忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】草川 為」の記事一覧

ガートルードのレシピ 1~5

ガートルードのレシピ 1 (花とゆめCOMICS)ガートルードのレシピ/草川為
様々な悪魔の体の一部(パーツ)をつないで造られた人造悪魔ガートルード。自分の製法を記した「ガードルードのレシピ」を探す彼は、とある町の廃屋で女子高生佐原漱(すすぎ)と出会う。大胆不敵な少女と悪魔…そんな2人に突如、奪われたパーツを取り戻そうと悪魔たちが襲いかかってきて――!!
ガートルードのレシピ 第2巻 (花とゆめCOMICS)ガートルードのレシピ 2/草川為
女子高生・漱の協力で遂に自分の製法を記した「レシピ」を手に入れた人造悪魔ガートルート。だが中身は既に術で移し取られており、その隠し場所は意外にも――…!!
しかも探索の途中、漱の兄・久作を見たガートルードは不審を抱く。案の定、久作は不穏な動きを見せ始め…!?
ガートルードのレシピ 第3巻 (花とゆめCOMICS)ガートルードのレシピ 3/草川為
久作=クロードに両親の命を楯に取られた漱。しかも彼の罠でガートルードまで重傷を負ってしまい大ピンチ!!
漱は両親を助ける為、家に戻る決意をするが、ガートルードは彼女の護衛をある意外な人物に依頼し――? 明らかになるガートルードの真実。久作(クロード)の目的とは一体!?
ガートルードのレシピ 第4巻 (花とゆめCOMICS)ガートルードのレシピ 4/草川為
クロードは妻・ハロンの魂をガートルードから分離させるため「巻き戻し(リワインド)」の術を漱とガートルードにかける。レシピを遡るこの術式は漱の生命を動力とし、最後にはガートルードを解体してしまう。果たして2人の運命は…!? 「ガートルードのレシピ」感動のクライマックス!!!
ガートルードのレシピ 第5巻 (花とゆめCOMICS)ガートルードのレシピ 5/草川為
一九六〇年代のカナダ…漱と出会う前のガートルードが雪男を探す少年と出会った思い出とは?? カーティスが左目を失った百年前の事件とは!? 過去を描いた2編他、パーツ狙いの新悪魔が登場し、プッペン&マリオットもショート3編で大活躍する珠玉の番外編★収録の最終巻。


八潮と三雲の草川さんの初期作品です。
ずいぶん昔に古本屋で1、2巻を購入。その足で本屋へ向かい残りを購入した記憶があります。


1巻には1~4話とデビュー作「マイグランドファーザー」
2巻には5~8話とデビュー作1つ前の受賞作「逢瀬」
3巻には9~13話と番外編「カバンの中」
4巻には14~18話が、
5巻は番外編「音楽室の悪魔」「雪男の棲む山」「レクイエム」「部活動の詩(うた)」「少年慶人の第六感」「ダイエット・プッペン」と、
デビュー後初作品の「ためいきの金の色」が収録されています。

実質、本編は4巻までなのでそこまででも特に問題はないんですが、5巻は5巻でおもしろいので是非読んでほしかったりします。
私が購入した当時はともかく、今普通に本屋で単行本を購入するのは購入するのはちょっと厳しいかもしれませんね。古本屋かネットなら問題ないかと思いますが。
というか、文庫版出てるよう。遊び心のある方なんで書き下ろしとかありそうで、私も見てみたいです。


物語は人造悪魔のガートルードが自身の製法が書かれた「レシピ」を、
女子高生サハラと、体の一部を返せとやってきた悪魔・プッペンとマリオットともに探す話です。


草川さんのかかれる女の子ってとても強い子が多いんですが、最初からだったんだなぁと読み返して再認識しました。「逢瀬」も「ためいきの金の色」もそういう子が登場します。
いくら手元に塩があっても悪魔相手に傷口に塩ドサドサかけるようなこと普通やりませんよね(笑)

技巧的なものは確かに微妙な面があります。3巻の表紙とかちょっと違和感ありますよね。
が、ストーリーがおもしろい。もう、術式の最後の方とか涙しちゃいましたよ。
何度も読んでて展開もしっているのにも関わらずです。
改めて読み直すと、若干展開が早い気も否めませんでしたが、きちんと問題は解決してハッピーエンドなのでまあいいかな、と。


ガートルードとサハラにはこれからもきっと多くの問題がふりかかるのでしょう。
ですが2人なら周りの協力も得て問題を解決し、最期の時まで一緒に過ごしていくんだろうな。

プッペンとマリオットが可愛いかったです。
プッペンは愛すべきおバカだし、マリオットはそんな相方に苦労かけられていてちょっと可哀相だし(笑)
「部活動の詩」とかもうめちゃくちゃ可愛い。

カーティスに助力を求めに行ったときのプッペンのセリフにツッコみたい。
「なんだってこんなパーツ狙いの前科がある奴を!?」って言っているんですが、それお前らもだから!!
きっと突っ込んだのは私だけじゃないはず(笑)

クロードは自身の妻・ハロンとその姉・“ガートルード”の魂を分離し、妻を取り戻したかった。
それだけだったんですよね。まあ、それは叶わなかったわけですが。
ガートルードに許され、サハラに受け入れられることでこれから先は「佐原久作」としてまともな人生を送れるんじゃないんかと思います。

カーティスはアンのことを時たま思い出しながら、面白おかしく悪魔らしくすごしていくんでしょう。
博識屋も同様かな?

物語その後の話が想像できる話でした。
そういや、龍の花わずらいで侍女ブログみたいなやつに過去キャラ登場してましたよね。
今度そちらも読みたいなと思います。

拍手[1回]

八潮と三雲 5

八潮と三雲 5 (花とゆめCOMICS)八潮と三雲 5/草川為
偽の婚姻届を自力で破棄する為に、迦六の縄張り(エリア)に乗り込んだ三雲。そこで出された交換条件は、迦六の下で1年間取り立て屋をすること! 迦六の縄張りに潜入していた八潮は、三雲の仕事を陰から助け続けるが、迦六が三雲との結婚式を強行しようとしているのを知って…!?


昨日購入した八潮と三雲です。
赤髪の白雪姫も紹介したいんですが、既刊を紹介してしまわないと難しいですね。


今回は帯でテンションあがるってことはなかったんですが、本編読んでて「うわあ!!」ってなってしまいました。


今巻は八潮さんの自覚編であり、不憫編でもあると(笑)
いやー、今まで散々三雲の気持ちに答えてこなかった罰でもあたったのかな、って思うくらいです。

前巻で迦六の元へいってしまった三雲。
ここでも取り立て屋として働くこととなる三雲でしたが、迦六のエリアってなんというか享楽的なんですよね。
今まで、一色さんのエリアしか知らなかったのですごく違和感がありました。

九生の猫たちは命を落としたらエリアのボスに報告して新しい名前に変更しなければならない訳です。
が、迦六の元カノたちは迦六に報告することを良しとしなくて。

そんな元カノたちを一網打尽にするために、三雲と迦六は偽の結婚式をあげることに。

いやーいったいどうなることかと思いましたよ。
しーくん並に心配していたと思います。
いや、しーくんとは若干方向性が違うとは思いますが。

読者である私は八潮と三雲がくっついてくれることを望むわけですが、しーくんはけしてそういうわけではないので。
三雲には幸せになってほしいけど、八潮のものになってしまうのは嫌、と。
まあ、なんだかんだいっても最終的には認めるんでしょうけどね(笑)

八潮さんの計画で、偽の婚姻届は破棄され、「八潮と三雲」としてまた取り立て屋を続けられることに。
良かったです。


その後、いろいろあって八潮さんは三雲のことで好きだと自覚し、告白もするんです。
が、それもタイミングが悪くて三雲には届かなくて。
不憫です。
すっかり忘れていたんですが、三雲が八潮さんの家に居候していたのは家が壊れたからだったんですよね。
つまりははじめから家が完成したら出て行く予定だったと。

そうこのタイミングで三雲の家(というか塔)が完成してしまうんです。
四束とか七瀬の賭けには笑ってしまいましたがめちゃくちゃ同意してしまいました。
やっぱそう思いますよね!


しかしながら、ふっきれた八潮さんはわかりにくいながらも三雲を落とそうと迫っていくわけですね。
楽しかったです。

お祭り回のモブにはびっくりしてしまいましたけど。
なんで男同士でバカップル会話してるんでしょう。
本当に最近はなんでもありですね。


次巻もデート話が収録されているようですね。
次巻の発売は2013年夏。楽しみですね。

拍手[0回]

八潮と三雲 4

八潮と三雲 4 (花とゆめCOMICS)八潮と三雲 4/草川為
近頃、街で噂の八潮三雲…かと思いきや、2人の名を騙るニセモノがグッズ販売に合コン開催と好き勝手にやり放題! 八潮と三雲は素性を隠してその合コンに参加するが、本物に勝るとも劣らない美猫・ニセ三雲が八潮狙いの素振りを見せて…!? 無敵の猫ライフ、第4巻!!


帯の「キスの3秒ルールって…!?」に何それ楽しそう、と本屋でテンションあがってしまいました(笑)


ニセコンビ主催の合コンに参加したり(番外編)、人間の子供が九生の猫社会にやってきたり(第10話)、合同任務で向かった先のでいろいろあって八潮とキスしちゃったり(第11話)、そのせいでぎくしゃくしたり(第12話)、三雲を追って他のエリアのボスがやってきたりします(第13話)。

すごく楽しかったです。
今回は「八潮と三雲」という取り立て屋コンビの名が知れてきたから起こった話が多いですね。

ニセコンビなんてまさに便乗だし。
隣のエリアのボスである迦六が三雲の存在に気づいたのもそのせい。

あ、今回登場する九生の猫たちは下記の通り。
バッ八、八郎、三郎、四海都、そして迦六。

八郎、三郎あたりは何で今まで出なかったのか不思議なくらい普通な名前ですね。
というか、九生の猫にはそういう普通の名前がつかないものなのかと思ってました。


今回は、微妙に八潮と三雲の2人の中が進展してます。
1度目は事故とはいえ、キスしちゃいましたしね。
八潮がキスに「3秒ルール」を持ち出してきてびっくりしました。
だからこその帯の文句だったんだな、と納得する一方、そんなものねえよwと言いたくなる。

それにしても、八潮は三雲とどうこうなる気はないし、仕事や生活に影響が出ることを懸念して「3秒ルール」で流したわけですが、キスしたこと自体は別にいやでもなんでもないみたいですね。
まあ、三雲と違って年齢が年齢ですからキスの1つや2つどうってことないってだけなのかもしれませんけど。

そして、三雲と四海都の二人がいつか仲良くなってくれないかと今から楽しみです。
お互いに認め合って、あの石の位置にいてほしいなぁ。


1巻の紹介したときに、「エリア外の猫とか来てもめ事とかおこしたらおもしろそうだなぁ、とも思いました。」とか書いてるんですが、本当に来ましたね。
隣のエリアのボスである迦六が。

そこは三雲が幼子であるしー君を抱え生活していたときに住んでいたエリアなんだとか。
人間社会では体の弱いしー君の面倒みるのも大変だったよう。

まあ、そうですよね。人間社会では三雲もただの猫。
人型をとるには命を使わなければいけない訳ですし、体調があるていどよくなるまでは一時的に九生の猫社会で生活したいと考えるのはわからなくもないかも。
しかし九生の猫社会に普通猫であるしー君が入るためには特別パス(両手の指輪ですね)を発行してもらわなければならない、と。

このパスの発行って普通は何か条件とかあったりするんですかね。
三雲が迦六にアプローチをかけたということは、何か面倒なことがあってその手間(あるいは条件)を省きたかったってことなんだと思うんですが。

しー君の正直っぷりに笑ってしまいました。
なんだろう、この子。良くも悪くも三雲に影響されすぎです(笑)
そして、あくまで兄弟であるからこそ布団に潜り込もうとするとか出来るんだろうなぁ。

一色さんやエリアに迷惑をかけてしまうからとしー君と二人で迦六のもとに向かった三雲。
一方、八潮もまた迦六のもとに向かったっぽいですね。

なんとも次巻が気になるところで終わってます。
5巻の発売は今年夏頃。楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR