忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【コミカライズ】NO.6」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

NO.6 3

NO.6〔ナンバーシックス〕(3) (KCx(ARIA))NO.6 3/木乃ひのき(原作/あさのあつこ)
何があっても、君のそばにいる。
《NO.6》を追われ、ネズミと共に暮らし始めた紫苑。
西ブロックでたくましく生きるイヌカシや力河と出会い、慣れないながらも、この地で懸命に生きようとする。
一方、《NO.6》では沙布が治安局にさらわれていた。
それを知ったネズミは、紫苑にその事実を隠そうとするが……!?
物語はさらに疾走する、第3巻!


ようやく、3巻読みました。結構前に買っていたんですけどね。
というか、地元に普通版しかなくて知らずにこちらを買ってしまいました。
くそー特装版欲しかった。

あ、3冊目なのでカテゴリ新しく作っておきます。
それにしてもカテゴリ多いのでどうにかうまい整理方法ないかなー。


【8 冥府の天使】
【9 美しいものたちは…】
【10 密やかな危険】
【11 果てなる地】



原作の内容的には2、3巻の内容の話が収録されています。

紫苑がイヌカシのもとでイヌ洗いの仕事をはじめたり、火藍のもとに楊眠が、そして都市内部で寄生蜂の被害者が新たに現れ、沙布が矯正施設に収容され、ネズミと紫苑はそれぞれがその事実を知り、動き出そうとします。
原作を何度か読んでいるのですが、ここ最近はご無沙汰していたこともあり、すごいテンションあがってしまいました。


原作の破壊力も半端ないと思っていたのですが、こちらの方がすごいかもしれない(笑)
何度叫んでしまったことか。

ネズミのイヴ姿とか、紫苑の「君に惹かれている」発言、イヌカシとネズミのやりとりなど。
絵だからこそ伝わるものってありますよね。

漫画でこれだけすごいのだから動いたらどうなるのか、と思ったのですが途中から文庫版派に移行した身としては原作最終巻の内容までやっているらしいアニメをまだ見れなくて。
きっとすごいんだろうなぁ。
現在、文庫化が先か漫画化が先かちょっとドキドキしてます。


なんというか、紫苑がたらしっぽい。
老若男女問わずどんどんたらしていっていますよね。
しかもクセのあるやつばっかり。さすが。

イヌカシのお母さんの話は好きです。
西ブロックという劣悪な環境化で、「穏やかに母親の思い出を語る」っていう行為自体あまり出来るものじゃないないのかな、と。
イヌカシの口ぶりからして語ったとしても笑われることが前提なんですよ。
ああいうこと言われたらイヌカシも機嫌良くなりますよね。
昼飯も用意してやりたくなるってもんです(笑)


なんとも状況は緊迫してきましたが、次巻は初夏――7月とかかな?――発売。
楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

NO.6 2

NO.6〔ナンバーシックス〕(2) (KCx ARIA)NO.6 #2/木乃ひのき
ぼくは今まで、いったい何を知っていてたんだ――?
聖都市での全てを捨て、ネズミとともに《NO.6》を脱出した紫苑。
命がけで逃亡した先は、紫苑が初めて目にする壁の向こうの世界・西ブロックだった。
銃の使用すら日常の、暴力。混沌が支配する街で、紫苑はネズミから「俺の敵だ」と宣告されるが…!?
紫苑とネズミ、2人の運命が加速度を増す第2巻!


購入したのは結構前なんですが、紹介が遅くなってしまいました。
これの続編です。


【4 生と死と】
【5 神々の場所】
【6 魔と聖 上】
【7 魔と聖 下】


4話が収録されています。

紫苑は寄生蜂の脅威から生還し、街中に繰り出し、イヌカシや力河と接触します。
その一方、沙布は唯一の肉親であるおばあさまを亡くし、紫苑が矯正施設に収容されたというニュースを目にしてしまうところまで。

もう表紙のネズミにやられました。
すっごい意地悪そう(笑)でもすごいネズミらしい表情ですよね。

紫苑にとって西ブロックの雑踏というのは未知の存在だらけ。
銃も一般の住人は見ないみたいでしたし、怒号だとか、娼婦なんてものも聖都市内では存在してはならないものでしょうしね。
10年分の経験っていうのは本当なんだろうな。

イヌカシが思っていたより可愛らしい。
マイクロロボットを貰って嬉しそうな表情とか本当に可愛いです。
紫苑が役に立つとか立たないとかのやりとりをしているあたりは思わずくすりと笑ってしまいました。
この時点ではまだ紫苑の天然ぶりしか明かされてませんからね。西ブロックで生き抜いてきたイヌカシにとって紫苑の呑気さは信じられないものなんでしょう。
まあもうちょっとすれば、紫苑の冷酷な部分だとかも出てきますけどね。


力河さんの初登場はホントろくでもない親父ですね。
花飛ばしてるネズミにはぶっちゃけドン引きしました。
似合わねー、って感じ。

力河さんと火藍と関わりのあったらしいめがねの男がネズミの名付け親であることが明らかにされ紫苑サイドは終了。


沙布は沙布で精神的にやばそうです。
都市上層部が絡んでいることはないと思いますが、おばあさまが亡くなり、大好きな紫苑は捕まって……。


あとがきがわりの4コマがとてもほのぼのしているだけに次巻予告の沙布が……。
ていうかこのペースで進んだら、文庫より先に漫画版がでてしまいそうですね。
私、途中から文庫で読んでいるんでアニメも見るのやめたぐらいなんですが、大丈夫だろうか?

次巻は来年春。楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

NO.6 #1

NO.6〔ナンバーシックス〕(1) (KC×ARIA)No.6 1/木野ひのき 原作/あさのあつこ
どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう…
人類の叡智を集めた未来都市《NO.6》。
そこで幼い頃から未来を約束されエリートとして育った紫苑は、12歳の誕生日の嵐の夜、「ネズミ」と名乗る傷ついた少年を匿ってから、運命が急旋回。
4年後、紫苑の周りで続々と奇怪な事件が起こり始める。
紫苑とネズミの、あまりにも苛酷な青春が幕を開けた……!


先日紹介したNO.6のコミカライズです。
ARIAという月刊誌で連載されているのですが、地元の本屋では毎月1冊しか置いてないんですよね。なので立ち読みは売れる前に済ませないといけないんですよ。
ちなみに妖アパのコミカライズが掲載されているシリウスは置いてすらいません。シリウス創刊から何年かはあったんですけど、誰も買わなくなったんだろうなぁ……。
まさか立ち読みしたいのに取り寄せてもらうわけにもいかず、まだ妖アパのコミカライズは読めてません。
閑話休題。


【1 びしょぬれネズミ】
【2 生きるための逃走】
【3 無限の恐怖を】

の3話が収録されています。
原作だと1巻3分の2くらいまでですね。単行本だと1巻160ページ3行目まで。

12歳の誕生日にネズミを助け、全ての援助を打ち切られクロノスを去ることになった紫苑。
それから4年後。変死体を発見して、紫苑が逮捕され矯正施設に連れて行かれそうになったところをネズミが助けに来て、西ブロックへ逃亡。
一息ついたところで紫苑の体に異変が起こり、それになんとか勝って……、ってところまで。

紫苑に起きた異常についての原因だとか結果は次話で明かされたんだったかな?

単行本未収録の最新話でようやく2巻の64、5ページくらいまで進みます。
まだイヌカシも出ていません。キスのお姉さんは登場しましたけど。


コミカライズやアニメ化って原作のイメージを壊しかねないからけっこう好き嫌い激しいんですけど、この作品はけっこう好きです。
木野さんの絵柄が可愛らしいものだからなのかもしれません。
ネズミがキレイなのは嬉しいですね。
デザインはアニメ準拠のようですが、正直なところアニメの絵よりコミカライズの方が好きです。

小説のコミカライズ、あるいはアニメ化だとどうしてもカットされてしまうシーンが多くあるのですが、これも結構こまごまとカットされています。
『NO.6』の上層部だと思われる人物たちの会話は全カット。
まあ、それがなくてもしばらくはストーリーに問題はないですからね。
紫苑たちはそんな会話がなされていることなんかはまったくそれを知らないんですから。

でも、個人的に山瀬さんが語っていた「死体の加工」についての話は残して欲しかったなぁ、と思いました。
どれだけ酷い死に顔でも専用の薬品と器具を使うことでまるで楽しい夢を見ているような表情に変わる、ってやつです。

原作1巻を読み返してそれが結構印象に残っていたので。


これから先が非常に楽しみな作品です。
ARIAコミックスはまだ作品数が少ないからなのかもしれませんが、比較的発売が早いっぽいので、これから先ちゃんとチェックしていかなければ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR