忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】橋本 和也」の記事一覧

世界平和は一家団欒のあとに 7

世界平和は一家団欒のあとに〈7〉ラナウェイキャット (電撃文庫)世界平和は一家団欒んのあとに 7 ラナウェイキャット/橋本和也
 家族全員、不思議なチカラを持ち、なぜか世界を巡る危機に巻き込まれ、それを解決しなければならない星弓一家。
 その末っ子、星弓刻人。真面目だけどモテる、モテるけれど彼女を作らない彼が、家にクラスメイトの女の子を連れてきた。梢という名のその少女は予知能力があり、周りから神様と呼ばれているらしい。その梢曰く、
「あと一週間で、世界が終わっちゃうかもしれないんですけど……どうします?」
 そして梢と刻人は失踪した。二人を追う軋人たちの前には謎の黒服軍団も現れ事態は混迷を極めるが――。はたして少女の正体と世界の命運の行方は!?


新年小説1発目はちょっと久しぶりのシリーズです。
これも売ってしまおうと思っているので、春くらいまでにはシリーズ全巻(全10巻)読んで紹介してしまいたいな。


あらすじにもあるとおり、今回のメインは星弓家の末っ子にして次男の刻人。
この家族(というか作品?)、思いっきり女系というか、女性陣の方が強いので主役であるはずの軋人ですら結構影が薄いんですよ。

だから、刻人なんてそれがもっと顕著で。
まともに登場するのは1巻以来じゃないでしょうか。


刻人の能力は怪力とタフさらしいです。
なるほど、と思わされる話でしたね。

軋人と刻人のバトルがあるんですが、弟が軍配があがっています。
負けてはいますが、軋人はちゃんと兄としてやることはやっているから兄としての威厳はかろうじて保たれているんだろうな。
まあ、それは刻人に対してだけで傍から見ている女性陣には意味ないことなんでしょうけど(笑)


正直、展開はなんとなく読めました。
ただ、今回「神」云々の話だったので1巻からずっと張りっぱなしになっている伏線が回収されるのかなー?とちょっとワクワクしながら読んでいたのです。
が、回収はされませんでしたね。
軋人が双子の兄弟・軋奈を殺した云々、神の領域に突入した能力を持つが故に排除された云々のアレですよ。

軋奈に関することも確かに気になります。
しかし、それ以上に美智乃の「成長するチカラ」も気になって。
1巻以降触れられてましたっけ?
全10巻なので、そろそろ回収されはじめてもいい気がするんですが、最終巻まで引っ張られるのかな?


今まで、あまり登場していないこともあって刻人のキャラが掴めていなかったんですが、結構好きだな。
頭がいいのかと思えばそうでもなくて。不器用な上に鈍感でも真面目で誠実ないい子なんですよね。
だからこそ、梢ちゃんのようにちょっとくらい裏のある子の方がいいのかもしれませんね。

次巻も近いうちに紹介してしまいたいと思います。

拍手[0回]

世界平和は一家団欒のあとに 6

世界平和は一家団欒のあとに〈6〉星弓さんちの非日常 (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに 6 星弓さんちの非日常/橋本和也
「太った……」美智乃の不穏な一言から始まる"悪党退治は何カロリー?"。冴えない彼は地球の命運を握る高貴なお方!?――"星の王子様"。軋人を狙う妹想いな鉄砲玉の行きつく先は――"刃の行方"。彩美&七美、母校を舞台に暗躍します――"大邪神の夜"。そして柚島が赤ずきんに変身しちゃうおまけ掌編「世界童話も一家団欒のあとに」。
 そんなわけで今度の世界平和はシリーズ初の短編集! 「電撃hp」に掲載された二篇に書きおろし二編+おまけ掌編を加え、バラエティ豊かにお届けします。星弓一家は短編でも大変なのです!


そういや、今月はこれ読んでなかったな、と気付いて引っ張り出しました。
シリーズもいつの間にか折り返し地点を過ぎていましたね。


あらすじにもある通り、短編集です。

【悪党退治は何カロリー?】
【星の王子様】
【刃の行方】
【大邪神の夜】
【世界童話も一家団欒のあとに】


が収録されています。
最後の【世界童話は~】以外はほぼボリュームが一緒ですね。
ちょっと珍しい気がします。たいていこういうのって中編が入るんですが。


読んでいるとやっぱり男性陣の影が薄いなー、と。
主人公の軋人はともかく、弟の刻人、父の耕作あたりは本気で影が薄い。

刻人はちらっとしか登場してないんですよね。
1巻で、メインキャラの一人として登場していただけで今のところ彼がメインとなる話がないんですよ。
だから、彼のイメージが未だに固まってません。
耕作は本当に登場してません(名前出てたっけ?ってくらい)が、耕作に関しては前巻3巻なので大きく扱われたからかなーと。

そのうち、刻人も扱われるといいな。


今回収録されている5編のうち、私は【星の王子様】が1番好きかも。
あの少年と星の王子様のイメージはまったく結べませんが、ああいう王子様もいいんじゃないかな。


【刃の行方】で、軋人の妹・軋奈の存在が久しぶりに語られていました。
そろそろ彼女のこと、そして美智乃の能力について語られるという伏線なんでしょうか……。


前述の通り、シリーズは折り返し地点を過ぎました。
いったいどういう結末を迎えるのか今から楽しみです。

拍手[0回]

世界平和は一家団欒のあとに 5

世界平和は一家団欒のあとに〈5〉追いかけてマイダーリン (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに 5 追いかけてマイダーリン/橋本和也
「実家に帰らせていただきます」
 異世界よりやってきた元お姫さまにして、星弓一家の母・志乃が夫の度重なる浮気疑惑についにキレた。
 そんな簡単に帰れるのかよ……? という一同を置いて家を出る志乃。父・耕作とともに、軋人たちは志乃を連れ戻そうとするが、一方で彼女に近づく不穏な影があり――。海辺を舞台に志乃争奪戦の幕が上がる!?
 軋人の祖父にして耕作の父、大三郎も初登場! 家族と世界の平和を天秤にかける物語、第5弾です。


前巻もなんでだよwって間違いがありましたが、今巻もまた脱字を見つけてしまいました。
うーん、初版とはいえさすがに名前は間違ったらダメだと思うんですよ。
あとがき最後に「橋本和也でした」ってしたかったんでしょうが、「橋本也でした」ってなっているんです。
なのにルビはちゃんと「はしもとかずや」ですから、完璧見逃して、読んでる気になっているってことなんだろうなぁ。

こういうのって、作者や担当のチェックが甘いってことなんでしょうか?


さて、本編。
今回のメインは元姫君のお母さん・志乃と元勇者のお父さん・耕作。


あらすじにもあるとおり、志乃が耕作にキレて家出してしまうところから物語は始まります。
実家に帰るといっても、志乃は異世界からやってきた姫君。
耕作を呼び出したときですら、準備に十年もの時間がかかったらしいので、そう簡単に行き来できるものではないんです。

だから、志乃が向かったのは実家は実家でも耕作の父・大三郎の家。
以前、ちらりと語られていたと思うのですが、この人はなんというか世界平和を守るという星弓一家からは若干外れているんですよね。
でも印象としてはダークヒーローとかなのかな、と。
悪いことをしているんだけど、結局は人を助ける結果になっているというか。
きっと若いころはそんな感じだったんでしょうね。
名前だけ出ていた古い友人?というか仲間たちが気になりました。


大三郎宅で執事をしていた海藤。
はじめはこういう作品に登場しがちな、なんでも出来るちょっとズレた執事なのかと思っていたんです。
が、実はこの人、異世界から志乃を連れ戻そうとやってきた人物だったんです。
元いた世界のこと、危篤だという父親のこと。そして、子供達を人質にされて。

そんなことで揺れて、一度は異世界へ帰ろうとする志乃でしたが、子供達の抵抗と耕作が助けに来てくれたことなどがあり、こちらの世界に残ることを決めます。

海藤が大三郎の家に転がり込んだのは半年前、危篤の王は大丈夫だったのか……。
時間の流れはきっと同じなんだと思うのですが、そこは気にしちゃダメですよね。


25年=銀婚式ということには気付きませんでした。
うーん、そういうことやっちゃうからすごいんですね、耕作。
この2人はきっといつまでもいちゃついてるんでしょうね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR