忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】小路 幸也」の記事一覧

花咲一丁目の刑事

花咲一丁目の刑事/小路幸也
商店街のよろず相談、引き受けてます。
(いつのまにか)
非番の刑事も忙しい。

たくさんのユニークな人々が暮らし、日々大小さまざまな事件が起こる花咲小路商店街
今回の主人公は「和食処あかさか」を営む祖父母のもとに居候中の若手刑事
死んだはずのおじいさんから手紙が届くようになったラーメン屋さん一家や、本の上にフルーツがひとつずつ置かれるようになった本屋さんからの相談など、非番の日になると必ず相談ごとを持ちかけられるようになってしまう。


図書館で借りてきました。
以前紹介した四丁目の聖人の続編というかシリーズになります。


【プロローグ】
【<花咲小路>の猫騒動】
【<花咲小路>の天国からの手紙騒動】
【<花咲小路>のテイラーメイド騒動】
【<花咲小路>の檸檬騒動】
【<花咲小路>の<あかさか>での騒動】

が収録されています。
短編連作といいますか、非番の度に持ち込まれる騒動について解消していくことになります。

いわゆるコージーミステリーになるのかな?
ほとんど事件らしい事件は起きてません。
日常の中にある「ちょっと不思議」な出来事が非番の淳ちゃんの元に持ち込まれるといった体をとられています。

この作品はポプラ社から出版されているからってこともあるかもしれませんが、語り口はかなりライトです。
あまりにもライトすぎて、今回の語り手である淳ちゃんは刑事のはずなのにこんなのほほんとしていていいんだろうかというほどでした(笑)

この作品の時間軸はシリーズ前作から1年程後のことらしいです。
だから、前作では矢車亜矢だったのが白銀亜矢になってたり、若夫婦がが聖人さんの隣の部屋に新居を構えていたりと微妙なところで変化はみられます。
でも基本は前から変わってませんね。
そして北斗くんは相変わらず万能というか、使いやすいキャラ設定です(笑)

おもしろかったです。
謎の女性・ミケさんこと三家(みつや)あきらさんと徐々に近づいてく感じ微妙な距離感なんかもよかったですし。
前作の克己くんがグイグイいく感じだったので余計そう思ったのかもしれません。


読んでいてちょっとあれ?って思ったことがあるんです。
商店街の駐在所に勤務する警察官が2人いるんです。名前は角倉さんと三太さん。
……三太さんって作者のデビュー作「空を見上げる古い歌を口ずさむ」にも出てたよな、六角交番のおまわりさんだよな、と思って「空を見上げる~」をひっぱりだしました。

調べてみたら確かに三太さんはおまわりさんとして登場してました。
が、フルネームは「シラハタ三太」さん。
名字だったらもしかして血縁者……なんてこと考えてしまいましたが、そういうことではなかったようです。
ちょっとテンションあがってしまったのが恥ずかしい(笑)


このシリーズはまだ続くのかな?
次はどんな人にスポットが当たるのか楽しみです。

拍手[0回]

話虫干

話虫干/小路幸也
ハナシムシ【話虫】
図書館所蔵の稀覯本などの物語をいつの間にか作り替えてしまう力をもつもの。未練を残す作家の魂の仕業などと言われている。
ハナシムシボシ【話虫干】
その本の物語内世界に入り込み、話虫によって作り替えられた物語を元に戻すこと。馬場横町市立図書館員の仕事とされている。

『こゝろ』を取り戻せるか?
刻々と書き換えられていく文豪・夏目漱石の『こゝろ』
バーチャルとレトロが錯綜する物語内世界に入り込め!

傑作長編小説!


図書館で借りてきました。
小路さんの作品はちょっと久しぶりですね。


物語の内容としては、図書館職員の糸井馨が話虫によって内容の書き換えられてしまった夏目漱石の『こゝろ 』の世界に入り込み、元の物語へと戻そうとする話です。

恥ずかしながら、『こゝろ』は未読です。
もちろん夏目漱石の代表作であることは知ってます。
ですが、内容については高校時代に授業で先生の遺書の部分をちらっと読んだくらいしか知りません。

なので、説明されるまで圖中(となか)が先生であり、桑島がKであるとはわかりませんでした。

物語の時間軸としては先生の若かりしころの話です。
静さんともくっついていないからKも自殺なんかしていない時代ですね。

正直、慣れるまで読み進めづらかったです。
冒頭は圖中の視点から始まるんですが、途中途中で糸井の視点に変わったりするのですが、どちらも一人称なので「今はいったい誰の視点だ?」となってしまうことがありました。
主人公は糸井なんでしょうが、ほとんどが圖中の視点なので……。


『こゝろ』の世界なのに作者である夏目漱石や小泉八雲、森鴎外の舞姫の登場人物であるエリス(作中ではエリーズ)が登場し、極め付けにシャーロックホームズが登場したときにはびっくりしてしまいました(笑)

作中でも触れられていましたが、
「(今回の話虫は)物語を作るのが下手くそじゃないのかい。風呂敷を広げ過ぎてとてもまともな筋になうとは思えない。」(p73)
なんてことが言われているんですが、まさにそんな感じ。

どうしても悲劇的な終わり方をしてしまうKと先生。
糸井ではありませんが、そういう物語ではあるとはいえ圖中と桑島が死んでしまうのをそのまま受け入れることは出来ません。
だから、ラストのオチとしてはなかなかいいんですけどね。

結局、『こゝろ』の世界から話虫は出ていったわけですが、話虫の正体は何もわかっていません。
設定だけ見たらラノベとかでもありえそうな話だったんですが、小路さんの描き方だと続編は期待できそうにないかな?って感じでした。

拍手[1回]

花咲小路四丁目の聖人

花咲小路四丁目の聖人/小路幸也
ご隠居は元・泥棒紳士!?
ダンディなご隠居が、手腕を活かして商店街の事件を解決。
じんわり心温まるエンターテインメント。

その昔、イギリス中の美術品や金品を上流階級から盗み、現場には"saint"と刺繍された手袋を片方残すのみで決して捕まらなかった世紀の大泥棒。
そんな「泥棒紳士」が実は日本に帰化して、ここ花咲小路商店街に隠居中なのです――


図書館で借りてきました。
先日、文庫版を書店で見かけていて買うか買うまいか悩んでいた本だったんで、借りれて良かったです。


タイトルからもわかるとおり、物語は花咲小路商店街が舞台です。
郊外に進出する大型店、店主たちの高齢化などなど、よくある寂れかけた商店街。

元々商店街の多くの土地を持っていたという地主の娘・亜弥の視点で物語は進んでいきます。
亜弥は何になるのかな、母親が日英ハーフで、父親が英国人とのことなのでクォーターでいいのかな?

亜弥の父親は何十年も前に帰化して商店街に馴染んだイギリス人の老紳士・聖人。
この聖人が、過去イギリスを騒がせた「泥棒紳士」であった、と。

聖人を中心に、亜弥の幼なじみにして弟みたいな克己くんと北斗くんが一緒になって、商店街に迫る陰謀をどうにかしようとする話です。


面白かったです。
出版がポプラ社ということもあるからか、語り口はかなりライトです。
300ページ超の作品なんですが、2時間ちょっとで読み終わりました。

なんというか、亜弥は泥棒紳士の活動をほとんどわかっていないので、いったいどうなるのだろう?と思いながら読み進めることが出来ました。
泥棒紳士というだけあってセイントは義賊的な存在なんですが、「それでも泥棒はダメ」といい続ける亜弥の存在はやっぱり必要なんでしょうね。


「亜弥さん!亜弥さん!」とわかりやすく亜弥に思いを寄せる克己くん。
4歳差という年齢と幼いころから知っていて、面倒を見てあげていたという状況からどうしても「弟」としてしか見ることができていなかったんですね。
それが最終的にはグラリとくるところまで行くわけですから、まさに克己くんの粘り勝ちです(笑)

ラストのイギリスでのやりとりには思わずくすりとしてしまいました。
本当の最後に幸せな様子が描かれていると読後感がめちゃくちゃいいですね。
久しぶりにこれだけ読後感がいい作品を読んだ気がするなぁ。
やっぱり、私この方の作品が好きです。


この作品、シリーズ化されたようですね。
花咲小路一丁目の刑事なる続編が発売されています。
こちらも読んでみたいんですが、まだ発売されたばかりなんでたとえ図書館で購入したとしても本棚に並ぶのはまだ先のことになりそうです。
最悪、文庫化されたら買おうかと思います。
この感じだと絶対おもしろいでしょうから。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR