ジャンプコミックス)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 15/西義之
禁じ手「使者憑依」でティキを迎え打つ毒島と梅吉。その強大な力でティキを圧倒するが…!? そしてムヒョ達はエンチューとの最終決戦へ! 果たして闇に堕ちたエンチューを救えるか!? 対禁魔法律家編、遂に終幕!!


ちょっと久しぶりなムヒョロジです。
前巻は2月ですから、4ヶ月ぶりですか。
思っていたよりあいてましたね。


今巻は全話、VSティキ&エンチューです。
【第122条 師弟】
【第123条 騎士】
【第124条 絵空事】
【第125条 飴】
【第126条 呪い】
【第127条 魔王】
【第128条 転落】
【第129条 変わらないもの】
【第130条 長い悪夢】
【第131条 罪と罰】
【第131条 報告書】

が収録されています。


あらすじでは「対禁魔法律家編」、帯では「エンチュー編」となっているんですが、名称決まってないなら無理に書く必要もないだろうに、と思ってしまいました。
個人的には箱舟編のが響き的にもいいかな、と思いましたが、D.Gray‐manと時期的にもモロ被りなんですね。
巻数的にはこちらの方が上ですが、人気的にはDグレのが上だっただろうから「箱舟編」は厳しかったのかと。
閑話休題。

本編はペイジ本部長VSエンチュー、ムヒョたちVSティキの戦いが同時進行していました。

まず、ペイジVSエンチュー。
ペイジは今でもエンチューを信じ、元の優しい少年に戻ってくれることを願っていたのですね。
しかし、エンチューはペイジの言葉に耳を貸すこともなく。

エンチューは幽世なる異空間へペイジ、ヨイチ、今井さん、ギンジを連れ込みます。
ペイジは魔鹿女キュラを呼び出して後を追います。が、ペイジはこの所の連戦で体力が回復しきっていなくて。
後一歩というところで、倒れてしまいます。
契約が破棄された形になり、キュラは去ろうとしますが、ペイジたちの心に動かされギンジが「なんでもする」と言ったことでキュラとギンジの間に新たな契約が結ばれ、どうにかエンチューを行動不能にすることに成功。
2人は幽世から現世へ戻るための「幽世の裂け目」を探し回ります。


一方のムヒョたちは、毒島さんと梅吉が命がけの攻撃を続けていました。
ムヒョが契約を完了するまでの時間を稼ごうと頑張るのですが、彼らの元に新たなる箱舟、禁魔法律研究者のフリオことフリオニールが現れます。
変人ではあるものの無害そうな彼でしたが、甘味が切れた途端豹変して呪いをばら撒きます。
万事休すかと思われましたが、ムヒョが使者を呼び出すことに成功してティキを追い詰めます。

追い詰められたティキはロージーを連れ去ろうとします。
ティキから見てもロージーはムヒョに大きな影響を与えすぎていたってことなんでしょうね。
彼の目的から考えても、ムヒョのそばにロージーを置いておくのは危険と考えたんでしょう。

そこに魔王を連れてムヒョがやってきてティキを圧倒します。
魔王を連れてMLS体育館にやってきたときのシーン、魔具屋のじいさんのセリフなんかを見ていてなんとなくナウシカっぽいな、と。
1回しか見たことないんでうろ覚えなんですが「異国の青き衣をまとい……」みたいなシーンありましたよね?

一見倒したかに見えたティキはやっぱりしぶとくて。
エンチューの体に転生しようとします。エンチューもエンチューでムヒョを倒すためならそれを厭わないといった感じ。

しかし、ムヒョが指摘したことにエンチューの心が揺れます。
それは「エンチューの母の死」について。
彼が禁魔の道に落ちてしまった最大の要因であった訳です。
(彼が執行人の地位を固執したのは母に少しでも楽をさせるためなので)

ティキは新たな転生先として、力のある器を求めていたようなのです。候補はムヒョとエンチュー。
彼らが好みの強さになるまで影で操っていたとのこと。

母の死が、ティキにもたらされたことだと知ったエンチューは同化しつつあったティキを拒絶して。
ロージーの業洗刀(わざらいかたな)の力でティキを引き剥がします。
そうして、長い長い悪夢は終わりを告げました。

「わざらい」と読ませているから気にしていませんでしたが、この刀の本質は「業(ごう)を洗い流す」なんでしょうね。
甘いといってもいいくらい優しいロージーが持つにはちょうどいい武器かな、と。

まさに憑き物が落ちたようにすっきりとした顔をしたエンチューでしたが、彼がおかした罪の数々が消えてなくなるわけじゃありません。
そのため「無期魔監獄幽閉」という処分が決まり、リオ先生もまた「無期執行猶予」という処分に。
まあ、リオ先生の場合は監視員が今井さんなので普通どおりに暮らしていけばいいようですが。

そうして、エンチューが収監されるのを見届けた彼らは事務所へと帰ってきます。
物語的にはここで終わってしまった方が絶対よかったと思いますが、ジャンプ側の都合で終われなかったのかな?

事務所に帰ってきてケンジやナナちゃんとワイワイやってるところにお客さんがやってきて「いらっしゃいませ六氷魔法律相談事務所へ!」で、
「ご愛読ありがとうございました!西先生の次回作へご期待ください」みたいなエンドの方が良かったなぁと本誌掲載時から思ってました。

正直ここから先は蛇足だよなぁ、と。
イサビ、禁書、フリオの行方がわからないこととアロロパシーくらいしか明かされていないことがない上、この先明かされるのもアロロパシーの秘密くらいしかないので、むしろ謎のままでもよかったんじゃないかと。

まあ、最終巻まで持っているので最後まで読んでしまおうとは思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR