忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】上月 司」の記事一覧

れでぃ×ばと! 13

れでぃ×ばと!〈13〉 (電撃文庫)れでぃ×ばと! 13/上月司
 一月の従育科試験で、秋晴に想いを伝え、告白をしたセルニア。
 それを知った朋美は、秋晴に対する自分の気持ちをごまかさずに認め、そしてバレンタインデー当日、秋晴にこう伝える。
「わたしと――お付き合い、してくれませんか?」
 同じ時期。秋晴との仲がギクシャクしていた大地薫は、秋晴から勝負を持ちかけられる。
『勝ったほうは、相手の言うことをなんでもきく』という条件の下、これを契機と考えた大地は、ついに決意する。秋晴に自分の本当の姿と気持ちを伝えようと。その勝負の舞台は、白麗綾高等部一年従育科進級試験だった。
 さらに同じ時期。秋晴も、決心していた。この進級試験を無事合格したあとに、朋美とセルニアから受けた告白に対する返事を出すと。果たして彼の選択の行方は――?


れでぃ×ばと!最終巻です。13巻続いた物語もこれで終わりですね。
それにしても一瞬普通っぽく見える表紙ですが、よく見ると……。
そして、相変わらず口絵が危なすぎる!めちゃくちゃ恥ずかしかったです。


【第31話】
【第32話】
【最終話】
【エピローグ】

が収録されています。


前巻の終わりでセルニアに告白された秋晴でしたが、今回もまた波乱が続きます。

それというのも、さらに朋美にも告白されてしまうんです。
しかも、教室でキスつきという秋晴だけじゃなく周りまでびっくりしてしまうもの。
読んでいるこっちも叫んでしまいました。
朋美さん、すごいです。

さらには、あらすじにあるとおり同室の男装少女・大地との関係もギクシャクしてしまって。

秋晴が鈍感であることはわかっていましたが、女の子たちがちょっと可哀相になってしまいました。
特に四季鏡とか。まあ、秋晴がそう思ってしまうのもわからなくもないんですけどね。


ぐるぐる悩む秋晴でしたが、今年度最後の従育科試験が行われます。
今回は今までのようにパートナーがいてというものではないんですが、結果如何では進級不可――留年は認められないので実質、退学――という厳しいもの。

試験自体は、やっぱりめちゃくちゃなんですが、進級が危うかった轟。
彼の本気が実は凄くてびっくりしてしまいました。

まあ、前々から「実は大地の次にすごい」みたいなことは言われてましたから、わからなくもないんですけど、何も最終巻でかっこいいところ見せなくてもw


試験自体は無事クリア。
秋晴は、その試験のあとに2人に自分の気持ちを伝えるんです。

それはどちらとも付き合えないというもの。
試験に合格したといっても、それは大地に大差をつけられてのもの。

自分はまだまだ未熟であり、そんな余裕はない、というわけですね。

秋晴が誰を選ぼうとしていたのか、そして誰を選ぶのかはわからないまま物語は終わり。
この後にもいろいろばたばたやっていくようなのですが、それについては読者にゆだねられています。

それについては賛否両論あるようですね。
確かに、13巻も続いて結論が出ていないというのはどうなんだという気持ちもわかります。
秋晴が誰を選んだのかはやっぱり気になりますし。

ギャルゲーのノーマルエンドとでもいえばいいんですかね?
バットエンドではないけれど、ヒロインに告白されることもないみたいな。
まあギャルゲーやったことないんで見当違いなこといっていたらごめんなさい。

あらすじではやたら頑張っているっぽい大地ですが、そんな決意してるような描写ありましたっけ?
個人的には大地にがんばってほしいです。彼女が彼女であることを打ち明けたら一気に突き進みそうな気もするのですが。
どうでしょうね。

上月さんの次回作、今度もまたラブコメのようです。
またハーレム系ラブコメなのかな?
「主人公とヒロイン達」ってあるのでその可能性もありそう。
5月発売予定のようです。
今度はあまり恥ずかしくない表紙&口絵をお願いしたいです。切実に。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

れでぃ×ばと! 12

れでぃ×ばと!〈12〉 (電撃文庫)れでぃ×ばと! 12/上月司
 自分の気持ちを認めたセルに亜と朋美。秋晴を想う二人のお嬢様は、ついにそれぞれのやり方で、彼に禁断の告白を決行する――!?
 一方、少し時はさかのぼり、男装の秘密を隠し続ける大地までも、自らの乙女ゴコロを止めることができず、秋晴へ想いを伝えようと意気込んでいて……。
 見た目ヤンキーな不良執事候補生・秋晴の行く末や如何に!? 少女達の赤裸々な想いが渦巻くクライマックスまっただ中、告白だらけで肌色だらけで――!?
 お嬢様とメイドさんの学園ラブコメ、一人の男を巡り、ついに女の戦いが勃発ですっ!


最終巻が発売されたれでぃばとです。
地元で売ってなくてまだ購入できていないのですが、ネットで買うにも家族名義なので躊躇われてしまって……。入荷されるのを大人しく待つか今度遠出したときに見ようと思います。

12巻は今までに比べて表紙が大人しいなーと思ったら口絵が半端ない。
口絵でぼかし入るってどういうこと……。
買うときにカバーつけてもらったのですが、すごく恥ずかしかった覚えがあります。
これ男女関係なく気まずいんじゃないでしょうか。


まずは【第29話】
前巻で前振りのあったクリスマスの話です。

今回の従育科試験はクリスマスの舞踏会でダンスのパートナーをつとめること。
ただのダンスの相手ってだけなら乙女心はそこまでゆれません(笑)
「クリスマスにダンスに誘う」ってのに皆いろいろ考えてしまって。
読んでいて非常に楽しかったです。

というか、みみなとピナのちびっ子コンビが秋晴とあーでもないこーでもないと話しているのを見るのが好きなので今巻はけっこううれしかったです。

しかしながら、授業で習うとはいえ庶民である秋晴にとってダンスなんて縁のないものでしたからね。セルニアに教えをこいます。
四季鏡を連れてきた時点でなんとなくそういう状況になるのは読めます。
悪い子じゃないんだけどなー。

セルニアからカードを渡されるってところでまったをかけたのは朋美。
セルニアと朋美、同時にカードを渡され、秋晴は選択を迫られます。

秋晴が選んだのは朋美。
その理由は「主人として雇われているのをリアルに想像できたのが朋美だったから」とのこと。
確かにセルニアは喧嘩友達っぽいですもんね。

秋晴を好きであることを自覚したセルニアにとっては、その答えはちょっと救いで。
誕生日プレゼントを渡されたこともあってかなりときめいてしまいます。
この場面の挿絵が普通に可愛いです。

思わず、核心をつく質問をしてしまいそうになったセルニアですがそれは大好きな父親によって水をさされることに。良かったのか悪かったのか……。


次は【第30話】
今回の従育科試験のパートナーは2年生限定。

秋晴の知り合いで2年生となるとみみなと中東主従。
ヘディエに借りを作りたくないので、実質選択肢はないわけですね。

試験の内容は「パートナーのことをどれだけ知っている」かというもの。
みみな頑張ります(笑)

が、最後に全部セルニアに持っていかれます。
まさかの怒りながらの告白。
しかしそこから先何を求めるというものではないんですね。

しかも、その光景を影から朋美が見ていたらしくって……ってところで最終巻に続きます。
すごい気になります。


ラストは【番外編 揺れ動く乙女ゴコロ 男装少女決意の時!?】
偶数巻恒例の大地が主役の番外編です。
ってことはこれが最後?

うーん、みみなといい大地といいなんとなく残念な感じ。
ハーレム系ラブコメであるのにも関わらずだいぶ前からほぼセルニアと朋美の二択ですからね。

大地とくっつくことはまずないだろうなぁ、と予測がついちゃいますからね。
男装少女のルームメイトにはやっぱり定番の「女子であることがバレちゃったけどばれないように協力する」的なことをやって欲しかったです。

男子だと信じられたままで食い込むのは厳しいものがありますからね。
……いや、最近だとありか。
でもやっぱり男性向けラブコメですから、なしですよね。

卒業までに告白することを決意する大地ですが、そこまで描かれることはないんだろうな、ってのがわかるので残念。


なるべく早いうちに最終巻を手に入れたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

れでぃ×ばと! 11

れでぃ×ばと!〈11〉 (電撃文庫)れでぃ×ばと! 11/上月司
 従姉妹である棗のプレゼントを買うため、ショッピングにやってきた秋晴。
 自分では良いアイディアが浮かばないため、ご意見番として朋美とセルニアにもついてきてもらったのですが……いつのまにやら、「棗に似合うものはどれ?」という“れでぃー”二人の下着勝負になってしまい……!? そして当然のように審査員は秋晴で……。そんな受難の彼が選んだ結論とは!?
 さらにさらに、四季鏡姉妹の姉・沙織とのグアム旅行&エロマッサージイベントや、中東お嬢様・アイシェにナ・イ・ショ♥で贈る秋晴とヘディエの秘め事プレイなど、今回も“れでぃー”たちの魅力をたっぷりでお届けする最新巻頭上ですっ!


久しぶりな気がしたのですが、そうでもなかったですね。
比較的読みやすい本だと思うのですが、時間のあるはずの土曜日でも結構ギリギリでした。
やっぱり今月中はまともに読めそうにないです。


まずは【第26話】
秋晴の従姉妹である棗の誕生日プレゼントを買いに行く話。

あらすじにもあるとおり、セルニアと朋美のバトルに発展してしまいます。
読んでいて楽しかったですが、秋晴が可哀相で仕方なかったです。
高校生男子が下着売り場にいるのはいたたまれないでしょうよ……。

この話は勝負の行方よりも何よりも朋美が暴走しかけたことの方が大事なのでしょう。
でも、最後のまとめ方を読むと「朋美と秋晴はくっつかない」っていうフラグなのかなー。


次は【第27話】
四季鏡姉こと沙織さんと理事長と深閑とグアムに行く話。

正確には、沙織さんのマネージャーとして秋晴がついていき、それに便乗する形で渡りに船と理事長がくっついてくる話。
ふざけているように見えて、実はいろいろ考えて行動しているらしい理事長にびっくりしました。

エロっちいシーンはまあ置いておくとして。
沙織さんとの会話って実は重要なんじゃないのかなーと。

やっていることがあれなので、わかりにくいのですがさすがお姉さんであるってだけはありますね。

理事長が最後に勘違いしたシーンですが、いわれるまで傍からみたらそんな楓に見えると気付きませんでした。


最後【第28話】
アイシェが国に帰ってしまうという話。

中東コンビ、というかマーダー侍女ことヘディエのターン。
ヘディエが一計をこうじるわけですが、秋晴は見事にはまってしまいます(笑)

まあ、ああいわれたら信じてしまいますよね。
だからこそ、アイシェには秘密だったんでしょう。秋晴がアイシェに訊ねればすぐに否定の言葉がかえってくるでしょうからね。

アイシェの言葉に揺れる秋晴。
そろそろ終わりが見えてきたこともあり、まとめにかかってきてますね。


ヒロインの数が多いこともあり、この辺が最後になってしまうキャラもいそうです。
理事長とか。

最終巻が3月刊らしいので、今から楽しみですね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR