忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】松月 滉」の記事一覧

王子と魔女と姫君と 12

王子と魔女 と姫君と 12/松月滉
元姫達の気持ちに決着をつけ、ついに仁(めぐみ)への想いを告げた昴。
しかし切ない返事を残し、目の前にいた筈の仁の姿が忽然と消え…
昴以外、誰もが仁を忘れてしまった。それこそが、前世からの「呪い」だった…。
さかさまフェアリーテイル、最終巻。


先日購入してきたおまひめ最終巻です。
意外と続きましたねー。


【69話】から【74話・最終話】までと【卒業式のあと sideB】が収録されています。
前巻は、昴が王子たちに返事をして回っていたんでしたか。
隼人先輩、夢路先輩、雪梨くん、元親くんは前巻で返事済。
残っていた煤原くんにも返事をして、ようやく仁と向き合えるようになるんですが、そう簡単に進展しませんよね。


勇気を振り絞って昴は仁に告白します。
ですが、仁の返事は自身が前世王子に呪いをかけた魔女であること、だから「運命の相手」にはなれないというもの。

そして、仁はその場から消失してしまいます。
消えたのは存在だけでなく、皆の記憶や写真からも消えてしまいます。
仁を覚えているのは、昴だけという状況に陥ってしまいます。

で、昴はようやく前世のことを思い出します。
やはり前世は、劇の通り、王子と魔女で入れ替わりが起きていたよう。
ぶっちゃけよくわからないまま勢いで読み進めてしまったんですけど(笑)

えっと、今まで昴の前世は王子で数多の姫君たちに愛想よくふるまっていて、それに怒った魔女・仁が呪いをかけて、どの姫君と結ばれるかは今世に持ち越された、という風に説明されていました。
が、実際のところは王子の生まれ変わりは仁、王子に呪いをかけた魔女は昴で、その呪いに手を加えたのが大魔女こと魔女の師匠である理事長であった、と。
理事長の手によって、王子と魔女が入れ替わっていたのはペナルティといったところでしょうか。

記憶を取り戻した昴は、仁の存在を取り戻すことに成功し、大団円、と。
ラストはちょっと駆け足で一気に時間は飛んで、昴たちの卒業式の様子が描かれています。

くっついた後の二人も見てみたかったけどこれはこれでいいかな。


読んでる最中はそれなりにワクワクしながら読めたんですが、読み終わって我に返ると「あれ?」と。
で、よくよく思い出してみると過去の感想でちらっと書いてた予想がだいたいあってたんですよね(笑)

2巻感想の「魔女や姫が知っている話には実は続きがあって、魔女が呪いをかけたあと別の魔法使いが何か魔法をかけ たとかそういうことがあったのかなあ」
3巻「『死ぬことはない でも最悪のケースは死ぬよりも辛いかも』という呪いについて「カードキャプターさくらを 思い出しました。なんでしたっけ? 最後の試練か何かのときの話だと思ったのですが『失敗したら一番大好きなものを忘れてしまう』んでしたっけ?」

ね、だいたいあってる。
理事長が思っていたよりも弟子を大切に思っていたことには驚きましたけど、よくよく考えてみると大切じゃなければこんなめんどくさい出来事に関わらないですよね(笑)

ラストの【卒業式のあと】とかで米子さん(赤ずきん)のもとに謎の男(若干犬歯っぽいの見えるし赤ずきん名指しだし多分狼?)がやってきたりしていて、なんだかまだ続きそうな雰囲気もあるようなないような。
理事長ってもしかして不老不死?とか新たな謎が発生してます。

これ、続編(あるいは番外編)への布石ならいいんですがそうじゃないなら謎が気になるだけなので辞めてほしいなあ。

松月さん長い間、お疲れ様でした。
次の連載を楽しみにしています。

拍手[17回]

王子と魔女と姫君と 11

王子と魔女と姫君と 11/松月滉
ついに昴は、本命の相手を自覚する!
そんな昴を誘い、夢路・隼人・米子の4人で向かった遊園地♥
楽しいデートになるかと思ったけど、夢路・隼人が昴に告げたのは切ない言葉…。
昴の気持ちに気づいた元姫達がとる行動は!?
トキメキ満点・切なさ少し! 急展開の第11巻!


昨日購入した1冊です。
表紙は昴と雪梨くんですね。


【62話】から【68話】までが収録されています。
あらすじにも急展開とありますが、まさにそんな感じ。
今まで散々立ててきたフラグを回収して回ってるとでもいいましょうか。

隼人先輩、夢路先輩、雪梨くん、元親くんに返事をして回っています。

一つの恋の終わりは新しい恋の始まりでもあるのだな、と読んでいて思いました。
それぞれ昴へ思いを寄せていた彼らに好意を寄せる人々からするとようやくスタート地点にたてるとでもいいましょうか。

個人的に、染井さんには本当に頑張ってほしい。


今回、ようやく昴が自分の感情を受け入れます。
前世の呪い云々があったから昴は仁を好きになってはいけないと思っていたよう。
昴は仁が前世関係者だと知りませんからそういうことになっているんですが、仁の正体は魔女であることと劇の内容を思えば、前提が全然違ってくるんですよね。

今までの描かれ方だと「王子の愛を得られれば」=「昴が元姫たちの中から誰かを選ぶ」だったんですよ。
でも、劇だと王子(前世昴)=魔女、魔女(前世仁)=王子。
立場が逆転してしまってるんですね。
だから、劇の内容が真実だとしたら、「王子(仁)が誰かを愛する必要がある」ってことになるわけです。
そして、王子=仁だと仮定すると、現在昴にアプローチしている元姫たちは蚊帳の外に置かれるのでは?と。
でも、そうするとなんで性別逆転転生してるの?ってことになっちゃうんだよなぁ。

昴の「師匠」呼びもあって理事長の正体は劇では米子さんが演じていた大魔女ってことで確定していいんでしょうけど……。
うーん。ややこしいです。


次巻最終巻です。
夏ごろ発売ってことなんで8月後半ってところかな?
楽しみに待ちたいと思います。

拍手[2回]

王子と魔女と姫君と 10

王子と魔女と姫君と 10/松月滉
元姫達の昴お見舞い騒動のウラで、彼らを想う女子達の乙女ゴコロが揺れ動く!
一方、昴が本人よりも楽しみにしている仁(めぐみ)の誕生日。
幸せに迎えられるはずだったのに、仁の前に謎の男が現れて…!?
HMC受賞作も収録の第10巻♥


昨日購入した王子と魔女と姫君との最新刊、さっそく読みました。
松月さんもデビュー10周年ですかー。もうそんなになるんですね。


55話から61話までと読切「アイサツのトビラ」が収録されています。

前巻は昴が風邪をひいてしまってお見舞いにいって、ところで終わっていたんでしたか。
今回は、その裏側の話から始まっています。

昴のお友達、春野さんと秋山さんがメインの話からはじまるんですが、2人ともかわいいなー。
暴走しがちな春野さんは雪梨くんの、しっかりしている秋山さんは煤原くんのファン。
なんてことないことでも好きな人に気にかけてもらえたら嬉しいよね、って話でした。
まあそれでも昴に向ける思いは別枠ってことみたいですが。


風邪から復調した昴は、理事長へ確認をとります。
「昴にだけ記憶がないのはフラッシュバックのように蘇った前世の記憶の中で理事長によく似た声で言われた『最後のチャンス』と何か関係があるのか」
「理事長は魔女なのか」と。

それに対する理事長の答えは「実に惜しい 半分アタリで半分ハズレ」。
他にも色々意味深なこといっているんですが、結局どういうことなんでしょう。
読者からすると魔女=仁であろうことは推測できるんですが、じゃあ理事長は一体何なの?ってことなんですよね。
ここまで物語に絡んでいることからして無関係ってことはないんでしょうが、うーん?
やっぱり仁の上司(あるいは師匠)的な存在とかそういうオチなんでしょうか。

個人的には「オズマ姫」押し。
10年以上前に読んだくらいなので細かな点はすっかり忘れてしまっているんですが、オズマ姫って確か少年として育てられたはずなんですよ。
物語のラストで魔法がとかれ、女性としてオズの国の女王として君臨したはず。
理事長がオネエ系なのもそういうことがあったからなのかなーとか理事長登場初期から思っているのですが、どうかな?


そして、後半は仁の誕生日ネタ。
しかしながら、あんまり幸せそうじゃないなぁ、ってのが正直な感想です。

仁が恋に臆病になっている原因。それは父が母を置いて出て行ってしまったからってことのよう。
今回その父親・烏丸偲さんが仁の元へ訪ねてくるんです。
仁は門前払い。色々あって偲さんは昴ののもとへ行くわけです。
2人の会話からすると、どうやら偲さんがが出て行ったのには子どもだった仁と昴には知らされていなかったことがあるようですね。

というか、いきなり血を吐いて倒れられたらびびるどころじゃないですよ。
絶対テンパる。

うーん、仁家の話については次巻あたりでもうちょっと語られるかな。
松月さんの作品ってなんの問題もない平和な家庭って結構少ないんで、ある程度の重い話になるのは覚悟してます。
それでもそれを乗り越えて仁が恋に素直に向かい合えるきっかけにでもなってほしいです。


読切の「アイサツのトビラ」はHMC受賞作とのこと。
私、花ゆめ系の雑誌買ったことないんでよくわからないんですが、多分これ投稿作品のことかな?
2001年に雑誌に掲載されたものってことなんで、さすがに絵がだいぶ違いますね(笑)
ページをめくって思わず「線太っ!」っていってしまいました。
きっとペンがちがうんだろうなぁ。投稿作は丸ペンとかじゃなくてハイテックで書いてたのって松月さんじゃなかったっけ?
大和くんの学校が誉校で、そんなところからリンクしてるのかーとちょっと感心してしまいました。
(誉校は幸福喫茶の一郎くんの学校)


次巻は来年春発売。
隼人先輩と夢路先輩、それと米子さんと遊園地にいったりするようです。
そして雪梨くん元親くんあたりには心境の変化がおとずれる、と。
うーん、予告の1コマだけ見ると雪梨くんがヤンデレに見える……。
少女漫画でヤンデレはないか。ないよね?

次巻も楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR