忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】葉鳥 ビスコ」の記事一覧

千年の雪 4

千年の雪 4/葉鳥ビスコ
今すぐ、その細い体をかき抱いてその首筋に牙を…
そんな事できるわけもない――

千雪から告白されたトウヤ。だが、千年の未来に誰かをつれて行く自信が持てず返事が出来ないままでいた。

そんなとき、死んだはずの祖父の生存が判明。
トウヤの血の効果で延命された千雪の命にも期限が近づく――。
千年を生きた旧家雪により明らかになる愛する2人の悲劇にトウヤは!?
エターナル・ロマンス、ついに感動の完結!


先日購入してきた千年の雪です。
これの続きになります。


あらすじにもある通り、これで完結です。
14話から最終回である17までが収録されています。


読み終わった感想としては、内容に関しては正直微妙。
3巻で登場した謎の男を使って無理矢理終わらせた感が否めないし、いろいろと気になる点は残っています。
それでも完結したということ自体がすごいことなので細かいことはまあいいかな、と。

前巻の時にも書きましたが、この作品2巻発売から3巻発売までに11年も間があるんです。
そのため、絵柄ももちろん変わってしまったし、作者の中で登場人物たちのキャラクターも変わってしまっているらしいんですね。
だから、1、2巻を読んだ際に受けた印象と3巻で受ける印象が違うんです。

当時描こうとしていたことと、今回実際描いたことではきっと内容も違うんだろうな、と。
というか、圭ちゃん(2巻に登場した千雪のイトコ。千雪を監禁しようとした前科あり)が再登場したことがびっくりしました(笑)


この作品に登場する吸血鬼は良くも悪くも優しくて一途なんでしょうね。
だから、トウヤは千雪をパートナーとすることを躊躇ったし、ヨハンはリディアーヌ亡き後800年も彼女を思い続けた、と。

紆余曲折の末、千雪をパートナーとしたトウヤ。
砂月くんも200年はまあ普通に生きるらしいので、しばらくは仲良くも騒ぎながら過ごしていくんでしょう。
1000年後に2人仲良く一緒に死んでいってほしいな、と思いました。

連載中断から10年以上もたつ作品の続編掲載にゴーサインを出した編集さんたちと、作者の葉鳥さんにありがとうと言いたくなってしまいました。

拍手[1回]

千年の雪 3

千年の雪 3/葉鳥ビスコ
千年もの未来に、俺は誰かをつれて行く事ができるのか――
血を吸わない吸血鬼・トウヤに、心臓病の発作から命を救われた千雪。
千年の生をひとりで生きるという彼のパートナーを志願するが、玉砕してしまう。
周囲の人々との触れ合いの中で変わり始めるトウヤ。
だが、それは千雪にとって…!?


先日紹介したこれの続編です。
まさか本当に続編が発売されるとは思わなかったです。


11~13話番外編が収録されています。
11話は雪女編、12~13話はコトヌシ編、番外編は闇丸視点の物語が描かれています。

この作品、本来ならば今巻に収録されている番外編+3話分の連載+αで3巻発売完結、だったんだとか。
ですが、その後描いたホスト部の読みきりが高評価を得て、全てそちらにシフトしてしまったんだとか。
ラスト3話連載のネームも担当さんに見せていたようですが、「千年の雪はまた今度」となったとのこと。
それがまさか10年もたつとは思いませんよね。

正直、私この作品の再開はあまり期待していなかったんです。
もし、桜ホスの連載が2年くらいで終わっていたら期待できたと思うんです。
でも、10年ですよ? 作者が描きたいといったところで許されるような状況じゃないだろう、って思っていたんです。
当時読んでいなくても私みたいに古本屋で1、2巻を手に入れたり出来るとはいえ、新規の読者さんからしたらとっつきにくいのは変わらないでしょうし。
そう考えると連載再開にOKを出した編集さん側もすごいですね。


内容的には、やはり1、2巻とは雰囲気が違うなぁというのが正直な感想です。
1、2巻はギャグを挟みつつも根底にシリアスがあるというか。笑ったりすることもあるんだけどそれでもちょっと暗めの印象だったんです。
ですが、3巻は千雪のキャラのせいなのかな?なんか前よりは明るい印象を受けました。
というか、千雪のキャラになんとなく違和感があるんだと思います。何が違うとははっきりいえないんですけど。
ただそれは「なんとなく」っていうレベルなので人によっては違和感を感じないかもしれませんね。


雪女編はともかく、コトヌシ編は学校裏サイトなんかが登場してますから、当時じゃ描けなかったでしょうし、それはそれでありかと思います。
「悪意と呼ぶにも値しない無責任な集団心理で吐かれた言葉」というのは、教科書の落書きとかそういうものよりもネット上での中傷の方がすごくそれっぽいですしね。

というか、なんか高見の見物してるあのカラスと謎の男があからさまに怪しすぎてすっごい気になる……。 あからさますぎるんで、次巻で触れられますねきっと。


あと気になったのは砂月の扱い。めっちゃ雑(笑)
2巻時点で結構そういう風向きはありましたが、今回それがものすっごく顕著です。
紹介すらまともにしてもらえないわ、いいように能力を使われるわ、もうね(笑)
初期はトウヤのライバルみたいなノリだったのに全然相手にされてない……。
まあ、最初から千雪ちゃんに相手にされてなかったですし、この物語自体、「トウヤが人の強さを知っていく話」とのこと。
なので砂月が二の次になるのもの仕方ないのかな。


この作品はあと1冊続く予定なんだとか。
まだ発売時期は未定のようですが、今度は10年空くってことはないでしょうし、気長に待とうと思います。

拍手[1回]

千年の雪 1、2

千年の雪 1/葉鳥ビスコ
生まれつきの心臓病で余命いくばくもない千雪はある夜、血が嫌いな吸血鬼トウヤと出逢う。一生その血を吸う人間=パートナー無しで、一人で生きていくと言うトウヤ。彼の真意とは…!? そして千雪の決意は――!! 幼なじみの中の別人格との恋を描く「一瞬間のロマンス」も収録。
千年の雪 2/葉鳥ビスコ
血を吸わない吸血鬼トウヤによって、心臓病で死にかけた命を救われた千雪。千年の恋を予感し、トウヤと2人で生きていく決意をしている。そんな2人に千雪に惚れた狼男・砂月が加わり、3人は何と欧州(ヨーロッパ)スキー旅行(ツアー)へ!! だが早速、雪山で遭難し、謎の洋館へ避難する事に…!?


来月、3巻が発売されるので、復習がてら引っ張り出しました。
これで葉鳥さんの作品紹介記事3つ目ですね。カテゴリ作ります。


桜ホスの葉鳥さんの作品なんですが、実はこの作品かなり長い間放置されていた作品でした。
2巻発売後、桜ホスの人気が出て作者さんがそちらにかかりっきりになってしまったんですね。
千年の雪の2巻でも「おかげでもう少し続きます」とありましたし、何巻だったか忘れましたが桜ホスでも「いつか続きは描く」と書かれていて。
単純に好きな作品だということもあり、あまり期待せず売ることもなく待ち続けていたんです。

桜ホスが少女漫画としてはかなりの長期連載作品となったこと、桜ホス終了後にでたらめ妄想オペラが発売されたこともあり、「千年の雪の続編に関しては言葉だけだったんだなー」とちょっとがっかりしていたんです。

が、いつだったかな?雑誌掲載の話を知り、今回の単行本化です。
2巻発売が2002年8月。3巻発売が2013年8月ですから丸11年ぶりです。本当にすごいです。


物語は、病弱だった少女・千雪が吸血鬼・トウヤによって命を救われ、狼男・砂月と知り合い、3人でワイワイ交流していく話です。
時々、桜ホスなんかと比べるとシリアス要素が多めですが、面白いです。

吸血鬼といいながらも、トウヤは血を飲んだことがないという変り種。
血を飲む相手というのは、吸血鬼のパートナーとして1000年とも言われる吸血鬼の長い生をともにする人物ってことなんですね。
トウヤはオレ様だけど、優しすぎるんです。
だから、パートナーがいつか長すぎる生に絶望してしまうことを憂いているんですね。
そのため、随時血が足りてなくて貧血気味。
この手の現代版吸血鬼ネタだとよくある「輸血パック」とか「吸血鬼たちが作った栄養剤」みたいなものがこの作品には登場してないんですよ。
それでもトウヤの貧血は解消できると思うんですが、その辺どうなんだろう?と今回読み返して気になりました。

砂月くんは、おばあちゃん思いのイケメンワンコ。
自分が異質な存在であることを受け入れているから「普通」であろうとしていました。
この辺はワイルドハーフの田中くんと近いものがありますね。普通の方向性はだいぶ違いますが。
自分を叱咤し受け入れてくれた千雪に惚れるわけですが、この子が報われることはないんだろうなぁ。
送り狼的な意味では一番危ない(笑)

それに対抗するためというか、千雪の絶対的な味方としての闇丸なんでしょうね。
トウヤの従者のコウモリなんですが、変身出来るので、普段はマスコットとして、小バージョンで慰め、大バージョンで救うと見事な役割分担をしてくれるわけですね(笑)

個人的には桜ホスよりも好きだったりしたので、今回の3巻発売は本当に嬉しい。
3巻で完結せず、もう数巻続いてほしいのですが、難しいですかね?

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR