忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】田村 隆平」の記事一覧

べるぜバブ 9

べるぜバブ 9 DVD同梱版 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 9 魔王が来たりて/田村隆平
白熱するバレーボール対決! 序盤リードを許す石矢魔だが奇策を用いて善戦、ベル坊がまさかの大活躍!! 男鹿も六騎聖・出馬も本気を出して、ついに決着の時が来る。だがそこに帝毛の不良たちが現れて…!?


前巻紹介時の予想が外れてアニメが思ったよりも引き伸ばさなかったですね。
今週の話で9巻冒頭まで食い込みそうなので、紹介してしまいます。
私が買ったのは、DVD同梱版。なので、表紙が魔界組です。

ちなみに、通常版はこちら。
べるぜバブ 9 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 9(通常版)/田村隆平
男鹿と東邦神姫が表紙です。


【バブ71 秘密兵器!?】【バブ72 終わらせない!!】【バブ73 ぶっ壊しに来た男】【バブ74 ガマンできる?】【バブ75 背中合わせ】【バブ76 魔王が来たりて】
バレーボール対決決着、そして三木の知らなかった事実が明らかになります。

笑いました。
ええ、男鹿と東条さんの反則行為が足を引っ張って苦戦を強いられます。
そんな中、「石矢魔にだけ許された特別ルール」を裏手にとって、かなり卑怯な手を使うんです。
もう笑いましたとも。本誌で読んだときも笑い、購入時読んだときも笑い、今回も笑うんだから私ホントこれ好きなんだなぁ。

古市について。
まあ、そうだろうな、ってのが正直なところです。
退学組が7人いて、バレーは6人でやる競技。身体能力的にも、物語的にも古市が試合に出るとは思ってませんでした。
だから、彼があまり活躍できないのは予定調和かと。
あんまり関係ないでしょうが、石矢魔男子の中だと一番身長低いですしね。

霧矢と三木、そして影組について。
前巻の回想にて三木は男鹿に酷い扱いを受けていました。

男鹿がなぜああいう対応をとったのかが明らかになります。
それというのも、霧矢も三木と同じく奈良に引っ越すことが決まっていたから。
いくら男鹿でも奈良にいる三木を霧矢の報復から助けることはできません。
だからああやって自分とは無関係なんだと示していたんですね。

三木は男鹿に裏切られたと酷く傷つきながらもどこかで男鹿のことを信じていたんだろうなぁ。
だから出馬さんのところにいったときに「背中を任せられる男になりたい」とか言ってるんでしょうね。

「どうせなら久也って呼んで」云々はふきました。
でもさ、古市ですら「古市」なんだから、名前で呼ぶってことないんじゃないのかなー。

めちゃくちゃ強そうな登場の仕方をした影組ですが、ほぼ瞬殺。
この場限りのキャラかと思っていたので、その後登場したときは驚きました。

霧矢は久しぶりのゼブルブラストにより撃退されます。
全身にひろがったゼブルスペルは異様です。それを出馬さんの機転でことなきを得ますが、けっこうギリギリですね。
過去に同じくゼブルブラストを食らっている姫川は記憶がぶっ飛んでいるようです(笑)

出馬さんは悪魔の存在を知っているようですが、どういう存在なのかはヒルダたちでさえ不明のようです。

最後、謎の男がタバコをくゆらせているところが描かれて次話へ。


【バブ77 新しい○○です】【バブ78 早乙女禅十郎】【バブ79 敵じゃないよ】
謎の男の正体が少し描かれます。

えっと、前話で後姿だけが描かれた男の名前は早乙女禅十郎。
佐渡原先生にかわる新しい担任だそうです。
ほぼ不意打ちだったとはいえ、男鹿、東条、出馬の実力者3名を一度に倒すんです。

東条さんの憧れの人――ゼブルスペルを持っていた人であるらしいことも明かされます。
また、六騎聖の静さんと東条さんは知り合いで、静さんも早乙女を知っているみたいですね。

そして、早乙女先生は紋章使い(スペルマスター)なる存在で、ヒルダにセクハラしたり拘束したりと本当に強いんですね。

ラスト、葵ちゃんが男鹿のもとをおとずれ――ってところで次巻へ続きます。

うわ、ってことは次巻はあの人たちが登場ですね。楽しみ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

べるぜバブ 8

べるぜバブ 8 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 8 バレーボール勝負!!/田村隆平
ヒルダが石矢魔に転入市、クラスが微妙な雰囲気になった頃、六騎聖との対決種目がバレーボールに決定! だが男鹿たちはバレーなんか興味なし。やる気を出させる秘策とは!? そして男たちが特訓を開始する!!


ジャンプ本誌では、なんかもうすごいことになってるべるぜバブです。男鹿と古市が別行動をとるのがなんかふつうになってますね。
まあ悪魔とのガチバトルに古市や神崎、姫川あたりを絡ませるのが難しいからなのかもしれませんね。実力さがありすぎて修行してどうこうなるレベルじゃなさそうなので。

単純にシリアスパートとギャグパートの使い分けの可能性もありそうですが。


【バブ62 おっぱいバレー】【バブ63 バレーか死か】【バブ64 てめーがキャプテン】
【バブ65 何やってんだ!?】【バブ66 てめーなんて知らねー2】【バブ67 男鹿VS三木!!】
【バブ68 男鹿VS東条!!】【バブ69 聖石舞祭】【バブ70 バレーボール勝負!!】


今巻は全話バレーボールの話です。
バレーボールの練習をして、 文化祭がスタートし、試合が始まったってところまで。
途中回想で3年前(男鹿たちが中学生のときの話)だとかもありますけどね。


Mr.バレーボールには笑いました。
ていうか、アランドロンなんですけどね。

設定上、あれってDVDの映像なんですよね?ヒルダDVD取り出してうさぎ軍曹のプロジェクターにセットしてるし。
なんで会話できてるんでしょう……?
「今んとこ音量あげてもっかい流せ!!」
「ん? ああかまわんよ」
とか完璧会話してるよなぁ。
あんまりつっこんでも仕方ないか。


姫川の素顔が明らかになります(笑)
いや、素顔っていうか髪下ろしてグラサンをとっただけなんですけど。
ポリシーらしいですけど、あれ絶対リーゼントない方がいいですよ。

これジャンプで読んだとき、すごく神崎さんがかわいそうに思った記憶があります。
財力的にも頭脳的にも身長でも負けてるからなぁ。
これ以上差をつけないであげてほしいです(笑)


過去回想について。
男鹿、古市、三木の中一終わりころの話――たぶん3月くらいかな?
1人だけダッフルコート着てる古市に萌えました。
顔もそうだけど、かわいい。

古市は三木くんが男鹿を敵視する理由を把握しました。
男鹿の性格上、三木くんに説明しにいくなんてことしないだろうってのも推測できますから、古市が三木くんに3年前の男鹿の行動について説明しにいけばよかったのになぁ、とか思いました。
古市って男鹿のフォローをして回っているっていうイメージがあるので。
でもそうすると次巻でのあのシーンのインパクトが薄れてしまうのか……。難しいですね。


東条さんが男前すぎてかっこいい。
三木くんに負けておかしな方向に進みかけていた(必殺技がどうこうとかそういうの)男鹿を連れ戻したりとか。
男鹿と本気で殴りあいできる人物ってそういないですから、東条さんの存在は貴重ですよね。
そして、ベル坊は東条さんのことは好きなんだなぁ、ってのがわかります。
三木くんのときとえらい違いますから。


文化祭がスタートし、モブにスケットダンスのボッスンとスイッチ、PSYRENのアゲハとカイルとフレデリカがいます。
無許可らしいです(笑)

背景ネタでもう1つ「ちくび相撲」って何。
男鹿&三木くんの「――ふぅん」の次のコマなんですが、すごく気になります。

梓ちゃんとカズくんのクラス――メイド喫茶に古市が行ってるんですが、古市って石矢魔の人間だと認知されてないんだなぁ。
まあ、確かに人畜無害っぽいですけど。
天然梓ちゃんだからこそやってのけた「恥将」。
梓ちゃんすごいなぁ。


そんなこんなで試合スタート。
司会進行は古奈多依子ちゃん、解説は元バレー部現ねこの畑山先輩。畑山先輩をみるとジャージ神(byそして彼女は神になる)を思い出しました(笑)

石矢魔退学組って一人多いんですけど、もちろん古市が補欠です。

そして、石矢魔の生徒たちに暴行を加えられ、物語から退場してい城山も真田兄弟他数名を従え、応援にかけつけます。
すぐ退場してしまいますけど。けがはまだ完治にはほど遠いようです。

そしてまともにバレーやるんだな、と安心させておいてからのオーバーヘッドキックには大爆笑してしまいました。
ホント男鹿と東条さん仲良いですよね。

次巻はバレーボール対決の続きから。
アニメは多分、練習風景でオリジナル展開(特訓とか魔界道具とか)にもっていくんじゃないかなぁ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

べるぜバブ 7

べるぜバブ 7 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 7 全面対決です/田村 隆平
聖石矢魔学園に転校した男鹿たちの前に立ち塞がる六騎聖! 石矢魔高生を目の敵にする彼らに、東邦神姫がついにキレて、男鹿も加わり(むしろ中心か?)バトル開幕!! 問 題を起こしたら退学だってのにーー!?


もうちょっとオリジナルで引っ張るかと思っていたアニメが、もうVS六騎聖編に突入、7巻頭まで食い込んできそうなので、紹介しちゃいます。


【バブ53 クイズです】
男鹿VSアレックス。

前巻続きです。「VS」って書きましたけど、男鹿は手を出してないから厳密には違うかもしれません。

ていうか、男鹿まだベル坊の親捜してたんですね……。
男鹿が出したクイズの答えがわかりません。
「おじいさんとおばあさん強いのはどっち!?」ってやつなんですけどね。
わからん。


【バブ54 神崎一】
城山がやられて神崎さんがブチギレる話。

これ、アニメでやれるんだろうか。
流血沙汰がどうのとかそういうことじゃなくて、聖石矢魔の生徒(仲代、森、角田)の思想が怖くて。
城山を意識不明で救急車呼ばれるような状況にしておいて、報復を恐れることはしても、罪悪感だとかそういう罪の意識が全くないんですよ。
それどころか、「もう2~3人いっとく?」なんて会話してるんです。
今まで軽く読み流してきたけど、この子ら怖い。

でも、聖石矢魔にはもともとこういう気質はあったのかもしれませんね。
だからこそ、生徒会ではなく六騎聖なんてものが幅を聞かせているのかな、と。

神崎が乱入したクラスが三木くんのクラスだったらしく、彼に伸されたところに、石矢魔勢が到着して次話へ。


【バブ55 みんな帰ります】【バブ56 全面対決です】【バブ57 てめーなんて知らねー】
【バブ58 遅れてきたあの男】【バブ59 あの人が来た】【バブ60 最強】
石矢魔勢VS六騎聖。

えっと、石矢魔側は男鹿、葵ちゃん、夏目、姫川の4人。
古市は入り口のところでカズくんと梓ちゃんの観戦です。

六騎聖は、三木と郷先輩とアレックスと榊くん。
えっと、郷先輩ですが、なんでこの人リンゴ持ってんの?
そして投げ捨てられたリンゴはどこに行ったんだろう。

夏目VS郷、姫川VS榊、男鹿はアレックスを瞬殺して三木と戦います。

ここで三木の回想で硬中時代の男鹿と古市の姿が。
古市、かわいい。ベリーショートっていえばいいのかな。
なんか大人のお姉さんに可愛がられてそうな見た目ですね。

で、三木は一時期2人にくっついていたことが明らかになります。
だからこそ、古市が懐かしがり「中学のころは」なんて発言に繋がるのですね。

教室で倒された神崎が途中乱入しようとして男鹿にぶっとばされたりしてるんですが、神崎さんどっから入ってきたんだろう。
舞台は屋上な訳ですが、男鹿たちがあがってきた入り口は古市たちがいるわけですよ。
屋上への出入り口が複数あるってことなのかな?じゃないと古市の「生きてたのか」って発言は違和感ありますよね。

戦い自体は、残りの六騎聖――出雲さんと静さんが止めに入ったことにより中途半端に終わります。
なので、途中参戦しようとした東条さんはほとんど暴れることなく終わってしまいます。
東条さんもどっから来たんだか。まあ、東条さんだから軽く常識外のことをしてもあまり気になりませんが。

男鹿、古市、葵ちゃん、東条、姫川、神崎、夏目を退学処分にするって発表がされたところで次話へ。
ここでも古市は巻き添えくらうのね。可哀相に。


【バブ61 次の戦いは】
退学処分をくらった7人が、抗議交渉をする話。

戦った相手である六騎聖にはお咎めなし。
城山を一方的にぼこった仲代、森、角田たちですら停学2週間。
明らかに処分が軽すぎるだろうと思います。

それに納得できるわけもない石矢魔生たちは葵ちゃんに制止されるものの、六騎聖を倒しに行こうとするんです。
しかし、聖石矢魔側からの提案――1ヵ月後に行われる学園祭でのスポーツ対決に決着が持ち越されることに。

そして、ヒルダが聖石矢魔へ転校してくるとか葵ちゃんは本当に大変です(笑)


【番外編 真夏に真冬の大決闘!!】
ラミアが探偵ごっこをする話。

赤マルに載った短編。
ラミアが登場するので夏休みの出来事ですね。

訳がわからん(爆)
そうかアランドロンがいればこういうこともありかーとか思いましたが、すっごいシュールです。


ていうか、学園祭まで1ヶ月もあるんですか。焔王が本編で男鹿たちに接触してくるのは学園祭で対決したあと。
アニメで焔王がごはんくんショーのモブで登場してましたが、どんだけ人間界満喫する気なんでしょうね。
その後ゲーム対決があることを考えるとホント満喫してるなぁ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR