忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】柴田 よしき」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

猫探偵 正太郎の冒険1 猫は密室でジャンプする

猫は密室でジャンプする (光文社文庫)猫探偵 正太郎の冒険1 猫は密 室でジャンプする/柴田よしき
 名前・正太郎(雄猫)、毛色・八割黒に二割白(長めの毛足)、飼い主・桜川ひとみ(ミステリー作家)、住まい・琵琶湖近郊、友“犬”・サスケ(チャウチャウ系の雑種)、特技・推理 ――。
 飼い主を“同居人”と呼び、明快な推理で事件を解決してしまう正太郎。謎解きには、こだわりや、仕掛け、いたずらが満載。
 猫好き、ミステリー好き絶対満足。猫探偵の六つの事件簿!


かなり久しぶりの柴田よしきさんの作品です。
いつぶりだろう?
このブログをはじめた初期のころに2冊読んで以来かな。私柴田さんの作品、この正太郎シリーズしか持っていないのですが、最近新作が出てないですよね。
エピソード的にはまだ語られていないものがあったと思うので、そのうち発売してくれないかなー。

この短編集は今までのシリーズ同様、正太郎視点で事件の真相を暴いていく話と、人間側からみた飼い主・桜川ひとみ先生とその愛猫・正太郎の話が交互に収録されています。


『愛するSへの鎮魂歌(レクイエム)』
桜川先生のストーカーの話。

まずは人間側からみた話です。とあるアンソロジーに収録された同居人こと桜川先生の短編を自分に向けられたメッセージであると勘違いした男が、犯罪をおかしつつ近づいていく話。

今までの作品とかなり毛色の違う作品です。
サスペンス?といえばいいのかな。とにかくミステリではないです。

最後のオチは結構好きでした。


『正太郎とグルメな午後の事件』
京都のジャンクフードを食べ歩きつつ対談するという企画の最中におこった事件の話。

おやじさんこと同居人の同業者であり、正太郎の育ての親でもある浅間寺先生も登場します。
正太郎やサスケの言葉を理解するおやじさんはとっても好きです。

正太郎が「情報が少ない分、推理の幅は広がるんだ」と言っているんですが、それは推理とは言わないんじゃないのかなーとか思ってみたり。
確信を持てるまで秘するタイプの探偵がなんかそんなこと言ってた気がします。誰だったか忘れてしまいましたけど。

猫たちの会話の概念が説明されていてちょっと面白かったです。
ポメラニアンって確かにキャンキャンうるさいイメージがありますね。可愛いですけど。

ポメラニアンくんが助かってよかったです。


『光る爪』
不倫相手の飼う猫を見に行った女性の話。

次は人間視点の話です。
『光る爪』は比喩ではなく、ラメ入りマニキュアを塗られたために『光る』。
猫の爪がポロリと取れてしまうってのは知りませんでした。
猫を飼ったことがないので、「へぇ~」と感心してました。

猫に対する屈折した憧憬が少し怖いな、と感じました。


『正太郎と花柄死紋の冒険』
マンションの花壇で死んでいた猫の話。

猫が遺した『ダイイングメッセージ』。
一瞬「は?」となったのですが、この作品の世界観ならおかしいことではないんですよね。
シリーズ1作目でも2作目でも猫たちは文字を用いて人間たちにさまざまなことを知らせようとしていました。
ならば、飼い猫が飼い主に何かを伝えようとダイイングメッセージを残してもおかしくないかも?とまで考えてしまいました。

実際は違ったんですけどね。
同居人はうすうす正太郎の能力について感づき始めているよう。
おやじさんのように全てを理解することは出来なくても、大事なときに通じ合えればいいんじゃないかな。

全てを理解している少女が、なんかいいな、と思いました。
彼女が大きくなったときとても素敵な女性になるんじゃないかな。


『ジングルベル』
クリスマスイブを一人で過ごしたくない女の話。

読んでいて悲しくなってくるというか、クリスマスってそこまでしなきゃいけないものなのかな?と疑問。
まあ、そこらへんは個人の考えというか、物語ですからね。

最後、女性の涙にすごく悲しくなりました。


『正太郎と田舎の事件』
密室殺人モノを書かなければならない同居人が、おやじさんと密室モノ書きの推理作家の実家に遊びに行く話。

タイトルである『猫は密室でジャンプする』はこの作品で行われています。
タイトル通り、密室殺人です。

おやじさんは登場するのですが、この作品にサスケは登場しません。
それがちょっと残念。

かわりに別の猫が登場するんですが、この田舎というのが、猫にとっての楽園とでもいうべきところなんですよ。
そこで起きた事件はけっこうドロドロしています。

最後、デレた正太郎(なんか違うかな)が可愛くて好きです。
こういうシメ方は読後感が一気に良くなるからいいよなぁ、と。



おもしろかったですが、やっぱり私は正太郎視点の話の方が好きでした。
このシリーズあと3冊くらいあるんだったかな?

今度は今回ほど間をあける前に読んでしまいたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

消える密室の殺人 猫探偵正太郎上京

消える密室の殺人―猫探偵正太郎上京 (角川文庫)消える密室の殺人―猫探偵正太郎上京/柴田よしき
何も聞いてないよ――。またしても同居人の突発的な旅行につき合わされることになったオレ。今度は東京だ。嫌な予感がしていたのだ。上京したオレを待っていたのは猫、猫、猫。そしてやはり、死体。しかも人間の死体とともに、友だちになったばかりのアビシニアン、デビットも死体で発見される。殺人? 自殺? そんなことには興味ないが、殺「猫」犯は見つけださなきゃならない。しかし、密室で誰が、どうやって人間と猫を殺せたのか。オレは他の猫たちと犯人を追い詰める。本格ミステリーシリーズ第2段!


近所の本屋では小説は作者ごとに並んでいるのですが、作者が女性なら赤、男性なら青の見出しがついてるんです。
で、この柴田よしきさんは女性。
……なんですけど、青の見出しなんですよね。多分名前だけみて間違ってるんでしょうけど、なんか嫌だなあと思います。
それでもわざわざ指摘しようとは思えないんでかなり長いことそのままになってます。誰か気づく人いないのかな。


今回は桜川先生がいきなり上京するところから始まります。
理由はあんまり重要じゃないですね。
桜川先生の大学時代の知り合いが雑誌のインタビューで当てこすりというか喧嘩を売ってきたというか。
それにぶちぎれた、ってのが理由。

まあ、ぶちぎれて急に上京したものですから、正太郎と一緒に泊まれる宿がなく、正太郎は出版社のプレハブ小屋に泊まる事に。
小屋では猫たちの撮影が行われていてちょうど良かったんですね。

その夜、殺人が起こり……ってのがあらすじです。


タクローが可愛い。
赤虎の若い雄なんですが、若干ツンデレっぽい。
はじめは正太郎を威嚇していたんですけど、最後には「……男の親友が欲しいんだ」ですからね。

タクローはこの巻に登場して以来、出てこなかったんじゃなかったかな。
また出てこないのかなーと思っているんですが、ここ最近このシリーズ発売されてないんですよね。
エピソード的にはまだあるはずなんですけど。どうなってるんだろ?


正太郎が桜川先生と意思疎通をはかろうとするところが楽しかったです。

いかにして、事件現場に行くのか。
猫の不思議な力がすごくて、でもちょっと悲しくて。
モッくんも好きだな。ほんとにちょっとしか出てないんですけど。

前巻では浅間寺の親父さんがいたから、意思疎通にはそこまで困らなかったのですが、今回は親父さんいないですからね。
桜川先生は正太郎との意思疎通出来てないですからね。
でも1番大事なところでは同じことを考えているんですから、普段意思疎通が出来なくてもいいんでしょうね。

和泉くんに関してはあえて触れないほうがいいかな?と思うので触れません。
彼らの感情はここから先明らかにされることはないでしょうから。
とりあえす、作者のデビュー作を考えみるにそういうことに寛容なんだろうな、程度です。
まあ、デビュー作読んだことないんですけど。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場―

ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場 (角川文庫)ゆきの山荘の惨劇/柴田よしき
オレの同居人、作家の桜川ひとみは、山奥の「柚木野山荘」で開かれる結婚式に招待された。
そして、無理矢理連れてこられたオレ(しかも一服盛られて!)。
山荘で待っていたのは幼なじみのサスケと美描トマシーナとの出会い、しかしそれだけではなかった。
オレは次第に怪しげな雰囲気に飲み込まれていく。
新郎・白石へ脅迫状が舞い込み、土砂崩れで山荘は孤立、そしてとうとう最初の犠牲者が……。
毒死、転落死、相次ぐ死は事故か殺人か?
猫探偵正太郎が活躍するシリーズ第一弾。
本格ミステリー!


昨日“雪の山荘”のことを書いていたら読みたくなった作品です。
名前からしてそれっぽいでしょう?


この小説に初めてであったのは、高校生のときのこと。
当時図書館に通いつめていたのですが、そんなときふと手にとったのです。

そのとき手にしたのはノベルス版の改題前のものです。

柚木野山荘の惨劇 (カドカワ・エンタテインメント)

『柚木野山荘』という響きに心躍らせ冒頭ページに目を走らせました。

少し違和感を覚えつつページをめくって驚きました。
だって、主人公が猫だったんですよ。


猫――正太郎が小難しいこと考えて、飼い主を“同居人”と呼び、仲間たちとあーでもないと推理を繰り広げるのです。
楽しいったらないです。

もちろん、人間たちも推理するのですが人間たちがたどり着くのは不完全な推理であって本当の真相は猫しか知らないってのもおもしろい。

登場する人間は推理小説家である同居人とその知り合いである作家や編集者たち。

事件の結末としてはなんとも悲しいものだったりはします。
ですが、全体的にさくっと読めますし、癒されます。
事件自体は惨劇といっていいほどのものなのですが、読後感はけして悪くありません。

多分、主猫公である正太郎がケセラセラの精神であまり事件を暗く捉えていないからなんでしょう。
作中で述べてたとおり「同居人以外が死んでも気にしない」からでもあるんでしょう。

ちょっと冷たいかもしれませんが、それは正太郎が猫であり、人間ではないから。
だからこその言葉であり、「ああそうなんだ」と素直に納得できてしまうだろうと思います。

 

このシリーズここ最近発売されてないんですが、語られていないものの作中で仄めかされているエピソードがいくつかあったはず。
読みたいんですけど、発売されないんでしょうかね。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR