忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】鎌池 和馬」の記事一覧

とある魔術の禁書目録 9、10

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈9〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録 9/鎌池和馬
 学園都市最大級行事「大覇星祭」。
 それは、超能力者開発期間である学園都市に存在する全ての学校が合同で体育祭を行う、という超大規模イベントだ。
 その行事には、もちろん上条当麻も参加する。しかし彼の“不幸”は健在で、空腹のインデックスには噛みつかれ、大覇星祭運営委員の吹寄制理には糾弾され、御坂美琴には競技中にビリビリを喰らわされて……!?
 そんな中、謎の霊装『刺突抗剣(スタブソード)』を巡り、とある魔術師が学園都市に侵入した。
 オリアナ=トムソン。魔術業界屈指の「運び屋」で、『追跡封じ(ルートディスターブ)』と称される彼女の目的とは……!
 科学と魔術が交差するとき、上条当麻の物語は始まる――!
とある魔術の禁書目録(インデックス)〈10〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録 10/鎌池和馬
 7日間にわたって開催される「大覇星祭」。
 運営委員の吹寄制理やチアリーディング姿の月詠小萌、名門お嬢様学校の御坂美琴など、学園都市のすべての教師と生徒が一丸となって取り組む超大規模イベントだ。
 そこにひとつの波紋が広がった。
 『使徒十字(クローチェアディピエトロ)』。
 そう呼ばれる存在が、上条当麻の大切な人たちの夢をあっけなく破壊していく……!
 上条当麻は走る。
 誰もが期待し、楽しんでいた「大覇星祭」を取り戻すために。
 科学と魔術が交差するとき、物語は始まる――!


2ヶ月ぶりの禁書目録です。
今回は前後編なので、いっぺんに紹介してしまいたいと思います。


あらすじにもあるとおり、今回は大覇星祭なる大規模な体育祭が開催される学園都市が舞台です。
一般公開もされている大覇星祭に、魔術師が取引のために潜り込むのですが、その取引をつぶすために、上条当麻、ステイル=マグヌス、土御門元春が学園都市内を走り回ります。

はじめは「聖人殺し」の効果のあると思われていた『刺突抗剣』。
しかし、それには聖人殺しなんかよりも性質の悪い効果があって。
それは『使徒十字』を使うことによって、強制的にローマ正教の聖地にしてしまうというもの。
そんなものが学園都市で使われたとしたら、危ういパワーバランスで成り立っている科学サイドと魔術サイドの均衡が一気に崩れてしまいます。

それを止めようと奔走するわけですが、上条さんにとってはそんなこと些事でしかないんですよね。

上条さんにとってオリアナを追う理由というのは、関係のない吹寄と姫神を傷つけたことに対する怒りが大半を占めていて。
土御門やステイルの傷つく姿を見ているしかなかったっていうのもあるんでしょう。
オリアナたちが取引なんてものしなかったら、吹寄や姫神、土御門は競技を楽しんでいたのでしょうし、ステイルもインデックスと久しぶりの再開を果たしていたのかもしれない。

上条さんが動く理由としてはそれで十分です。


今回は過去に登場したキャラクターが多く登場していてなんとなく嬉しいような、そんな気分になりました。
名前だけの登場キャラも多かったのですが、これって誰だっけ?ってちょっと考えてしまうキャラが何人かいて。
そうなってしまうのは自分の記憶力が怪しいからなんだろうなぁ。


インデックスが最後、姫神の病室で語っていた「絆」について。
これってアステカの魔術師さんが気にしていた「上条勢力」のことですよね。
あれが8月31日の出来事でしたか。
大覇星祭が9月19日から1週間ですから、たかだか20日足らずでさらに勢力は拡大しています。

本当に上条勢力はどこまで拡大していくのでしょうね。
そして、「絆」がすべて明らかになった様子が見てみたいと思いました。

というか、姫神さんって上条さんとフラグたってると思ってなかったんですが、今回の話を読むと姫神さんもキュンとしちゃいますよねぇ。
遺伝とはいえ、本当に上条さんは罪作りな男です(笑)


御坂さんとの勝負は上条さんの負けなんでしょうが、罰ゲームはいったい何をやるんでしょうね。
それも描かれているらしいので、楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

とある魔術の禁書目録 8

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈8〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録 8/鎌池和馬
 ここは、学園都市の全女子生徒が羨望の眼差しを注ぐ名門女子校・常盤台中学。もちろん通う生徒は全員“お嬢様”である。
 その“お嬢様”のひとり、御坂美琴が体育の授業後に、汗をかいた身体を洗おうとシャワーを浴びていると、隣から一人の少女が声をかけてきた。
 白井黒子。学園都市の治安を守る『風紀委員(ジャッジメント)』であり、空間移動(テレポート)能力を持つ大能力(レベル4)の少女。彼女は、美琴を放課後のショッピングに誘う。
 ――それが、黒子の長い長い一日の始まりになった。お姉様・御坂美琴の本当の姿を知る、長い長い一日の……。
 お姉さまと“あの殿方”が交差するとき、白井黒子の物語は始まるのですの!?


昨日読み終えていたものの紹介できなかった禁書目録8巻です。
今回は上条さんの活躍が少ないです。黒子を救っているとはいえ、無傷ですむ程度ですからね。

表紙あらすじからもわかる通り、今回のメインは御坂美琴の露払いを自称する百合少女・黒子です。

冒頭で婚后光子が出ててちょっと笑ってしまいました。
超電磁砲はアニメしか見てないのですが、あの子はすごいです。
そして、アニメでは最終決戦まで隠されていた婚后さんの能力がすぐに明らかになっていて「あれー?」と。
まあ禁書目録では脇役の脇役でしかないってことなのかな?


黒子がメインの話ということもあり、初春も登場します。
「風紀委員(ジャッジメント)第一七七支部」なんかも登場し、超電磁砲を見た身としてはけっこうテンションがあがってました。
が、いろいろつっこみたかったですね。
支部のセキュリティが思っていたよりしっかりしているらしくって佐天さんは勝手に入り込んで入り浸ってたけどな、とか思ってしまいました。佐天さんかわいいからいいけども。


今回、黒子が相手にする敵はレベル4の座標移動(ムーブポイント)能力者・結標淡希(むすじめあわき)。
黒子と同じ空間移動系の能力者なんですが、黒子が自分や自分の触れたものを移動させる(点O→点A)のに対し、結標は遠く離れたものを別の場所に移動させる(点A→点B)能力。自己転移もやろうと思えば出来るけれど、過去のトラウマから連続移動は難しく、なるべくなら使いたくないってところでしょうか。

結標の能力の説明を聞いていると、同じ瞬間移動能力って設定でも絶対可憐チルドレンとは全然違うんだなー、と。
何巻だったか忘れましたが、皆本さんが「テレポーターは転移先に危険がないか無意識のうちに予知しているともいえる」みたいな話をしていたんですよ。
結標の説明だと、そういうことはないみたいですからね。


一方通行(アクセラレータ)と打ち止め(ラストオーダー)のやりとりが可愛らしかったです。
そして、作者があとがきでアクセラレータの性別をぼかしているのはなんでだ。
巻末に収録されている設定画集のネタ(鈴科百合子)のせいなんだろうか。ネタとしてだけではなく、
アクセラレータは実は……ってやる予定があったのかな。わかりませんね。


御坂妹こと10032号。
彼女がアクセラレータにボコボコにされてからまだ1月たってないって設定なんですね。
だから上条さんに助けを求めにいくだけでふらふらになってました。

そう考えるとアクセラレータの元気っぷりがすごい。
VS上条は打撲擦り傷程度でしょうから、半月で動き回れるのに支障がなくなるってのはわかります。
でも、ラストオーダーを助けたときにおった傷はかなりひどかったですよね。
頭部を撃たれて半月で動き回れるってのはすごいな。
5巻の感想のときちらりと書いていたラストオーダーのバックアップ。本当にあったよ。
そうですよね。ミサカネットワークは情報を共有しているんだから、記憶も情報として共有していないとおかしいって話ですよね。
納得です。
でも、これアクセラレータ恥ずかしいだろうなぁ。


今回、上条さんの活躍は結標の力によって壊されようとしていたビルの崩壊に止め黒子を救ったことだけ。
結標はアクセラレータが倒してしまいますから。
確かにアクセラレータの能力は全盛期に比べたらかなり劣っているのでしょう。
ミサカネットワークによる外部演算処理が行われていないとまともな会話が出来なくなるほどですからね。

でも、それがどうした。と言ってのけてしまう彼が非常にかっこよかったです。
それだけ、レベル4とレベル5の間の壁は大きいものなんでしょうね。そして劣化してなお、第一位の力は健在ってことなんですね。


上条さんって男子高校生なんですよね?
もうちょっと女の子の体に興味もってもいいんじゃ?とか思ってしまいました。黒子も御坂妹(オリジナルもか)も中学生だから上条さんのストライクゾーンに入ってないってことなのかなー。
その辺はわかりませんね。


『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』の『残骸(レムナント)』をめぐる戦いはアクセラレータの手によって集結しました。
これで絶対能力進化実験(レベル6シフト)の再始動されることはないでしょう。
けど、世界各地に散らばったシスターズってきっと何かの伏線なんですよね。
そう考えると「ミサカ」さんの苦悩することはまたありそうです。

今度は上条さんがちゃんと活躍してくれるといいな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

とある魔術の禁書目録 7

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈7〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録 7/鎌池和馬
 伝説の魔術師が記した、天使を召喚することができるという脅威の魔道書『法の書』が、解読法を知るシスターと共にさらわれた。
 学園都市でぼけーっと日常を過ごしていた上条当麻には、それはまったく関係ない出来事――のはずだったのだが、“不幸”にも何故かその救出戦に加わることに……。
 しかもさらった犯人は『天草式十字凄教』、つまり神裂火織が女教皇(プリエステス)を勤めていた宗派だというのだ……!
 インデックスが所属する『イギリス清教』、今回の依頼主の『ローマ正教』、そして神裂火織がかつてトップにいた『天草式』。 三つの魔術組織が上条当麻と交差するとき、物語が始まる――!


思っていたより読み終えるのに時間がかかりました。
1日で読み終えられないんじゃないかと思いました。なんとか読み終えられましたけど感想書くのはギリギリです。


今回の話はあらすじにもあるとおり、魔術師サイドの話です。
個人VS個人であった今までと違い、今回は組織の話。
なので、個人の感情だけじゃうごけない。組織の問題が絡んできると途端に面倒になりますね。


表紙絵に騙されました。
ええ、この絵を見てこの2人は仲がいいのだな、と勘違いしてしまったのです。
仲がいいってのは御幣があるとしても、味方なのだなと。
だから、物語前半部の『VS天草式』では疑問に思うことすらなく読み進めてました。

口絵にあった「神裂は土御門に勝てない」という意味合いの土御門のセリフにどういうことなんだろう?と首をかしげてしまったのですが、本編を読んでそういうことか、と。
相手が神裂だからこそああいうセリフが出るわけですね。
あれが神裂ではなくステイルならそういうセリフは出ないでしょう。ステイルと神裂。
2人はどちらも守るために戦うわけですが、覚悟の意味合いが違いますからね。


ローラ=スチュアートがどこまで考えているのか、知りたくなりました。
少女と表記されていますから多分10代なんでしょうが、何があればあんなふうに裏の裏の裏を読み、そこから派生する出来事を先読みし、さらには善の足枷まではめることが出来るようになるのでしょう。
ついでにいえば、インデックスに首輪をはめられたのは少なくとも3年前。
インデックスに首輪をはめたのは最大主教という役職の人間であってローラではないのかもしれませんけどね。


そして今巻の中心となった『法の書』。
その『法の書』の作者はエドワード=アレクサンダー。またの名を“クロウリー”。
学園都市で窓のないビルの一室でぷかぷかしているアレイスター=クロウリーとの関係が気になります。
『法の書』の特色・それぞれの読み手の解読法により、無数の『偽りの正解』を示すとか、その力量と歪んだ性格の悪さとかすごくそれっぽい気がするのですが。


ええっと、腐女子としては今回ステイルと上条さんのやりとりがおもしろかったです。
ステイルは“インデックスのため”に上条さんをちょっとまもったりするわけです。だからインデックスと天秤にかけたときは迷わずインデックスに比重が傾くんです。
でもそれが今後物語が進んでいく中で比重が変わるというか、上条さんが大事になってしまって簡単に見捨てられないようになってしまったりしたらおもしろいだろうなーとか思って読んでました。
まあ、そんな都合よく物語は動かないでしょうけどね。

あと作品冒頭の舞夏とインデックスの会話にあった「じゃあ、とうまをメイドさんにする!」にはびっくり。
すげーな。


エピローグの神裂と上条さんのやりとりですが、実は神裂さんって上条さんのタイプなんじゃないでしょうか?
だって上条さんのストライクって「寮の管理人のお姉さん(代理でも可)」ですよね。
土御門は茶化すだけ茶化して去っていきましたが、彼の任務の成否どころか、彼の任務の内容すら誤魔化されてますからね……。
神裂は土御門が多重スパイであるってことを知っているのだろうか?とちょっと疑問に思ってしまいました。


作品冒頭で舞夏が語っていましたが、学園都市はイベント目白押しみたい。
どんなことが起きるのか楽しみです。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR