忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】松岡 圭祐」の記事一覧

万能鑑定士Qの事件簿 5

万能鑑定士Qの事件簿 5/松岡圭祐
お盆休みにパリ旅行を計画した凜田莉子を波照間島の両親が突然訪ねてきた。天然キャラで劣等生だった教え子を心配した高校時代の恩師・喜屋武先生が旅に同行するというのだ! さらにかつて莉子がデートした同級生の楚辺だった。一流レストランに勤める彼は2人を招待するが、そこでは不可解な事件が起きていた。莉子は友のためにパリを駆け、真相を追う! 書き下ろし「Qシリーズ」第5弾!


図書館で借りてきました。
このシリーズって図書館でも微妙に人気があるらしく、借りたくても借りられてるってことがよくあります。


あらすじからもわかるとおり、今回の舞台はパリ。海外です。
そのため、(準)レギュラーキャラクターである週刊角川の小笠原さんは本当に顔見せ程度。
変わりに2巻で登場した莉子の恩師・喜屋武先生が登場します。
このシリーズって実質上下巻になっている1、2巻以外はどこからでも読めます!とうたわれているんです。
ですが、喜屋武先生の莉子屁の過保護っぷりがすごいので、そうなってしまった原因がわからないと「なんだコイツ?」ってなってしまうかもしれません。
作中ではその辺の事情はちらっとは説明されていますけど、それがどうしてこうなった状態なのでやっぱり1、2巻読まないとダメじゃないかなぁ。

道中でルーブルを訪ねているので、もしかして……となったのですが、綾瀬はるかさん主演で映画にもなった「モナ・リザ」の話は関わってこないようですね。
(伏線というか、布石はありましたが、それが回収されるのはまだ先のことになりそう)


読み終えた感想としては、やっぱりこのシリーズ私にあわないなぁでした。
普通に読める作品ではあるので読むし、読んだら感想は書くんですが、なんか読んでいても楽しいとは思えないんですよね。
なんでかはわかりませんが。
閑話休題。


現代に即した情報が書かれているだけあってああそういえば、となるのが多かったです。
「ギリシャがユーロの足を引っ張っている」だとか「フォアグラの残酷さ故の制限」だとかそういうの。


今回の犯人についてはだいぶ濁されてましたが、いろいろとひどい目にあったのでしょう。
幼いころからのトラウマとその後の経験が合わさってこういう事件を起こしたってことなでしょうが……。

すべてのそういう団体が悪いとはいいません。中にはきちんとした団体もあるのでしょう。
でも、私たち一般人のもとに届くニュースはどうも過激な団体についてばかりです。
捕鯨船を攻撃してきたとか、某ゲームの変身アイテムやキャラクターをけなしてみたりとそういうの。
そういうのしか知らないから海外のそういう団体=過激だと思ってしまってますが、本当はそれではいけないんでしょうね。

拍手[0回]

万能鑑定士Qの事件簿 4

万能鑑定士Qの事件簿 4/松岡圭祐
希少な映画グッズのコレクターの家が火事になり、プレミア品の数々が灰になった。翌朝、やはりレア物のパンフレットやポスターを扱う店が不審火で全焼する。連続放火魔の狙いは、かつて全国規模でヒットを飛ばしながら存在を封印された1本の邦画だった。ミリオンセラー『催眠』の主人公、カウンセラー嵯峨敏也が登場、凜田莉子との初顔合わせを果たす。頭脳明晰な異色コンビが挑む謎とは? 書き下ろし「Qシリーズ」第4弾!


図書館で借りてきました。
今回が松岡さんの紹介記事3つ目なのでカテゴリ作ろうと思います。

あらすじにもあるとおり、今回メインとなるのは映画のポスター。
その映画の名は「ノストラダムスの大予言」。
今じゃそんなのあったねといわれる予言がまだまだ未来のことだった時代に放映された映画だそうです。

そのポスターが次々と燃やされる事件が発生し、反抗理由を莉子が追っていきます。

あらすじにもあるとおり、今回作者の別作品『催眠』の主人公が登場しています。
この催眠って読んだことないんですが思い当たる節があったのでちょっと調べてみました。

私の記憶の片隅にうっすらと残っていた記憶はドラマ版の一部分だったようです。
金属アレルギーの女性と露天で指輪を売っていた男性。
女性には後催眠がかけられていたらしく、そのトリガーは蝶の標本。男性は女性にそれを見せないように奔走します。
女性を強く抱き止めて間に合ったかに思わたのもつかの間、男性の腕の中にいる女性の目線の先には蝶の標本が……。
ってのしか覚えてないんですけどね(爆)
この男性が嵯峨だったのかどうかも覚えてません。

まあ、この作品はQシリーズ。メインはあくまでも凜田莉子ですから、催眠は読んでいなくても問題はないでしょう。
読んでいた方が真相に近づくには一歩有利かもしれませんが。


このシリーズってどうも序盤が物語に入り込みにくいんですよね。
ある程度進めば面白いんですが、事件が起こって捜査を行いだすまでがあんまり好きになれません。

ラストの展開がどうにも強引な印象を受けてしまいました。
疑問を覚えて問い合わせさえすれば、すぐに確認は出来そうですがまず疑問を持つということがなさそうです。
うーん、莉子の知識の豊富さの裏付けってことなんでしょうけどね。

続きはまた折をみて借りてこようと思います。
次は舞台を海外に移すようですね。楽しみです。

拍手[0回]

万能鑑定士Qの事件簿 3

万能鑑定士Qの事件簿 3/松岡圭祐
人気ファッションショップで、ある日突然、売上が落ちてしまう。いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で満点を取る。この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは、かつてミリオンセラーを連発した有名音楽プロデューサー・西園寺響だった。借金地獄に堕ちた彼は、音を利用した前代未聞の詐欺を繰り返していた。凜田莉子は、鑑定眼と機知の限りを尽くして西園寺に挑む。
書き下ろし「Qシリーズ」第3弾!


図書館から借りてきました。
読んでる途中で昼寝してしまって読みきれないかと焦りました(´ω`;)


以前紹介したこれの続編になりますが、ここからは1話完結型の作品が続くらしいので基本どこから読んでも大丈夫、らしいです。

今回の事件は音が絡んだ話なんですが、モデルがめちゃくちゃわかりやすい(笑)
「西園寺プロデュースの女性アーティストそっくりの恰好をした女の子が、マルキュー周辺をうろつきまわってた。」(p107)
ってセリフに対してそれってアムラーだよなぁ、とか思いながら読んでました。

この作品って1冊あたりのページ数はそう多くないんです。
今回は282ページですから文庫本としては通常より若干薄いくらい。

1、2巻に比べれば数段読みやすいし、面白かったです。
読み始めれば物語の世界に引き込まれますからするする読めるんですけど、ふと我に帰って確認してみると思ったよりも進んでない。
何故か読むのに異常に時間がかかるんですよねぇ。なんでだろう?


今回取り上げられたハース効果って本当にこんなことが出来るのだろうか、とちょっと不思議に思いました。
なんというか、ものすごく自信満々で語られるからへぇってなってましたが、こういうのって物語の中から戻ってくると疑問を覚えてしまって。
さすがに、調べる気はしませんけど。


バイオテロの話は、読んでいて空回り感がひどいなぁ、と。
レンタルや中古が危険→新品やダウンロード販売が売れる→プロデュースしたアーティストが売れる!
の理論なんですけど、そんなわけないだろ、と。
もし実際にそんなことが起こったとして、当時ならまだYouTubeやニコニコからの違法ダウンロードが常習化していた時代だろうし(私は知識がなくて当時素直にレンタルしてました)、本当に好きなアーティストでなければそれで済ませていたでしょう。
それに、原因が判明したらお店での洗浄や消毒が徹底されるようになるでしょうから、混乱も一時的なものになるでしょう。
それくらいなら、対策が練られるまで手持ちのCDやらなにやらで済ませるよなぁ、とか思ってしまいした。


次巻はどんな事件が起こるんでしょうか。
また今度続きを借りてきたいと思います。

拍手[1回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR