忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】田辺 イエロウ」の記事一覧

結界師 11

結界師 11/田辺イエロウ
黒芒楼の攻撃をなんとか押し戻した良守たち…
しかし、志々尾限の命は火黒の手によって奪われた!!
限を助けることができなかった良守は黒芒楼を、そして火黒を倒す決意をする。
正守の率いる夜行もまた烏森防衛のために動き出した。
再び来襲する黒芒楼との決戦の行方は…!?
バトル超白熱の妖決壊ストーリー第11巻!!


数日前に読み終わっていたんですが、ようやく紹介出来ました。
その日のうちに紹介できるようにしたいですね。


【第96話 葬列】
【第97話 一緒に】
【第98話 黒芒への道】
【第99話 裏山の鴉】
【第100話 夜行の面々】
【第101話 小競り合い】
【第102話 再来】
【第103話 迎撃】
【第104話 黒芒の俘虜】
【第105話 孤軍】

が収録されています。
前巻紹介時に、続きはあまり間をあけずに紹介したいと書いてるんですが、前巻を紹介したのが昨年11月。
だいぶ空いてしまいましたね。

前巻は志々尾が死んでしまったところまででしたか。
今回はその志々尾の葬儀から始まります。

なんというかものすごい複雑です。
志々尾の家族からしたら志々尾の存在は持て余していたけど、夜行で仲間たちと元気にやっていたと思っていたのでしょう。
いつか帰ってくることがあってもまさかこんなに早く物言わぬ姿で帰ってくるなんて、ってところなんでしょうね。

志々尾のお姉さんはやりきれないんだろうな。
たった一つの過ちが、姉弟の中を切り裂いて志々尾が手紙の受け取りを拒否していたがために、したためた思いも届かなかったわけですし。
良守たちと触れ合っていい意味で成長していっていた志々尾。
もうちょっと時間があれば、お姉さんの手紙も読めたんでしょうに……。


で、黒芒楼からの襲撃に備え、志々尾の敵討ちのためにも夜行総力戦で警戒にあたります。
この巻でようやく、閃ちゃんが登場します。
影宮好きなんですよー、ツンデレ気味で可愛くて。
裏表紙のフード付きオレンジコートが可愛いです。

それにしても初期の閃ちゃんがすっごい生意気ですね。
いや、閃ちゃんってだいたい生意気なんですけど、嫌な感じの生意気というか。
なんていうのかな。変に達観してしまっているというか、自分の実力をきちんと把握しているととるべきか。
影宮は妖混じりといいつつもそこまで攻撃力があるわけではありません。
同年代の中ですば抜けた強さだった志々尾が叶わなかった相手に自分が叶うわけないとも理解しているからか……。


守りを固める烏森に、黒芒楼の奴らが攻めてきます。
夜行のメンバーもいることもあり、戦況は結構混乱していました。
そりゃあ、他の黒芒楼のやつらも倒してますが、火黒は仇です。
だから、火黒を倒すために良守は敵に連れ去られることを選ぶわけですが、それに閃ちゃんも巻き込まれてしまいます。

まあ、閃ちゃんったら良守が気になってこっそりあとを追いかけてしまったから……。
素直に持ち場にいれば、そんなことにはならなかったんでしょうね。

閃ちゃんは地下牢にぶち込まれて、良守は黒芒楼の城の維持をするように迫られますがそう簡単にいうことを聞く訳もなく。
消耗戦に陥ったところに松戸平介が現れて拘束をやぶってくれます。
松戸の目的はこの時点ではまだ語れていないのかな。
松戸の目的はとある人物を倒すこと。彼と良守では標的が違うので良守の拘束は解いてもらえたってところみたいです。

良守と松戸。
それぞれ城の中を走り回り目的の人物を捜す、ってところで今巻は終わり。
今度こそ近いうちに続きを紹介したいです。

拍手[1回]

結界師 10

結界師 10/田辺イエロウ
強力な妖な組織「黒芒楼」の攻撃がついに開始された!
リーダーの白は様々な裏工作を仕掛けたうえで、総力をあげて出陣した…
良守、時音、限は烏森を守ることができるのか…そして生き残ることが…!?
衝撃的な志々尾限の最期の闘いを収録した妖結界バトルストーリー第10巻!!


かなり久しぶりの気がしたんですが、前巻を紹介したのが、今年5月。
思ったよりあいてなかったです。


【第86話 胎動】
【第87話 動座】
【第88話 黒芒楼襲来】
【第89話 百鬼夜行】
【第90話 連携】
【第91話 炎鬼】
【第92話 完全変化】
【第93話 兆し】
【第94話 火の海】
【第95話 永遠に】

が収録されています。
内容的にはあらすじにあるとおり、黒芒楼の軍勢が烏森にやってきてそこを子どもたち3人が守ろうと頑張る話です。

あらすじのネタバレ感が酷いですね。
「最期」って時点でもう展開が……。
いや、何度か読んでるし、知ってますけどね。

ただ、10巻で志々尾が退場してしまったことには驚きました。
こんな早かったですっけ?
もうちょっと後だったような気がしたのは気のせいだったんですね。

前にも書きましたが、私が結界師にはまったのは9巻の76、77話のチョコレートケーキの話に萌えたから。
「志々尾いいね!」とか言ってた次の巻でもう退場とか改めて思い返すとないわー。
でも、買うことになった直接的なきっかけはアニメがめちゃくちゃ中途半端なところで終わってしまって続きが気になったから、なので仕方ないかな。

視聴率が悪かったのか、北海道では、この巻のラスト分までしかゴールデンタイムでアニメ放送されなかったんですよ。
志々尾死亡=最終回とかもう「え?」って感じでした。
やっぱりそう思ったのは私だけではなかったらしく、その後、苦情が寄せられ、深夜で最後まで放送したらしいです。
私は録画機器が壊れてて見れなくて。結局レンタルしました。


志々尾にはもうちょっと活躍してほしかったです。
良守たちと一緒にすごしていくなかでどんどんいい方向に変化していっただけに非常に残念でした。
それだけに、最終巻はボロ泣きしたんですけどね!というか今も思い出し泣きしそうなくらい志々尾に関しては色々と思う所があります。

次巻は確か、志々尾の葬式から始まるはずなので、あまり間をあけず紹介したいです。

拍手[0回]

結界師 9

結界師 9/田辺イエロウ
良守たちを鍛えるべく「夜行」から派遣されてきたのは…
限の教育係・花島亜十羅と雷蔵だった!!
亜十羅が苦手な限の修行の仕方は…!?
一方、黒芒楼の陰謀は激しさを増し、ついにその独がは松戸平介に及んだ!!
本誌掲載時、大反響だった「松戸平介襲撃編」も完全収録した妖結界バトルストーリー第9巻!!


約半年振りの結界師です。
ここらへんから黒芒楼編が加速していきますね。


【第76話 籠の鳥】
【第77話 花島亜十羅】
【第78話 雷蔵】
【第79話 空中戦】
【第80話 牙銀と碧闇】
【第81話 鼠】
【第82話 襲撃】
【第83話 最後の旅路】
【第84話 主の座】
【第85話 煩悶】

が収録されています。

読んでいてテンションあがってしまいました。
というのも、私この巻に収録されている話で結界師にはまったんですよ。
連載初期から途中抜けこそありましたが(夜魅編は読み逃してた)、ざっと目を通すくらいではあったんですが立ち読みしてたんです。

で、76、77話で限くん良守が作ったチョコレートケーキを食べてるんですけど、作中で明かされている通り、限くんは甘いものが苦手なんですよ。
それなのに、良守に悪いからと頑張って食べてるんですよね。それに萌えて滾ってしまって(笑)
気合いれて読むようになったんですよ。懐かしいなぁ。

亜十羅の修行に関しては、読んでいて和んでしまいました。
なんていいたらいいのかな、亜十羅の目的はあくまでも「3人が連携できるかどうか」。
今までバラバラだった3人が協力して事態にあたっているだけでもなんか嬉しいんですよね。


今回、あらすじにもあるとおり、事態は徐々に動き出しています。
黒芒楼は本格的に動き出し、土地の主を交代させようとしているし、邪魔者である松戸平介を排除しています。
そして火黒は限くんにゆさぶりをかけにやってくるわけですし。
うーん、白が扇一郎の元にいるとかもう何やらかすんだか、って感じで不穏さしか感じないです。


今回、黒芒楼サイドのメンバーが紹介されていますが、全員色の名前が入ってるんですね。
個人的には紫苑と藍緋が好きです。
でも、藍緋はともかく紫苑は名前全く覚えてなかったんですけど(笑)
多分、私の中で紫苑=犬夜叉の神楽っぽい人っていう印象が強かったんでそのせいだろうなぁ。


なんとなくは覚えてるんですが、何分この辺読んだの数年前なので結構忘れています。
次巻も楽しみです。巻数が結構あるのであまり間をあけずに紹介していきたいです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR