忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】篠原 美季」の記事一覧

御堂学院の神使官 劫火の聖域

御堂学院の 神使官(サーヴァント) 劫火の聖域(サンクチュアリ)/篠原美季
校舎裏に封じられた邪悪な古代神が蘇る!? 全寮制のセレブ男子校、御堂学院は密に危機を迎えていた。神使いに任命された真人と神鎮めの神官である蘇王は、夏休み返上 で、復活阻止の鍵を握る火の神「カグツチ」の情報を集めるが空振り続き。そんな中、突如真人が失踪。さらに古代神を崇める上級生・守谷も本格的に動き出して…!? 奔放な神使い& クールな神官コンビ、最大のピンチ! 大人気学園オカルト・ミステリ第3弾。


昨日の宣言通り、先日購入してきたラノベを紹介します。
読み始めるまでに時間がかかってしまいました。


十五の神隠し」、「導きの炎」に続くシリー ズ3冊目です。
作者あとがきによると、「これにて終了です。(中略)一応、「第一部・完」――的な終わり方にして、この先、いつでも第二部を始められる余地を残させていただきました。」とのこと 。
個人的には第二部は難しいんじゃないかなーと思うんですがどうかな?


えー、ぶっちゃけかなり物足りなかったです。
後半は駆け足で終わらせている感が強くて。ここに深みを持たせることが出来たらもっとおもしろくなるだろうに、勿体ないと思ってしまいました。
まあ、ページ数の関係上致し方ないのかもしれませんが。


今回は、ほぼ夏休み中の出来事が描かれています。
守谷先輩のたくらみを阻止しようと奮闘するわけです。

守谷先輩の扱いには本当に驚きました。
真人との深夜の邂逅なんかでフラグを立てていたとはいえ、その時点ではまだ救済も可能だったろうに……。
あっさり退場してしまったことに驚いて思わず、二度見してしまいました。


あとはそうですね。
腐女子として、思わず反応してしまったのは途中の入浴シーン(笑)
思わず「どこのBL?」と。
ニヤニヤしながら楽しく読んでしまったのは腐女子の業ですね。


シリーズが実質終了となりますが、結局、環先生の正体が不明なままとなってしまいました。
それでも一応、神であるのは間違いないようですし、「自分だけを崇めるようにしたい」とか言っちゃうくらい真人を気に入ってますから、敵にはなりえないのでしょう。
(実際、ヨモツヘグイしそうになった真人を助けたりしてますし)。

作者さんはすでに新シリーズ?の迷宮庭園を発売しているようです。
そちらはきっと買わないと思います。

拍手[0回]

よろず一夜のミステリー 枝の表象

よろず一夜のミステリー 枝の表象/篠原美季
「よろいち」の編集アルバイト学生恵もいよいよ就活の季節。そんななか、編集部に寄せられる情報は"幽霊"ネタばかり。臆病者の恵が渋々調査に出掛けた廃屋で目撃したものは怨霊なのか。一方、兄の稔は行方不明の父を捜し続けていた。しかし、その消息を知る男の死。現場に残るアカシアの小枝の意味は? メンバーとの別れ、就職、父との再会……恵の今後や如何に。シリーズ完結編。


この間購入してきた1冊を読みました。
280ページだから、ちょっと薄めですね。


あらすじにもある通り、シリーズ完結巻です。
サブタイトルが五行で一周してキリはまあいいんでしょうね。

今回は幽霊騒動と、前々から仄めかされていた恵の父親について語られています。

が、ぶっちゃけ物足りない。
作者さんの他のシリーズの刊行ペースを考えても忙しいのはわかるんですが、ちょっとなぁ。


この作品って「青春<怪>ミステリー」なんて銘打たれてますが、ぶっちゃけミステリというにはお粗末です。
が、オカルト的な現象を科学的に考証していき、ついでに事件の解決に関わっていくという基本コンセプトは好きだったので読んでいたんですよ。

でも、今回は事件らしき事件は1件のみ。
その1件に関しても、稔が間接的に関わっている程度なので。


こういう作品でも扉絵っていっていいんでしょうか?
章タイトルのページのイラストの恵が可愛かったです。
個人的には三章のキイチの服を一生懸命掴んで幽霊に怯えてる恵が一番好きです(笑)


恵の今後が気になるような、でも想像できるような終わり方でした。
作中で内定をもらっていた会社はなくなってしまった訳ですし、このままアルバイトから社員に昇格しそうな気配です。
そして今まで通りのほほんと万聖さんの話を聞いて、キイチと言い合いつつ仕事してそう(笑)

作者的には続きを書く意欲はあるようですが、その辺は編集部次第なのかな?

とりあえず、次の作品は新潮文庫の新レーベルで新シリーズらしいんですが、"新潮文庫の新レーベル"って表現に「?」って感じなんですが。
どういうことなんでしょう。秋から冬に発売になるらしいので、ちょっと気を付けてチェックしたいと思います。

拍手[1回]

御堂学院の 神使官 導きの炎

御堂学院の 神使官 導きの炎(セント・エルモス・ファイアー)/篠原美季
全寮制のセレブ学校・御堂学院。玉司真人は学内で巫女装束の幽霊を見かける。寮監督生の水方蘇王は、それは心霊写真に写っていた女性の霊が抜け落ちたものだというが 、その後、心霊写真の撮影者・高校3年生の下平が火事で死亡してしまう。しかも同じ場所で、十数年前にも火事が起きていたことがわかり――!? 自由奔放な神使いと神鎮めの神官が 、怪奇事件の謎に迫る! 大人気ゴシック・ミステリ、第2巻!!


先日購入してきた1冊を読みました。
これの続きになります。


今回は、あらすじにもあるとおり巫女姿の幽霊が災厄を運んできます。
炎って浄化の意味合いが強いイメージがあったので、神の炎でも焼き尽くせないというのはいったいどういうことなんだろう?と首を傾げながら読んでいました。
あとついでに、「大人気」っていうほど人気がでるような作品には思えないんですが、そこんとこどうなんでしょう。


正直、いったいどんな刊行予定になっているのか気になりました。
1巻時点で、シリーズになることが決まっていたからかものすごくスローテンポというか伏線を張り巡らせてほとんど回収していない印象を受けました。

一応、1巻完結型で積み重なって大きな問題に立ち向かっていく形式をとってはいるんですよ。
でも、1巻で完結しきれてないよね?と。
シリーズ通して読む分にはいいんだと思うんですが、1巻単位で読むと内容があまりあるように思えないのもちょっと辛いかも。

謎が謎を呼ぶ展開って嫌いじゃないんですが、ある程度は途中開示が必要になってくると思います。

藤代先輩と守谷がつながっていることは蘇王には明かされるわけですが、展開として進んだのはそれくらいかなぁ。
あとは、学園の建設計画段階から水方家には伝えられていない思惑があったらしいということくらいでしょうか。

正直、その程度だと物足りないと思ってしまいました……。


真人や蘇王の中で守谷が完璧に悪役として認識されていたことにちょっと驚きました。
1巻を読んだ印象では、めちゃくちゃ怪しい人だし状況証拠的に疑われるのは仕方ないにしても、黒幕認識はされてない、って思っていたんです。
だけど、2巻を読む限りだと完璧悪役として認識されてますよね。
うーん、私の認識違いかな?


次巻については特に記載ありません。
他のシリーズとの兼ね合いもあるんでしょうが、正直このシリーズは勢いで一気に読ませないとダメだと思うんですよ。
今回同様、半年後の刊行だとしたらちょっと遅いかなぁ。

とりあえず、次巻も購入すると思いますがある程度で見切りをつける必要もあるかなぁ、って感じです。

拍手[2回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR