忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】空知 英秋」の記事一覧

銀魂 7

銀魂 7  どうでもいいことに限ってなかなか忘れない/空知英秋
銀さんが交通事故で記憶喪失に! 新八や神楽、万事屋のことさえも忘却の彼方へ。しかも災難は、さらに続き!? 他にも少年ジャンプを賭けた男と男の壮絶な闘いとか、 宇宙からの大工とか…。何と神楽の○○も登場!!


昨日紹介できなかった1冊です。
今月は本当に漫画ばかりだなぁ。


【第50訓 どうでもいいことに限ってなかなか忘れない】
【第51訓 人生はベルトコンベアのように流れる】
【第52訓 公園は子供たちのものだ】
銀さんが記憶喪失になってしまい、万事屋解散を言い渡してしまう話。

実はジャスタウェイ初登場だったりします。
ここからちょこちょこ小物が登場するようになるジャスタウェイですが、元々は爆弾だったんですよね。
すっかり忘れてました。

近藤さんも巻き込まれて記憶喪失になってます(笑)
それにしても、近藤さんも銀さんも部下にバカ扱いされながらもきちんと慕われてるのがいいですよね。


【第53訓 煩悩は鐘で消えるかァァ 己で制御しろ己で】
銀さんと服部さんがジャンプを巡って勝負する話。

服部さんって実は花子ちゃんの宗教話のときにも登場してるんですが、直接顔を合わせるのはこれが初ですね。
正直、ジャンプ合併号と赤マル(今だとNEXT)を間違えるってなかなかないと思うんですよ。
だって厚みが全然違いますし、メインの表紙絵こそ有名どころ使ってきますが、カットは基本掲載されてる新人さんのものだから全然見覚えのないものばかりなんですね。
オチとしてはありだけど、リアルな話をしてしまうとこの2つを間違えるって……って感じ。


【第54訓 人の名前とか間違えるのは失礼だ】
坂本さんが壊した万事屋を直す手配をしてくれる話。

坂本さんのボケっぷりが本気で酷いんですが、この人って一応社長なんですよね?
陸奥が大変そうだなぁ。

茂吉すげー!ってなると同時にお登勢さんのツッコミに思わず笑ってしまいました。


【第55訓 メニューが多いラーメン屋はたいてい流行ってない】
真選組の追跡から逃げるうちに桂がラーメン屋の未亡人に拾われる話。

この話結構好きです。
幾松さんいい女ですよねー。かっこいいというか。

ぶっちゃけ、桂が人妻好きらしいからCPとしてありだな、とか思いつつも桂の性格からして遠くから時々様子を見る程度が関の山なんだろうなぁ。


【第56訓 冬に食べるアイスもなかなかオツなもんだ】
ボケてしまった元花火職人の旦那が奥さんのために花火をあげる話。

銀魂でよくあるいい話なんですが、ぶっちゃけあんまり好きじゃないなぁ、と。
まあいいんですけど。

冬の花火ってあんまり見たことないんですが、空気が澄んでいるからきれいなんでしょうね。
ぶっちゃけ花火を見るためだけに、氷点下の屋外に長時間立っていたくない派です(爆)


【第57訓 ウイスキーボンボンのボンボンって何?】
【第58訓 子作りは計画的に】
神楽の父・海坊主が江戸にやってくる話。

海坊主はあの装束を脱がないでほしいマジで。
真選組で話してるあたりは雰囲気あっていい感じだったのにフードとったらバーコードハゲにメガネにヒゲって……。

夜兎の血云々の話は、神威の存在をしっている今からすると納得できるんですけどこの時点では微妙な感じ。
最強の傭兵部族って設定ですが、口は悪いけど神楽ってやっぱり優しいいい子だからあまりそういう印象がなかったんですよね。

だけど、地球に密航してきたの神楽ちゃんのもとにせっかく父親が迎えに来てくれたんだから……っていうのもわかるんですよね。

今巻は銀さんに突き放されてうなだれる神楽で終わり。
次巻は神楽ちゃんの進退からですね。
だいたい覚えているのですが楽しみです。

拍手[0回]

銀魂 6

銀魂 6 刀じゃ斬れないものがある/空知英秋
銀時らが沖田に連れていかれた先は地下闘技場・煉獄関。そこでは侍の"殺し合い"による異邦賭博が! その闇組織壊滅を持ち掛けられた銀時だが!? 他にも危険(デンジャラス)なキノコ狩りとか長谷川の災難とか怪しい教祖様とか……!?


面白い小説に出会いたいと思いつつ、残業続きで小説を読む時間が取れなくてモヤモヤしています。
一般的な会社と比べたら残業はかなり少ないとは思うんですが、生活リズムが狂うので残業はいやだなぁ。


【第41訓 そんなに松茸って美味しいもんなのか一度よく考えてみよう】
万事屋メンバーが山にキノコ狩りにいって、キノコに寄生されたクマとそのクマを倒さんとする狩人と出会う話。

正直、この1冊の中でもあんまり好きじゃない話です。
ただ、狩人が最後にしがらみから解放されたのは良かったと思いますが。


【第42訓 夢は拳でつかめ】
【第43訓 男はみんなロマンティスト】
【第44訓 刀じゃ斬れないものがある】
地下闘技場・煉獄関を壊滅させようとする話。

沖田からの依頼なんでしょうが、多分金銭の授与はなさそう。
煉獄関はあらうすじにもある通り、殺し合いを見世物にした賭場でもあるわけです。
それには幕府の上層部も絡んでるらしく、真選組である沖田は下手に手を出すこともできない、と。

そこで看板闘士と関わることになるわけです。
うーん銀魂の世界観だと比較的よくある話なんですが、先生の最期にはすごく物悲しい気持ちになってしまいました。

銀さんが言っていた通り、碌な死に方はしないということは覚悟していたでしょう。
でもなぁ、もうちょっとどうにかなって欲しかったな。

ラスト、真選組の協力もあり煉獄関自体はなくなるわけですが、とかげの尻尾切りとでもいいましょうか。
元締めというか上層部にまで刀は届いていないわけですね。
やっぱりそこまでやるのは難しいんでしょうね。


【第45訓 いい事は連続して起こらないくせに悪い事は連続して起こるもんだ】
近藤さんと松平のとっつぁんが殺し屋に狙われている体で移動する話。

正直、冒頭の結野アナの占いに笑ってしまいました。
この話のアニメを見たことあるんですが、確か「今日死にまーすV」みたいな口調だったと思うんですよね。
脳内でそれで再生されてしまって(笑) ブラックすぎるわ!

色々と散々な目にあう近藤さんですが、結局は松平のとっつぁんが勘ぐりすぎていただけという(笑)
ただ煉獄関の件について釘を刺されるだけだったはずなのに、近藤さんが災難すぎてかわいそうでした。


【第46訓 美味いものほど当たると恐い】
入院した万事屋一行と長谷川さんがナースの恋を応援する話。

恋のお相手は桂かと思われていたんですが、実際はエリー。
はじめて読んだときは本当にびっくりしたなぁ。

けど、エリザベスって奥さんとかいなかったっけ?あれ?


【第47訓 テレビとか新聞とかちゃんと見ないとダメだって】
かぶき町が超巨大Gで蔓延してしまう話。

まあ、ご想像の通り、原因はハタ皇子のペットが逃げ出したわけなんですけどね。
北海道民なんで、Gの恐怖はよくわからないんですが、さすがにメートルありそうなGは嫌です。

あれは気持ち悪い。


【第48訓 すねに傷がある奴ほどよくしゃべる】
【第49訓 一度ウォシュレット使うともうそれ以外のトイレはなんかもうダメ】
お妙さんの同僚の花子ちゃんが新興宗教に騙し取られたお金を取り戻そうとする話。

宗教ってすごいなぁと思う一方で、あんな黒子で運がつかめるとはとうてい思えないのも事実です(笑)

実は痔の忍者 ・服部さん初登場?
頭部隠しちゃってるから顔は不明ですけどね。


おもしろかったです。
おまけとしてプロトタイプ銀魂のキャラ案だとかも載ってるんですが、そっちバージョンもちょっと見てみたいな、と思ってしまいました。

拍手[0回]

銀魂 5

銀魂 5 ベルトコンベアには気を付けろ/空知英秋
真選組屯所に幽霊出現!? その噂を聞きつけ、よこしまな気持ちで現場へ向かった万事屋一行を、背筋も凍る出来事が襲い…!? 他にも海の化け物とか暴走族とか刀狩りとかオカマとか…今回もお江戸の街は賑やかで……。


かなり久しぶりの銀魂です。
前巻を紹介したのが2012年4月!?
まさか1年半も間あくとは……。


【第32訓 海の水がなぜしょっぱいかだと?オメーら都会人が泳ぎながら用足してくからだろーがァァ!!】
長谷川さんと万事屋の面々で海にエイリアン退治にいく話。

前半の銀さんと長谷川さんのダメっぷりがひどい。
こんなんだからマダオよばわりされるんですよ。

神楽が海で泳げない云々は正直忘れてました。
正確には日光に弱いので炎天下の海なんて、って話なんですけどね。

結局、エイリアンに害意はなくてある意味名物となったって話です。


【第33訓 ベルトコンベアには気を付けろ】
【第34訓 コンプレックスがデカイ奴は成す仕事もデカイ】

真選組屯所幽霊があらわれる話。

土方さんの「マヨネーズが足りないんだけどォォ」とか銀さんや沖田の「絆創膏もってきてェェ」はこの話。
セリフ自体は覚えていたけど、いつのものかはすっかり忘れていたのでちょっとびっくりしました。

幽霊の正体は「蚊っぽい天人」。普通に怖いです(笑)
不意打ちとはいえ、沖田と神楽をKOしてるんで実は新八かなり強いんじゃね?

銀さんと土方さんが怖い話ダメだってことが明らかになる話でもありますが、本当にこの2人似たもの同士ですね。


【第35訓 慌てるな!クーリングオフというものがある】
妖刀『星砕』なるものを探す天人が登場する話。

神楽が銀さんの木刀『洞爺湖』を持ち出したことにより天人・玄武族に狙われます。
玄武族のおっさんが『洞爺湖』を『星砕』と勘違いしたのは、神楽が夜兎だからってのも大きいんですよね。
でもまあ、神楽の力を受けても折れないってのはそれはそれですごいんですけど。

というか、銀さんの木刀は通販でいくらなのかが気になりました。


【第36訓 恥ずかしがらずに手を挙げて言え】【第37訓 暴走はもうやめろ】
新八の昔の友人をチームから足抜けさせようとする話。

タカチン登場回です。
長谷川さんに頼まれてコンビニの店番してたらタカチンが万引きしようとしているところに出くわすんです。

正直、新八がタカチンをかばえなかったのは仕方ないんじゃないかなーとか思って読んでました。
お妙さんの言ってることはいいことなんだけど、さすがに「一緒に脱糞」はキツイよ。
それがなければすごいいいんだけどね。

ラストはぐちゃぐちゃになったコンビニを長谷川さんが見て「もうあいつらに頼むのやめる」なんですけど、正直長谷川さんはもっとはやくそれに気づいてもおかしくないと思うんだけどなぁ。

長谷川さんが転落人生を歩むことになった原因って明らかに万事屋に依頼したことなんだから、本来であればその後のかかわりすら絶つレベルだと思うんだけどその辺どうなんでしょうね。


【第38訓 オカマは男のバカさも女のズルさも全部知ってる】
【第39訓 カワイイ顔には必ず何かが隠れてる】
銀さんがかまっ娘倶楽部につっこまれる話。

歌舞伎町四天王の一人にしてマドモアゼル西郷こと西郷特盛の登場回です。えー、オカマのおっさんです。
この人はオネエとか男の娘とか女装家とかそういうちょっといい呼称ではないですね。オカマ。

正直、アゴ美とか西郷さんは見れたもんじゃないんですが、ヅラ子(=桂)はマジ美人。
はじめてみたときびっくりした覚えがあります。
髪がきれいだからとかそういうのもあるんでしょうけど顔だけみたらキレイなお姉さんですね。
パー子(=銀さん)は普通に考えたら結構ひどいんだろうけど、比較対象が酷すぎるので正直普通に見れるという(笑)
ハタ皇子久しぶりに見た気がします。
この人のはた迷惑省みないペット愛はある意味すごいです。


【第40訓 結婚とは勘違いを一生涯し続けることだ】
一線越えてしまったであろう女とともにお父さんに挨拶しにいく話(!?)

さっちゃん登場回です。
今思うとさっちゃんって属性過多すぎじゃないですか?
ドジっ子めがねっ子のくのいちで?
この時点ではまだ明かされていませんが、ドM。
多いわ!

すっかり忘れてましたが、そういやさっちゃんって初回は屋根ぶち抜いて登場したんですね。

この話では銀さんを利用して仕事をこなしているんですけど、銀さんはいつからさっちゃんが嘘をついていると気づいていたんでしょうね。
結構最初からわかってたんじゃないかな?と思うんですけど。


久しぶりに読んだら面白いというのより懐かしいってのが先行してしまいました。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR