忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】鎌池 和馬」の記事一覧

とある魔術の禁書目録 13

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈13〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録 13/鎌池和馬
 学園都市に、ローマ正教『神の右席』の一人、『前方のヴェント』が侵入した。彼女が操る謎の魔術により都市機能は完全麻痺、大部分の人間は意識を奪われ倒れていった。
 彼女の狙いは、上条当麻。
 ローマ正教が公式に認めた敵。
 同時刻。
 最強の超能力者(レベル5)・一方通行(アクセラレータ)が、彼を支える少女『打ち止め(ラストオーダー)』を護るため、科学者・木原数多率いる武装集団『猟犬部隊(ハウンドドッグ)』と激突した。
 魔術と科学、二つの惨事が同時に学園都市を襲う。
 上条当麻、インデックス、一方通行、打ち止め。四者四様の想いが交差するとき、物語は始まる――!


ようやく読み終わりました。
380ページ強とラノベとしても、一般書籍としても結構ぶあついんですが思っていたよりもかなり時間がかかってしまいました。
本当はもう1冊何か読むつもりだったのですが。


前巻の続きになります。
9月30日の話。上条当麻と御坂美琴が大覇星祭の罰ゲームで一緒に過ごしたり、インデックスが一方通行と、上条が打ち止めと人探しをしたりと平穏だった前巻前半。
後半からはかなりシリアスで。
打ち止めが木原数多率いる猟犬部隊に狙われ、一方通行が応戦するもの苦戦。
どうにか打ち止めを逃がすものの、足手まといにしかならないインデックスが木原と一方通行の前に現れ、逃がされた打ち止めは上条当麻に助けを求めた。

と、そんなとこでしたか。


もうテンションあがってやばかったです。
今回、科学と魔術の交差具合がはんぱない。

猟犬部隊とヴェントが接触してみたり、学習装置(テスタメント)でウイルスを打ち込まれた打ち止めを御坂とインデックスが知恵を出し合い、最終的にインデックスが魔術的な「歌」で応急処理をしてみたり。

極めつけは、「天使」ですよね。
AIM拡散力場から生まれた少女・風斬氷華。AIM拡散力場というのは能力者たちから放出される微弱なエネルギーとでもいえばいいのかな。
その方向性をあやつることで、「ヒューズカザキリ」なる人工的な天使を作り出したわけです。
そして、その方向性を操るために利用されたのが、打ち止めとその配下にあるミサカネットワーク――御坂妹をはじめとする御坂美琴のクローンたちであったと。
もうすごかったです。

途中、打ち止めの携帯電話で上条と一方通行が会話をするシーンがあるんです。
めっちゃテンションあがりましたとも!
お互い相手の正体を知らないわけですよ。だからこそ会話が成り立ったって面もあるでしょうけど。
正直、上条が次に一方通行と顔をあわせたときにどんな反応をするのかがすごく気になっているんですよねー。

上条たちと接触こそないんですが、土御門も頑張っていました。
この人が多重スパイとして魔術と科学の間を行ったり来たりするのは、義妹・舞夏のため。純粋に学園都市で、家政婦になるために頑張っている義妹を、義妹の生活を護るためなんですよ。
この2人の過去が気になりました。
何があって、兄妹となり、命をかけてまで護る存在となったのか。
だって、超能力者が魔術を使うと、拒絶反応が出るんですよ。文字通り命がけ。超能力が「肉体再生(オートリバース)」だからこそ無理をしているってのはあるんでしょうけども。
その辺いつか語られるかな?


後はそうですね。
一方通行のキレ具合が怖かったです。
腐っても第1位。学園都市230万の頂点なだけはあります。能力を使わず心理戦で鍛え上げられた猟犬部隊を壊滅してしまうんですからね。

地球の自転するためのエネルギーすら操ってしまうとか、それどんなチート。
5分遅れたってもうものすっごいですよね。
それをぶつけらながらも微動だにしなかった「窓のないビル」の方がもっとすごいわけですけどね。

「あらゆるベクトルを操る」のが彼の能力なワケですが、それにはAIM拡散力場を含まれているってことなんだろうなぁ。
木原数多を倒す際に出現した羽の正体はヒューズカザキリのそれと同じようなものなんでしょうが、彼はいったいどこまでいってしまうのか。

作中でも語られていましたが、一方通行は闇の世界から光の方向をまぶしそうに眺めていたとでもいえばいいのかな。
絶対能力進化(レベ6シフト)実験の凍結、打ち止めと触れ合うことなんかで闇の奥深くから少し光に近づいた状態だったわけです。
しかし今回の出来事で再び闇の世界に逆戻りしてしまいました。

一方通行の第一は光の世界の住人である打ち止めを護ること。自分や自分同様闇の世界の住人である木原数多たちがどうなろうともかまわないわけです。
つまりは一方通行は上条当麻やインデックス、御坂美琴なんかは殺せないけど、木原数多やアレイスター・クロウリーなんかが相手なら容赦なく力を奮うってことなんですね。
この非常に危うい少年はどこまで堕ちてしまうのか……。
(まあ、新訳の口絵を見る限りでは無事に光の世界に戻ってこれるようですが)


アレイスターといえば、カエル医者との会話がありましたね。
このカエル医者「冥土帰し(ヘヴンキャンセラー)」は過去、アレイスターを救っていたんですね。
カエル医者ならばアレイスターがぷかぷか浮いてるアレをどうにかすることが出来るようなんですが、医者として一度でも助けた人物を自らの手でどうにかできるわけがないってところでしょうか。
カエル医者のいう「患者」ってそういうことだと思うんですよね。
だからこそ、患者が無理を言ってきても出来る限り叶えるってことなんでしょうが。


ヴェントが所属しているローマ正教『神の右席』。
一応重要そうなキャラクターは名前だけは登場しましたね。
前方のヴェント、左方のテッラ、後方のアックア、右方のフィアンマ。
名前からしてコードネームくさいですよね。だってアックアは水、テッラは土、フィアンマは炎でしょう?
残るヴェントは自信ないんですが使っていた魔術と四原則から考えると風になるのかなと。
アックアは神裂同様、聖人らしいです。

不穏な気配が漂う学園都市とローマ正教。
これから先いったいどうなってしまうのか気になりました。

拍手[0回]

とある魔術の禁書目録 12

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈12〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録 12/鎌池和馬
 九月三〇日――衣替えの季節がやってきた学園都市。
 周囲の慌ただしさを余所に、エリートお嬢様学校・常盤台中学の超能力者(レベル5)、御坂美琴はコンサートホールの前の広場にいた。
 待ち合わせである。
 けれど、
「……、来ない」
 罰ゲームを受けるはずの"あの少年"は一向に姿を見せない。美琴はため息混じりに、薄っぺらい学生鞄とバイオリンのケースを抱えてアイツをずっと待っていたのだが――。
 上条当魔と御坂美琴が交差するとき、罰ゲームを巡る学園(ラブ)コメディは始まる!?


ちょっと久しぶりの禁書目録です。
やっぱりけっこうあいちゃいますねー。


読み終わってから失敗したな、と思いました。
というのも今回の話、実質前後編の前編なんですよ。

大覇星祭のときは表紙がいかにもだったので気付けたんですが、今回は気付けませんでした。
うーん、あらためて見ると確かに対になっているようないないような。

どうせなら一気に読んでしまいたかったなぁ。


今回は、あらすじにもあるとおり9月30日の話。
これまで登場したキャラのほとんどが登場しているのかな?
直接、上条さんに接触しているキャラはそう多くないんですけどね。
上条さんと関わった人物たちのその後が多々描かれているんですが、こういうの好きです。


一応メインに据えられているのは上条視点と一方通行視点。

上条さんはいつもどおりの不幸と御坂とのデート話。
ただし、御坂はともかく上条さんは罰ゲームだと思ってる。

一方通行は退院し、黄泉川先生宅に身をおくようになり、一人飛び出していってしまった打ち止めを探す話。


なんというかイベント目白押しなんですがステイルとローラ、一方通行と黄泉川&芳川&打ち止めだとかもうちょっとなんか反応があってもいいんじゃないのかなーとか。
ラブコメだったらそこは騒がなきゃダメですよね(笑)
この辺があらすじの「学園コメディは始まる!?」の「?」の原因なんだろうなぁ。

そんでもって上条さんは御坂妹こと10032号にネックレス買ってあげたりしているんです。
上条からしたら単純に「御坂(オリジナル)との差別化をはかるため」の目印でしかないわけですが、御坂妹は喜びますよね。
上条がシスターズを救ったヒーローであるのはシスターズ全体の認識でしょうが、実際直接命を救われたのは10032号ですからね。他のシスターズと違う思いがあるんだろうなと思っているんですが。


この巻で危機が迫ったのは一方通行。
バッテリーによる限定能力者になってしまった一方通行ですが、それでも彼がレベル5の第一位、学園都市230万の頂点であることに変わりはないわけです。
そんな彼がバッテリー切れでもないのに、研究者にボコボコにされるなんて誰が思いましょうか。

木原数多。一方通行の能力開発に関わっていたからこそ出来ることなんですよね。
ある意味チートというか裏技というか木原数多以外にはまず出来ることではなさそうですから、一方通行が最強であるってのは変わらないんでしょうけど。
顔面刺青とか戯言シリーズ(?)の零崎人識を思い出しましたよ。

さて、そんな状況で自身の安全より先に打ち止めを逃がした一方通行。
しかしながらそれだけでは時間稼ぎにしかならず。打ち止めが猟犬部隊(ハウンドドック)に捕まってしまうのも時間の問題かと思われました。

そんな絶望的な状況に現れたのはインデックス。
最初上条さんが現れたのかと思いました。まさかのインデックスに普通に驚いてしまいました。
科学のごたごたにインデックスが何が出来るのでしょうか……。

そして、一方通行に逃がされた打ち止めは上条に助けを求めるわけです。
上条の周りには魔術で昏倒させられた警備員(アンチスキル)の姿もあるわけで。

アレイスターとのやりとりからその魔術師は前巻でも仄めかされていた「神の右席」なる魔術サイド最大の深部らしい存在のようです。


さて一体どうなることやら。
まあ普通に考えて、8月31日のようにそれぞれ科学サイドと魔術サイドを相手にニアミスしながら戦う感じになるんでしょうね。
最後にアレイスターが指示していた「ヒューズカザキリ」が風斬氷華に関連しているのは確かなんでしょうがいったい何なのか……。
次巻はさっさと読んでしまいたいです。

拍手[0回]

とある魔術の禁書目録 11

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈11〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録 11/鎌池和馬
「えー、“来場者数ナンバーズ”の結果、あなたの指定数字は一等賞、見事ドンピシャです! 商品は『北イタリア五泊七日のペア旅行』、おめでとうございます!!」
 大覇星祭最終日。“不幸”であることしか自慢できない男・上条当麻が、なんと海外旅行のペアチケットを引き当てた。 思いがけずやってきた幸運に、上条とインデックスのテンションは最高潮。そして舞台はアドリア海に浮かぶ『水の都』、ヴェネツィア本島へ! 憧れのイタリアンバカンスには、ドキドキ★ラブイベントもあったりして!?
 上条当麻と幸運の女神が交差するとき、物語は始まる――!


かなり久しぶりの禁書目録です。
前作を紹介したのは、昨年の10月のことなので8ヶ月9ヶ月ぶりなんですね。


今回の舞台はイタリア。
7巻で登場した人物たちが再登場しています。
オルソラ、アニェーゼ、ルチアにアンジェレネ。そして建宮をはじめとする天草式の面々。
名前だけは知っていた五和も登場しています。

五和がなぜ上条さんに好意を寄せているのか疑問なんですが、何かフラグ立てるようなイベントありましたっけ?
私が見逃しているだけでしょうか。上条さんは天然のフラグメーカーですが、何もしないでフラグが立つってことは今のところなかったんじゃないかと。私が見逃しているだけでしょうか。
助けられてもフラグ立ってないのって黒子くらいですか?
閑話休題。


上条さんが1等なんてものを当てた時点でおかしいってことがわかります。
何かトラブルが待ち受けていることは予想の範疇ですね。


今回、上条が敵にまわしたのはローマ正教の『女王艦隊』であり、『アドリア海の女王』の発動を阻止しようと、『刻限のロザリオ』の鍵となり廃人にさせられそうになっているアニェーゼを助け出そうと動きます。

普通に面白かったです。
最後に『アドリア海の女王』の攻撃目標が明かされたときは単純にびっくりしてしまいました。
けっこう序盤で「照準とされたものに関係のあるもの全てが破壊される」という説明がされたときに気付けそうなもんだったんですが。
ちょっと悔しいです。


最後のオチが好きです。
上条さんサイドと神裂サイド(というかオルソラ?)とあるんですが、上条さんサイドはいつものごとくです(笑)

学園都市で育った上条さんを余所に見せるわけにはいかないからと強制帰国が決定し、怒れる御坂さんが待っていると。
御坂さんからしてみたら罰ゲームが嫌で逃げ出したように思えるんだと。そんなことされてあの真っ直ぐすぎる御坂さんが怒らないはずもなく。
頑張れ上条。

もう片方は神裂さんと土御門の電話です。
神裂は仲間だった天草式の面々の状況を心配すると同時に、またしても上条さんが天草式を救う立場になったことから申し訳なく思っているんです。
そこに土御門が好き勝手無茶振りしてるんですが、神裂さんも素直だからなぁ。
ちゃんと聞いちゃうのかも。その辺は後日語られるのかな?

そしてオルソラだけでなくアニェーゼ、ルチア、アンジェレネなどアニェーゼ部隊(きっと全員ではないと思うのですが)もイギリス正教に鞍替えするよう。


次巻は御坂さんの罰ゲーム話らしいですね。
『神の右席』なるものも動き出したようですし、いったいどうなることやら。
楽しみです。

拍手[1回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR