忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【海外】その他」の記事一覧

みんなワッフルにのせて

みんなワッフルにのせて/ポリー・ホーヴァート(訳/代田亜香子)
港町に住む少女プリムローズの両親が嵐の日に海で行方不明になり、町の人は死んだと決め込む。それを信じない少女が巻き起こす珍事件を素敵におかしく描いたニューベリー賞オナー賞受賞作。


図書館で借りてきました。
本が好き!さんのユーザ―企画に参加したいからだったりします(笑)


主人公は11歳の少女・プリムローズ。
ある日、コールハーバーを嵐が襲います。その時ちょうど海に出ていた父を探しに母も海へと飛び出します。
二人が帰ってくることを確信しているプリムローズと周りの大人たちの様子を描いた物語。

舞台はカナダのコールハーバー。
時間軸は特段明記されていないと思うのだけれど、病院に集中治療室があったりするのでそれなりに新し年代ではありそう。
でも捕鯨が盛んに行われているような描写もあるので、1970~80年代ぐらいかな?なんとなく。

面白かったです。
作中で何度もプリムローズが投げかける「理由もないのに心の奥のほうでなにかを確信していたこと、ある?」という言葉。

状況から生きて帰ってくることは絶望的だと思われているプリムローズの両親。
プリムローズは両親はどこかで生きていることを確信して帰りを待ち続けるのですが、端から見たらそれは強がりかあるいはヤケにしか見えないんですよね。

哲学者めいた頭のいいような描写がある一方で、どこかぼんやりした様子も多々見受けられるプリムローズは次々と問題に巻き込まれていきます。
まあ、これは頭がいいというか、集中力がすさまじいがゆえの弊害なんじゃないかな?と思いますが。


両親が本当に帰ってくるのか。
おじさんの元に戻ることが出来るのか。
いったいどうなってしまうのだろうか、とワクワクと読み進めることができました。
足の指を失い、指の先っちょまで失っても悲観的にならないプリムローズは本当に強い子です。

プリムローズに何かと絡んでくる学校のカウンセラーでもあるハニーカット先生。
彼女は、職務ゆえにということもあるのでしょうが、おじさんに好意を寄せるがゆえにプリムローズをどこかにやろうとしたりと何かとめんどくさい。
プリムローズがうらやんでいた彼女の旅の経験。普通はそれが経験として生き、自身の世界を広げる役目を果たしてくれるのでしょうが、ハニーカット先生にとってはそれらは血肉になっていない。
それをお母さんはよくわかっていたのでしょうね。だからこそ退屈な人間だと評し、近寄らないようにしていたと。
ラストを見ただけでも先生がつまらない人なのはなんとなくわかる気がします。


章の終わりごとに料理のレシピが掲載されています。
日本人にはなじみの薄い材料が使われていることもあり、正直どんな味になるのか全く想像できません。
でもなんだか読んでいるだけで食べてみたくなるお話でした。

拍手[0回]

ぼくの不思議なダドリーおじさん

ぼくの不思議なダドリーおじさん/バリー・ユアグロー(訳/坂野由紀子)
え、おじさんは魔法使い!?
天真らんまんな少年と風来坊のおじさんの出会いから生まれたおかしなおかしな大冒険


図書館で借りてきました。
本が好き!さんのユーザ―企画に参加しようと思って普段読まない翻訳小説を読んでみました。


物語は、11歳のダンカン少年の家におじさんがやってくるところからはじまります。
ダドリーおじさんは、風来坊で変わり者。
子どもにとっては魅力的な存在かもしれませんが、大人から見たら関わり合いになりたいとは中々思えないような存在です。

ある日、両親が遠く離れた地にすむおばさんの元にいくことになり、おじさんと二人で留守番をすることになります。
そんな留守番の日々の中で起こった不思議でおかしな、そしてワクワクするようなことが描かれています。

シャボン玉で空を飛んだり、ゴブリンを呼び出してみたり、惚れ薬を使ってみたりと様々な魔法を使っていきます。
が、その魔法はどれもこれも失敗ばかり!
おじさんと二人で大騒ぎしています。まあ、楽しそうではありますけどね。

この作品を読んでまず思ったのは、もっと幼いころに読みたかったなということ。
ユーモラスたっぷりなこの作品を楽しむには私はもう大人になりすぎてしまったかな、と。
残念ながら物語の中に入り込みきることができませんでした。

というか、この本って作者紹介によるとヤングアダルト小説ってこと。
地元図書館には、一般、一般文庫、YA、児童、幼児とすべてに翻訳小説コーナーがあるんですけど、この本は一般コーナーに並んでいました。
これ、YAコーナーに置いてあったら多分大人になる前に読めたと思うのでちょっと残念でした。


ダンカン少年を11歳という子どもの無邪気さと大人になりかけの冷静さを併せ持つ年齢に設定したのはうまいなと思います。
ひと夏の終わりにすこし成長した少年の姿はなんだかすがすがしい。

宣言通りにダンカン少年が将来おじさんと同じような魔法使いになるのか、それとも全然違う道に進むにしろ、少年の中にこのひと夏の経験はとても大きなものになったのではないでしょうか。
とはいえ、ダンカン少年の手元にはセニョール・ミヤゲの干し首とゴブリンの女の子、ヘティ・バックルからの手紙がありますからおじさんと同じ道に進む可能性の方が強いのかな?

普段読まない翻訳小説でしたがたまにはこういうのもいいですね。
今まで出入りしていなかった翻訳小説コーナーもこれからたびたび行ってみようと思います。

拍手[0回]

ぼくが死んだ日

ぼくが死んだ日/キャンデス・フレミング
「ねえ、わたしの話を聞いて……」偶然車に乗せた少女に導かれてマイクが足を踏み入れたのは、子どもだけが葬られている、忘れられた墓地。怯えるマイクの周辺に現れた子どもたちが、彼らの最期の物語を次々と語り始めた。廃病院に写真を撮りにいった少年が最後に見たものは。出来のいい姉に悪魔の鏡を覗くよう仕向けた妹の運命は。ノスタルジー漂うゴーストストーリーの傑作。


本が好き!さんを通じて東京創元社さんからご恵贈いただきました。
(本が好き!さんについてはこちら)
本当、よく当たるので実はもう1冊到着済みだったりします(笑)


【マイク】
【ジーナ】1949-1964
【ジョニー】1920-1936
【スコット】1995-2012
【デイヴィッド】1877-1893
【エヴリン】1877-1897
【リリー】1982-1999
【リッチ】1965-1981
【エドガー】1853-1870
【トレイシー】1959-1974

10篇が収録されています。
章タイトルの後ろは彼らの生没年です。

キャロルアンと名乗るずぶぬれの少女に導かれ、マイク少年が忘れられた墓地を訪れるところから始まります。
墓地で眠る少年少女たちが語る最期の物語をマイクは聞き遂げます。

面白かったです。
幽霊がたくさん登場するのですが、幽霊よりも彼らの死の原因となった存在たちの方が怖いです。
どこか不気味で哀愁ただよう一晩の物語です。
タイトルがタイトルなので、もしかして最後マイク少年は死んでしまうんじゃ……とか思っていたのですが、そうはならなくて良かったのか悪かったのか。

ちょっと不思議なのは、マイクを導いたキャロルアンの生没年が1941-1956年なんですね。 そこから56年の年月が経っている――つまりマイクが墓を訪れたのは2012年の10月のことだとうのがわかります。
廃病院で亡くなったスコットの没年が2012年なんですね。高校最後の展覧会がどうのと語っているので夏ぐらいまでにはなくなっているのだろうなということが推測できます。
たかだが数か月でそこまで荒れ果てるかな?荒れ果てた墓に自分の子どもを埋葬するかな?なんてことを考えてしまいました。
スコットだけ没年が若いので何か裏があるのだろうか……と。
もしかしたら何か意味があるのかも知りませんが、私にはわかりませんでした。

そして、死にかけた人間を導き、幽霊たちの話を聞かせることを何年も続けているキャロルアン。
最期を語った幽霊たちは順番にこの世を去っているようですが、彼女だけは違うよう。
いつか彼女も天へのぼることができるのでしょうか。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR