忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】今野 敏」の記事一覧

ST 沖ノ島伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班

ST 沖ノ島伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班/今野敏
玄界灘に浮かぶ沖ノ島。港湾工事現場での不可解な水死事件。現場へ向かった"ST"だが、そこは古代からの社(やしろ)、宗像大社の神域で、島での出来事を語れない"御言わず様"の因習、警察といえども現場への上陸すら許さない厳粛な掟が赤城、青山たちチームを阻む。操作続行不可能か? "伝説"シリーズ、待望の第三弾!


先日購入してきたSTです。
これなら平日でも読めたなぁ、と読み終わってから思いました(笑)


今回の舞台は福岡県。
玄界灘に浮かぶ沖ノ島沿岸で起きた事件にSTが関わっていきます。
事件にSTが関わることになったのは、事件の現場が神域だったから。

許可がなければ上陸することもできず、女人禁制。
上陸するには禊(全裸で海へ飛び込む)が必要。
さらに島のものを持ち出してはならず、島での出来事を話してはいけない「御言わず様」なる掟があるんです。

つまりは現場検証も、鑑識が証拠を持ち帰ることも出来ず、さらには第一発見者などがまともなことを語らないと。
ほぼ地元民である地元警察ではそれを破ることが出来なくて。

STならばそういった因習を気にすることなく捜査できるだろう、という思惑があったようです。

事件自体は大したことないです。1時間半ほどで読み終われる軽いものでしたし。
別にややこしいトリックを使っているわけでもないし、現場が普通のところだったらSTが出張る必要もなく、地元警察の力だけで解決できたでしょう。
ですからミステリとしてはあまりおもしろいとはいえないかと思います。
伝説シリーズは全体を通してあんまり……。

正直、STシリーズは途中から登場人物たちのやりとりを楽しんでいる感があったので、まあいいかな、と。
プロローグとか本当に自由すぎて。山吹さんの紹介モノローグとか笑っちゃいました。

「STメンバーの中で、彼が唯一百合根にとっての心の救いだと言ってもいい。他のメンバーは、気紛れでマイペースだが、山吹だけは、ちゃんと他人のことを気づかってくれる。」(p11)

キャップの苦労がしのばれます(笑)
登場人物たちのキャラがラノベ並みに濃いので、正直会話だけでも十分楽しめますし。
あと、青山くんの食いしん坊キャラ。なんでだ。


途中、島に無理矢理上陸してしまうんじゃないか、とちょっと不安だったんですが、そういうことにはならなくてよかったです。
そういう禁止されていることってのは何かしら意味があるものですからね。


物語の途中で人間嘘発見器の片割れである翠さんが、冤罪の可能性について示唆しているんです。
翠さんは音で、黒崎さんは匂いで興奮状態や緊張状態を感じ、「嘘をついている可能性を示す」わけですが、それはあくまでも状態を示すだけ。
緊張している理由が嘘をついているからなのかもしれないけれど、翠さんの格好に興奮している可能性もあるし、警察に取り調べられるという状況に緊張している可能性もあると。
確かにその通りなんですが、菊川さんなら2人の意見は参考程度で留め置いてくれるんじゃないかな、と無意識のうちで信頼してました(笑)

気にして読んでいたわけじゃないんですけど、今回黒崎さん喋りましたかね?
寡黙な人なので、あまり喋っている印象なくて。下手したら喋ってないかもしれないなぁ。


最後が非常に気になりました。

「異動になるまでは、STで精一杯頑張る。それは間違いなく本音だった。」(p271)

キャップ異動しちゃうんでしょうか?

第3期でもあったこの伝説シリーズは今回で終わり。
次からは新シリーズのようです。封入されていたチラシによると次は過去編なのかな?
文庫化はまだまだ先でしょうが、続きを待ちたいと思います。

拍手[0回]

心霊特捜

心霊特捜心霊特捜/今野敏


これも図書館で借りてきた作品です。
STシリーズの今野敏さんの作品であること、タイトルからして「イロモノ」なんだろうなーと分かり、思わず手にとってしまいました。

あらすじは、『R特捜班』別名『心霊特捜班』が心霊現象が絡む事件を担当する話。
連作短編集です。

R特捜班のメンバーは下記のとおり。
番匠警部、班長。よれよれの背広。統率力は抜群。
数馬主任、古神道伝承者。迫力満点。
鹿毛巡査、密教系の寺の実家。パンクロッカー風。
比謝巡査、沖縄出身のノロ。マイペースな紅一点。
岩切大吾、R特捜班の連絡係、恐がり。


『死霊のエレベーター』『目撃者に花束を』『狐憑き』『ヒロイン』『魔法陣』『人魚姫』の6編が収録されてます。


前述の通り、STシリーズの今野敏さんの作品なんですが、思っていたよりおもしろくなかったなーと。
短編であること、雑誌に掲載されていたものであることなどからある程度は仕方ないことだと思うのです。
が、同じような説明が何度も行われるんですよね。
そして、事件の真相と心霊現象の両方に触れられているのですが、それが中途半端というかなんというか。
どちらもあっさりと触れて終っているように感じました。


まずSTシリーズと比べてしまうこと自体がダメなのかもしれませんが、つい最近読みましたし、同一作者さんですしどうしても比べてしまいます。
どちらも「特捜」という名称で異色なものを捜査に取り込み、事件を解決していくという姿勢は同じです。
それだけに、STシリーズが上手く捜査に馴染んだ印象があるだけに、こちらの違和感が目立つんだろうなと思います。

というか、STシリーズは科学という認められたものを扱う一方、こちらは心霊という他人に認められることのないものを扱うからこういうことになるのかな?


主人公の岩切大吾が中途半端だなーと。
大吾はR特捜班との連絡係をやってるんです。STシリーズでいう菊川さんの位置ですね。
でも、菊川さんと違い、捜査官でもなんでもない刑事捜査課の所属。
ビビリであること、幽霊を信じないこととかはまあいいんです。

でもずっと「なんで自分が」って思っているのがいただけないな、と。
最終話『人魚姫』で少し意識が変わったぽいのでそれだけはよかったと思いました。


これがシリーズ化するかは疑問ではありますが、多分シリーズ化しても読まないだろうなぁ。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ  ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

ST 桃太郎伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班

ST 桃太郎伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班 (講談社文庫)ST 桃太郎伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班/今野敏
東京、神奈川、大阪。離れた3つの場所での殺人。だが、すべての遺体に“モモタロウ”の文字と五芒星が刻まれ、被害者は皆、岡山に関係する人物だった。県警の特命班に招聘されたSTたちは事件を調べ直し、地元に伝わる“桃太郎”の伝承を探っていく。異能の5人が謎を解く警察小説。ST“伝説”シリーズ、第二弾。


STシリーズ文庫最新作です。
これを購入したときに、続き出てないのかな?みたいなことを言っていたのですがこの巻にはさまれていたチラシに「今冬最新刊発売」とありました。
今調べてみたところ沖ノ島伝説殺人ファイルなるものがつい先日発売されていたようです。
普通に考えて文庫化は2、3年後。
楽しみです。

さて、桃太郎伝説の感想をば。

今回STは岡山県警の要請で、岡山に出向きます。
桃太郎自体はかなりメジャーな物語ではありますが、地元ではそんな風に語られているとは……、ってのが素直な感想です。

謎解きよりも伝説の方に気がとられてしまいました。
民俗学っぽいのって嫌いじゃないんですよね。

なので、鬼=タタラ場で働く大陸からの移民?みたいな話とか、鬼のイメージ(角と虎のパンツ)だとかそういうことは知ってました。

が、地元では桃太郎が侵略者だと語られているってのは微塵も思ってもいませんでした。
まあ、そういう話ってのは所詮勝者がつくるものですからね。


今回もまた青山が活躍します。
いつもはめんどくさがって、仕事をしようとしない青山が今回は積極的に捜査に関わっていきます。

最後の涙といい、珍しいものが見れる話でした。
けど、エピローグで「もう帰ろうよ」が出たのには笑ってしまいました。
やっぱり青山はそうじゃないと。

ちょっと思ったのですが、青山って文書鑑定も専門なんですよね?
小説という媒体ということもあり、文書よりもプロファイリングに重きがおかれるというのも分からなくもないんですが、忘れてしまいそうになります。

このシリーズを読むとき毎回思うのですが、最初のキャラクター紹介部分での「世間話に付き合ってくれるのは山吹だけだ」には毎回悲しくなってしまいます。
事件が起きればちゃんと協力しあっているのですが、それでもそれは悲しいな、と。


作中でもちらりと語られていましたが、キャップの異動について。
キャップの年齢は多分30ちょっとですよね。その年齢とキャリアであるということを思えばいつまでも警部に甘んじているわけにもいかないでしょう。
普通どこかの警察署の署長にとかになるんでしたっけ?
物語としては百合根以外の人間がSTを指揮するところなんて見たくはありません。
一時的に菊川さんが指揮をとるとかならそう問題はないかもしれませんが、百合根キャップが異動になるとしたら……。

そう考えると、このシリーズもあと少しなのかもしれませんね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR