忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】風野 潮」の記事一覧

続・満月を忘れるな!

続・満月を忘れるな! (YA!ENTERTAINMENT)続・満月を忘れるな!/風野潮
失踪した父さんの行方を追って、調査を続ける敏。
インターネットの掲示板に書き込まれたメッセージから、敏たち一行は琵琶湖へと向かった。
湖に浮かぶ島のどこかに、猫人の謎を解く鍵が隠されているはずなのだが……。


以前、紹介した満月を忘れるな!の続編。
まあ名前からして『続』なのでわかりやすいですね。


前巻は主人公の敏が猫から戻れなくなってしまい、いかにして猫から人へ戻るかが問題でした。
今巻は8年前に、敏同様、人に戻れなくなってしまい、元に戻る方法を探して行方不明になってしまった父親を探します。

あれ、行方不明とかって7年で死亡したとみなされるんじゃなかったでしたっけ?
ああいうのって親告制なのかな?よくわかりません。


今回、敏はほぼ人間として過ごします。
猫になるのはほんのちょっと。

クラブ活動を隠れ蓑として猫人についてを探し、合宿という名目で、琵琶湖までいって、とある島に猫人の手がかりを見つけて……。
といった感じ。

正直、微妙でした。
敏の叫びとかはすごく考えさせられましたけど、それ以外はなぁ……。

なんていったらいいのかな、巫女を継ぐ儀式が云々とかあるんです。
1人しかいない若い娘・月ちゃんに誓いをたてさせて、純潔を守らせるとかそういう時代錯誤なもの。

それを敏たちが儀式をやめさせようと、島にいる見た目美少女な少年ユキと駆け落ちをすすめたりするんです。
確かに敏たちの考えもわからなくもないですよ。敏の一族が今まで外の世界で生きてきたことから巫女のいない生活というのも無理ではないのでしょう。
でもそういうことをよそ者が推し進めたら後から何か問題が起きたときに「やっぱりあのときああしていれば」みたいなことになるんじゃないのかなーとか、どうでもいいこと考えていました。


あとはそうですね。
上野さんの存在って意味あったんですか?
まひろは物語の展開上、なくてはならない存在でしたよね。
杉本くんもオカルトめいたことの専門家を無理なく引き合わせるために必要だったといえるでしょう。

じゃあ、上野さんは?
別に上野さんの存在がなくても、敏はまひろへの思いを自覚できたんじゃないかなー、と。


最後に示された猫人を世間一般へ認知させるための方法。
正直、無理だろと思いました。

物語は物語でしかないと思うのです。
どれだけ真に迫るように書かれようとも、読者が物語にひきこまれようとも、物語と現実の境界は非常に大きいものではないかと。
って、そんなにマジメに語ることではないですね(笑)


これで図書館にある風野潮さんの作品は終わりかな?
あ、そういやいとしのドリーもあったような。でもあれをもう一度借りようとはなかなか思えないかも。
いつの日かビート・キッズ2が入荷したら借りてこようと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

満月を忘れるな!

満月を忘れるな! (YA!ENTERTAINMENT)満月を忘れるな!/風野潮
三池敏は中学二年生。
幼なじみのまひろとは大の仲良し。
クラスメイトの上野さんのことがちょっと気になっている。
ごくふつうの中学生ライフをおくる敏だったが、実は彼は、人にはいえない秘密を抱えていた……。


風野潮さんの作品これで3つ目なのでカテゴリ作りました。
全部図書館で借りてきたものですね。
風野潮さんの作品って結構好きなんですが、実は自分では持ってないんですよ。

ビートキッズとか文庫見つけたら欲しいな、とか思っているのですが、田舎なのでまず手に入らないんですよね。


満月の夜に猫へと変身してしまう中学生が主人公の話。
満月の夜だけでなく、耳だけ変化したり、手足も変わって、猫のまま戻れなくなってしまいます
猫へと変化してしまうのは遺伝で、父親も猫から戻れなくなってしまい、元に戻る方法を探す旅に出て消息不明に。
父親と元に戻る方法を探して足掻くってのがストーリー。

正直、母親とジン(猫)はともかく、周囲の人たちが「猫になること」「猫が敏であること」をあまりにも簡単に受け入れてしまって、それにちょっと納得いかないなーと。
まあ、そうでもしないと話が進まないんで仕方ないか。

大阪弁の猫・ジンが好きですね。
途中から人に変化しているのですが、敏がどうやったら戻れるかを模索したり、ごまかしたりと中々いいやつです(笑)


幼なじみの俺っ子・まひろと、クラスのマドンナ・上野さんとの三角関係とかすごい気になりました。
今巻では上野さんに告白されたものの返事をする前に終了してしまいましたし。

途中までまひろの感情がわからなかったので、上野さんとの仲を取り持とうとしている様子を素直に受け入れていたのですが、まひろの感情がわかったあとだとちょっと悲しいな、と。


正直、ライトファンタジーとしてはそれなりにおもしろいのですが、あまり借りられてもおらず人気がないような気がします。
なんでなんだろうな、とちょっと考えてみたんですが、この作品ってYA!ENTERTAINMENTの初期作品なんですよね。

で、同時発売されているのがNo.6(あさのあつこ)、都会のトム&ソーヤ(はやみねかおる)、妖怪アパートの幽雅な日常(香月日輪)。
こう並べてみるとどうも満月を忘れるな!の印象が弱いんですよね。

でも、図書館ならそんなに関係ないのかな?とも思うのですが。
やっぱりよくわからないですね。

この作品、「続・満月を忘れるな!」だったかな?そんな感じのタイトルの続編があるはずなのでそのうち借りてきたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

ビート・キッズ

ビート・キッズ Beat Kids (講談社青い鳥文庫)ビート・キッズ/風野潮
「おまえにはリズム巻がある!」呼びだされた音楽室で,いきなり同級生の菅野七生にそういわれた,横山英二。「たたいてみろ。」と渡されたバチで太鼓をたたいた瞬間,英二の中で花火がはじけた!
 マーチングってなに? ドリルフェスって? 吹奏楽や楽器をよく知らなくても,読んでいるうちにガツンと気持ちが熱くなる,涙あり笑いありの大阪ブラスバンド物語,登場!


図書館に寄贈されていたので借りてきました。絵が可愛い。
最近、青い鳥文庫といい角川つばさ文庫といい、別レーベルの作品を子供向けにするのが人気なのでしょうか……。
正直なところ、そういうことって時間稼ぎというか、新しい作品が生まれないからなのかなーとか思ったり。
閑話休題。

風野潮さんの作品は以前紹介した森へようこそを含めいくつか読んだことがあったのですが、作者の代表作であるこの作品は今回はじめて読みました。
読んでみて人気の理由がわかりました。
これはおもしろい。


「才能がある」と言われていきなり吹奏楽部に入部させられるところからはじまります。
吹奏楽とかよくわからないんですが、それでも楽しめました。

途中登場した細井先生にはかなりイライラしました。
先日読んだ少年少女飛行倶楽部でも似たような先生が登場してましたが、散々放置したのにも関わらずイベント直前で邪魔しにくるっていうのは主人公たちに感情移入していると本気でムカつきますね。

内申云々言って脅してくる先生ってサイテーだと思います。
普通、どんなに悪い子でも良い意味にとれる言葉に書き換えるもんだと思うんですけど。


英二と七生。
どちらも普通の子どもからはちょっと外れています。
自分ではどうしようも出来ないような問題を抱え、それでも逃げることなく進んでいきます。

父親がひどすぎます。英二が無意識のうちに父親がいない状態で今後を考えてしまうのもわかります。
けど、いくらひどい父親だとはいっても終盤の展開には本当にびっくりしました。

思わずこれ本当に児童書なのか確認してしまいました。
児童文学賞をいくつもとってるようなので、児童書なんでしょうけどあの展開はすごい。


英二を心配して東京から帰ってきた七生に萌えました。
児童書の男の子同士の友情ってなんでこう腐女子においしい展開多いんですかね。


最後、中学を卒業しそれぞれの道を歩き始めたところで終了。
この作品2巻も出てるらしいんですが、読んでみたい。
講談社文庫版でもソフトカバー版でもなんでもいいので、図書館にないかなー。
何年も図書館に通ってますが見たことないのできっとないと思いますが一応検索してみようと思います。

多分そのうち青い鳥文庫版が刊行されると思うのですが、そっちを待った方が現実的かな?

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR