忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】篠原 美季」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

御堂学院の神使官 十五の神隠し

御堂学院の神使官(サーヴァント) 十五の神隠し/篠原美季
十五歳を迎えた生徒が一人、必ずいなくなる「十五の神隠し」。しかも学内にほ神への貢ぎ物として死体を埋めた岩があるらしい。そんな忌まわしい伝説がのこる御堂学院。だが、言い伝えのとおり、十五歳の生徒を消してから異変がはじまった!? 編入生の玉司真人は、生徒の行方を捜し、助け出そうとするが、寮監督生の水方蘇王に固く止められてしまい――!? 全寮制の男子校を舞台に描く華麗なるゴシック・ミステリー、開幕!!


少女向けレーベルの作品だからそう時間をかけず読みきれるだろうと思っていたんですが、何かと時間がなくて1週間近くかかってしまいました。
予定狂いすぎだなぁ。


あらすじを読んだ印象だと、耽美系っていうんですか? ちょっとそれっぽい作品なのかな、と思っていたんですが全然そんなことありませんでした。
表紙もそれっぽいので余計そう思ったんですけどね。


物語は、山奥の全寮制の男子校に主人公・真人が編入するところから始まります。
何故か「神使い」なるものに選ばれてしまったらしい真人。
よくわからないままも、その力を使って人知れず殺されてしまった友人の魂を救う話です。


正直、1巻だけだと謎すぎて評価がしづらいです。
真人が手にした力で問題を解決しているわけですが、あまりにもあっさりと解決しているので「あれ?」と。
というか、真人の記憶力につっこみたい。

頭はけして悪くはないと思うんですよ。
でも、たかが1回みただけの文言をさらっと言ってのけてしまえるのがすごい。
いっそのこと、勝手に唱えてしまう、心の中に浮かんできたみたいな設定にしてくれた方がツッコミはいれなくてすんだなぁ、と。


導入編ってことなんでしょうが、前置きが長すぎるというか、物語が動きだすのが残り4分の1以下になってからのことなので「え、これで終わり?」と。
きっと1巻で完結する書き方じゃないんですね。
作者あとがきによるとあとがき書いてる時点で2巻を執筆中とのことなので、2巻までは何があっても出る予定っぽいですね。

そう考えれば、今回のちょっと物足りない感じも仕方ないのかもしれませんね。

そのためか、いろいろと今回は謎です。
先輩たちがどっちも怪しすぎるんですが、先輩たちのあつかいがどうなるのかちょっと気になりました。
正直、やってることがマジでやばいんで、後々味方になるとかそういう展開には持っていきづらいと思うんですよね。
人を呪えば穴二つな展開になるのか。
うーん、気になる。

そして「傍観者」であるらしい保険医も謎だなぁ。
まあ、単純に考えるならこの人は神ってことなんでしょう。
しかしながら、本当に神だったとしても、なぜこの学院にいるのかとか謎なんですよね。

3月刊で2巻が出るらしいのでとりあえず購入しようと思います。

拍手[0回]

よろず一夜のミステリー 炎の神判

よろず一夜のミス テリー 炎の神判/篠原美季
都市伝説サイト「よろいち」に“おひとりさま”の怪情報が届く。夜道で「火を貸してくれ」と声を掛けられ、断ると身体に火をつけられるというもの。そんななか、火の気のない場所で 女子高生の身体が燃える事件が! 被害者は奇しくも事務所の社長・輝一の知人の教え子。そして単身調査に乗り出した恵は、輝一の意外な過去を知るのだが……。信頼の絆を失ったチ ーム、絶体絶命か!?


昨日購入してきたよろいちシリーズ、早速読みました。
今回珍しくあらすじ読んでから読み始めましたが、これじゃない感が強かったです。


前回の予想通り、今回は「火」。
正確には「炎」ですが、意味合い的には「火」だし、作者的にも「火」でOKらしいです。

あらすじを読むとなんとなく、恵がぶん殴られるくらいのことはあるんだろうか、とハラハラしつつ読んでいたんですが、そこまでひどいことになることもなく。
いや、最初はハラハラするんですが、思ったよりあっさりとその問題については簡単に解決してしまうんですね。
なので、「『絆を失う』ってこれだけ?」と拍子抜けしてしまいました。


この作品って科学とオカルトが同時に存在する世界観とでもいいましょうか。
オカルトめいた現象を科学的に考察し、検証していくというのが基本コンセプト。

今回、恵たちが追うのは、おひとりさま――お火取りさまです。
なんでも、夜道を歩いていると後ろから「火を貸してほしい」と声がかけられるんだとか。
後ろを振り返ると、足だけの存在があり、それに追いかけられて火をつけられるというもの。

都市伝説というだけあって、細かなバリエーションこそありますがだいたいはそんな感じ。

そんなお火取りさまを調べていくうちに、元ネタとなったであろう事件にたどり着きます。

夏の暑い日のこと。高校の屋上で少女の身体に突然火がついて亡くなったという事件。
焼身自殺ということで処理されたその事件も実は……。


正直、犯人がちょっと怖かったです。
どっかで書いた気もするんですけど、私ヤンデレ苦手なんですよ。
こういうどこかいっちゃってるようなキャラは本当に苦手です。

犯人にとって、輝一の存在というのはいったい何だったんでしょう、とちょっと考えてしまいました。

きっと、輝一の過去のあやまちを知ったことによって、弱みを握ったと思いこんだんでしょうね。
輝一の存在って性格以外は完璧というか。そんなイメージ。
そんな物凄い存在である輝一を自在に操れるとでも思ったのか、あるいはそこに存在意義を見出したってことなのかな。
過去の体験があったから、女子高生はターゲットにされたんでしょうね。
細かな点は語られていなかったので推測になってしまうのですが、ちょっと残念ですね。


どうやら、このシリーズ次巻で終わりのようです。
五行が一周したあとタイトルどうするのかな?と思っていたのですが、余計な心配だったようです。
作者あとがきのニュアンスからするとはじめから5冊で区切りってのは決まっていたようです。
意欲はあるようですが、作者サイドでも5巻でこのまま完結なのか、「続」やら「新」やらで続きが出来るのかは不明らしいです。

5巻にして最終巻の「木」は2014年5月発売とのこと。

きっと、恵たちの父親の話なんかも語られると思うのですが、どうかな?
今回ほのめかされた輝一の弟の話も何か絡んでくるのでしょうか。
楽しみです。

拍手[0回]

よろず一夜のミステリー 土の秘法

よろず一夜のミステリー 土の秘法/篠原美季
夢中になるあまり、現実との区別がつかなくなった若者による事件が相次ぐ人気オンラインゲーム『ジオの聖戦』。そこでは攻撃に敗れた「ゾンビ」が復活するために「女神」を手に入れなければならない。そんななか、都市伝説サイト「よろいち」編集部のアイドルである希美が誘拐されてしまう。彼女こそゾンビを甦らせる女神と信じた者の犯行か――恵は、希美を無事に救出できるのか!


よろいちシリーズもこれで3冊目ですか。
後でカテゴリ作りますね。


今回のテーマはあらすじにもある通り、「ゾンビ」。
1巻発売時点では、3巻は「西行の秘法」の予定だったんですが、途中でタイトルが変更されています。

オンラインゲームや、ネット依存症なんかを絡めて物語は進んでいきます。
正直、西行についてはちらっと触れられている程度だったんですが、「元々タイトルだった」という印象が強くて。
作者は意図していないであろうミスディレクションに引っかかってしまいました。

それがなければ、もうちょっと早く真相というかゾンビ化の手段?に気づけたんじゃないかなぁ、とちょっと悔しかったです。
だって、ゾンビだなんだと言ってますが、普通に考えて仮死状態になっていたと考えるのが妥当です。
で、この手の話で仮死状態=テトロドトキシン(ふぐ毒)っていうのは定石だし。

まあ、薬品名が出る前に気づけたからまあいいかな。


このシリーズって元々オカルトっぽいテーマを科学的考証で解決していく話なんです。
全然違う方向から別々の出来事を追っているんだけど、最終的に全てが1つに収束するのもお約束ですね。

作中で提示される情報が全て正しいのかは別として、科学でたいてい解決してしまうので、オカルト目当てだとちょっと違うと思うかもしれません。
今回は正にそれ。途中途中でオカルトっぽいワードは出ているものの全て化学的に解明されています。
前回みたいな「もしかして?」ってのもありません。


万聖さんの説明するネット依存症についての話は思わず真剣に読んでしまいました。
凶悪事件が起きるとゲームが悪い漫画が悪い云々って話がよくあがりますが、私それ見るとイラッとしてしまうんですよ。
似たようなことが語られているわけですが、このように理由まで語られていると思わず「なるほどなぁ」と納得してしまいます。


恵と稔の父の情報も少しですが、出ています。
それによると「兄弟の父は医療機器メーカーから幽霊について研究する機関に転職した」んだとか。
なんとなく、幽霊=意識体?と思ったんですが、本当に思いつきなのでそう簡単なものじゃないんだろうなぁ。


次巻についての情報は不明。
タイトルにはきっと「火」がつくんだと思います。作者があえて秘密にしているんですが、まあ普通に考えて五行ですよね。で、5巻は「木」でしょう。
6巻以降までシリーズが続くのかは不明ですが、もし続いたとしたら作者はどういうタイトルをつけるのか気になりました(笑)

次巻を楽しみにしています。

拍手[0回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR