忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】今野 敏」の記事一覧

ST 警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル

ST警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル/今野敏
密室状態のマンションの一室で、若者4人の死体が発見される。彼らは皆新興宗教団体の信者たちだった――。集団自殺と片付けられかけたが、STは他殺の可能性を追う。入り組んだ宗教団体内の人間関係と、揺れ動く人間心理。僧籍を持つST山吹が、事件だけでなく人の心の裏側を解く、「色シリーズ」第3段。


今回はタイトルからも分かるとおり、黄色――つまり山吹さんが活躍します。
山吹さんは警視庁の職員でSTのメンバーであるにも関わらず、僧籍を持つ坊主です。

青山は秩序恐怖症、赤城は女性恐怖症、黒崎は先端恐怖症、翠は閉所恐怖症でしたか。
山吹さんだけはそういうものがなかったので、ちょっと気になっていたのですが、今回それが明らかになります。


宗教団体の信者たち4人が練炭による一酸化炭素中毒で死亡しているのが発見された。
これだけの情報なら自殺と思われるのですが、いろいろとおかしな点が見つかり、STは他殺として事件を追うことになります。
今回もまた川那辺さんと対立します。

この人もいい加減STのこと受け入れてもいい気がするんですけどねぇ。もう意地なのかもしれません。


この巻、内容は全く覚えていなかったのですが、キャップが山吹さんの寺に行くってところだけ覚えてました。
より正確にいうなら、泊まりに行くから下着をコンビニで買う、ってところだけですね。

なんでそんなところだけ覚えてるんだろう……。
読んだ事すらすっかり忘れてたのに。


『宗教は科学の残滓である』
作中で登場した言葉なのですが、確かにとうなづいてしまいました。
そうなんですよね。大昔の宗教と今の宗教では重要性というか、民衆の中での地位というか、そういうものが全く違うと思うのですよ。


犯人の行動というか、犯人が犯行に走ってしまったきっかけですが、実際ありそうだと思いました。
ちょっとしたことで孤立して、陰口に耐え切れなくなって……。
裏がわかればたいしたことなくても、そのときは酷く傷ついて耐えられないもんなんでしょうね。
この犯人みたいな人、結構たくさんいると思います。


今回はちょっとしたすれ違いがすれ違いを生んで取り返しのつかない状態にまで追いやってしまった。
悲しいというのもちょっと違うけれど、なんていったらいいのかな。
極悪人がいたわけじゃないので、犯人の逮捕=すっきり!、って訳にはなりません。

けど、そのままで終わらせないからこのシリーズいいんですよね。

犯人を逮捕したあと、最後に後日談までとはいきませんけどSTメンバーたちのやりとりがあって、思わずくすりとさせられて終わる。
パターン化しつつあるんですが、それがあるから読後感が悪くならないんですよ。

こういうパターンは嫌いじゃありません。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

ST 警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル

ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル/今野敏
大学病院に搬送された男が急死した。医療ミスを訴えたものの民事裁判で敗れた遺族が刑事告発をしたため、STが調査を開始する。その大学病院で研修医をしていたSTリーダーの法医学担当・赤城左門は、捜査の過程で、封印していた自らの過去と対面する――。感想のラストが待つ好評「色シリーズ」第2段。


今回はあらすじにもあるとおり赤城さんを掘り下げた作品です。
STで医療モノ?と首をかしげたのですが、なかなか面白かったです。


今回も前作に引き続き、STが所轄に出向きます。
なので、STメンバー、菊川さんに加え捜査関係者は2人のみ。
市川巡査部長と、壕元巡査長。
壕元さんが嫌なやつです。

川那辺さんとは、また違った感じ。
あちらが見下して嫌みを言ってくるにたいして、こちらは自分が出世できないから僻むタイプ。
このタイプにとってキャリアのキャップは格好の的ですね。


赤城さんは女性恐怖症の法医学者。
そんな彼が今回関わるのは、医療ミスについて。
医療ミスって民事訴訟のイメージだけだったんですけど、刑事訴訟もできるんですね。

赤城さんの過去が明かされるのですが、ここまで暴露する必要はあったのか。
それというのも前作の青の調査ファイルが、青山の活躍は描かれているものの青山の過去については特に語られていないからです。
どうせなら、青も過去暴露してほしかったというか。
まあそんな感じです。

今回、黒崎さんが目立たなかったな。
キャップに赤城さんの出身をつげたのと、嘘発見器としてくらいしか印象に残ってません。
無口だとたまにそういうことになりますよね。


キャップが壕元さんに「うるさい。しばらく、その口を閉じていてください」と言ってのけるのですが、それに思わず笑ってしまいました。
キャップも言うようになったなぁ、と。
壕元さんをコテンパンに打ちのめしたSTメンバーにも笑いましたけどね。
すごいなぁ。

「キャップが詮索するような人間だったらSTはもたない」
赤城さんがいった台詞(要約)なんですが、ひどく意味深です。
けど、STメンバーはそれぞれはみ出しモノで、過去にいろいろあったっぽいですから、確かにそうなのかもしれませんね。


逮捕された人物の行動が酷く身勝手に感じました。
確かにそれくらいしなければ、変わらなかったかもしれません。
けどだからってあんなことしていいって理由にはならないです。

一匹狼を気取っていた赤城さんが、STたちを『仲間』と認めたことに感動しました。
逮捕までで終わってしまったらどうも後味が悪かったでしょうから、このくだりがあったことでかなり読後感がよくなりました。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

ST 警視庁科学特捜班 青の調査ファイル

ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 青の調査ファイル/今野敏
心霊テレビ番組の収録中、スタッフが首を骨折して死亡した。密室での出来事は事故死として処理されかけたが、警視庁科学特捜班(ST)は殺人の可能性を追う。スタッフ間の反目、霊能者、タレントらの人間関係が入り組む事件の真相は――。警察小説の名手が放つ、ST文書担当の青山翔が活躍する「色」シリーズ第1弾!


この作品からSTメンバーのそれぞれにスポットをあてた「色」シリーズが続きます。
ST=青山、毒物=山吹、モスクワ=黒崎だったので次は赤城さんか、翠さんにスポットがあたるのかな?と思っていたのですが、違ったのですね。

今回はST VS 川那辺管理官。
菊川さんの言葉にもあるとおり、「上司が意地を張ると、下が苦労する」ですね。
そして、ラストでは菊川さんがST寄りに。

あらすじにもあるとおり、心霊番組の撮影中にスタッフが死亡するとこからはじまります。
霊能者が登場し、「これは霊の仕業だ」とかやるわけです。そしてそれに興味津々の青山という図。

今回もまたキャップが苦労します。が、今回は捜査本部がないので、現場に上の立場の人間が川那辺さんのみ。
青山がめずらしくやる気あるので、そっちに驚いてたっていったほうがいいでしょうか。

そして所轄の刑事さんが、青山を気に入ったことにびっくりです。


少し気になったことがあるんです。
えっと、作中の季節はキャップの独白にある通り、“4月半ばをすぎて”。
そして、第一発見者の戸川さんが死体を発見したのは午前5時。
現場は空き部屋で、外の鉄塔やベランダの洗濯紐が見える状態でした。つまりカーテンは掛かっていないと思われます。
戸川さんは真っ暗な部屋の電気をつけたことで死体に気づいた、とのこと。

4月下旬の5時ってもう明るくないですかね?
明るかった気がするんですが、記憶が定かじゃない……。
私が住んでいるのは北海道で、事件が起きたのは東京だからかな?
テレビの中継とか見てると沖縄と北海道では1時間くらい違いますからね。

今ちょっと調べてみたら、今年の4月15日の日の出は5時9分だとか。
日の出の前でも結構明るいですから、5時でも十分明るかったんじゃないかな、と思います。
まあ、これだけ書いといてなんなんですが、特に気にすべきことじゃないんですけどね。


今回はサブキャラたちが結構好きでした。
戸川さんと千葉さん。いいですよね。
最後、戸川さんが出世するわけなんですがそのやりとりが好きです。

少しずつではありますがSTが受け入れられてきましたね。
次巻は赤。どんな話なのか楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR