忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】草川 為」の記事一覧

八潮と三雲 7

八潮と三雲 7/草川為
長きに渡る片想い、ついに決着!?
ボスの過去を聞き、八潮に本気の告白をし直す三雲。だけど八潮は告白にタイム宣言!? そして単身、三雲の弟分・しー君の元へ。八潮からのまさかのお願いに、しー君は…!? さらにブラックリスト"双葉"が大暴れ!! 8×3コンビ最後の大仕事が見逃せない最終巻★


ちょっと前に購入していたんですが、ようやく読めました(*´▽`*)
読んでも紹介出来ないとかなかなか難儀な一冊でした。


【第23話】から【最終話(第27話)】までが収録されています。
というか、27話しかなかったんですね。
何年も連載している作品だからもっとあるかと思ってました。

あらすじにもある通り、今巻が最終巻になります。
えっと、前巻は八潮→三雲が伝わらなくて空回りしていたんでしたか。

今巻はエリアのボスの代替わり話――一色さんがボスになったときのことや、八潮さんの元飼い主である李世の話なんかも語られています。
さらに、前巻でも予告されていたしー君の試練があったり、ようやく思いが通じ合ったりします。

この巻を読み終わって、この話のテーマは「命」だったんだなぁ、と。
九つの命をもつ猫たちの話だからこそ、その命の扱われ方は比較的軽いというか、「まだ○個あるし」という考え方をしているモブキャラが多かった印象だったんです。

が、最終的には一つしか命を持たない人間の話、九生の猫といえど最期があるということ、そして普通猫と九生の命の長さについてなどそういうのが語られるにつれ気づきました。


今回、更新をせず毎度化け猫化する二葉なる人物の対処に追われることになります。
残り命数が一つになってしまった二葉が化け猫化するのもこれが最後ということで、めちゃくちゃ大暴れするわけです。

そしてその大暴れの場所の一つに、人間界を選んだからとても大変なことになってしまいます。
九生の猫社会で人型を取る猫たちですが、人間界では見た目ただの猫でしかありません。
だから化け猫化してしまうと、そのままで対処するのは困難なんですね。

人間界で人型を取るには命を一つ使う必要があります(三雲はしー君を助けるために何度か命を落として人型になってました)。

取り立て屋たちの総力戦で、二葉を抑え込むわけですが、その戦いで八潮と三雲は命を一つずつ使ってしまうんですね。
つまり二人の名前は変わってしまうということ。だから、この「八潮と三雲」は終わりである、と。

この終わり方はなんかいいな、と思いました。

最終回ちょっと前あたりはメタネタというか(笑)
過去のゲストキャラが再登場したりといかにもな内容だったんですが、こんなキャラいたな!と単純に楽しめました。

草川さんの次の連載が楽しみです。

拍手[0回]

今日の恋のダイヤ

今日の恋のダイヤ/草川為
誰かの勇気が私に、私の勇気が誰かに繋がっている。
片思いの会社の先輩が姉と付き合い味目、諦めようとしてきた楡原。2人の結構が決まり、式に出るため気持ちを殺し空港へ向かうのだが…。空港を行き交う見知らぬ4人が影響を与え合い、前に進んでゆく連作オムニバス!!


ちょっと前に購入していたんですけど、ようやく読めました。
草川さんの作品って実はまだ紹介してないの結構あるんですが最新刊紹介って……、まあいっか。


【001便 楡原の場合】
【002便 鈴懸の場合】
【003便 栃木の場合】
【004便 菩提の場合】
【臨時便 ランチがお寿司の場合】

が収録されています。
あらすじにもある通り、誰かの勇気が誰かを後押しするオムニバスストーリー。
立場も状況も全然違う彼女たちがお互いに知らぬまま影響を与え合うわけです。

基本的に雑誌で1話だけ読んでも問題はないような形になってます。
ですが、4話全部がつながっているので、個人的には単行本で読んだ方がよさそうな話だと思いました。

AneLaLaに掲載されていたこともあり、ヒロインたちの平均年齢は高めです。
最年少であろう菩提さんがハタチそこそこくらいで、楡原さんが25歳。栃木さんが新人時代からの付き合いで6年立ってるってあったので20代半ば~後半、鈴懸さんに関しては年齢の表記がなかったんですがまあそれくらいかな、と。

草川さんがこういう現代ものでファンタジー要素ないの書くの珍しいなーと思いつつ読んでたんですが、作者あとがきによると本当にはじめてらしいです。
そりゃあ、珍しく感じるわけです。

オムニバスストーリーと言いつつも、全部をつなげてくるとは思わなかったのでちょっと驚きました。
こういう作品ってあんまり読まないんで、新鮮でした。
きっと草川さんじゃなければ買わなかったんじゃないかな。

惜しむらくは、楡原さんだけが片思いを吹っ切る話だったということかな。
皆に幸せになってほしいな、と思ってしまったので、彼女の前にいい人が現れてほしかったような気もしないでもないです。
きっとそこまで書いたら蛇足になると思うので、あれでいいんでしょうけど。心情的にね(笑)

帯によると、【鈴懸】に登場した恋敵の彼女が、主役の「5年後のダイヤ」なる話が最新のAneLaLaに載ってるらしいので、続き(といっていいのかな?)が発売される可能性はありそう。
AneLaLaが季刊誌の上、新連載も抱えてるようなので続刊が出るとしても、まだしばらく先のことになりそうですね。

拍手[1回]

十二秘色のパレット 全6巻

十二秘色のパレット 1/草川為
世界一美しい羽根を持つ鳥たちと色彩の魔術師「パレット」がすむ都オパル。パレットの養成学校に通う少女セロは、一人前のパレットを目指して元気一杯奮闘中。そんな矢先ペア鳥のヨーヨーが何者かによってさらわれてしまう。ヨーヨーをさらった犯人の意外な正体は……!?
十二秘色のパレット 2/草川為
世界一美しい羽根を持つ鳥たちと、色彩の魔術師「パレット」が住む南国オパル。パレット養成学校の生徒セロは、計り知れない潜在能力を上手く使えず、ペアの鳥ヨーヨーや校医のグエル先生に迷惑ばかりかけている。そんなある日異国の王子のもてなしにオパル初のクリスマス開催!
本編他、「契約パピヨン」収録。
十二秘色のパレット 3/草川為
世界一美しい羽根を持つ鳥たちと、色彩の魔術師「パレット」が住む南国オパル。パレット養成学校も新学期、留年したセロは、相変わらず計り知れない潜在能力を上手く使えず医務室通い。そんなセロにペアの鳥を亡くした、秀才の呼び声高いフェンネという少年との出会いが…!?
本編他「アップル・ファミリー」収録。
十二秘色のパレット 4/草川為
色彩の魔術師「パレット」養成学校に通うセロ。ある日、島にグエル先生の先輩である、凄腕パレット・ゴスティメイジの姉弟が戻って来た。ゴスティに将来の夢を尋ねられたセロは、パレットとしての自分を自覚し始めて…。グエル先生とセロの水泳勝負も必見!! 待望の第4巻!
本編と「特急H・K(ハウスキーパー)」収録。
二秘色のパレット 5/草川為
色彩の魔術師「パレット」養成学校に通うセログエル先生とはお互いに好きなはう(?)なのにギクシャクしてしまう毎日。2人の傍らで、いつも鳥たちはハラ2&ドキ2の連続! そんなある日、結婚式の余興で屋根から落ちたセロは、下敷きになった先生に思わずキスして――!?
十二秘色のパレット 6/草川為
グエル先生への気持ちに気づいたセロ。想いが通じ合う嬉しさに力がみなぎるセロは、脱・留年をすべく進級試験に臨む!! ところが、先生がとある審査を受けることを知り…離れ離れになるショックで試験は崖っぷちに!? 試験の結果は…そしてセロと先生の恋の行方は――――!?


ちょっと久しぶりな気がする草川作品です。
全6巻を一気読みしてしまいました。


物語はあらすじにもある通り、「パレット」養成学校に通う少女・セロが主人公。
落ちこぼれのセロがパレットとしての勉強を一生懸命がんばりながら、校医のグエル先生との関係を少しずつ近づけていく様を描いた話です。

草川さんの作品って基本変わった設定が多いというか、あまり恋愛要素が強い印象ないんですね。
そう考えると、この十二秘色と、同時期に連載していた龍の花わずらい はかなり恋愛色が強めな方ですね。

今回、読み切りで収録されている作品もほとんど恋愛色ないですから徹底しているというかなんというか。
個人的にはパピヨンアップルは続きを読んでみたかったなぁ。


秘色という「鳥の羽の色を抜いて、他のものに移す」という能力を上手く使って、悪い奴らをこらしめたり、子どもを喜ばせたりとなんだか見ていてすっとするというか面白かったです。

人だけでなく鳥たちも個性豊かなんですね。
登場人物の半分がパレットで、相棒となる鳥たちも登場しているんですが、担当さん曰く「オルガ(グエル先生に恋する相棒)が一番キャラたってる」ってことなので(笑)
時々、人間が登場しないで鳥たちだけの話なんかもあったんですが、それでも十分楽しめました。


個人的には、グエル先生よりフェンネくんの方が好きかもしれない(笑)
でもなぁ、フェンネくんは自信家なので一歩間違えばナルシストなので、それはちょっと嫌かも。
普通にしてればいい子なんですけどね。

あとはセロのお父さんのテオくん(40歳)も結構好きでした。
なんというかただのバカなんですけど、なんか嫌いになれないというか、傍から見ている分にはテンションめちゃくちゃ高いテオくんとテンションひっくいグエル先生の組み合わせが意外好き。
テオくんの空気読めない感はひどかったですけど。


10年近く昔のこととはいえ、家族の死を乗り越えることができたグエル先生とグエル先生を癒し続けたセロ。
この2人は幸せにオパルで暮らしていくんだろうな、と思いました。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR