忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】田村 隆平」の記事一覧

べるぜバブ 12

べるぜバブ 12 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 12 ヒルダの怒り/田村隆平
さらに強くなる為に早乙女と修行の続きを行う男鹿とベル坊。その驚きの修行法とは…!? 一方、ゲームに勝てば居場所を教えるという焔王に、勝負を挑んだ古市達。だが、卑怯な手を使う焔王達に追い詰められ…。


最近見逃していたアニメを少しずつ見ているのですが、いろいろと矛盾点というか違和感を覚える展開が多々あって。
こういうアニメオリジナル展開の弊害を見てしまうとちょっと嫌になります。


【バブ98 意地は捨てない】
【バブ99 イカサマ!?】
【バブ100 ベル坊を追えっ!!】
【バブ101 勝負アリ!!】
【バブ102 見っけ!】
【バブ103 隣は何をする人ぞ!?】
【バブ104 ヒルダの怒り】
【バブ105 悪魔が再び】
【バブ106 男鹿の戦い】


今回もまた、男鹿の修行話と古市たちのゲーム対決の両方の話が同時進行していきます。


まずは男鹿サイド。
前巻は早乙女先生がやってきて「修行後半戦」を告げたところまででしたか。

はじめ男鹿は早乙女先生に教えを乞うことを嫌がるのですが、ベル坊が乗り気で。
結局、早乙女先生に修行をつけてもらうことになります。

修行は魔界製のラジカセを利用したもの。
今の小学生とかカセットわからないはず。A面B面とか。
雰囲気で読んでもそう問題ないからまあいいのか。
まあ、魔界の道具はかなり遅れているぽいので、早乙女先生の修行したときというのがいったい何年前のことかわかりませんが、魔界製としては結構新しい道具なのかもしれませんね。

そのラジカセはなんでも録音した声の主の潜在能力を具現化するものなんだとか。
ベル坊の声が大きかったことで、ベル坊の影のようなものが修行相手になるわけです。
ベル坊は今は赤ちゃんだとはいえ、王子です。潜在能力はかなりなものといえますからね。

そして、悪魔に対抗する力を求める葵ちゃんは諫早ちゃんに導かれ、誰かに合うようです。その誰かについては次巻かな?


一方の古市たち。
前巻はネトゲ対決でパー澤こと由加ちゃんが巨大ロボを見つけて攻撃にうつる!ってところでしたか。

由加ちゃんが見つけたロボットは80分の1の確率で出てくる「クレイジーフロッグ」なるものなんだとか。
もう世界観わけわかんないですね。
しかし、せっかくみつけたレアマシンもすぐに壊してしまいます。
まあ、由加ちゃんだし。

ふりだしに戻るかと思われたゲーム展開でしたが、侍女悪魔たちも黙っちゃいません。
イザベラのトリックアート「不可視の彩色(インビシブル)」でサテュラとヨルダが透明人間化するんです。

マップにもうつらない状態になった彼女らに、姫川がキレて。
「チートなんてせこいマネするかよ」ということで、ゲーム自体を買い取って設定いじり放題にして不死身というかアンデッドというか。
そんな感じにしたうえに、80分の1の確立で登場するはずだったクレイジーフロッグを5体も登場させて合体させるわ。
もうやりたい放題でなんでもありです。

めちゃくちゃ笑ってしまいました。

戦争ゲームには勝利したものの、焔王が負けを認めないものですから、今度は桃鉄(桃太郎DE鉄人)で勝負をすることに。
3日徹夜でゲームとか交代要員がそれなりにいる石矢魔サイドはともかく、焔王サイドはよく疲れないですね。
やっぱり悪魔だからなのかな?

また焔王たちの潜伏場所が明らかになります。
なんとそれは隣室。
焔王たちは姫川宅に勝手に侵入してゲームしていたようです。

今まで気付かなかったのは次元転送悪魔であるヒルダの力で外界から次元を切り離していたからだそう。
しかし、古市とラミアを中に入れたことにより、形勢は逆転します。

ヒルダがラミアに持たせていた通信機。それを利用してアランドロンの新転送術式「バリサン」で通信機から肉体を転送してくるのです。
中に入ってしまえばこちらのものというか。

ヒルダは本当に強かったです。
一人で侍女悪魔3人を圧倒してしまいます。

そして、ヨルダが倒れたことにより能力が解除され、ヘカドスたち3人がやってきます。
彼らの勝手な行動は罰せられかけたのですが、ベヘモットが「やるなら最後まで」という言葉によって再び男鹿たちを倒しにやってくるのです。

ヘカドスたちが侍女悪魔3人を排除したがったのはわかるなぁ。
彼女らは甘やかすことしかしてないんですよね。そして、古市がちょっと突っ込んでましたが本当にゲームしかしてないんですよ。
掃除とか片付けとかそういうことすらしていない。
それについては仕方ないかなと思います。

ヘカドスは前回の邂逅でヒルダを軽く倒したものだから、油断というかなめているんです。
ですが、それは夕方に早乙女先生と戦って魔力をほぼ使い果たしていたから。
十分な休息をとって魔力は満ちています。
その状態だと、ヘカドスひとりで相手するにはキツイようです。

グラフェルとナーガも加勢しようとしたところに、アランドロンと修行を終えた男鹿がやってきます。

「ボッコボッコに殴るぞ」「ナニで?」には笑ってしまいました。
そして、久々にアランドロンと古市が会したからといって、さっそく古←アラがはじまってびっくりしましたよ。

男鹿の新技・魔王の烙印(ゼブルエンブレム)が炸裂して次巻へ。

ラミアのお母さんとか、フォルカス先生が全体こそちゃんとうつってませんがちらりと登場していたりと魔界組の背景が見え隠れしています。
この辺そのうちちゃんと説明してくれると期待しています。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

べるぜバブ 11

べるぜバブ 11 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 11 ゲーム勝負!!/田村隆平
焔王の家臣・ベヘモット34柱師団の攻撃を受け、打ちのめされた男鹿。己の非力さを痛感した男鹿は国枝の祖父の下で修行する事に。一方、ベヘモットの再攻撃を止めてもらう為、焔王を捜すラミアと古市だが…!?


最近、アニメをまともに見ていないのであやうくアニメに先を行かれてしまうところでした。
録画だけはしているので、後で見ます(^^;


【バブ89 オレって弱い】
【バブ90 ザ・修行!!】
【バブ91 山ごもりです2】
【バブ92 石と意地と】
【バブ93 悪魔の○○】
【バブ94 バレたら大変】
【バブ95 ネトゲのエンオウ】
【バブ96 ゲーム勝負!!】
【バブ97 ジ・エンド・オブ・ウォー】

が収録されています。

今回は各話ごとに感想を書くのがちょっと厳しいので、まとめて感想書かせてください。

この巻と次巻くらいだと思うのですが、男鹿サイドと古市サイドでそれぞれ物語が進んでいきます。
基本、一緒に行動していた二人ですからちょっと変な感じがしますね。

まずは、男鹿サイド。
前巻で男鹿&ヒルダがボロ負けした話の続きなんですが、いきなり裁判風景からはじまります。
いや、男鹿の夢なわけですけど、古市やヒルダ、石矢魔の面々にボロクソ言われるわけです。

そして、葵ちゃんのおじいちゃんのところで修行することになるんです。
修行場所は魔二津(まっぷたつ)の山奥。
以前、葵ちゃんが「青井くにえ」として男鹿と遭遇した場所ですね。
そこに男鹿と葵ちゃん、おじいちゃんと弟子入りを志願してきた帝毛の影組の面々で修行します。

葵ちゃんの弟・光太くんとベル坊の張り合いが楽しかったです。
かわいい。

宿泊場所を提供してくれた寺の娘・諫早ちゃんがちょっと重要なキャラだったりします。
でも、寺なはずなのに彼女の服が巫女服にしか見えないのはなんだろう。

諫早ちゃんは霊媒体質で悪魔の存在だとかがわかるのだとか。
葵ちゃんは諫早ちゃんに悪魔に対抗する手段を求めます。

そして、男鹿はおじいちゃんから連絡はをもらったらしい、早乙女先生と修行後半戦をスタートさせようとします。


次は古市サイド。
ヒルダさんに焔王を捜索を頼まれたラミアと一緒に行動します。

焔王はゲーム好きだから、ととりあえずゲーセンに向かった2人は偶然出会った神崎たちと焔王探しをはじめるんです。

古市、ラミア、神崎、姫川、夏目、城山、寧々さん、千秋ちゃん、由加ちゃんの9人で戦争ゲームで対決することに。
場所は姫川が借りているというマンションでゲームをするわけですが、もうなんというか半端なくすごいです。
スケールが大きすぎるんですよ。
ヘリポートのついているような高級マンションで25~30階までを一人で利用し、「ゲーム部屋」なるものが5室もあるとか本気ですごいです。

基地みたくなってるのには千秋ちゃんじゃないですけど、テンションあがってしまいました。

この辺の話は智将・古市の本領発揮です(笑)
事実と話術を絡ませて、男鹿と悪魔の問題を学校絡みの話にして見せて、協力させるのですから。
というか93話の扉絵の古市がイケメンすぎませんか!?
ジャンプ本誌で読んで叫んだ覚えがあります。

ちょっと気になったこと。
夏目の呼び方って何か基準があるんでしょうか?
女子は皆呼び捨て、「ちゃん付け」は姫川と城山と男鹿、「くん付け」は神崎と古市なのかな。
あ、東条さんは呼び捨てかな?
うーん、どういう基準なんだろ?
夏目にとっておもしろい人=ちゃん付けかとも思ったんですが、神崎がくん付けだからなぁ。
よくわかりません。


そういや、早乙女先生のもとを訪れた東条さんだけなんか仲間はずれなんですが、特に気にしてないんだろうなぁ。
ぶっちゃけ、東条さんがちゃんとノックしていたことに驚きました。


由加ちゃんが、ものすごいロボットを見つけたところで今巻はおわり。
次巻も楽しみです。
というか、アニメでこのゲームOKなんだろうか……。
殴るのすら結構ごまかしてるのに、銃でうつとかありなのかな?
その辺も楽しみにしたいと思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

べるぜバブ 10

べるぜバブ 10 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 10 泣きむし兄弟/田村隆平
新担任としてやってきた謎の男・早乙女禅十郎。驚異的な力を持つ早乙女だが、その正体はいかに…!? 一方、ベル坊の兄と名乗る人物が侍女悪魔を連れて男鹿たちの前に出現!! 彼らが人間界に訪れた目的とは…!?


べるぜバブはアニメの微妙に先を行く形で紹介していっているのですが、アニメの進み具合が思いのほか早いので、紹介するペースが早くなってしまいます。
このペースでいくと原作に追いついてしまいそうですよね……。
アニメ放送が1月開始でしたから、1年で終わらせるためにキリのいいところ(男鹿がベル坊の親宣言したあたり、あるいはアニメオリジナル展開?)まで進めようとしているってことなのかも?とか思ってますが、どうなのでしょう。


【バブ80 来ました】【バブ81 人間滅ぼす】【バブ82 泣きむし兄弟】
ベル坊の兄・焔王とその侍女たちがやってくる話。

葵ちゃんが男鹿にベル坊の説明を求めているところから始まります。
ぶっちゃけ今更かよ、と思わなくもないのですが。
あそこまで不自然なのにも関わらず、今まで男鹿と古市しか知らなかったことが逆にすごいのかな。

超テキトーな大魔王さまがどこかで見たような展開(というか一話)を繰り広げ、焔王を人間界に送り込んできます。
焔王付きの侍女悪魔はヨルダ、イザベラ、サテュラの3人。
ヨルダとヒルダには浅からぬ因縁があるようですが、詳しくは語られていません。そのうち語られるといいのですが。

焔王の能力?はその名の通り、炎。
ベル坊が泣くと電気が流れるのと同様、焔王が泣くと辺り一帯が火の海になるそうです。
ホントはた迷惑な兄弟です。

ヒルダが名家に生まれた云々を読んで、ハヤテのごとくでそんな説明されてたなぁとか思い出しました。
氷室さんとか虎鉄とかその辺。名家の長男が執事になる云々ってやつです。
それに近いやつがあるんじゃないかな?

焔王はゲーマーで古市宅にあったプレステ2(プレイステファニー2)に感動して、人間を滅ぼすことを後回しにしてゲームにのめり込んでいきます。
ていうか、焔王の持ってたゲーム古すぎる……。
ゲームボーイ(分厚いから初代ですね)にメガドライブ、スーパーファミコン。
今の小学生知らないんじゃないですか?
ていうか私もメガドライブは知らないです。

焔王が笑顔で笑えないことをいって去っていったところで次話へ。

世継ぎ云々に関しては、名前からしてどうなの?って思ってしまいます。
大魔王様の名前はカイゼル・デ・エンペラーナ・ベルゼバブ3世なはず。ベル坊が4世なんだから焔王に後を継がせる気ないんじゃ?とか思ってしまいます。
初期設定ではベル坊に兄なんていなかったんじゃないのかな、と勘ぐってしまいます。


【バブ83 ベヘモット柱師団】【バブ84 対決!!】【バブ85 悪魔?悪魔じゃない?】【バブ86 死んでしまいます】【バブ87 こんなの予想外】【バブ88 ムカつく】
ベヘモット柱師団が来襲する話。

前話で、焔王に忠告されていたとはいえ来るの早すぎます。
まさか、焔王が去って、古市宅から帰る途中でやってくるとは……。

男鹿のもとにやってきたのベヘモット34柱師団第8の柱(多分柱将?)ヘカドス。
ヘカドスは葵ちゃんを人質にとった上、助けようとしたヒルダに重傷を負わせます。

一方、静さんのお膳立て(?)で実現していた東条VS出馬の方にもベヘモット柱師団が乱入します。
出馬さんは人間界に追放された下級悪魔の子孫らしく少しとはいえ魔力が使えるんです。
東条さんと本気でやりあっているうちに魔力を使ったがために、それを関知され乱入されてしまうのですね。
こちらに乱入してきたのは柱爵ナーガと柱将グラフェル。

力の差は歴然としているもののグラフェルに挑む出馬さんでしたが、軽くやられてしまいます。
東条さんがやられながらも反撃、攻撃&ダメージを与えることに成功しますが、それでもまだ余裕がありそう。
ナーガは何もしてませんからね。

男鹿を助けにいった早乙女先生の魔力を脅威に感じた2人がヘカドスの元に向かったことから出馬さんや東条さん、隠れてこっそりみていた神崎と由加ちゃんたちは命拾いします。
神崎と由加ちゃんのバカな子コンビのやりとりは読んでいてかわいかったです。

早乙女先生の正体は紋章使い(スペルマスター)。
悪魔と対等以上の契約を交わし使役する者。数は非常に少ないらしいです。
男鹿と同じ王蝿紋(だっけ?)が浮かび上がっているということ、大魔王さまと知り合いらしい口ぶりからして早乙女先生の契約者は大魔王さまなのかなー?と。
そのうち明かされたらいいな。

男鹿は強くなりたいと願うものの、早乙女先生の指導を素直に受ける気はない。
たまたま再開した葵ちゃんのおじいちゃんに修行を頼み……ってところで次巻へ続きます。

あれ、葵ちゃんのおじいちゃんに出会ったのって葵ちゃんの変装時の格好である「くにえちゃん」のときではなかったですっけ?
その辺はいいのかな?まあ男鹿だし気にしてないんだろうな。


【特別番外編 ベルベル☆西遊記~天竺までぶっとばせ!!~】
パラレル番外編。

ノベライズの元になった番外編です。

男鹿が三蔵法師、ベル坊が孫悟空、古市が猪八戒、葵ちゃんが沙悟浄、アクババが馬。
姫川神崎が金角銀角で、登場は牛魔王。
ヒルダは名前なんだっけなー、たぶん牛魔王の奥さんで扇っぽいの使ってくる妖怪です。

グダグダすぎる短編ですが、けっこう好きです。



きっとこのペースだと次巻を紹介するのもはやくなりそうです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR