忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】畑 健二郎」の記事一覧

ハヤテのごとく! 21

ハヤテのごとく! 21/畑健二郎
バカンスといえば白い砂浜。エーゲ海といえばエメラルドグリーン。
ここまで来たからには、やっぱりビーチに繰り出したい!ところで…
ビーチバレーって、どんなルールだっけ?


何読もうか迷ってこれにしましたが、もっと別なものにすべきだったなぁ、と思います。
本当に何を読もうか悩みます。


【第1話 絆の石】
【第2話 イノベイターではない僕らの心はお互いうまく伝わらない】
【第3話 トラブルは忘れた頃にやってくる】
【第4話 ビーチに来たからにはやる事がある】
【第5話 恋は人をおかしな方向に走らせる。後で死にたくなる】
【第6話 勝つことと幸せはイコールで結ばれない】
【第7話 女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事】
【第8話 それでも僕はやってないはず】
【第9話 女の子という生き物は普通に強い】
【第10話 夕日で重なる影のように】
【第11話 思い出は時を超えて】

が収録されています。

前巻に引き続き、ゴールデンウイークの旅行編です。
舞台はミコノスですね。

今回はものすごく久しぶりな気がする三千院帝(ナギの祖父)が登場していますね。
そして、すっかり忘れていた三千院家の遺産についてのあれこれの話が出ています。
(ギルバートとかも登場してますが、ぶっちゃけお前はどうでもいい)

「ナギの執事であるハヤテを倒せば遺産相続の権利が与えられる」というものだったのですが、倒すって具体的にどうすれば?という話が説明されています。

ハヤテの持つ王玉(以前貰っていたペンダント)を壊すか奪えばいいと。
奪った場合は、24時間以内にハヤテがとり返すことが出来ればセーフらしいです。

……王玉って結局何なのでしょうね。
今まで確認されている王玉はいくつかあるんですが、愛歌さんと伊澄さんの会話を見る限りだとあまりいいものではなさそう。
ですが、ワタルくんが母・美琴から貰った(預かった?)王玉は『三人だけの秘密の石、絆の石』と称され『道導』だと言われています。

うーん?この三人って誰のことなんでしょう。
一瞬、美琴、ワタル、サキさんの三人かと思ったんですが、サキさんが「私に言っちゃって良かったんですか」とのことなので違うと。
美琴、紫子、初穂の幼馴染み三人のことかな?と思うんですが、どうかな。


今巻本当にお久しぶりのキャラクターが多くて、シスターも再登場しています。
シスターはハヤテの王玉を狙ってくるんですが、その動機に「そういえばそんな設定あったな」と(笑)
シスターってワタルくんに惚れているんですよね。
で、ワタルくんのために三千院家の遺産を手に入れて(あるいは遺産を狙うものに王玉を売りとばそうとした)ワタルくんに貢ごうとしていたみたいです。

でもなぁ、ワタルくんはそういうお金は受け取らないと思うんですよ。
好意だけ受け取ってきっぱりお金は断って、あとでちょっとだけ後悔するんだけど、それでもやっぱり自分の力で頑張っていくイメージです。


ハヤテの行動を見てるとギャルゲの好感度上げイベントみたいな状況になってますね。
攻略キャラはヒナギク、西沢さん、ナギ、マリアさんといいんちょさんってところでしょうか。
愛歌さんは、お助けキャラって感じ(笑)


作中で登場する謎の少女(まあ続き読んでるんで知ってるんですけどね)の存在にワクワクしながら読み終わってしまいました。
次巻もまたミコノス編が続きそうです。

拍手[0回]

ハヤテのごとく! 20

ハヤテのごとく! 20/畑健二郎
さまざまな文明が誕生し、数多の神さまが棲むところ。
それは、お嬢さまが母と暮らした思い出の地――
エーゲ海へ!執事初めての海外旅行!!


ちょっと久しぶりのハヤテです。
前巻の紹介したのは5月のことだったんですね。


【第1回 回るルーレットに必勝法はない。回らないならある】
【第2回 博打は打たないと色々大変】
【第3回 限定グッズは作る方も実は大変】
【第4回 それはキスの記憶】
【第5回 RADICAL DREAMERS:REAL side】
【第6回 あの星に願うように、祈るように】
【第7回 トライアングラーをさらに倍プッシュだ】
【第8回 神話への扉】
【第9回 ミコノス迷宮組曲】
【第10回 迷宮の封印】
【第11回 恋愛迷宮】

が収録されています。
前巻に引き続き、ゴールデンウイークの旅行編。
ハヤテサイドは4巻ですでに描かれていることもあり、ほぼ女性陣にスポットがあてられています。

西沢さんとヒナギクの片思い組は可愛いなぁ、とか。
いいんちょさんって実は意外とハヤテとの絡みが多いからネタにされるのも致し方ないんだろうなぁとか。

色々思うところはあるんですが、ワタルくんの母親・美琴の言い分がひどくて。
悲しいな、と。
この作品って若干百合臭のする組み合わせがときどきあるんですが、この美琴はナギの母親・紫子への執着がひどかったよう。
紫子が結婚し、「私も負けないくらい幸せだって言いたくて」結婚して子供を産んだとのこと。
ぶっちゃけ、対抗意識というより、悲しさ寂しさを紛らわせるための結婚だったんじゃないかな?と今回読んでいて思いました。

いくら何でも息子の前でそれを言って、それでもなお自分と共にいることを誘うというのですから本当にひどい。
ワタルくんの隣にサキさんがいたことはとても幸せなことだったのでしょうね。
だからこそ、ワタルくんはああもいい男になれたのでしょう。


ミコノスの屋敷の地下にある謎の石版。
地下の存在は覚えていましたが、石版については今回読み直すまですっかり忘れていました。
王族の庭城(ロイヤル・ガーデン)を開くためのヒントらしきものが描かれているようです。
ぶっちゃけ、ロイヤル・ガーデンについてはあまり理解してないんですが、伊澄の様子だとかハヤテの過去なんかを思えばいいものではないんでしょうね……。

続きはどんな内容だったか覚えてないのですが、そろそろアーたん登場かな?
今回ほど時間をあけずに紹介したいです。

拍手[0回]

ハヤテのごとく! 19

ハヤテのご とく! 19/畑健二郎
爽やかな風に誘われて、お嬢さますらお出かけしたくなる季節。
思い思いに三々五々に、世界中へと旅立ちます。
ゴールデンウイークはやっぱ海外!!


ここ数日紹介したくてもなかなか出来なかった漫画はこれでした。
この1冊読むのに、3日かかるってなんなの。


【第1話 切なさ炸裂アドベンチャー】
【第2話 朝早く起きるとちょっと自分がエラくなったような気がする…という気のせい】
【第3話 最強の矛と盾は相いれないようにできている】
【第4話 期待通りに行く事などない!! ないのだ!! それは妄想だ!!】
【第5話 重力に魂は引かれても成田から人は飛べる】
【第6話 なんだかんだ言っても人間は愛するよりも愛されたいのだ!】
【第7話 おフロ場はラブコメでは戦場。油断すると死ぬ】
【第8話 博打はしない方が儲かる】
【第9話 カゼ引いた… ノド痛い…】
【第10話 『ところがどっこい夢じゃありませーん!!』とかは言わない】
【第11話 フリーダムな奴は強い。理不尽に強い】

が収録されています。

時間軸的にゴールデンウイークちょっと前からゴールデンウイーク中の出来事ですね。
お嬢さまたちが多いからなのか、あらすじにもありますがだいたいみんな海外旅行へ出かけてます。
といってもハヤテやナギはまだ日本にいますけど。

一応、ワタルくんとサキさん、咲夜さんはラスベガスに。
西沢さん、ヒナギクと生徒会三人娘はトルコ→アテネ。
文ちゃんとファルナちゃんイスタンブールからシルクロードを通ってインドへ。
雪路と薫先生は、イタリア?へと向かいます。

ナギたちの行動はちょっと遅いので次巻でミコノスへ向かうようです。


1話は花菱さんとハヤテというあまり見ない組み合わせで行動するわけですが、結局百合なのか、と。
まあ、そこの矢印は表紙見てもわかりますよね。さすがにちっさいですけど。

あとはそうですね。
ちょっと気になったんですが、泉の執事は虎鉄ですよね?
あの人、ハヤテに求愛してるか、鉄オタしてるかしか見たことないような気がします。
瀬川家編では執事として(というより兄として)行動してましたが、それ以外で執事として働いているところ見たことないような?
まあ、虎鉄だしいっか。


正直、ワタルくんのお母さんが怖いです。
任天堂の株がどうこうってのは、この漫画の作中時間がしっかりしてるがゆえに、現実と作品内での時間がずれたからできたことですね。
そこはまあ、メタネタみたいなものとして流してしまっていいんですが、なんというかワタルくんの頑張りやサキさんとの絆を全否定してるような……。
この辺あまり覚えていないんでちょっとどうなるか楽しみです。

次巻からミコノス編突入です。
なんとなく覚えているようないないような感じなのでまた近いうちに読んでしまいたいと思います。

拍手[1回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR