忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】恩田 陸」の記事一覧

夢違

夢違夢違(ゆめちがい)/恩田陸
「何か」が教室に、侵入してきた。
小学校で頻発する集団白昼夢。調査に向かった男。
子供達が見たのは予知夢なのか――。

美しき悪夢が現実に忍び寄る。
戦慄と驚愕、幻視サスペンス巨作。

夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。夢を解析する「夢診断」を職業とする浩章は、亡くなったはずの女の影に悩まされていた。予知夢を見る女、結衣子。俺は幽霊を視ているのだ ろうか?
そんな折、浩章のもとに奇妙な依頼が舞い込む。各地の小学校で頻発する、種運団白昼夢。狂乱に陥った子供たちの「夢札」を視た浩章は、そこにある符号を見出す。悪夢を変えることはで きるのか。夢の源を追い、奈良・吉野に向かった浩章を待っていたものは――。
人は何処まで"視る"ことができるのか?
物語の地平を変える、恩田陸の新境地!


図書館で借りてきました。
ドラマ「悪夢ちゃん」の原作(というか原案?)小説です。


ドラマは全く見ていないので、正直どう違うのかわからないんですが、登場人物の年齢などから、原作の20年前くらいがドラマってことになるんでしょうね。
どことなく雰囲気はかなり違いそうだなってのが正直な感想です。
まあ、これを映画ならともかく連続ドラマにするのはかなり難しいでしょうから、原作ではなく原案としたのは正解だったんでしょうね。


ホラーに分類されるであろうこの話なんですが、怖さより不気味さを覚えました。

作中で描かれていた「夢札酔い」みたいな感じとでもいえばいいのか。
夢か現か訳わかんなくなってくるんです。
恩田さんの作品って、気付いたらめちゃくちゃ引きこまれているんですよね。

この作品も淡々とした語り口に不気味さを覚えながらも気付けば読みふけってしまう。
読み終わって思わず溜息をついて、現実世界に戻ってくる感じ。
そんな作品でした。


全てが明らかになるわけじゃなく、結局どういうことなのかいまいちわからないのも恩田さんらしいといえますね。

浩章にとって結衣子の存在は大きなものだったってのもわかりますが、ちょっと奥さん可哀相だなと思いながら読んでいました。
はじめのうちはそれなりに奥さんについても触れられていたんですよ。
でも、最終的には存在自体忘れられているような印象を受けて。

きっと浩章は結衣子の元にいくことで、幸せを覚えるんでしょうけど。


やっぱり、この方の作品はたまに読むからいいんだなと思いました。
なんていうか、前述の通り作品の世界にどっぷりつかってしまうんで読みおわったあとの疲労感が半端ないんです。

まあ、この作品にいたっては500ページ近くあるハードカバーなんで、持って読んでるだけ結構疲れてしまいましたけど(笑)


この方の作品って、図書館で借りるまでもなく結構な数を持っているんで少しずつでも紹介していきたいと思います。

拍手[0回]

私の家では何も起こらない

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)私の家では何も起こらない/恩田陸
ようこそ、丘の上の幽霊屋敷へ。美しく優雅なゴーストストーリー。
この家、あたししかいないのに、人がいっぱいいるような気がする……
小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。この家では、時がゆっくり流れている。
幽霊屋敷に魅了された人々の記憶が奏でる不穏な物語。
巻末に驚きの書き下ろしサイドストーリーが!


図書館で借りてきました。
これで恩田陸さんの作品は3つ目ですね。カテゴリ作りました。
特に気にしないで借りてきていたのですが、この作品ってゴーストハントと同じレーベル――幽BOOKSの作品だったんですね。


【私の家では何も起こらない】
【私は風の音に耳を澄ます】
【我々は失敗しつつある】
【あたしたちは互いの影を踏む】
【僕の可愛いお気に入り】
【奴らは夜に這ってくる】
【素敵なあなた】
【俺と彼らと彼女たち】
【私の家へようこそ】
【附記・われらの時代】


以上10本が収録されています。
私で5~10分で1編読めるくらいだったので1つ1つは短いです。
こういうのをショートショートっていうのかな?


連作短編集です。
共通点は「丘の上にある家」の話が出てくること。
ほとんどがその家で死んでいった人間たちの話です。

語り口は淡々としていて、ほとんどの作品でかぎかっこが使われることなく、地の文の中で会話がなされていきます。
ものによっては語りかけている様子だけが描かれ相手がなんといったかを復唱することで会話を成立させているものもありました。

読んでいると薄気味悪いというか不安になってくるというか。
恐怖を感じるには、登場人物たちはみな冷静すぎるんですよね。
パニックを起こすことがないから、恐怖よりも気味が悪いって方に比重が傾いてしまうんだと思います。


途中まで固有名詞が出てこないので、いったいいつの時代のどこの国の話なのかわかりませんでした。
そこまで問題ではないんですけどね。
ビルという名前が出てくること、自殺にたいしての反応などからキリスト教圏の海外なんだな、程度しか私にはわかりませんでした。


恩田陸さんらしい作品だな、と思いました。
気づけば淡々と進む語り口にのめり込んでいて。

読み終わったその時に思わずため息をついてしまい、物語の世界から戻ってくるとでもいえばいいのかな。
そういう読みごたえのある感覚を与えてくれる本ってあまりないので、そういう意味でも楽しめました。

幽BOOKSシリーズが気になります。
こうあたり作品が続くと他のものも読んでみたくなりますね。
今度図書館で探してみようと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

上と外 上下

上と外〈上〉 (幻冬舎文庫)上と外 上/恩田陸
両親の離婚で、別れて暮らす元家族が年一度、集う夏休み。中学生の練は妹・千華子、母とともに、考古学者の父がいる中米のG国までやってきた。密林と遺跡と軍事政権の国。すぐさま四人はクーデターに巻き込まれ、避難中のヘリから兄妹が落下、親子は離ればなれに!? 疲労困憊でさまよう二人の身に、異変が……。息もつかせぬ面白さの新装版上巻。
上と外 下 (2) (幻冬舎文庫 お 7-10)上と外 下/恩田陸
千華子を人質にとられ練は、ニコと名乗る少年から危険なマヤの儀式への参加を強制された。それは生死をかけて争う苛酷なレース。刻一刻と過ぎる時間。制限時間まで残りわずか――。しかし、そのとき国全体をさらに揺るがすとんでもないことが起こった。神は二人を見捨てるのか。兄妹は再会できるのか。そして家族は? 緊迫と感動の新装版下巻。


今日は久しぶりに恩田陸さんの作品です。
午後から読み始めたのですが、上巻を読み終えた時点ですでに3時半。下巻を7時までって無理じゃないか、と自分でも諦めかけたのですが、以外といけちゃいました。
上巻447ページ、下巻506ページ。総ページ数953ページ。
元々薄いとはいえ、6冊あったモノを2冊にしたわけですから1冊があつくなってしまうのも仕方ないですね。
久しぶりに充実感というか、読書をしたなという実感を覚えました。


物語の舞台は中米G国(モデルはグアテマラらしいです)。
主人公はけっこう複雑な家庭環境にある中学生・練とその妹で小学生の千華子。

すでに両親は離婚しているものの、毎年、年に一度夏休みに家族4人揃ってすごしていたのです。
今回は父が暮らしている中米G国に赴きます。

そこで、母から爆弾発言があったりしてギクシャクした雰囲気の中、クーデターに巻き込まれ練と千華子はヘリコプターから密林へ投げ出されてしまいます。
練と千華子が密林の中を冒険し、家族と合流しようと頑張る話です。


2人がお互いを支えあい、密林の中をさまよい、遺跡をさがす様子は読んでいてためになると同時に、おもしろかったです。

読み終わった今も、『成人式』に何の意味があったのかとか、なぜマヤの人々は噴火を予知できたのかなど、謎の部分も多くありますが、それでも絶望的な力の差のあるモノに挑むっていうのは、読んでいてどうなってしまうのだろう?とハラハラドキドキさせれらました。

ニコと練のやりとりに萌えかけました。
まあ、ほとんど会話してるだけなんですけど、あの状況におけるニコの存在というのは不気味でもあり、信頼できるものでもあり、と練からしたらなんとも奇妙な存在だったんだろうな。


母親である千鶴子の変貌っぷりがよかったです。
はじめの恋する女性というのはそれはそれでよかったのですが、家族がバラバラになる前夜の彼女の言動は読んでいてイラっとさせられましたから。
そう考えると、最後身を挺してまで娘を助けたというのはすごくよかったな、と。

正直、中途半端にスポットのあたった従兄弟や叔父ですが、もう少しスポット当ててほしかったなぁと思いました。
従兄弟の方が結構好きな感じの性格だったので。


おもしろかったです。
ちょっと大作すぎるきらいはありますが、夏休みにでも読んで欲しい作品です。
新装版じゃない方なら1冊1冊はうすいので、比較的楽によめるんじゃないかな?
まあ、手に入れるのはちょっと大変かもしれませんが。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR