忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【ノベライズ】サマーウォーズ」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

角川つばさ文庫版 サマーウォーズ

角川つばさ文庫版 サマーウォーズ角川つばさ文庫版 サマーウォーズ/蒔田陽平(原作/細田守)
数学オリンピック日本代表になりそこねた小磯健二は、高校2年の夏休み、あこがれの夏希先輩と長野に来ていた。夏希の曾祖母・陣内栄の90歳の誕生日を親戚一同で祝うのだという。そのころ、ネットの世界では、謎のアバター“ラブマシーン”が大暴れし、現実社会をも巻き込む大騒動へ!!
陣内家の一員・佳主馬(13歳)とともに、健二は、ラブマシーンに立ち向かう!


サマーウォーズ最後のノベライズです。
コミカライズはまだ残ってますけど。
そういや、これでサマーウォーズの小説って3冊目なんですね。カテゴリ作っておきますね。


まずはじめに表紙を見て「なんで佳主馬くんいないんだろう?」と驚いてしまいました。
ブルーレイ版のパッケージと同じものを使っているようなんですが、見比べてみるとわかりますね。
ちょうどそこで切れてしまっているんですね。
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]Blu-ray サマーウォーズ スタンダード・エディション
まあ、佳主馬くんは自分から真ん中に来る子ではないかもしれませんけどね。


物語はほぼ原作というか映画どおり。
地の文での説明があるので、若干キャラの心情がわかりやすくなっています。
だから、聖美さん(佳主馬くんのお母さん)が納戸に電話持ってきたときに驚いていたとか、奈々さんはデキ婚だったとかそういうことはこの小説で始めて知りました。

でも、登場人物が多いことには変わりないのでこちらの小説にも家系図を載せておいてほしかったです。
出きれば顔つきで。映画本編を見てから結構時間がたってしまったからなのか、印象が薄かったからなのか、典子さんの顔とキャラが思い出せなくて。
万作さんとこの3人兄弟の見分けがついていないのは最初からなのでまあ置いといて(笑)
……後日DVDで確認したいと思います。
由美さんと奈々さんはわかるんですけどね。


児童向けレーベルなだけあって、ルビの量は半端ないです。
内容というか文章が、児童が読むにはちょっと難しい言葉を使っているからなのかもしれません。
蒔田陽平さんで検索してみるとわかるのですが、この方ノベライズを多く手掛けている方のようで良くも悪くもノベライズらしい作品でした。
本編をなぞりつつ、心情分析を加えて薄っぺらくなるのを抑えている、と。

オリジナル要素のある角川文庫とはまた違ったおもしろさがあったんじゃないかな、と思います。
もう一度映画が見たくなりました。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

サマーウォーズ

サマーウォーズ (角川文庫)サマーウォーズ/岩井恭平 原作/細田守
小磯健二は、憧れの先輩・篠原夏希に、「4日間だけフィアンセの振りをして!」とアルバイトを頼まれ、長野県の田舎に同行することに。夏希の曾祖母を中心にご親戚に囲まれながらも、大役を果たそうと頑張る健二のもとに、謎の数列が届く。数学が得意なかれは、夢中で答え伊を導き出すが、翌朝世界は一変していた。世界の危機を救うため、健二と夏希、そして親戚一同が立ち上がる! 熱くてやさしい夏の物語。解説・大森望


7月31日ということでサマーウォーズのノベライズです。今回読んだのは角川文庫版。
先日つばさ文庫版も購入したのですが、そっちは後日紹介できたらな、と思います。
いや、別に明日読んでもいいんですけどさすがに同じ作品のノベライズ(しかも映画本編)を続けて読むのはどうなんだろ?とか思うので。

私が映画を見たのが昨年11月末。
クイーンを3月頭に、クライシスを4月末に読んでいるのですがあれは外伝というか主役が佳主馬くんで親戚はあんまり登場してなかったからなぁ。

今回、ノベライズを読むにあたってはじめのうち「え、どれ?」と思うことがままありました。
登場人物紹介というか家系図にのっているのは飼い犬であるハヤテも含めて30人!多い!
しかもこの一族、兄弟には同じ漢字を1文字使うっていうルールがあるらしく、似たような名前が比較的多くて。
正直、万作さん家の三兄弟はまったくといいほど見分けはついてません(爆)


長野県上田にある陣内家を舞台に、電脳空間と現実、両方で起きる事件の話。
事件といっても殺人とかそういうのではなくて、騒動という意味での事件です。
その世界中を巻き込んだ騒動に陣内家の面々がいどむ、という話。

以前、映画本編を見たときに書いた覚えがあるのですが、私、夏希先輩があんまり好きじゃなかったんです。
後輩を利用し長野まで連れて来ているのに、自分が好いている叔父が現れたら放置。
どんだけ美人で性格良くてもさぁ、とか思ってしまうのです。

でも、映画ではあまり深く語られていなかった夏希先輩のバックグラウンドが語られていて、そういうことなら……とちょっと許せるような気になりました。
ぶっちゃけ、映画本編を見ただけではモテるであろう彼女が健二たちを彼氏役に指名したのかわからなかったんですよね。
夏希の彼氏設定を健二に当てはめるのは無理があるのは見た目だけでもわかります。
もう少しオトナっぽい友人とかいるだろーとか思っていたので。

多々見られる改変のうち、「これ変える意味あったの?」と思われる描写がいくつかあってちょっと気になりました。
たとえば、オープニングで流れるOZの初心者用の案内プロモーションに出てくるアバター。
あれ映画だとうさぎだったと思うのです。が、ノベライズだとくま。私の記憶が間違っているのか……。
最後のドイツの男の子はぜったい違いますよね。
映画の感想で書いてますし。映画だとドイツの男の子のアバターは初期値。けど、ノベライズは猫のぬいぐるみ。

栄お婆ちゃんの「これは戦だね」とかの背景が変わっているのとかはまだ気にならなかったんですけどね。
まあ加奈ちゃんの可愛い「かっせん?」がカットされたのはちょっと残念でしたが。

実は影の功労者である佐久間くんの設定がちゃんと描かれていてそれは嬉しかったです。
佐久間くんがあの日本家屋プログラムを作ったんだから、キングカズマと健二だけじゃなく佐久間くんも評価されるべきなんじゃ……とか思っていたんで。


映画本編を見たときも思ったのですが、ハッキングAI「ラブマシーン」。
これってきっとモーニング娘。の「LOVEマシーン」から来てるんだろうな、と。
この話って2010年の話なんです。で、侘助さんが陣内家を飛び出したのは10年前。
LOVEマシーンが発売されたのは1999年秋。
一緒にテレビを見ていて、栄さんが気に入っていたのを覚えていたとかありそう。

そして改めて家系図を見て、理一さんと侘助さんの関係が非常に気になりました。
だって同い年の義理の叔父と甥ですよ。しかも理一さんは本家筋だから一緒の家でくらしていたのでしょうし。
通りで、理侘が多いわけです。

まあ、私はカズケン等健二受派なんですが。


おもしろかったです。
そのうち、コミカライズやつばさ文庫版のノベライズも読んでしまいたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ

サマーウォーズ  クライシス・オブ・OZ (角川スニーカー文庫)サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ/土屋つかさ(原作:細田守)
ネット上の仮想世界OZで、“キングカズマ”として名を馳せる佳主馬は、ちょっとドジなアバター【マキ】と出会う。しかも【マキ】の本体である真紀は佳主馬がいるネットカフェの隣席におり、彼女が兄から預かったデータを狙う男たちに襲われていた! 真紀を助けた佳主馬は、男たちから逃げるうちにそのデータがOZに莫大な被害をもたらすものだと知るのだった。真紀とOZを守るため、佳主馬と“キングカズマ”は戦いに挑む!!


この感想は携帯から書いてます。
携帯とパソコンからでは印象が結構変わるので見づらかったらごめんなさい。

この作品でスピンオフは終わりかな?
残っているのは映画本編のノベライズとコミカライズ。うーん、楽しみ。


時間軸は映画本編の3ヶ月前。
ちょうどGWの話です。

以前紹介したキング・カズマVSクイーン・オズが映画本編の1年前。
そのときに初チャンピオンになって秋、冬とキングの称号を守り3度目の防衛戦に挑もうとしているころ、らしいです。


おもしろかったです。
OZの説明だとかは映画を見ていた方がわかりやすかいと思いますが、映画を見てなくても十分楽しめると思います。
サマーウォーズの世界観ってOZがあってこそだし、いかにしてOZと現実世界を絡ませた事件を起こすかってことに作品の成否がかかっているといっても過言じゃないと思うのです。

そういう点では結構うまくいっているのではないでしょうか。
私は好きです。


途中OZ上でも現実世界でも何度も佳主馬たちを助けることになるバイトのエリアマスター【KK】。
KK =健二だということはどこかの二次創作サイトで見て知っていました。「KK=健二だとわからないまま助けられた」くらいな内容でしたけど。
KK=健二だと気づかせないように、作者も頑張ってましたね。

名前を変えて、ケンジのアバターの最大の特徴であるネズミ耳を帽子で隠し、
リアルではヘルメットで顔と声を隠し、風邪をひいて喉をやられたからと音声チャットを断り……。

それに、佳主馬くんって映画本編でラブマに乗っ取られたあとのケンジしかまともに見てないんですよね。
そういうことがあったからこのニアミスエピソードを入れられたんだろうなぁ。


この話って映画より前だから栄おばあちゃんが普通に生きてるんですよね。
やっぱり栄さんはかっこいいです。

そして理一さん(笑)
途中、ヘリコプターに乗って現れるというなんとも派手なことやってくれるんですが、出ましたよあのセリフ。
「ちょっと、言えないところ」
吹きました。そしてテンションあがりました。
好きだなぁ、このおじさん。


名前こそ出ていませんが、KK(健二)の部活で1番仲のいい友達って間違いなく佐久間くんですよね。
佐久間くんって脇役に甘んじてますけど実は結構すごいんですよね。
社交的だし、頭いいし、手に職持ってるし。
完璧インドア派と思いきや、実はバイクも乗れるんだぜ、と。
すごいなぁ。


ちらりと触れられていましたが、佳主馬は元いじめっ子とはクラスは違うものの同じ中学で、1番仲がいいかもなんて語られてました。

そういうのを読むと「サマーウォーズ2」を見たくなりますね。
以前「2はあえて作らないでほしい」とかいってたんですけど前言撤回させてください。

デジモン02みたいにサマーウォーズも2012年設定でやってくれたらいいのにな、なんて思いました。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR