忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】篠原 健太」の記事一覧

SKET DANCE 14

SKET DANCE 14 進め!ペロキャンガール/篠原健太
椿がデージーを傷つけた不良と対峙! 果たして結末は…!? そんなシリアスムードから一転、スケット団はジェネシス世界大会出場、ペロキャンCMにヒメコ登場など超ノリノリ! そして、遂にエニグマンの素顔が!!


ジャンプ本誌だとそろそろ終わりそうになっているスケダンです。
きっと卒業で終わりなんだろうなぁ。


【第118話 椿と雛菊―3】【第119話 椿と雛菊―4】
デージーが不良に狙われ、椿がそれを助けようとする話。

前巻続きです。不良たちの下へ椿が向かったってところで終わっていたんでしたか。

不良の頭である藪田は、多数の手下を従えていて「タイマン勝負してやる」といいつつ「子分が邪魔するかもな」とかいっちゃうようなゲスいヤツ。

椿自身はボクシングやってるんでしたか。
弱いわけじゃないんだけど、多勢に無勢で劣勢に陥ります。
そこに現れたのは「助っ人戦隊キュウエンジャー」。つまりはスケット団。

相変わらずヒメコ無双がすごい。
そしてスイッチはともかく、ボッスンの攻撃が相変わらず地味(笑)

ちょっとだけ素直になったデージーが可愛かったです。
不器用な二人はこれからも少しずつ人に頼ることを覚えていくんだろうな。


【第120話 ストップ!ジュバンニ】
スイッチの変な発明シリーズ。

今回の発明は、着ると10倍のパワーが出せる肉じゅばん型パワードスーツ『ジュバンニ』。
もう説明シーンからしてなんだコレって感じ。

元ネタは介護だとかに利用するために開発されている強化スーツ。
そこに音声認識ソフトを搭載し、声で指示を出すことで操作できるってものなんですが、本当にグダグダでした。


【第121話 Masked Love】
イケメンがスケット団に恋愛相談しにくる話。

イケメンの名前は大門秋智。えー、エニグマンの正体です(笑)
エニグマンがクエッチョン(エニグマンの助手)に告白したい、と。

えー、クエッチョン普通に可愛らしい子だったんですけど、性格が……。
仮面をつけると性格が変わってしまう2人だからある意味お似合いなんでしょうけどね。


【第122話 ジェネシス・ワールド・グランプリ 前編】
【第123話 ジェネシス・ワールド・グランプリ 後編】
山野辺先生のクソゲーシリーズ・ジェネシス世界大会編。

3巻でスケット団が熱中したジェネシスですが、それの世界大会に参加する話。
開催国はンプルィーヌ・チペペスブ王国で、前回優勝国は東キュピール。
優勝候補はギョヂョーン、レソポッコウンズランド、ズールズーヌルーズヌー共和国。
もう訳わからん(笑)

そんな訳わからん大会に参加してくれるキャプテンはマジいい子です。
さらに優勝してMVPまでとっちゃうんですから本当にすごい。

正直どうでもいいんですが、ビニーズミュートアンプに登場していたジョアンナ(女生徒)とアンドレ(新講師)が結婚したとかそういう情報も明かされています。
まじどうでもいい(笑)


【第124話 楽屋に行っていいかい?】
スイッチがモモカのライブに行く話。

ただし、パソコン故障中というスイッチにとってはかなり大変な状況。
そのため、スケッチブックで筆談というちょっと面倒な状態になってしまうんですね。

前半の部室での会話を、後半のモモカとの受け答えに使うことでペンをなくしてしまってもテンポよく会話するってのはすごいなぁと思いました。

ちょっと久しぶりな気がする結城さんですが、相変わらず登場シーンが怖いです(笑)


【第125話 快技・懐疑・会議】
コンタクトをなくした椿を物まねで誤魔化す話。

ほとんど見えない椿をスケット団が物まね芸(=快技)でフォローして、
それを疑いつつも(=懐疑)椿は信じて、その状態で定例会議をする、と。

読み終わってからタイトルを見るとなるほど、と。
スイッチのは物まねとはまた違うんですが、普通にすごい。

というか本当にボッスンは器用ですね。


【第126話 進め!ペロキャンガール】
ヒメコがペロキャンのキャンペーンガールに選ばれる話。

CM撮影に挑むわけですが、ヒメコがてんぱって訳わかんなくなってます。
天狗のお面被ってホッケーのスティックを振り回すとかもう何なの、って感じ。

というか、このCMにOKを出したプロデューサーにびっくりです。
まあ、ペロキャンだしな、と思ってしまう私は悪くない(笑)


この巻と同時発売でノベライズ第2弾が発売されていたはずなので、そちらも近いうちに紹介してしまいたいと思います。
ノベライズ2巻の主役は生徒会らしいので楽しみです。

拍手[0回]

SKET DANCE 13

SKET DANCE 13 ユーガッタメール!/篠原健太
便意には必死で耐え、恋心(?)を抱いたメル友の正体はまさかの○○○で、チュウさんの薬で透明人間(全裸)になれば薬の効果が切れだしたり…と悲劇まみれのボッスン祭り!! 一方、デージーは不良に絡まれ…!?



ここの所、スケダンはけっこう良いペースで紹介出来ている気がします。
けど、そのうちまた停滞しちゃうんだろうなぁ。


【第109話 ウンは天にあり】

ボッスンが便意を我慢する話。

ただそれだけです。
作者コメントでこの話のアンケート結果がおもしろいことになったとあったんですが妙に納得してしまいました。

女性票が少なくて低年齢、少年票が多かったらしいです。
WILDLIFEの陵刀だったと思うんですけど「子どもってうんち好きじゃない?」ってセリフを思い出しました。


【第110話 ユーガッタメール! 前編】
【第111話 ユーガッタメール! 中編】
【第112話 ユーガッタメール! 後編】

ボッスンとヒメコがそうとは知らずメメル友になる話。

元々、振蔵がとあるブログの常連で、たまたまボッスンの携帯からメールを送ることになったってことから始まるすれ違い話。
面白かったんですが、正直めちゃくちゃ突っ込みたかったです。

なんでいきなりメル友?
普通コメ欄なり拍手なりから教えないですか?
まあ、そこ突っ込んだら話成り立たないから仕方ないんでしょうけど。

あと、スイッチの情報網マジ怖い。
「この学園のネット関係でオレの知らぬ事などない!」って断言しちゃってますからね。

2人がモダモダしている様は面白かったです。


【第113話 VS生徒会!バトルQ】
エニグマンwithボッシュートンVS生徒会-安形な話。

前回のヒメコもそうだったんですが、女性陣のめちゃくちゃな回答に笑ってしまいました。
ミモリンは相変わらずお金でどうにかしようとしているし、デージーはデージーで発言が物騒だし(笑)

榛葉さんって正直ボケだと思うんですよ。でも生徒会メンバーが揃うとツッコミに回らざるを得ないんですよねー。

おいしいところを掻っ攫っていく安形かっこよかったです。
さすがIQ160オーバーです。


【第114話 透明人間露る!】
チュウさんの薬でボッスンが透明人間になる話。

とりあえずボッスンはいい加減学習すべき。
なんでチュウさんの薬の実験台になってるのかも謎だけど、チュウさんの言葉を信じて2時間は余裕と思ってしまうのか……。

いかにして誤魔化して移動するかがメインなんですが、めちゃくちゃ笑ってしまいました。
こういうグダグダな話大好きです。


【第115話 漫画乙女は荒野をめざす】
ロマンが後輩指導をしたり、後輩フミちゃんの漫画の話。

前半は漫画家あるあるネタ。とりあえず、ロマンには言われたくないなぁと思いながら読んでました(笑)
後半はフミちゃんの漫画をボッスンとヒメコが読む話。

フミちゃんの漫画はロマンに影響されたこともあり、ロマンワールド全開です。
なんだけど、絵柄はマーガレット風といえばいいのかな。
普通に上手いんですよ。それでロマンワールドなのでめちゃくちゃシュールでした。

というかロマンに続き、フミちゃんまで受賞させちゃうマーガリン編集部はいったい何を目指しているんでしょう。


【第116話 椿と雛菊―1】【第117話 椿と雛菊―2】
デージーが不良に絡まれる話。

デージーが不良に絡まれて、大変な目にあうんです。
椿はそれを知り、助けようとするわけですが、デージーは助けを拒みます。
これは性格的な問題というか、他人に助けを求めることを悪いことだと思っているってことなのかな。

椿がボッスンに相談にやってくるとかもう滾りました。
そういや、ボッスンは兄だし、それに瑠海ちゃんもいるからそういう相談を受ける側なんですよね。
なんかいいなぁ、こういうの。

今巻は椿がデージーを助けにいったってところで終了。
続きが気になる感じです。


巻末に「マイ・ベスト・エピソード」人気投票の結果発表が収録されています。
1位「カイメイ・ロック・フェスティバル」
2位「Happy Rebirthday」
3位「スイッチ・オフ」
4位「OGRESS」
5位「壊れてしまった特別な…」
6位「Happy Birthday」

までが1000票超。
だいたい順当な感じですが、5位が異色すぎるw
いや、好きですけど。ちょっとどうなのって感じです。

今やったらまただいぶ変わるんでしょうね。

なんとも中途半端なところで終わっているので近いうちに紹介したいなぁ、と思います。

拍手[0回]

SKET DANCE 12

SKET DANCE 12 ドロップ/篠原健太
牛のウ●コが大活躍(?)のスケット版『さるかに合戦』に始まり、久々のJソン先生登場まで、どこを読んでもハズレなし! 占い師とのバトルやボッスンのおり紙なども必見!! そしてキャプテンからの依頼とは…!?


今回もまた小説版読むの忘れて、普通に本編読んでしまいました。
忘れないうちに、さっさと読んでしまうべきですね。


【第100話 COMBAT DANCE(コンバット・ダンス)】
番外編。

今回は、さるかに合戦です。
キャスティングはスイッチが猿、結城さんがカニ、ヒメコが子ガニ。
子ガニに協力する栗はキャプテン、蜂はコマちゃん、臼がダンテ、そして牛糞をボッスンがつとめます。

というか、牛糞?ってなったのは私だけじゃないと思います。
私の記憶の中の「さるかに合戦」に牛糞が登場していた気がしなくて、ちょっと調べてみたんですがレーベルによっては牛糞は登場しないようです。

それ以前に親カニが死なないバージョンなんかもあるみたいですよ。

オチは何故か、西遊記。
猿は山に潰されてしまい長い間封印されて……ってやつですね。


【第101話 しばらく観させてもらいます】
仁がヒメコとボッスンのやりとりを観察する話。

仁じゃなくてもツッコミたくなりますね。
熟年夫婦っぽい(笑)

でも、スイッチ曰く、ヒメコがボッスンに抱く思いはそう単純なものじゃないんだとか。
ヒメコもスイッチもボッスンに救われたわけです。
だから、感謝しているし、ボッスンに何かあったら全力で助けにいくんでしょう。

でも、その感情に名前をつける気はまだないんですね。
連載が続いていく中で少しずつ描かれていくかな、と思います。


【第102話 榛葉道流のエレガント・クッキング】
生徒会メンバーがお昼の放送に登場する話。

放送部の依頼を受けて、榛葉がメインとなって料理番組を放送するわけです。
で、生徒会メンバーをアシスタントにすることになったわけです。

榛葉は椿と丹生にアシスタントを頼もうとするんです。
が、安形とデージーはそれが気に入らなくて。作中で榛葉も言ってましたが、安形めんどくさ!

結局くじびきになって、安形とデージーがアシスタントをつとめることになるんですが、2人ともやる気なくてもうグダグダでした(笑)

榛葉が非常にアルコールに弱いとか設定が追加されていますが、正直ぶっちゃけどうでもいい。
それよりも、私は榛葉が安形をパシリと叩いていることに妙に感じ入ってしまいました。そういや、同学年なんですよね、この二人。


【第103話 占い師をやっつけろ 前編】【第104話 占い師をやっつけろ 後編】
結城さんが悪徳占い師に心酔してしまい、正気に戻すため占い師の化けの皮をはぐ話。

これ好きです。

結城さんとスイッチは科学とオカルトでいつも討論しているわけで。この2人は良きライバルなわけですね。
でも、今回の話では結城さんは占い師に心酔してマズイ方向に進もうとしていた。だからスイッチは、スケット団は止めに入ったわけですね。

ボッスンに変装した椿を占わせることで、占いのカラクリを明らかにするわけです。
それは楽しくていいんですが、ちょっと気になることが1つ。

椿とボッスンが双子だったってこと、いったいどこまでの生徒が知っているんでしょう?
下調べをしてわかったことをあたかも占いをしてわかったことのように告げていたわけですが、この2人の出生の秘密はそう大っぴらにするようなことじゃないと思うんですよ。

スケット団や、生徒会のような仲間うちには告げているようですが、他は謎ですし、明らかに部外者である占い師の手の者に「2人は双子だ」と告げた人物がいたのかな?とちょっと考えてしまいました。


【第105話 ドロップ】
キャプテンが依頼にやってくる話。

今回唯一の泣ける系の話です。
作者コメントにもありましたが、本誌掲載時に問題になったんでしたね。すっかり忘れていました。

本誌掲載時センタカラーか何かだったと思うんですが、普通そういうのって扉絵含むはじめ数ページがカラーじゃないですか。
趣向を変えて、終わり数ページがカラーです。

単行本ではやっぱり白黒になってしまっていますが、作者は「コミックスに収録時、カラーじゃなければ欠番にしたい」と思っていたのだとか。
それは担当さんに全力で止められたそうですが、本誌読んでない人もいるわけですか本当にやめてほしいですね。

でも、焼きたて!!ジャぱんなんか4巻で単行本にカラーページ(しかもこれと同じく話の終わり)つけれてるんだから、これも出来たんじゃないかなぁ。


【第106話 マルツイ・デカダンス】
新キャラ・一長太郎(でかたちょうたろう)登場話。

刑事ドラマに憧れ、警察の隠語を多様するめんどくさいキャラです。
ロマン以上にめんどくさいかもしれない(笑)

作者が登場させるのをめんどくさがっているんですけど、こいつ2回目登場してますか?
私見た記憶ないんですが。

一発キャラになってしまったのかもしれませんね。


【第107話 おり神と呼ばれた男】
ボッスンが折り紙を極める話。

もうマジですごい。
リアルでもこれくらい作れてしまう人がいるってのは知っていますが、ボッスンだとこういうことが出来て全く違和感ないですね。

そして、最後がああなってしまうのもまた違和感ないです。


【第108話 ひそひそインストラクソン】
Jソン先生のお見合い話再び。

なんというかこの人お見合い向いてなさすぎる。
他人の力を借りないほうがうまく行く気がしますよ。

悪い人じゃないんだろうけど、不器用すぎるし怖すぎるんだよなぁ。
だから、お見合いではなくて、普通に知り合って少しずつ距離を縮めていったほうが上手くいくと思うんですよね。
まあそれも難しいんでしょうけど。

おねえさんならまだいけたと思うんですけど、おねえさんはチュウさんとくっつくからなぁ。
なかなか難しいですね。

いつの日か、Jソン先生がちゃんとお付き合いできる女性が登場してくれるといいですね。


上でも書いたとおり、忘れないうちにノベライズ読んでしまいたいです……。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR