忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】田村 隆平」の記事一覧

べるぜバブ 20

べるぜバブ 20 男鹿VS古市/田村隆平
悪魔を呼だして力を借りることができるティッシュを使い、調子にのる古市! 神崎、姫川を瞬殺し、東条さえも倒してしまうが、ティッシュには危険な副作用があった…。そしてついに親友・男鹿との対決が!!


近いうちに紹介したいとか書いておきながら前巻を紹介したのは今年1月のこと。
気づけば半年以上たっていました。


【バブ171 古市VS神姫!!】【バブ172 古市VS東条】
【バブ173 男鹿VS古市】
古市がティッシュで悪魔を召喚しまくって戦いを挑む話。別名「古市バニック」の続きです。

前巻はティッシュでヘカドスを召喚→三木・MK5あたりを瞬殺→神姫に喧嘩うる→ティッシュが抜けてピンチ→ティッシュIN→アギエルちゃん召喚!
まででしたか。

アギエルちゃんが葵ちゃんに抱き付いたり、神崎・姫川を瞬殺したりしながらもこの契約の追加ルールが説明されてますね。

召喚された悪魔は人や物に触れられないし、古市のそばから離れることも出来ないし、他の人間には見えない存在である、と。
さらに、古市の体を自由に動かすことが出来るものの、あくまでも主導権は古市にあるので、古市が拒めば無茶は通らないようです。
そして古市の体へのダメージは魔力が通っている間はないものとされるのか軽減されるのか、問題なく動くことが出来るらしいです。

で、神崎・姫川のあとはなんとVS東条さん。
エリムちゃん(見た目幼女、とんがり帽子に杖持ってるので魔女っ子っぽい)は即チェンジしてるのは別にいいんですが、その次に出てきたのがまさかのジャバウォック(笑)
古市が驚くのもわかります。

東条さんのセリフにすごく滾りました。
「やっぱ強かったんだな お前…」
これって東条さんが古市のことを強いと思ったことがあったってことですよね?
閑話休題。

東条さんは善戦するもののジャバウォックの前に倒れます。
そして、屋上から戦いを観戦していた男鹿にラミアの口からこのティッシュの副作用が説明されます。
ティッシュに含まれる毒素で良くて失明、最悪死に至る、と。

それを知った男鹿は古市を止めるために動き出します。


が、お前ら危ないってわかってるの?と言いたくなりますね(笑)
全く意味がわからないポコペン事件その1にページ割いてたりとか。
(でもその2がどんな話だったのかが気になる)

古市が召喚してる悪魔は由緒正しきクソ家のクソブラーさん(笑)→ウァバム(犬)→ベヘモットへと変遷していきます。
男鹿にとって古市は友人として大事な存在なんでしょう。
だからこそ、古市の好きにさせているものの、失いたくはないからティッシュのデメリットを伝えるわけですね。

ですが、古市はそのデメリットを知っていました。
最初に呼び出したヘカドスに聞いたとのことなんですが、ヘカドスがpixivで「優しい悪魔」扱いされるのはこのセリフを深読みしたのが「何それ萌える」ってなってユーザー間で共通認識化→鷹宮編での智将殿呼びとかにキター!ってなったんだろうなぁ。

ここでようやく古市の思いが告げられます。
今まで古市の扱いは非常にひどいものでした。
正直、ギャグとして扱っていいレベルは超えてるよな、と。
ロリコン呼びとかそうじゃないですか。その場限りならネタとして楽しめるけど、それが呼び名として定着してしまっているのはまずいと思うんですよ。
古市が取り繕うというか、気丈に振舞っちゃうからあれですけどいじめと見てもいいレベル。

だからここで古市がキレたのは当然だと思うんです。
古市って自分の芯がしっかりあるというか、どうでもいいと思ってることならどれだけ傷つけられても気にしないけど、大事なものを傷つけられたら怒るタイプだと思うんです。
自分が拉致られたことは気にしないし、その後は姫川とも仲良く出来ちゃうあたりそれっぽい。
今まで古市には彼らに対抗するための力は頭と口しかありませんでした。

今回のティッシュで、対抗する力を手に入れたからたとえ自身が死んでも主張を貫こうとするわけですね。


ベヘモットを憑依された古市VSスーパーミルクタイムの男鹿の戦いは男鹿の辛勝。
この戦いで男鹿は大事なことを思い出します。
それは「古市は男鹿が一番強いと思った存在」だったということ。


【バブ174 たつみ君とたかちん】【バブ175 強えじゃねーか】
男鹿と古市の出会い編。

この話が掲載されるまで、男鹿と古市は赤ん坊のころとかせいぜい幼稚園くらいからの付き合いのいわゆる幼なじみだと思っていたんです。
が、この2人が出会ったのは小5のことだったんです。

正直、古市すごいわ、としかいいようがなかったです。

この頃、男鹿の姉・美咲さんは5つ上のはずだから高1?
だから美咲さんは初代烈怒帝瑠として活動していました。
男鹿は烈怒帝瑠メンバーのたまり場に出入りして「お楽しみ会」と称して抗争に参戦したりしていたんですよ。

その男鹿の隣に並び立とうとしたということ自体がすごい。
三木は横でなく、後ろについていこうとしたから拒まれたのかなぁ、なんて思ってしまいました。

そんなこんなで古市の認識が少しマシになってこの古市パニックは幕を下ろします。

ティッシュはグッチャグチャになった上にヒルダに返却されたのでこのまま出番を終えると思ったんですけどね……。


【バブ176 季節はもう冬】【バブ177 クリスマスがやって来るのダ!!その1】
【バブ178 クリスマスがやって来るのダ!!その2】【バブ179 開幕!聖セントX'mas!!】
本物のサンタがやって来るという聖石矢魔のクリスマスイベントに出場する話。

イベントは男女ペアで出場することになるんですが、今回のヒルダさんは記憶喪失バージョンのデレダさんです。
ぶっちゃけデレダさんあんまり好きじゃないので……。

イベントに出場するペアは以下の通り。
男鹿・ヒルダ、東条・静御前、出馬・葵ちゃん、神崎・パー子、古市・寧々さん。
あとカズくんと梓ちゃんも出場していますが、ホントお前らもう付き合えよって感じで甘いです(笑)

古市が恋愛禁止の掟がある烈怒帝瑠の寧々さんと出場できたのは、今までずっと持っていたカードを切ったから。
「初代の掟・恋愛禁止!」なら初代が許可出せばいいんだろ?と。
初代は散々出てますが美咲さんです。しかもあの性格ですよ?簡単に許可が出るに決まってます。
古市が美咲さんの番号知ってることは全然おかしいことじゃないんですが、初代=男鹿の姉だと知らなかった烈怒帝瑠メンバーからしたら驚愕ですよねぇ。

で一回戦『二人三脚デスマッチ』。
ようは妨害ありの徒競走なんですが、一気に104組から16組までふるい落とされるわけです。
久しぶりに男鹿の外道っぷりを見た気がします。

聖石矢魔の一般人が多く出場しているのに、普通にゼブルブラストぶっ放してますから(笑)
古市は察して避けてて、カズくん&梓ちゃんペアにも警告してるんですが、カズくんの名字って山村じゃなかったですっけ?
山本になってるんですけど。
まあ、これ初版だし仕方ないのかもしれませんね。
この巻って初版限定でポスターやら古市の名(迷)言集ついてるので、そっちに力を入れすぎちゃったのかな?

神崎・パー子ペアは一周回ってお姫様抱っこでゴールとかしてるんですが、ものすごく愛おしいです(笑)
上であげたペアは全員生き残ったってところで、次巻へ続きます。
おまけのQ&Aコーナーでフライングしてるのあるんですが、そういうのって中々ないですよね。ちょっとびっくりしてしまいました。


本当は名言集についても感想書こうかと思ったんですが、長くなりすぎたので割愛します(笑)

拍手[0回]

べるぜバブ 19

べるぜバブ 19 リーゼント/田村隆平
大魔王の探し物のため、超上流学校・サンマルクス修道学院に侵入した男鹿達。そこには姫川の旧友・久我山が仕切るバトルリングが待っていた! リングに上がる男鹿じは果たして!? また探し物の凄い秘密とは!?


ようやく読めました。
こんなに時間がかかるとは思っていませんでした。


【バブ162 飛び入りファイター】【バブ163 仲間割れ】
【バブ164 嫌なところ】【バブ165 リーゼント】
【バブ166 母君】【バブ167 惚れた男】【バブ168 許嫁】
サンマルクス学院編後半。

大魔王の依頼からサンマルクス学院に潜入、姫川と因縁のある久我山が登場したところで前巻は終わっていたのでしたか。

バトルリングでバトってみたり、ネトゲ編で男鹿がぶっとばしちゃった姫川のマンションを手に入れた経緯や姫川と久我山の関係なんかも描かれてます。

今回の一番の収穫は、ベル坊のお母さんの顔と名前がわかったことでしょうか。
大魔王に回収を命じられた【悪魔の肖像】の正体は、ベル坊の母・アイリスの巨大な肖像画でした。
なんでも大魔王が描いたものらしいんですが、大魔王ったら絵上手いですね。
ちょっとびっくりしました。

久我山と姫川が絵を手に入れるきっかけとなったメール。
そこにあった「ソロモン商会」の名は、これから先かなり大事になってくる団体名なんですが、この辺ジャンプ掲載時にきちんと読んでいなかったのですっかり見逃していました。

ちょっと気になったのが久我山側のSP?が蓮井さんを見たときの反応がなんか恐れ?みたいなものがあるんですね。
ちょこちょこ出番のある蓮井さんですが、この人もいろいろと謎なんだよなぁ。気になります。

ラストは大魔王から褒美のティッシュが届いてそれが古市の手に渡った、ってところで次話へ。


【バブ169 古市パニック】
【バブ170 モブ市パニック!?】
古市がティッシュの力で強くなっちゃう話。

いわゆる古市パニック編ですね。

褒美として古市が貰ったティッシュはただのティッシュではありませんでした。
丸めて鼻につめることで、ベヘモット34柱師団を召喚するアイテムだったんです。

知らずにティッシュを使った古市は、ヘカドスを召喚し男鹿に一撃入れたり、MK5を瞬殺したりするわけです。
ティッシュが外れると召喚は解除されるらしく、姫川&神崎に喧嘩を売った最中にティッシュが外れてしまい、再びティッシュを鼻につめたら今度はアギエルが召喚されたってところで今巻は終了。

古市好きなのでめっちゃテンションあがります。
というか、古市がヘカドスのこと「なんか見たことある人」って言ってるのに驚きました。
ヘカドスって結構登場回数多い印象があったんですが、実は古市がヘカドスを見ているであろう場面はネトゲ編のマンション崩壊直前のバトルくらいしかないはずなんですよね。

初登場時の葵ちゃん人質にしてヒルダ刺した場面は古市宅からの帰路だったので古市がいるはずもなく、
悪魔野学園編では古市は指示だししてましたが、確かヘカドスは牢屋の中で悪魔野学園に行ってないはず。
なのでやっぱり、ネトゲ編しか古市がヘカドスを目撃している場面がないんですよね。

古市、よく覚えてたなぁ。
というか、覚えてたことよりもヘカドスの言葉を素直に聞いたことに驚きました。
ヘカドス=ベヘモット34柱師団=敵、という認識のはずなのに。

まあ、それをいったら拉致られてボコられたはずの姫川相手にあんなに普通に接しているあたり古市の神経の図太さはわかりますけどね。

次巻は古市パニックの続きなので近いうちに紹介したいと思います。

拍手[0回]

べるぜバブ 18

べるぜバブ 18 ヒーローショーに行くのダ!!/田村隆平
修学旅行先の沖縄で、ついに哀場と男鹿が大激突! 邦枝を賭けた(?)子連れ番長対決の行方とは…!? そして帰着後、男鹿と邦枝がデート!? ごはんくんヒーローショーでまたまた波乱! 石矢魔の一同が大暴れダ!!


ノベライズを紹介したのは11月なんであんまり久しぶりな気がしませんでしたが、前巻を紹介したのは7月のことなんでちょっと久しぶりですね。


【バブ153 大将】【バブ154 子連れ番長対決】
【バブ155 修学旅行おしまい!!】
修学旅行編後半です。

前巻の続きですね。
修学旅行先でもケンカしてるんだから、やっぱり石矢魔だなぁって感じ。

なんというか、姫川と神崎の強さを再確認できました。
男鹿や東条さん、クイーンあたりが強すぎだけであって普通に強いんですよね。
うーん、感覚くるってるなぁ。

後半で葵ちゃんを巡って男鹿VS哀場の戦いが巻き起こっています。
正直、哀場の強さが謎。
いや、それなりに強いんでしょうけど、男鹿と戦ったとき哀場にはコマちゃんが憑いていたんで、地力がわかんないんですよね。
コマちゃん自体が大したことないとはいえ、それでも悪魔ですからね。普段よりも力は上乗せされていたはず。
その状態でも男鹿に負けてるんで、せいぜい神崎・姫川クラスなんだとは思うんですがどうなんでしょう?

修学旅行編は本当に古市の出番が少なくて残念。
描かれていないところで、寧々さんや夏目あたりに構ってもらえていたらいいんでしょうけど、きっとそれもないんだろうなぁ。

そしてオチは古市がラミアとほのかちゃんに買っていってあげたお土産。
いろいろ酷い。
ノリで訳わかんない使い道があるとは思えないものを買っちゃうのはよくあることだけど、古市ってもうちょっとセンスあると思ってました。


【バブ156 赤ちゃんドライバー】
ベル坊がおもちゃの車で爆走する話。

おもちゃの車と言っても魔界製ですから、ろくなことになりません(笑)
テンションあがってしまって、ベル坊は男鹿と離れられる限界15m8cmを大きく超えて飛び出していってしまうんです。

興奮している今はともかく、我に帰って知らない場所に1人だということを認識してしまえばベル坊は大泣きする→男鹿死亡というなんとも嫌なフラグがたってしまい、それを阻止しようと男鹿はチャリ、ヒルダはアクババにのって追いかけます。

なんでラストにグッドナイト下川が登場したのか本気でわからなかったです。
それにしてもこいつ地味に登場回数多いですね。


【バブ157 ヒーローショーに行くのダ!!】
【バブ158 ヒーローショーに出るのダッ!!】
【バブ159 ヒーローショー決着!!】
ごはんくんショーを見にいったはずが色々あって、出演する事になってしまう話。

はじめは葵ちゃんが光太を口実に男鹿をデートに誘うわけです。
そこに当然のごとく、古市とラミアがついてきて。

双葉ちゃんにねだられて神崎さんも来てて。さらには六騎聖の静さんもいて――というなんだかわかるようなわからないようなキャラたちが勢ぞろいしています。

ベル坊、双葉ちゃん、光太のちびっ子が固まっていると普通に可愛い(笑) そんでもって、光太は双葉ちゃんに惚れちゃったらしいので今後どうなるのか気になりますね。

で色々あってごはんくんショーに出ることになるわけですが、東条inごはんくんVSうんこ男爵in男鹿とかもう子ども向けショーの域でおさまるはずがなく。
着ぐるみ着てのガチバトルに子どもドン引きですよ(笑)

ラストは共通の敵・かいわれBOYが現れてそいつを倒す(倒せてないけど)ことでどうにか幕を下ろすわけですが、マジでグダグダすぎる。面白かったですけどね。

かいわれBOYの中には行っていたのは、なんとベヘモット。
どうやら、焔王もショーを見に来ていたらしく東条たちの暴走に目も当てられなくて出てきたってことらしいです。

最後に出てきた悪魔、誰だろう? 普通にイケメンなんですけど。
ケツァルコアトルとヴァハム(でしたっけ?犬の人)はわかるんだけどなぁ。
今度見返してみようと思います。

なんというか、古市の行動が謎すぎる。
葵ちゃんが男鹿をデートに誘ってることをわかってるのにどうして、一緒に遊園地行ったんだろう?
「男鹿だけいい思いするなんてギリィ」みたいな感情だったのかな?
うん、それっぽいね。

それにしても、男鹿に飛び蹴り?回し蹴り?してふっとばしていても反撃されないって古市やっぱりすごいな。
まあ、攻撃力が全然ないから気にならないってことなのかもしれませんが。


【バブ160 ビデオレター】
【バブ161 私立サンマルクス修道学院】
大魔王の依頼を受けて私立サンマルクス修道学院に潜入する話。

正直、この学院は異常だなぁ、と。
いや、石矢魔もある意味異常だし危険ですけどね。

金持ち学校なだけあって、権力争いとかそういう精神的な意味でも非常にきつそう。

古市が酷い扱いされるのはデフォルトとはいえ、「んま――っ」じゃねーよ!と。
お前ももうちょっとさぁ!と本人の全く気にしていないような振る舞いにちょっとイラッとしてしまいました。

ラスト、姫川と因縁のあるらしい久我山なる人物が登場しておわりです。
この辺ざっとしか読んでないんで楽しみです。


【番外編 べるぜバブバブバブ】
NEXTに掲載された番外編です。

双葉ちゃんと光太がベル坊を遊びに誘いにやってくる話なんですが、結局遊べてないという(笑) 
なんとも可愛らしかったです。
まあどっちみち、ベル坊って男鹿から離れられないんで、遊びも中々制限されそうですよねぇ。

大きくなってきたらまた変わるのかもしれませんが、本誌の展開上それが描かれることがあるのか……。


また近いうちに続きを紹介したいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR