忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】時田 とおる」の記事一覧

鬼嫁さまのおてなみ拝見! 鬼の恋守はじめました

鬼嫁さまのおてなみ拝見! 鬼の恋守はじめました/時田とおる
働いていた薬問屋をクビになったりんは、希望を胸に新たな奉公先を訪れた――けど、そこは巷で噂の『鬼屋敷』。到着早々、美しくも恐ろしい鬼・柘榴に捕まり、あわや絶体絶命の大ピンチ! しかし「タダでは食べられてやらない!」と、りんは持ち前の押しの強さで無理矢理雇ってもらうことに。さらに、柘榴と一緒に子鬼達の"子守"をすることになり……。これってまるで新婚生活? おしかけ花嫁のお手並み、とくとご覧あれ!


しばらく前に購入していた作品です。
サブタイは"恋守"と書いて"こもり"とルビが振られています。


ジャンル的には和風ファンタジーラブコメとでもいえばいいのでしょうか。
鬼が出てきて、着物で、奉公がどうとか時代物っぽい単語が多く出てくるんです。
でもその一方で「ストレス」とか「右ストレート」だとかも普通に出てくるのであくまで和風かな、と。

物語は主人公のりんが鬼屋敷で働き、鬼の青年・柘榴や双子の子鬼・ケイとショウ(+狛犬のコマもですね)に認められ、家族になる様子が描かれています。

りんの考え方がすごく出来た大人でこれもう子守の仕事じゃないんじゃ……とか思いつつ読んでいました。

ケイとショウの持つ力は、とても強大なものです。
ケイは病をふらせ、ショウは天候を左右する力を持っています。
それ以外にも怪力であったりする上に、子供であるがゆえにその力を制御出来ていないんです。
ただの人間が関わるには荷が重い子供たち。

それでも、子供たちのことを重い近づいて悪いことを正し、子供たちと同じ目線にたとうとするりんは子守というより、教育者っぽいような気がしました。
それじゃなければ、無償の愛を注ぐ母親でしょうか。

柘榴がデレ始めたあたりからちょいちょい甘い描写があるんですが、柘榴もりんもお互い無自覚してないんですよね。
子鬼たちはきゃっきゃっとじゃれついていますが、そういうことを理解できるコマが一番苦労しそうです(笑)

途中で盗賊が登場したりしてますが、初登場シーンがすごくチャラそうだけど怖いといいましょうか。
なんとなくREBORNの白蘭とかべるぜの奈須みたいな得体のしれない感じとでもいいましょうか。
そんな感じだったんです。
だからこそ、結構あっけなく倒されてしまった気がしました。
まあ、作者あとがきの感じを見ても1話完結が前提だったっぽいので仕方ないのかもしれませんね。

ただ、色々と話を膨らませられそうな伏線が残っているので続いたら楽しそうですね。

あとがきといえば、もうひとつ。
時田さんの前作については一切触れられていませんでした。
新シリーズって銘打たれてましたが、立ち消えてしまったのかな?

次の作品を楽しみにしています。

拍手[1回]

よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム

よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム/時田とおる
連続死体遺棄事件が起こり、不穏な空気が漂う京都。瓜巣志信は、単位取得のため、行方不明になっている講師を捜すことに。そこへ森蘭丸と柴田勝家の転生者を名乗る者達が現れる。彼らは志信を織田信長の転生者だと言い出すが、志信は信じない。アパートに臣下達が強引に乗り込んでくるが、志信は怪事件の影に戦国の武将達が関わっていることに気づき!?
時田とおる×hatsukoが贈る、歴史×ミステリー開幕!


先日購入したラノベです。 kemu さんのボカロ楽曲のイラストと似てるなーと思ってたら本人でした。そりゃ似てるわ。


あらすじにもある通り、戦国時代の武将たちの生まれ変わりたちの話。
ある日、いきなり大学内でも恐れられる先輩たちに跪かれてしまい、気づけば戦国武将たちの現代まで続く天下取りに巻き込まれてしまいます。

主人公の志信には信長の記憶はなく、転生者に現れるという家紋があるため信長認定されているという状態なため本人からすると「勘違いだろ?」ってなってるんですけどね。
ただ、実際に命を狙われてしまえば引きこもり気味なゲーマー現代っ子に拒否権はなく。

護衛されているうちに、連続死体遺棄事件の犯人が同じ転生者である可能性が出てきて――という話。

正直、家紋なんて一族全員同じなんだから信長じゃなくてもおかしくないんじゃ……って感じですが、そこはわざとっぽいです。
実際に物語の後半で、信長に関してではないけど触れてますし。


この作者さんってデビュー作シリーズに続いてこれが2作品目なんですが、あいからず腐女子好きそうな話だよなーと。
登場人物のうち、女の子は1人だけで、その子と志信はあくまでも友情しかなさそうだし。

蘭先輩と志信の関係が好きです。
なんかギャンギャンいいながらも一番なついているよね。
勝先輩はあれですね。
桃組の雅彦とか、REBORN!の獄寺くんを彷彿とさせるというか。
忠誠心がすごすぎてひかれちゃう感じ(笑)


志信の懐が広いというか、単にバカなのか。
殺人鬼や自分の命を狙ってきた人物まで仲間に引き入れてしまうというのはある意味すごい。
作中でも心配されていましたが、手綱を握れているうちはいいですが暴走したときいったいどうなってしまうのか……。
ちょっと怖いですね。


正直、私の歴史知識は志信より若干マシ程度のレベル。
だから、織田信長や森蘭丸、明智光秀は知っているけど、蘭丸の兄・長可(ながよし)や細川忠興(ただおき)って誰?ってレベル。
ぶっちゃけ柴田勝家も怪しいです。
ググったらお市の2番目の夫ってあってああってなりましたけど、BASARA の影響でお市の旦那は長政様の印象が強すぎる……。

そんなレベルしか歴史知識がないので、前世の関係とかを聞いてもへーそうなんだレベルなんですが、それでもまあ楽しめました。
このシリーズがどの程度続くものなのかはわかりませんが、転生ゲームの黒幕・果心居士(かしんこじ)の思惑なんかも不明ですし、どの年代の武将を登場させるかで前世の因縁云々も変わってくるでしょう。
うーん、一体どうなるんでしょうか。

帯には「新シリーズ」とありますから続きは出そう。
とりあえず、次巻の情報については何にもなしですが楽しみに待ちたいと思います。

拍手[1回]

俺の悪魔は色々たりない! 紅の悪魔と瑠璃の魂

俺の悪魔は色々たりない! 紅の悪魔と瑠璃の魂/時田とおる
「この街の住民、一万人の命を賭けて、宝探しをしないかい?」
黒の葬儀屋・ネウマの宣言と共に爆発音が響き、問答無用のデス・ゲームの幕が上がった!! 4つの宝箱の中にはサブナクの【身体】が収められ、誰よりも先に手に入れるためには、親友のレントを裏切り、神父アインザッツ達と敵対せねばならず!? 「……やってやる。絶対に」譲れないプライドと野望を賭け、火花が散る!! 少年祓魔師(エクソシスト)とオレサマ悪魔が贈る感動の最終巻!!


先日購入してきた1冊をようやく読めました。
タイトルだけ見て買ってきたので家帰ってからあらすじを読んで、最終巻だと知りました。


今回の舞台はアスセナ。物語が一気に動きます。
なんだかんだあって空白だった司教の座に、パルティータの兄であるフーガがついたってことくらいでキャラたちの関係に変わりはありません。

そんな普通の日に爆弾を投げ込んだのはネウマでした。

ネウマが持ちかけた最悪のゲーム。
爆弾をしかけ、サブナクの身体を街の随所に隠すことで魔物を呼び寄せたネウマの思惑に乗らざるを得なくなってしまったんですね。

魔物の撃退と爆弾の撤去はともかく、サブナクの身体についてはイトとその他協会の面々では考え方が違います。
そりゃそうですよね。
サブナクの身体が揃い完全復活してしまうということは、大事な仲間であり、友であるイトの死と同義な訳です。
イトを死なせたくないパルティータたちは、サブナクの身体を奪い処分してしまうことでサブナクの完全復活を阻止しようとしているんですね。

でも、イトはアインザッツやパルティータ、レントたちと敵対してまで、自分の意思を貫きます。
その最中でイトは何度も情に訴えられます。

アインザッツとプロケルは直接的に、フーガは搦め手というかちょっとゲスい手を使って。

途中でイトはレントに自分から契約について告げているんですが、そのときのレントに対するデレは異常でした(笑)

レントって結構扱いがぞんざいだったので余計そう感じたんでしょうね。途中のあれには思わず叫んでしまいそうになりました。
叫ばなかったのは、似たような展開でもっと衝撃的なものを読んだことがあったからでしょうね。

正直、途中までネウマの目的がわかりませんでした。
ネウマが瑠璃の一族であろうことは分かっていましたが、まさかそういう存在だとは、って感じ。
心臓が別に隠されていることは可能性として考えてはいましたけど。

意思ある存在の中に隠しておいた方が安全ってのもわかるなぁ。
しかも瑠璃の一族というのは同族以外には空けることの出来ないある種強固な檻になるわけですし。良く考えたもんです。

ネウマにとって、イトの存在ってそうとう大きなものだったんだろうなぁと、読んでいて漠然と思いました。
5000年生きてきた自分を殺せる唯一の存在。これを逃せばサブナクが復活することも、ネウマ自身が死ねることもなくなるわけで。
だからこそ、ああやって意地こそ悪いものの見守っていたのかなー、と。

というか、サブナクにとってもイトは大事な存在に変わっていたんですね。
まあ今までのやりとりでもその片鱗はありましたが、今回はそれが顕著だったかな、と。
イトが死んだあとのネウマとのやりとりが凄かった。
「復活なんざ、もうどうでもいい。あいつがいなけりゃ意味はねえ」
「結局俺は、あいつの命懸けの願いも叶えてやれなかった」
「俺の唯一を、お前は奪った」
云々。
怒涛ですね。
でもこのセリフを読む限り、サブナクは復活したあともイトを側に置くつもりだったんでしょうね。そうじゃなきゃこのセリフにはならないんじゃないかと。


ネウマの小細工により、イトの右目はイトの死後まで奪えないようになりました。
そのため、サブナクの完全復活は持ち越し。でも、身体をほとんど取り戻したサブナクの力は強大で。

サブナクとイトは、年月こそかかったものの、魔物たちを完全に倒すことが出来たのだとか。
協会に仇なす反逆者として指名手配されてたりはしたようですが、そんな簡単に捕まるようなやつらじゃないですしね。
ネウマですらどういう仕組みなのか知りませんが、人形に魂を宿して生きているようだし。
大団円ですね。

個人的には、その後の2人の話も読んでみたかったんですが、仕方ないですね。
ビーンズのホームページに掲載されていたSSも結構な数あったと思うんですけど、それももう読めないかな?

久しぶりに初見のシリーズを買いましたが、思っていたより楽しめました。
時田さんの次回作も買いたいと思います。

拍手[1回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR