忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】浅美 裕子」の記事一覧

ワイルドハーフ15~17

Wild half (15) (ジャンプ・コミックス)ワイルドハーフ 15奇跡の確立/浅美裕子
吉康のクラスに転入してきた阿部祥平――サルサを獣人族(ワイルドハーフ)と知る彼は、サルサを手に入れようと、タケトたちを強迫する!!
目的のためには手段を選ばない阿部の策略で、絆で結ばれた2人に今、別れが訪れる!?

Wild half (16) (ジャンプ・コミックス)ワイルドハーフ 16忘れずにいるために/浅美裕子
サルサとタケトの出会いは冬の朝…のはずだった。
しかし、サルサのノラ友達・忠治が、銀星と吉康に見せた2人の本当の出会いは夏!?
忘れずにいるために決して話せない、サルサのタケトへの“想い”を描く!!

Wild half (17) (ジャンプ・コミックス)ワイルドハーフ 17約束が生まれる場所/浅美裕子
健人の兄・寿文を恨む爆弾魔・山崎がまたも脱走。
そうとは知らず温泉旅行に出かけた岩瀬兄弟&サルサに、爆弾をのせたトラックが襲いかかる!
三人の生死は!?
人と獣人族の“情”と絆を描いた感動作完結巻!!



ついに完結巻までいきました。
2、3日で読み終わるかと思ったのですが、結構かかりました。


阿部くん(タカハシ)とウルフの話に関しては、ウルフに「良かったね」っていってやりたい。
「ウルフは狼だから…」って何度もいってましたが、実際やってることは犬並です。
ウルフの一途な想いが可愛かったです。
阿部くんは北海道に帰っていきましたが、そう簡単にいくもんなんでしょうか。
きっと、阿部家の養子になってたんじゃないのかなぁ、とか。


とうとう銀星が烏丸先生に正体を明かします。
ようやく、って感じですね。
烏丸先生の言い分はもっともです。
病院の庭でしょっちゅう相談してましたもんねぇ。


兄とマリアさんの仲も進展します。
火事のとき出てきたサルのフサオくんがロマンサーズに登場したはず。
健人の色恋沙汰が17巻にしてようやくです。
遅い。
健人って想いを寄せられることはあっても、想いを寄せることってなかったですからね。
その分、サルサにいってたってことなのか……。


爆弾魔の山崎は逃げすぎです。
3回?いったいどんな管理体制なのか……。
そしてロマンサーズの脇坂さんが普通に登場してますね。

ラスト2話は赤マルに掲載されたもののよう。
昔もあったんですね。こういうの。
武装錬金、べしゃりくらし、プリティフェイス、ホイッスル!なんかも確か完結編は赤マルだったような?

他はともかく武装錬金は最後なのかと思いきや、だいぶ続いてヤキモキしたものです。


この作品を最後まで読んで思ったのは、「これもうBLだろ」でした。
銀星と烏丸先生なんてナチュラルにいちゃいちゃしてるし、サルサと健人はしょっちゅうくっついてるし、ウルフはタカハシくんに尽くしすぎだし。

作者が不思議がってましたが、BL世界を知ってたらこの作品でBLを考えない方がおかしいと思いました。
ここまでBL臭いのに、ジャンプで3年弱も連載されたことを考えると結構人気あったのでしょうね。

最後まで明らかにされなかった兄の犬嫌いな理由。
クイズみたいになってましたが、当てた人いるのでしょうか。
知っている人いたら誰か教えてください。
読み終わって残る疑問はこれだけなので、かなり気になるんですよね。

明日は何を読もうか。
小説を読みたいと思うのですが、売却予定の中に何かあったかな。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ワイルドハーフ12~14

Wild half (12) (ジャンプ・コミックス)ワイルドハーフ 12わけあいたい宝物(もの)/浅美裕子
Wild half (13) (ジャンプ・コミックス)ワイルドハーフ 13“情”のあり場所/浅美裕子
転校生・赤道は人狼(ワーウルフ)だった!
サルサとタケトの“情”の結晶、月光石を手に入れ、その邪悪な力をさらに増した完全対の人狼がタケトを襲う!!
力の源を奪われ、人型になれないサルサはタケトを守りきれるのか!?

Wild half (14) (ジャンプ・コミックス)ワイルドハーフ 14ウルフ/浅美裕子
チャーミィを前の飼い主に会わせるため、旭川に向かうサルサ一行の前に現れた謎の青年ウルフ。
トラブルメーカーのウルフを旅の仲間に加えたサルサたちを旭川で待ちうけるものは?
運命の再開はあるのか!?


13巻からあらすじが書かれるようになってます。
13巻発売が1998年です。フィルムかけられるようになったのってこれくらいだと思ったのですが、当時小学生だったので正直あんまり覚えてません。
どうでしたっけ?


12巻、田中くんがちょっと可愛いと思ってしまいました。
自分は人間だと主張している彼にとって、あの状況で「自分は犬なんだ」って突きつけられるのは辛かったでしょう。
そんななか、人間と犬の自分、両方を認めることが出来たっていうのは、大きな成長だったのではないでしょうか。

兄の犬嫌いの理由は気になります。
最後までわからないままだったはず。
何人かの人に教えるみたいなのあったはずなんですが、誰か知ってる人いませんかね。


12巻終わりから13巻にかけて健人の胸に月光石があらわれ、赤道くんが登場します。
赤道くん、完全体の人狼で強敵のはずなんですが、退場が早い気がします。
週刊連載ってこんなもんですかね。
普段あまり意識して読んでないので、わかんないんですけど。


銀星より子犬を優先する烏丸先生は大人です。獣医として立派。
けど、銀星はいつになったら正体をばらすんでしょうか。
いい加減、ばらしちゃえよと思わなくもないです。


13巻末で北海道へ行き、14巻でウルフ登場です。
いろいろいいつつも結局助けちゃうお人よしのウルフが憎めない。
男の子から貰った飛行機を見るウルフが非常に可愛いです。


私が唯一覚えていた連載当時に読んだ話は14巻に収録されている115話予感だったようです。
そして今まで銀行強盗だと思っていたのですが、銀行ではなく郵便局だった模様。知らなかった……。


田中くんが、本に書いてあることを鵜呑みにして健人につきまとう話があるんです。
そこで銀星とサルサのハックル(髪)をあわせてネットにし、田中くんと健人を助けるんですがハックルって主人に向かってしか伸びないんじゃなかったですっけ?
うーん、銀星だからなのか。
謎ですね。


14巻に作者がもらったファンレターの内容を紹介するってものがあるんですが、そこで紹介されていることを見て、いろいろとやばいよなぁ、と思ってしまいました。
作者が女性だから余計なのかもしれませんが、BLのものすごい絵を同封したり、兄と自分(読者)の夢小説を送ったり……。

はじめて読んだときには「そんな人いるんだ」くらいの認識だったのですが、自身がそっちの世界を知るようになると「なんて危ない!」って思考に変わりました。
ジャンプは二次創作に関して黙認らしいですが、危険なことに変わりはないです。
元の話がBLならともかく、普通の話でそんなこと絶対やっちゃダメですよ。


残り3冊。
明日にでも呼んで紹介したいと思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ワイルドハーフ9~11

Wild half (9) (ジャンプ・コミックス)Wild half (10) (ジャンプ・コミックス)Wild half (11) (ジャンプ・コミックス)
ワイルドハーフ9~11/浅美裕子


古い作品の裏表紙にあらすじが書いてない理由がわかった気がします。
今、本屋に行ったら漫画ってフィルムがかかってるじゃないですか。
それがかかるようになったのってここ10年とかそれくらいですよね。
フィルムがかかることによって中身が読めなくなったからあらすじが書かれるようになったのかなぁ、と。

だから、あらすじや帯に力はいってるんでしょうね。
白泉社花ゆめ系のコミックスあらすじの形体が変わったのもそれだからかなぁ、と。
閑話休題。


9巻は人狼と化したサルサと戦うとこから始まります。
さすがに考えなしじゃなかったんですね。それなりに作戦はあった模様。

えっと、健人のことを思うだけで月が満ちてしまうって……。
とにかくお互い思いあっていたらダメってことなんですよね?
それでなんで銀星と烏丸先生大丈夫だったんでしょう?
あの2人もお互い思いあっていたと思うんですけどねぇ。

健人の白い月の力には鼻で笑ってしまいました。
なんというかさすが古い作品なだけあるなぁ、と。

けど、銀星が烏丸先生のもとに戻れたのでそれだけでもよしとすべきでしょう。
ワイルドハーフとその飼い主は一時の幸せと引き換えに辛い目にあいすぎです。


10巻で田中くん登場。
そういや、この子いましたね。
自分のことを人間と信じている犬というものすごいキャラです。
巻を重ねるごとにそこまで気にならなくなるのですが、初登場時はかなりうざいキャラクターだったりします。


11巻は犬使い(ハウンドマスター)の話。ランちゃんはかわいそうな子です。
白夜ももっと早くに気づいていたら、死なずに二人で仲良く暮らしていけただろうに。
ランちゃんは白夜がいうことを盲目的に信じてる感があるので、白夜がやめろっていったらやめたでしょうからね。
その場合、人狼とかどうなるんでしょう。
赤い月の支配力とか、普通の飼い主と犬と違う点が多すぎるのでちょっと想像しづらいです。


9巻にROMANCERSの読みきりが収録されてます。
ロマンサーズも持ってましたよ。だいぶ前に売っちゃいましたけど。
確か、ワイルドハーフのあとに連載されたんですよね。主人公の高良が飼ってたサルが“ルナ”にいた子だったような記憶があります。
ワイルドハーフ以上にBL臭かった気がします。

烏丸先生の過去話で終わった11巻。次巻はどんな内容だったかまったく覚えてないので楽しみです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR