忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【ノベライズ】べるぜバブ」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

大短編べるぜバブ ベルベル☆校外乱闘!! 石矢魔ヤンキー列伝

大短編べるぜバブ ベルベル☆校外乱闘!! 石矢魔ヤンキー列伝/SOW(原作/田村隆平)
アルバイトに励む東条、かわいそうな扱いの古市にラミアが贈るプレゼント、自分とそっくりな、でも超貧乏な男と出会った姫川…。今度の小説は"大"ボリュームでおくる、人気キャラクターたちの短編集ダッ!!

昨日言っていた通り、べるぜのノベライズ引っ張り出しました。
50分もあれば十分読めるんだからもっと早く読んでいれば良かったなぁ。


【ラミアの特別でもなんでもない普通の日の出来事】
【外道名作劇場きれいな姫川】
【東条英虎のハローワーク】
【タカユキ人生奪還ゲーム】

の4編が収録されています。


べるぜのノベライズってこれが3巻目なんですが、大長編が続いていたのでこれもそうだろうと思っていたので、3巻目にして短編集になっていてちょっと驚きました。


時間軸的には修学旅行編後なのかな?
【東条】【タカユキ】は完璧そうなんですけど、他2つはちょっと微妙です。
ニュアンス的に柱師団編が終わった後かなー、って感じですけど。


まずは、【ラミア】
古市に誕生日ケーキを作ろうとラミアが葵ちゃんと一緒に頑張る話。
あまりにもタイムリーでちょっと思わず笑ってしまいました。

古市の誕生日は11月11日。つまりは今日。偶然ですけどすごいなぁ。

ラミアが古市のために頑張るのはめちゃくちゃかわいかったです。

ラミアってなんだかんんだいって古市のこと好きですよね。それが恋愛感情なのか親愛なのかはともかく、好意を持っているのは確かだと思うんです。

「誰にも祝ってもらえないのは可哀相だから」云々ってのも確かにあるんでしょうけどね。


それとは別に、古寧も好きな私としては烈怒帝瑠メンバーの「ワンピース好きキャラ談義」がちょっと気になって。
(ゾロの誕生日って11月11日なんですね知らなかったです)

「私はウソップだねぇ。普段ダメダメに見えるけど、やる時はやる男ってのは、けっこう好みのタイプだよ」(p27)

と(多分)寧々さんが言っているんですけど、それってまんま古市にも当てはまるんじゃ……とか思ってテンションあがってました。

オチは可哀相でしたが、来年に期待ですね(笑)


次、【外道】は姫川が主人公の話。
王子と乞食みたいな立場入れ替わりものです。

正直、この1冊の中では一番微妙でした。

SOWさんって、べるぜのノベライズだとアニメネタとかメタネタをよくぶっこんで来るんですが、これもそうかな?

ポマード云々の話ってアニメでもありましたよね。ポマード島でしたっけ?
放送当時1回見た程度じゃさすがに忘れてます……。

姫川の執事・蓮井さんが登場したりしてるのは良かったんですが、内容がなぁ。

姫川って懐にいれてしまえば結構可愛がるというか、金に糸目をつけず面倒をみてあげそうではありますが、あそこまでいい人ではないよなぁ、と。

ちょっと私の中のイメージとズレがあってこれじゃない感が最後まで付きまといました。


次の【東条】は、タイトルからもわかるとおり、東条さんの話です。
就学旅行代を払うために金欠な東条さんがいろんなバイトに明け暮れる話です。

東条さんのバイト=ガテン系の肉体労働ってイメージしかなかったんですけど、ブラックリストにのってしまったらしく採用してもらえなくなったんだとか。
そのため、普段は行わないようなバイトに行った、と。

ブラックリスト入りした理由ってのが石矢魔らしいというかなんというか。

「東邦神姫の一角・東条を倒して名をあげようぜ!」的な石矢魔の不良たちが徒党を組んで押し寄せたから、ってことらしいです。

東条さんが悪いわけじゃないんですが、うまくいかないものですね。
いや、でも東条さんも嬉々として喧嘩しただろうからどっちもどっちか。

東条さんって運送系のバイトもいけそうだよなぁと思いながら読んでましたが、あんな運送系は嫌です。
というかあんなのあってたまるか!って感じですね(笑)


ラスト【タカユキ】は、古市をはじめとしたモブキャラたちがリストラ宣言される話です。
えーめっちゃメタネタでした。嫌いじゃないですけど。

作中で古市も言ってましたが「なんでオレがモブキャラ扱いされなきゃいけないんだ!」は全くもってその通りだな、と。

本編でも扱いは安定の不憫ですが、やっぱり古市はモブではないと思うんですよね。

本当のモブたちは、クマとかインドア派のリーみたいなやつのことを言うんですよね。
初登場ページ書いてなかったらこの2人は絶対わからなかったと思います。正直名前ついてることに驚きました。

石矢魔2年幹部とかアニメの影響で一時期登場回数増えてたけど、もう無理だろうなぁ、とか思って読んでました。

個人的にはプール回で登場した高島は再登場してほしいんだけど無理かな?
古市が高島に土下座したという過去回想がありましたが、あれっきりじゃないですか。あれが語られる日が来ることを待っていたんですけどもう無理だろうなぁ。

オチは安定のアランドロン夢オチだったんですけど、モブキャラを思い出したり既刊を確認したりするのはおもしろかったです。


とりあえずこれでべるぜのノベライズは終わりかな?
ちょっと間があきすぎてる気がするので、4巻はもう出ないんだろうなぁ。

SOWさんの作品って古市を中心に据えることが多いので、ベヘモット柱師団と古市の絡みとかちょっと見てみたかったです。

あまり期待せずに4巻発売を待ちたいと思います。

拍手[0回]

大長編べるぜバブ2 ベルベル☆タイムトラベル 時をかけるベル坊

大長編 べるぜバブ2 ベルベル☆タイムトラベル 時をかけるベル坊 (JUMP j BOOKS)大長編べるぜバブ2 ベルベル☆タイムトラベル 時をかけるベル坊/SOW(原作/田村隆平)
アランドロンが持ってきた魔界の電子レンジが誤作動し、男鹿たちは江戸時代へ飛ばされてしまった!! さらに、そのショックでベル坊が記憶喪失に!? もとの時代へ帰るため、そして、ベル坊をもとに戻すため、男鹿たちの奮闘がはじまる!! 好評の大長編小説第2弾!!


9月にノベライズ3巻が発売されるようなんですが、そういや2巻読んでなかったなぁと思って引っ張り出しました。


あらすじにもあるとおり、今回はタイムトラベルネタ。
魔界製品なら何でもありですよね(笑)

タイムトラベルしてしまった原因を説明するのにそういうネタのある他作品のキーワードが羅列されているんです。
青い猫型ロボット=ドラえもん。時間を越えるスーパーカー=バック・トゥ・ザ・フューチャー、放課後の実験室のラベンダーは時をかける少女かな。

そんでもって不思議なテレホンカードって(笑)
以前ジャンプで連載していたPSYRENのことなんですが、他のと比べるとマイナーですよね。
SOWさんがPSYRENのノベライズも担当されていたからこそのラインナップなんでしょうね。


江戸時代に飛ばされてしまった男鹿たちは、未来へ帰るために必要な石矢魔城の宝物庫にある電子レンジを手に入れるため、そして葵ちゃんそっくりのお姫さま・藍姫に頼まれたこともあり『石武祭』なるけんか祭りに参加することになります。

そこには見覚えのある面子が勢ぞろいしていて。
それというのも、電子レンジを使ったのは教室でのことだったので近くにいた東邦神姫や由加ちゃん、城山、夏目あたりも一緒にタイムトラベルしていた、と。

他人の空似もたくさん登場しているんですが、本人たちの戦法がすごくらしかったです(笑)

神埼さんの説明が読んでいてちょっと可哀相でしたが、確かにその通りなんですよねー。
あの人の武器は人望とでもいうべきか。葵ちゃんにも似た所がありますが、神埼さんの側近みたくなっている城山と夏目の反応を見る限り慕われているのはよくわかりますもんね。


ていうか、SOWさんは本編にちらっとしか登場してないキャラクターとか、最近見かけないやつとかガンガン出してくるので読んでいてすごい懐かしくなります。
MK5(横文字ダメだから名乗れてないんですよね笑)や帝毛影組はともかく「チームカラス」とか覚えている人いますか?
懐かしすぎてちょっと吹いちゃいました。

そんでもって、ベル坊とヒルダの仲を裂くのも好きですよね。
前巻の西遊記ではヒルダが牛魔王の妻だったかな? 本編なら絶対ありえないだろうことにベル坊に攻撃を仕掛けていたんですよ。
今巻ではベル坊が記憶喪失になり、男鹿やヒルダを怖がって古市やアランドロンが面倒を見ているんです。

そして、神花って表記でいいのかな。時期的に仲良くなり始めたころだったこともあり、前巻でもあったんですけど今巻でもまたあります。
烈怒帝流だと葵ちゃんと由加ちゃんしかトリップしてない上に、葵ちゃんはお姫さまと勘違いされていたので近づけなかったんだろうからそうなるのも自然なんでしょうが。
ホント神埼さんと由加ちゃんは仲いいですよね。この2人ってちょっとおバカで見ていて和みます。

男鹿たちを除くタイムトリップした石矢魔生たちの中で、唯一記憶があったらしい夏目。
きっとめちゃくちゃ楽しんでいたんだろうなぁ。
本編では描かれていませんでしたが、ちょっと読んでみたかったです(笑)

早乙女先生そっくりな柳生十兵衛が激強なんですが、正直途中まで早乙女先生本人だと思ってました。
葵ちゃんと藍姫、MK5や帝毛なんかもいたから他人の空似の可能性も普通にあったんですが、あんまりにも強すぎたんで。

ケンカ好きで内輪で揉めまくっているけど他所からケンカ売られたら団結しちゃう石矢魔勢がすごくよかったです。

最後の2代将軍秀忠のくだりはなくてもよかった気もするけど、土下座岩という歴史を変えてしまった証拠が目に見えるかたちであったのはよかったな、と思いました。

拍手[0回]

大長編べるぜバブ ベルベル☆西遊記 魔王、孫悟空になる

大長編べるぜバブ ベルベル☆西遊記 魔王、孫悟空になる (JUMP jBOOKS)
大長編べるぜバブ ベルベル☆西遊記 魔王、孫悟空になる/SOW 原作/田村隆平
ヒルダがベル坊のために取り寄せた絵本が暴走、絵本の中身と現実世界が入れ替わってしまった…!! 絵本の中身は『西遊記』…。ベル坊たちは三蔵法師の一行となって、世界を元に戻すため、天竺を目指す旅に出ることになる…!! 大人気コミック『べるぜバブ』、初小説化!!


今日買ってきたべるぜのノベライズです。
この話の元ネタは10巻に収録されている西遊記パロ。
なので、10巻を紹介してからの方がいいかなぁと思っていたのですが、ぱらぱらめくっている間に全部読みきってしまって(笑)

10巻と並べてみて気付いたのですが、裏表紙の孫悟空ベル坊使いまわしですね。なんか処理方法を変えているのかノベライズの方が影濃いですけど。


それなりに楽しめました。
ちょっと気になったのですが、ナースの話ってアニメオリジナルですよね?
すごい普通にヒルダの持ってきた魔界のおもちゃとして紹介されていましたがいいのかな。

グットナイト下川、キラーマシーン阿倍、石矢魔の双頭竜・真田兄弟、MK5と美輪などなど。
原作にはあまり登場しないのにも関わらず、アニメにはけっこう出てるので印象に残っているやつらの出番が多かったです。
特に下川。
あとはそうですね。原作、アニメに引き続きノベライズも古←アラプッシュでちょっと微妙な気分になりました。
おもしろいんですよ?おもしろいんですけど、何もそんな全力じゃなくてよくね?とか思ってしまうんですよね。
うーん、ホント毎回可哀相です。
古市関連のカップリングなら腐女子としては男古を基本に古市総受が、ノマカプなら古ラミ、もしくは古寧とか。

あ、でもラミアが幼すぎるのでその辺はちょっと微妙かも。
古市にはほのかちゃんという妹がいますし、その辺もあってラミアと古市は兄妹みたいな関係でいいのかな。


私の西遊記知識は古市並。
ようは一般常識として金閣銀閣、ひょうたんに吸い込まれるとか牛魔王がどうのとかそれくらいは知っているものの、作中で葵ちゃんが語っていたようなマニアックなことは知りませんでした。
封神演義や里見八犬伝は大人向けのを読んだことありますが、そういや西遊記は読んだことなかったなぁ。
夏目のあの配役はけっこうよかったんじゃないのかな。
なんというか夏目って傍からみて楽しむというかそういうキャラじゃないですか。
だから下手に妖怪として登場するよりはよかったんじゃなかったかなぁと。


村娘について。
はじめヒルダが村娘かと思われていたのですが、実際の村娘は由加ちゃん。
由加ちゃん可愛いよ。由加ちゃんと神崎のやりとりは読んでて気が抜けてくるというか。うん好きです。
けど、ホント神崎さん必殺技ないからなー。
だからヨーグルッチが出てくるんだろうけど、姫川さんの扱いがちょっといいので、比べると哀相です。
だって姫川さんの金持ち具合半端ないし、髪下ろしたらかっこいいし、ねえ?


ヒルダがベル坊に暴力を振るおうとするのですが、それには本気でびっくり。
パラレルだからこそあることというか、本編じゃ絶対ない展開ですよね。
後はそうですね。古市がベル坊を抱っこしていたこともちょっとびっくり。
ベル坊って基本、男鹿かヒルダか葵ちゃんに抱っこされている気がするので。
古市に慣れてはいますが、抱っこはしてないよなぁ、と。


最後のアランドロンの正体にはびっくりしました。
なんだそれ、って感じ。
でも、落とし方としてはよかったんじゃないでしょうか。


最後の桃太郎は次巻への布石というか。
このままシリーズ化してもおもしろそうですね。


ヒルダが侍女悪魔としての役割を男鹿にいろいろ言われてケンカするってのがあったのですが、それに対する怒り具合が甘い気がしました。
だっていつだったか(というかおもらしの回)古市に同じようなこと言われてキレてましたよね。
まあいいや。

おもしろかったです。
このノベライズ書かれたSOWさんってPSYRENのノベライズも書かれてる方ですよね。
そっちも読まなければ。まあそれより先に本編を先に読まないとダメですね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[2回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR