忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】椿 いづみ」の記事一覧

親指からロマンス 8、9

親指からロマンス 8/椿いづみ
過去のトラウマを克服し気持ちを再確認した陽介は思わず千愛に初めてのキスをした。改めて付き合い2人だが今度はお互いを意識しすぎて進展せず…。そんな中不陶花&山茶花高校合同の文化祭が開かれる事になり千愛は準備に追われてなかなか陽介と会えなくて――!?
親指からロマンス 9/椿いづみ
やっと普通の恋人同士として再スタートした千愛陽介。テスト期間を前に千愛は陽介の部屋で2人きりでテスト勉強をすることに…!? 一方、千愛が一目惚れした凝りに凝った陽介の背中。その陽介のツボーズにある異変が…!? 千愛のどきどきマッサージLOVE♥ 最終巻!!


クリスマスですね。皆さんはどうお過ごしでしょうか。
まあ、私は仕事で終わってしまいましたが。


8巻には【41話】【46話】【周くんとあやめさん。】が、9巻には【47話】【51話】【最終話】が収録されています。
【周くん】は三姫と前巻あたりで登場した綾女先輩の話ですね。


なんというか、ここにきて一気に少女漫画になってます(笑)
この作品、というかヒロインが「マッサージ大好き!彼に声をかけたのもあまりにもマッサージしがいのある体(=めっちゃ凝ってる)だったから!」というあまりにもはちゃめちゃな設定だっただけあってあまり少女漫画らしさというものはなかったですね。

それがここにきて、陽介くんのトラウマが解消されたことにより、いろいろ意識しちゃってぎくしゃくしてしまったり、ともう読んでいて可愛かったです。


1巻の感想に「私の記憶が確かならさや姉に関してこれから先、解決されるということはなかったはず。」とか書いてるんですが、これ作者はどうにかする意思があったんですね。

柱によると、どうにも担当さんに却下されたらしいです。
ついでに、作者の中では【最終話】は書く予定がなかったらしいです。
ギクシャクしていた陽介と千愛の仲がきちんと解消されてめでたしめでたし、で終わる予定だったよう。
しかしながら担当さんの言葉で、卒業式の様子を描くことで多くのキャラについて触れてそれを最終回にしたんですね。

多くのキャラのその後が描かれているのはそれはそれで嬉しいんですが、さや姉については気になっていたんでそれも書いて欲しかったなぁ、と思います。

というか、そういうトラウマ云々は陽介くんにばかりページが割かれていて千愛については投げやりとでもいえばいいのかな。
うーん、これならさや姉が登場した意味が本気でわからない。
さや姉を出さずともなんだかんだでこの2人は仲良くなれただろうし、武と千愛というどこかおバカな2人兄妹でもなんら問題なかったと思うんだよなぁ。

どうせ出したんならきちんと伏線回収して欲しかったです。
でも、作者も本当にさや姉のフラグをどうにかしたかったんなら、もうちょっと作中でフラグを立てるべきだったんですよね。
ときどきでも、名前だけでもだしていれば担当さんも却下しなかったんじゃないかな、なんて思ってしまいました。


いろいろと突っ込みたいところはありましたが、楽しめました。
全9巻なので、これで終わりですね。
この作者さんの本、他にも中途半端に持っているのでまた今度読んで紹介したいと思います。

拍手[0回]

親指からロマンス 6、7

親指からロマンス 6/椿いづみ
学校のハイキングでほのぼのデート気分の千愛陽介。しかし陽介には千愛にもはなせない秘密があり、その秘密に向き合う為、一人旅行に行ってしまう。陽介のいぬ間にも、が千愛に挑んで来たり、部長と夏江の進路問題等、それぞれが未来へと歩き始め――!? 新展開の第6巻!!
親指からロマンス 7/椿いづみ
千愛と付き合ううちに、女性に触れなくなってきた陽介。子供の頃の記憶が欠けている陽介は、思い出す事が問題の解決になると考えるが、それは自分の誘拐事件という辛い過去で…!? 他、極度の冷え性・早苗と人間ホッカイロ・田中のホカホカLOVE♡読切「極寒ヒーター」収録。


どこかで一気読みしないと目標達成できないんですが、何読みましょうか。
10巻完結くらいの漫画がいいかな?と思っているのですが、そんな都合のいいものあったかなぁ。


6巻には【第31話】【第36話】までが、7巻には【37話】【40話】までと【極寒ヒーター】が収録されています。
【極寒】は7巻表紙の彼の話です。


この作品、コメディ色強めなんですが今回は結構シリアスネタが多いです。

陽介くんの過去編とかマジシリアスでしかない。
えっと、母親が亡くなって沈み込む父親と弟を支えている間に自分は泣くことすら出来なくて。気づいたら父親と弟は立ち直っていて、泣く機会を逸していた、と。
そんな精神的にやばいときに出会った美人で優しい女性に惹かれていく陽介くん。
まあ、当時小学生ですから憧れといった方がいいのかもしれませんが。
ある日、その女性宅に遊びに行ったところ殴られて閉じこめられた。
その女性は陽介くんの父親のストーカーだった、と。
この当時、ヤンデレって言葉があったかはちょっと謎ですが、そんな感じ。

正直、それって誘拐って言わないよ。監禁だよ。
やっぱり私、ヤンデレって苦手です。

当時の陽介くんが抱え込んで、今の陽介くんから乖離していた感情たちを受け入れたことで、陽介くんはようやく過去から決別できたってことなんですね。
これ、過去の出来事を受け止め切れなくて悪化してしまう可能性もあったわけですしね。見ていてちょっと怖かったです。
でもまあ、少女漫画ですからね。最後はきちんとハッピーエンドになるってわかってましたし。
それはそれでいいのかな?


山茶花の了くんの話なんかも収録されていました。
これ、桜ノ宮とフラグがたったの?と一瞬思ったんですが、三姫とフラグたって終わってなかったですっけ?
うーん、単純に了を「男女の力の差で負かす」という意味で桜ノ宮以外じゃ用が足りなかったと見るべきなのか。

山茶花組で登場してる男子って、桜ノ宮、三姫、田中の3人。
そのうち、三姫と田中は結構がっちりしている背の高い男子です。
なので「三姫や田中に負けるのは体格差もあるし仕方ない」と了が思うであろうことは容易に想像できるんですね。
逆に「自分より身長が低く力もないように見える桜ノ宮に負けるということ」は、了がいろいろ考えるきっかけになるんだろうな、と。

少しずつ変わっていけるといいな、と思いました。


この作品もあと2冊。
楽しみです。

拍手[0回]

親指からロマンス 5

親指からロマンス 5/椿いづみ
の師匠・大貫に誘われて、マッサージ学校に潜入した千愛陽介・武の三人。最高の鍼師やマッサージ師に出会い、刺激がいっぱい!! 更にカリスマ生徒・伏見となぜか千愛が対決することにー―!? 一方、千愛LOVE♥な三姫はバッタリ千愛に出会い…。この恋の行方は!?


毎日のように更新してると「今日は何読もう?」って結構なるんですよね。
まあ、だいたい適当ですけど、今日はちょっと悩みました。


【第24話】から【第30話】までが収録されています。

今回は前巻に引き続き、だいたいマッサージ学校編です。
他には陽介くんが限界超えて暴走しちゃったり、三姫と千愛が遭遇する話なんかが収録されています。

今巻は前巻よりはマッサージしてますね。
まあ、前巻があんまりマッサージしていなかってこともあるんですが。

正直、伏見くんより白岩さんが気になる。
どちらも才能のある人なんでしょう。
ただし伏見くんは「マニュアル通り」にしかやらない人で、白岩さんは感覚第一というか座学がめちゃくちゃダメという。

というか、伏見くんは何があって大貫さんに懐いたんだろう。
ご主人に忠誠を誓ってる勘違い犬って感じだったんですが、何かしらきっかけがあったはずだと思うんですが。ちょっと気になりました。


白岩さんが陽介くんに告げていたことがすごい気になる。
陽介くんと千愛が知り合うきっかけとなった「凝り」。
白岩さんの見立てによると、陽介くんの凝りは異常なレベルなんだとか。
そして、陽介くんの凝りは「肉体的な問題というより精神的な問題」とのこと。

うーん、細々伏線はあるんですけど、それが回収されるのはもうちょっとあとですね。


三姫が可愛い。いやー青春してるなぁ三姫。
千愛が小さいってこともあるんですけど、三姫の身長が結構あるから制服羽織っちゃうとそれしか着てないように見える罠(笑)
三姫の告白はお約束どおり、勘違いされちゃうわけですけどね。
というか三姫の恋は報われないのがわかりきってるだけに、なんだか生ぬるい視線を向けたくなるというか。
ライバルキャラにすらなれないからなぁ。


ラストに「SPECIAL THANKS」に椎名橙さんの名前があってちょっと驚いてしまいました。
お友達なのかアシさんなのかどっちかだったんでしょうね。


次巻はハイキング編なのかな?
おかしは500円までとかちょっと笑ってしまいました。
楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR