忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【コミカライズ】ゴーストハント」の記事一覧

ゴーストハント 7

ゴーストハ ント 7/いなだ詩穂(原作/小野不由美)
 閉じ込められてしまった廃校の中で、仲間と引き離された麻衣。校舎内をさまよう子どもたちの魂に、独り立ち向かう!暗闇の中で、麻衣を助けてくれたのは……?
 脱出した麻衣を待ち受けていた新たな「事件」。すべての謎が明かされる、最終巻!


夏に読みたかった1冊でしたが、ようやく読めました。
これでこのシリーズも終わりですね。


【忘れられた子どもたち(後編)】が収録されています。
原作はリライト版でいうところの7巻「扉を開けて」ですね。

今回のメインとなるのは前巻の続きである廃校内での出来事と、そこから脱出したあとのシリーズ全てに散りばめら れていた伏線の回収話です。

学校内の出来事もリライト版読んでるんで、内容は知っているものの読んでる最中にはドキドキしてました。
でもどちらかというと、その後のぼーさんの独壇場に目が行ってしまいますね。

今回この依頼を受けることになったのは、ナルの兄の死体を湖から引き上げるまでの間に待ち時間が発生したから。
今までの様々な小さな謎からナルが隠していたことを暴いていきます。

原作では麻衣が男性陣に少しずつヒントを貰って自分で辿り着いていた気がしたんですが、コミカライズ版ではぼーさんが探偵役を務めています。
でもナルの正体に関しては、驚きはしてもそれだけです。

麻衣が何度も助けられた夢の中の「ナル」。
その正体が明らかになったとき、本当に麻衣がかわいそうでかわいそうで。
いや、リライト版読んでるんで知ってるんですけどね。それでもやっぱり可哀想。

それというのも、夢の中の「ナル」=ナルの双子の兄・ジーンであった、と。
麻衣はナル=ジーンであると信じ切っていたわけですが、初めて夢に現れたときにはすでにジーンは故人でありどうあがいても叶う恋ではなかったわけです。
これもう報われなさすぎて……。

ラストで麻衣は吹っ切って、「一人でも恋は出来る」「忘れるまで続く」とか言ってるわけですが、どうしてもそれでいいのかと聞きたくなってしまいます。


描き下ろしなのかな?一番最初に口絵イラストがあるんです。
そこに描かれてるのは赤いアネモネを持った麻衣の姿なんですが、もしかしてと思って花言葉を調べてみました。
花言葉はサイトによって結構違うんでいくつか調べました。

アネモネ全般の花言葉は、「はかない恋(希望)」「恋の苦しみ」「見はなされた」とかそういう感じ。
そして赤いアネモネは「君を愛す」

アネモネを持つ麻衣の表情は明るいものですが、それに込められた意味合いを思うと苦しいですね。


単行本ではありませんが、悪夢の棲む家のコミックも最近発売されてま すが、そちらを読むことはきっとないと思います。
私、原作読んでからコミカライズ読みたい派なので。原作がリライトされたりして読む機会があれば購入を検討するかも?って感じですね。

このシリーズはコミカライズ単品で読んでも十分楽しめる作品だったと思います。

拍手[0回]

ゴーストハント 6

ゴーストハント 6/いなだ詩穂(原作/小野不由美)
 吉見家の帰りに偶然見つけた湖。それはナルが探し求めていた場所だった。SPRもゴーストハントも、すべてこのためのものだと知った麻衣。戸惑いをかくせないまま、廃校になった小学校で、最後の挑戦をはじめるが…。
人気シリーズ、最終章突入!!


夏といえばホラー!ということで引っ張りだしました。
私の中で「夏といえば」は、冒険でもあるのでこの夏はデジモンとかも紹介したいな。


【忘れられた子どもたち 前編】が収録されています。
リライト版でいうと、7巻の話になります。
正確には、7巻の前半かな?


前巻の事件で大怪我を負ってしまったので、SPRメンバーは吉見家に逗留していたわけです。
今回は、その帰り道で湖を見つけたところから物語は動き出します。

今まで謎に満ちていたナルの行動の意味が明かされます。
ナルは兄を、兄の死体を探していたんだとか。
そのためにSPRを開いていたということが明かされます。

ダイバーによる引き揚げ作業を見守る中、一件の依頼が持ち込まれます。
廃校になった小学校に幽霊が出るのでどうにかしてほしいというもの。

なんてことない依頼に思われましたが、実際にはかなり凶悪なもの。
校内に閉じ込められ、徐々にメンバーは子どもたちになり変わられていきます。

読者はもちろん、そのことに気づきます。
ですが登場人物たちは違和感を覚えながらもそれに気づかないんですね。
その様は非常に不気味で、ぞっとしました。
光のない目って本当に怖い……。

どんどん人数が減っていき、とうとう麻衣一人になってしまって……ってところで今巻は終了。
絶望感が半端ないです。

あまりにも続きが気になる終わり方です。
まあ、次が最終巻なのでそうなるのも当たり前なんでしょうが。
近いうちに続きを紹介したいと思います。

拍手[0回]

ゴーストハント 5

ゴーストハント 5/いなだ詩穂(原作/小野不由美)
 代替わりのとき、かならず変事が起こるという吉見家に調査を依頼されたSPR。吉見家にうずまく、正体のわからない力に立ち向かい、突然倒れてしまったナルは……!? ナルを欠いたまま調査を続ける麻衣たちは、吉見家とナルを救うことができるのか――!?


ちょっと久しぶりな気がするゴーストハントですが、前巻を紹介したのは昨年11月頭のことだったんで、実際ちょっと久しぶりですね。


【呪いの家】が収録されています。
原作リライト版でいえば海からくるものになりますね。


あらすじにもある通り、今回はナルが途中退場してしまい残ったメンバーで事件に挑むことになります。
とはいえ、ナル以外はフルメンバーなので戦力的な問題はあまりないんですが、ただ敵の正体を暴く頭脳がちょっと不安な感じでした。

が、実際読み進めてみるとわかるんですが安原さんが情報班として途中参戦することもあり、以外とどうにかなってます。
まあ、ぼーさんをはじめ(というか麻衣以外)SPRに関わる前は個人個人で「霊能者」として働いていたわけです。

ある程度の知識と経験があり、こういう対処が出来るのは当たり前なのかもしれませんね。


今まであまり活躍をしていなかった綾子ですが、今回ものすごい力を発揮しています。 綾子の能力は、うーんなんていったらいいのかな。
老木に宿る精霊?神?みたいなものの力を借りて、周囲に存在する霊を浄化するというもの。

効果はものすごいものの、綾子が力を借りられる木は精霊の宿るものに限定されていて、現代ではあまりないんだとか。
さらに、一度力を借りてしまうと、その木からはそれから半年は力を借りることはできないってことらしいです。
あまりにも条件が限定されすぎているのであまり活躍の場はなさそうです。


そしてラストで明らかになったナルのものすごい力。
麻衣に正論をつかれたナルがふるった気功にも似たその力はリンさんいわく、「スタイルは似ています。けれども気功とはぜんぜん別のレベルのものなんです」とのこと。
その正体について説明されるのは最終巻になるかな?

リライト版原作を最後まで読んでいるので、ナルの力の正体は知っていますが、まさに諸刃の剣すぎて怖いです。


あと1冊、2冊あるはずなので、近いうちにまた続きを紹介したいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
09 月( 05 ) 08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR