忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【海外】その他」の記事一覧

ミッドナイト・アサシン アメリカ犯罪史上初の未解決連続殺人事件

ミッドナイト・アサシン アメリカ犯罪史上初の未解決連続殺人(シリアルキラー)事件/スキップ・ホランズワース(訳/松田和也)
19世紀、希望と活力に満ち溢れた発展途上のテキサス州オースティンの街で、連続殺人事件が起きた。当初狙われていたのは、黒人や移民の女中たちだった。その犯行は大 胆で残虐、ターゲットだけを確実に仕留めた。だが、顔を見た目撃者は皆無で、黒人なのか白人なのかも不明だった。犯人はいった何者なのか? その儀式的な殺人行為に意味はあるの か? 何人もの容疑者が拘束されたが、殺人がやむことはなかった。誤認逮捕を恐れた黒人は街から逃げだし、女性たちは怯え、武装する市民たちも現れた。市長や警察官は業を煮やし た――やがて、白人女性にまで犯行が及ぶと、市民のパニックと恐怖は頂点に達する。果たしてこの街の運命は――?


本が好き!さんを通じて出版社さんからご恵贈いただきました。
普段ノンフィクションなんて読まないので新鮮でした。


舞台は1880年代。開拓が進んだものの、まだ西部の片田舎であったオースティンが大きく発展しようとしている時でした。

そんな街で起きたいくつかの事件についてこの作品では詳しく書かれています。
当時はまだ科学捜査なんてものは全くなかったそうですし、それどころかシリアルキラーやサイコパスといった存在も認識されていなかったのだとか。
殺人が起きたとしても、それは物取りや怨恨、喧嘩の際に勢い余ってなどの比較的わかりやすい動機のものしかなく、だれか彼か目撃者がいた、ためすぐに犯人を捕まえることができた のだとか。

それゆえに、この事件ははじめから暗礁に乗り上げてしまいます。
目撃者はいても犯人の姿かたちをきちんととらえているものはいない、動機があるような容疑者にはアリバイがあり犯行が不可能。

はじめ襲われたのは黒人の女中でした。 そこから黒人の少女、さらには白人の女性(しかも上流階級の妻)へと犯行は徐々に過激さを増していきます。
はじめは襲われただけだったのに、惨殺といっていいような殺され方をするようになるのですからそれだけでも恐ろしい。

それだけ恐ろしい殺人鬼でしたが、今の世ではほとんど知られていません。
ほぼ同時期に発生し、オースティンの殺人鬼が移動したのでは?といわれたロンドンの切り裂きジャックが今の世でも広く知られ創作の道具になっているのにも関わらず、です。

オースティンの殺人鬼――ミッドナイト・アサシンの噂が人の口にあがらなかったのは、何故なのだろうかとちょっと考えてしまいました。

素人考えなのですが、ただただ誰が殺されるかわからなかったからではないかと思いました。
「噂をすれば影がさす」とでもいいましょうか。
切り裂きジャックの被害者は娼婦に限られていたのに対して、ミッドナイト・アサシンの被害者たちの共通点は女性であることぐらいしかありません。
(黒人男性も死亡していますが、これは力加減を誤ったがゆえの死亡のようなので除外します)

いつ自分が、自分の家族が殺されるかわからない。
そんな状況で自ら悪魔を呼び込みたくはなかったのではなかったのかな、なんて思ってしまいました。

普段フィクションばかり読んでる人間からすると、犯人の正体が最後まで不明というのは少しもやっとしたものが残るのですが、こればっかりは仕方ないですね。

たまにはこういうものを読むのも面白いですね。

拍手[0回]

怪物はささやく

怪物はささやく/パトリック・ネス(原案/シヴォーン・ダウド 訳/池田真紀子)
ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現れた――
それはイチイの木の姿をしていた。

「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語を私に話すのだ。おまえはかならず話す……そのためにこのわたしを読んだのだから」

嘘と真実を同時に信じた少年は、なぜ怪物に物語を話さなければならなかったのか……


図書館で借りてきました。
本が好き!さんで文庫版が献本にあがっていて気になっていた作品です。
献本では外れてしまったのですが、読めて良かった。


物語は悪夢に悩まされる13歳の少年コナー・オマリーが主人公。
コナーの両親は離婚しており、母と二人暮らし。母は重い病に苛まれており、それゆえに学校でも腫物に触るような扱いを受けていました。

そんなコナーのもとに怪物がやってくるところから物語が始まります。

イチイの木の怪物は3つの物語を語り4つめの物語をコナーに語るように、と言ってくるのです。
コナーは現実と夢のはざまをさまよいながら怪物の話を聞くことになります。


怪物が語るのは『魔女の王女と王子の話』『アポセカリー(薬剤師)と司祭の話』『だれからも見えない男の話』の3つ。 どの話もハッピーエンドではありません。バッドエンドというのも語弊を招きますがなんというか、結末はどれも後味がいいものではありません。

それでもコナーにとってなければならない物語だったのでしょう。

正直、コナーが悩まされる悪夢の正体は途中からなんとなく想像ができていました。
彼がそれほどまでに恐怖を抱く存在は何かと考えればそれ以外ないだろうな、と。
それゆえに、彼のもとに現れた怪物は本当に怪物だったのだろうか、と首をかしげてしまいました。
確かに異形の姿をした人外の存在という意味では怪物でしょう。
ですが、それが恐怖を抱く存在かといえばそれはまた別の話のような気がしてなりませんでした。
少なくともコナーにとって、怪物の存在は覚悟を決めるための布石とでもいいましょうか。一種の救いでもあったのでしょうから。
実はこの話、原案のシヴォーン・ダウドは亡くなっています。
彼女が残したキャラクター、物語の舞台、導入部。それにパトリック・ネスが肉付けして1冊の本として世に出されたのだとか。
これはこれで面白かったのですが、シヴォーン・ダウドが最後まで描いたらいったいどんな話になったのかも気になりました。

この本、随所にジム・ケイによるイラストが散りばめられています。 いや、モノクロのイラストは不気味さをあおって雰囲気は出ていたのですけど、正直ちょっと見づらいと思ったのは私だけでしょうか。

拍手[0回]

みんなワッフルにのせて

みんなワッフルにのせて/ポリー・ホーヴァート(訳/代田亜香子)
港町に住む少女プリムローズの両親が嵐の日に海で行方不明になり、町の人は死んだと決め込む。それを信じない少女が巻き起こす珍事件を素敵におかしく描いたニューベリー賞オナー賞受賞作。


図書館で借りてきました。
本が好き!さんのユーザ―企画に参加したいからだったりします(笑)


主人公は11歳の少女・プリムローズ。
ある日、コールハーバーを嵐が襲います。その時ちょうど海に出ていた父を探しに母も海へと飛び出します。
二人が帰ってくることを確信しているプリムローズと周りの大人たちの様子を描いた物語。

舞台はカナダのコールハーバー。
時間軸は特段明記されていないと思うのだけれど、病院に集中治療室があったりするのでそれなりに新し年代ではありそう。
でも捕鯨が盛んに行われているような描写もあるので、1970~80年代ぐらいかな?なんとなく。

面白かったです。
作中で何度もプリムローズが投げかける「理由もないのに心の奥のほうでなにかを確信していたこと、ある?」という言葉。

状況から生きて帰ってくることは絶望的だと思われているプリムローズの両親。
プリムローズは両親はどこかで生きていることを確信して帰りを待ち続けるのですが、端から見たらそれは強がりかあるいはヤケにしか見えないんですよね。

哲学者めいた頭のいいような描写がある一方で、どこかぼんやりした様子も多々見受けられるプリムローズは次々と問題に巻き込まれていきます。
まあ、これは頭がいいというか、集中力がすさまじいがゆえの弊害なんじゃないかな?と思いますが。


両親が本当に帰ってくるのか。
おじさんの元に戻ることが出来るのか。
いったいどうなってしまうのだろうか、とワクワクと読み進めることができました。
足の指を失い、指の先っちょまで失っても悲観的にならないプリムローズは本当に強い子です。

プリムローズに何かと絡んでくる学校のカウンセラーでもあるハニーカット先生。
彼女は、職務ゆえにということもあるのでしょうが、おじさんに好意を寄せるがゆえにプリムローズをどこかにやろうとしたりと何かとめんどくさい。
プリムローズがうらやんでいた彼女の旅の経験。普通はそれが経験として生き、自身の世界を広げる役目を果たしてくれるのでしょうが、ハニーカット先生にとってはそれらは血肉になっていない。
それをお母さんはよくわかっていたのでしょうね。だからこそ退屈な人間だと評し、近寄らないようにしていたと。
ラストを見ただけでも先生がつまらない人なのはなんとなくわかる気がします。


章の終わりごとに料理のレシピが掲載されています。
日本人にはなじみの薄い材料が使われていることもあり、正直どんな味になるのか全く想像できません。
でもなんだか読んでいるだけで食べてみたくなるお話でした。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR