忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】時計野 はり」の記事一覧

学園ベビーシッターズ 11

学園ベビー シッターズ 11/時計野はり
恋に翻弄され続ける男・犬井先輩のお宅では、中学生の妹・実香が意外なあの人に片思い中♥ 憧れの彼に会うため一人で高等部を訪ねるが…。年は明け元旦、理事長達と初詣に出かけた竜一。いつもの仲間達とも遭遇して楽しい年始になるはずが、なぜか巫女さんの姿に――!?


先日、いきなりこの作品(というか狼谷父・蛇原先生関連)で検索されてこのブログに来られる方がたくさんいらっしゃってびっくりしました
明らかに本誌で何かあったな、と本屋行ったついでに今月のLaLaちらっと見てきましたが納得の展開でした(笑)


今回は【57話】【62話】
【巻末おまけ漫画 在りし日の二人】は狼谷くんの両親の若かりし頃のお話です。
それでは各話感想を。

まずは【57話】。 きりんちゃんがお母さんは修学旅行、お父さんはハワイへ撮影(きりんちゃんパパはカメラマン)ということで竜ちゃんたち(というか理事長宅)のところに泊まりにきます。

前巻予告にあったプリキュア的なアニメは『プティ・ポワ』なる番組でした。
お母さんとプティ・ポワのイベントに行く約束をしていたきりんちゃんはご機嫌です。

小さいころにそういうアニメを見たことのなかったらしい猪又さんがプティ・ポワを見て瞳を輝かせているのもいいですね!
そしてきりんちゃんと二人で変身ポーズをやってるのも可愛い。

トラブルが発生してイベントにはいけなくなってしまったわけですが、オチとしてお父さんとは行きたくないってにも笑ってしまいました。


次は【58話】
鷹くんと犀川さんの攻防戦です(笑)
お母さんが法事でいない狼谷家の夕食はカップラーメンということを知り、犀川さんが夕食を誘うんです。

狼谷くんの「スーパーのど真ん中で様付けはヤメロ」に笑ってしまいました。
確かに関係性を知らない他の人からすると「どういうこと!?」ってなりますもんね。
今まで犀川さんがそういう人だって知ってる人ばかりだったから問題にしてなかったってことか。

そんなこんなで夕食の席で鷹くんが好き嫌いをしてしまい、犀川さんがどうにかこうにか手をつくして鷹くんに野菜を食べさせようと奮闘することになります。

すごい簡単にお泊りすることになってる狼谷兄弟ですが、どこに泊まったんだろう?
普通に考えて客間でしょうが、大穴で竜ちゃんの部屋に泊まってくれてもいいのよ?(←願望)

犀川さんと鷹くんの勝負は犀川さんに軍配が上がりましたが、それでもまだまだ犀川さんの挑戦は続くようです(笑)


【59話】はあらすじにもある犬井兄妹の話です。
実香ちゃんは12歳とのことですから、結構年離れてるんですが、狼谷家鹿島家に比べたらたいしたことないのか。

犬井先輩はゆかりちゃん(みどりちゃんママ)から竜ちゃんに恋心がシフトチェンジしかけてる(けど女装した男子だと知り、理性がブレーキかけてる最中)んですが、妹ちゃんが恋してるのは狼谷くん。
あらすじでは、「意外なあの人」となってますが、全然意外じゃないし、普通に狼谷くん、モテると思うよ?

犬井家はお母さんもアイドルのおっかけっぽいので、恋に生きる感じは遺伝なのかと妙に納得してしまいました。
お父さんは普通の人なのかな?

「お兄ちゃんが忘れたお弁当を届けに来て迷っちゃって、偶然出会った隼先輩にお弁当を食べてもらう」作戦は、もうかなり無茶があるんですが、これを実行しちゃうあたり犬井先輩の兄妹だな、と(笑)

けど、狼谷くんと会う前に竜ちゃんに出会ってしまい、さらにお兄ちゃんに思い人を勘違いされて、勘違いは解消されるものの実物に緊張してしまった上、鷹くんに頑張って作ったお弁当をマズイと言われてしまうという残念な結果になってしまいます。

ぶっちゃけ、犬井先輩→竜ちゃんへの恋心は結構ガチな所まで言ってる気がするんですが大丈夫なんだろうか。
妹ちゃんの写真(メインは狼谷くん、後ろに小さく竜ちゃん)でメインには目もくれず、妹の想い人=竜ちゃんだと思い込み、かつ「俺がなんか落ち着かねーからコイツ(竜ちゃん)を好きになるのをやめろ」って思ってる時点で手遅れ感が半端ない。

妹ちゃん作成のダークマターを食べてあげる犬井先輩はいいお兄ちゃんだな、と思いました。
実香ちゃんの恋は叶う気がしませんが、頑張れ。
(でもその一方で私は、実香ちゃんが女装した竜ちゃんと狼谷くんを付き合ってると勘違いする話がみたいな、なんて思ってしまった最低な奴ですorz)


次の【60話】もあらすじにある初詣の話。
近場にある大きな神社ということもあり、たくさんのキャラが登場してます。
兎田さんくらいかな?初詣行ってないの。

その神社がきりんちゃんママの実家だったということもあり、竜ちゃんたちもお手伝いすることに。
まあ、あらすじにもありますけど巫女さん姿=女装ですよね(笑)
既婚者が巫女さんやってるのもどうなの?って気もするけど、男の子が巫女さんってのもどうなんでしょうね。
(でも、女性神主さんも男性巫女もありらしいですよ。だから女装する必要性は皆無だったり笑)

オチ要員の犬井先輩にはやっぱり笑っちゃいます。
男子高校生に好きな子の巫女さん姿は滾るものがあるんでしょうね。


その次の【61話】は大雪が降って、皆で雪遊びする話。
猪又さんの両親はこれが初登場?
両親そろって真面目そうな、でもどこか抜けてる感があるのは否めません。

前回、牛丸さんのお友達たちとメアドを交換したりもしてるものの、今まで気軽に連絡を取り合うお友達がいなかった猪又さんはそれを活用できていなかったりするんですが。

大雪が降ったということで、保育ルームの子どもたちは雪遊びをすることに。
そこに猪又さん→偶然出会った山羊くん→根津くん兄弟とどんどん大所帯に(笑)
別口で牛丸さんも誘っていたこともあり、本当に多いなこれ。
(ちなみに犬井先輩は今回はお休みです)

子どもたちの「ゆきだんまつくろっ!!」は色々大丈夫かな、と。
アナ雪?ってなったのは私だけじゃないんじゃないかと。(まあ私いまだにアナ雪見てないんですが)

みんなでワイワイやってそれぞれ個性豊かな雪だるまを作るわけですが、本当に可愛かったです。
色々と経験不足な、猪又さんが様々なことに触れていくのは本当にいいですね。


最後は【62話】
狸塚さんが子どもたちにいかに自分の出演する番組を見せないかを画策する話。

番組名は『絶対戦士ジャスティナイト』。
いわゆる戦隊もの。『プティ・ポワ』といい日曜朝って感じの番組ですね(笑)

それにジャスティナイトをぼこぼこにしてしまう悪役・ボイトとして登場することになるわけです。
初登場時がかなり衝撃的ということで、初登場回を大人たちの協力を得て子どもたちに見せないことに成功するわけです。

が、狸塚さんです。そうは問屋がおろしません。
放送時、緊急特番になってしまったために1週繰り下げで放送されることになってしまい子どもたちが皆放送を見てしまうわけです。

子どもたちはまだテレビの中と外の区別がついていません。
そんなものですから、狸塚さんの扱いが可哀想なことになってしまいます。

けど、毎回そういうわけにはいかないと思案していたところに登場したのは狸塚さんの後輩でジャスティナイト役の象潟(さきかた)旭くん。
狸塚さんがあまりにも落ち込むので、そのフォローとしてマネージャーの狐久保さんが連れてきてくれたってことみたい。

えー、象潟くんですがめっちゃチャラいです。

子どもたちからするとヒーローへの憧れというか夢が壊れてしまったらしく(笑)
テレビの外と中で違うということを認識することが出来た、と。

いんだか悪いんだかって感じですね。


今回の巻末漫画は、上で書いたように狼谷先生と蛇原先生の若いころの話。
というか、ここって結構年の差あるのかな?
狼谷先生は蛇原先生の教え子だったっぽい。うーん蛇原先生の作る卵焼きの味を受け継いでいるあたり離婚した理由が本当に気になる。
(ちなみに狼谷くんのプロフィールに卵焼きは甘いの派ってあるのに滾った)


高校生組と兎田さんのプロフィールが今回明かされているんですが、竜ちゃん男子の中だと1人小さいんですね。
狼谷くん174、山羊くん177、根津くん176(ちなみに兎田さんも176)だけど、竜ちゃん166なので。
女子は猪又さんは164、牛丸さん156とまあ普通なのかな。
まあ高1だしまだまだ伸びるよ、うん。
(でもこの作品サザエさん時空なので……)

次巻の発売は秋。
虎太郎が1人でお泊りするらしいです。ソワソワしてる竜ちゃんが目に浮かびますね(笑)
楽しみです。

拍手[6回]

学園ベビーシッターズ 10

学園ベビーシッターズ 10/時計野はり
保育ルームに春到来! 皆とのお花見を計画する竜一達だが、当日あいにくのお天気とトラブルに見舞われて!?
そして春は恋の季節♥ ところが女装した竜一に恋していた犬井先輩は、失恋のショックから立ち直れず傷心中。
そんなある日、ベビーズとお散歩中の竜一を見かけ…?


昨日購入してきた学ベビ最新巻、早速読みました。
今回の表紙は犬井先輩と虎太郎ですね。


【51話】から【56話】までと、【特別編】、さらに【巻末おまけ漫画 猫田さんと犬井先輩のちょっと前(の話)】が収録されています。


まずは、【51話】
根津くん家の恭子ちゃんが、保育ルームで怖い話をしてくれたことから始まります。
元々は吉・末吉くんたちから借りたってことらしいんですが、小学校中学年くらいってなぜか怪談はやりますよねー。
学校の怪談」とか「怪談レストランシリーズ」とかそれくらいの時期にはやっていた記憶があります。

恭子ちゃんが話してくれたのはよくある花子さんだったものだから、鷹くんは怖がってしまって一人でトイレにいけなくなってしまいます。
(ちなみに他のベビーズはだいたい怪談を理解出来なかったよう)

蛇原先生と狼谷くんの過去話もちらっと語られているんですが、本当によく似た兄弟ですよね。

狼谷くんの言葉で、鷹くんは再び一人でトイレにいけるようになるわけですね。


【52話】。お花見の話です。
お花見の計画をたてるものの春の嵐に皆の風邪が重なって計画は延期になってしまいます。
それに気を落とした虎太郎のために、竜ちゃんが2人で桜を見に行き、お見舞いがてら桜をみせてあげる話です。

今回、猪又さんの登場はこの回だけです。
「風でパンツ見えそう」なんて思ってしまった私は汚れてるんだろうなぁ……。
けど、結構きわどいところまで見えちゃってるから竜ちゃんは真っ赤です。
猪又さんは視界を遮られていたため、パンツ見えそうだったことは気づいてないみたいですが。
(気づいてたらこんなしゃべってられないよなぁ)

その後、虎太郎と竜ちゃんも風邪をひいてしまい、再延期。
お花見をした時には葉桜になってしまっていたようですが、楽しかったようで何よりです。


表紙はこの【53話】の内容から来ていますね。蝶々と虎太郎と紙袋!
犬井先輩が主役の話ですが、犬井先輩の紹介文からしていろいろひどい(笑)

「春といえば恋の季節
 そして(残念な)恋といえば犬井先輩です」

その通りだし、笑っちゃったけどもうちょっとどうにかならなかったのかと。

この犬井先輩って良くも悪くも男子高校生なんですよね。
恋に一途で、好きな子で端から見たら痛々しい(けど本人は真剣)妄想をしたり、衝撃の真実を知っても諦めきれなかったりとそういうの。

で、失恋の傷が痛むから保育ルームに関わりたくないんだけど、根が優しいから虎太郎が一人でいるところに出くわしてしまうと放っておけないというわけです。

でも、素面で出ていく勇気はないから手近にあった紙袋をかぶってしまう、と。
おめんちゃん再びです(1回目は3巻参照)
本人も気づいてるけどテラ不審者www

あの見た目不審者そのもののおめんちゃんに、虎太郎の言葉一つで疑いもせず感謝の念を告げようとする竜ちゃんもすごい。
(兎田さんはおめんちゃん=犬井先輩って知ってるからなぁ)


次の【54話】は根津くん家の双子の話。
小学校3年生くらいなのかな?
吉くんと末吉くんです。

作者曰く、狸塚家の双子では小さすぎて出来ないことをしたかったということで、今回は恋愛話が絡んできます。

小学生ってなぜかサッカー出来る男子がもてるんですよね。
吉くんの思い人である理須崎(りすざき)くるみちゃんが「末吉くんの方がサッカー上手でかっこいいから末吉くんと結婚したい」みたいなことをいったものだから喧嘩に発展していしまいます。

この双子からすると山羊くんは本当に敵認識なので、山羊くんのおかげで仲直りできたわけですね。
けど、それを根津くんに教えちゃったものだからガチギレされてるんですが、いいのかな?
まあ本人は双子の可愛い姿を見れて幸せそうだからいいのかもしれません。


【55話】は、理事長と犀川さんが出張で一週間家を留守にする話。

テレビのニュースで顔をしかめてしまった竜ちゃんを慰めてあげようと虎太郎ががんばります。
そのニュースというのが、飛行機の墜落事故。
竜ちゃんと虎太郎の両親がなくなったのも飛行機事故でした。

朗らかに日々を過ごしている竜ちゃんですが、やっぱりそういう直接的に事故を思い出させるものを見てしまうと動揺してしまうんですね。
それを癒してくれるのはやっぱり虎太郎ですからこの兄弟は共依存みたいなものなんだろうなぁ。


【56話】はビニールプールで遊ぶ話。
水を怖がる数馬くんの話がメイン。
……のはずなんですが、上半身裸で牛丸さんを、上半身裸+エプロンで犬井先輩を惑わせる竜ちゃんはすごいな、と。

ぶっちゃけ、プールより野球部の練習で死にかけて凶悪面さらして狼谷くんの方が怖いと思うんだけどな。


【特別編】は以前虎太郎が蒔いていたイチゴ(7巻)が実をつけ収穫するまでの話。
理事長が一度雑草と間違って抜いてしまった奴ですね。
ワイルドベリーは生で食べるものではなくジャムなどにして食べる種類らしく、今度は量産を犀川さん先導で目指すそうです(笑)


恒例2ページ【巻末おまけ】
まだ犬井先輩がみどりちゃんママのゆかりちゃんに惚れていた時代の話。

彼氏に二股かけられて、メイクぐっちゃぐちゃになりながらも教室で泣いていた猫田さんが、犬井先輩の言葉で救われる話。
本人の意図するところじゃないから決めきれないのは犬井先輩だから仕方ない、って感じでしょうか。
この時点では恋まではいってないと思うんだけど、時間の問題かな?


次巻は来年春発売予定。
きりんちゃんがプリキュア的なアニメにはまるようです。
変身ポーズが2人でやるものらしく、ねだられて断りきれなかったであろう猪又さんが赤面しながらつき合ってあげてるコマが次回予告に載ってます。
2人ともかわいくて、発売が楽しみです。

拍手[3回]

学園ベビーシッターズ 9

学園ベビー シッターズ 9/時計野はり
七夕を迎えて短冊にお願いごとを書く保育ルームの仲間たち☆ 一人興味のないだが、何気なく「甲子園出場」を願うと野球部がまさかの快進撃!! その様子を見たは …。さらに休日の狸塚家では、拓馬数馬がはじめてのおつかいに挑戦! コンビニへの大冒険は果たして!?


先日購入してきた学ベビ最新刊読みました。
いやー、相変わらず可愛い!


【45話】【50話】までと【巻末おまけ漫画 牛丸ゆきちゃんの恋日記】が収録されています。


まずは、【45話】
あらすじにもある七夕の話です。

兎田さんじゃないですけど、狼谷くんが野球部と兼部してるってことは知ってましたがすっかり忘れてました。

うーん、ここ突き詰めると結構重たい話になりそう。
ニュアンス的に狼谷くんの実力はかなりのもの。一報、森ノ宮の野球部は弱小で、なぜここにいるの?ってぐらいレベルが違うっぽい。
狼谷くんが野球を大好きなのは小出しにされてます。それなのに、強豪校に進まなかった理由はなぜなんだろう、と考えてしまうと……。
両親ともにこの学園の教師をしていることとか何かしら関係あるんでしょうけど、特に触れられていないんでわかりません。
ちょっと気になってしまいました。

そして、いったいどこまでが短冊効果だったんでしょうね。


【46話】は狸塚家の双子がはじめてのおつかいをする話。
おつかい内容は「マンションの隣にあるコンビニで牛乳を買ってくること」。

はじめてのおつかいにしては、距離が短いなぁ、って気もしますがまあ可愛いからいいよね(笑)
今回は根津くんのファインプレーがかっこよかったです。
双子が落としてしまったお金をさらっと立て替えてあげるあたりいいお兄ちゃんだなぁ、と。

たぶん、竜ちゃんなら一緒になって一生懸命探すんだろうななんて想像してしまいました。

いつものこととはいえ、狸塚さんが非常になさけなかったです(笑)


【47話】は体育祭の話。
狼谷くんがさらりと1位をとってしまうのはやっぱりさすがだなぁ。
でも、竜ちゃんはそう簡単に1位を取れないあたりがものすごくらしいな、と。

そして、牛丸さんがやっぱりほけがみの花巻さんと似てる。
ドジっ子なところとか、頑張りが空回りしてしまうところとかすごくそれっぽい。

それでも、リレーできちんと1位をとって兄としての面目を保った竜ちゃんはさすがです。


【48話】はきりんちゃんに女の子のお友達が出来る話。
きりんちゃんって保育ルームの中でほぼ紅一点なんですね。
みどりちゃんも女の子ですが、赤ちゃんなので一緒に遊んだりだとかはなかなか難しい。

で、この年頃だと男の子と女の子でしたいことが違うので――男子がヒーローごっこやってる横で女子はおままごとやってるイメージとでもいいましょうか。
きりんちゃんと男子でしたいことが違うので、竜ちゃんたちが気を配ってあげてもその辺は限度があるわけです。

そこに偶然、山羊くんが女の子を連れてきてくれるわけです。
根津くんの妹で小1の恭子ちゃん。 きりんちゃんからしたら、お姉さんもお友達も出来てとすごく楽しそうなんですね。
けど、吉くんと末吉くんが恭子ちゃんを助けに(山羊くんは双子からすると変態で敵認識)きて恭子ちゃんを連れ帰ってしまうわけです。

この子はきっと定期的に遊びに来てくれそうなので、きりんちゃんにとってもすごくいいことなんでしょうね。


【49話】【50話】は竜ちゃんのテスト勉強の話。
1巻の感想に『自分のことを後回しにして、テスト勉強できなくてひどい点とっちゃいそうな感じ』とか書いてたんで すが、理事長たちはその辺はお見通しだったようです。

まあ、一応"ベビーシッター部"でしたっけ?
学内の扱いは部活動なので、きちんとテスト休みを与えられたよう。

その間の虎太郎の面倒は、犀川さんが見てくれるってことなんですが本当この人よくわからんなぁ。
テスト終了後に「好きな食べ物」でずらずらとあげられたものもよくわかりませんでしたが。

虎太郎たちも一生懸命、ひらがなの勉強してるわけですがそれで覚えたのが「りゆういち」の5文字だけってのが本当に竜ちゃん大好きだなぁ、と。


【おまけ漫画】はその名の通り、牛丸さん視点の話。
2ページしかないんですが、こちらも可愛すぎて思わずにやけてしまいました(笑)
授業中の一コマなわけですが、狼谷くんの冷静なツッコミにやられた。


巻末に人気投票の結果発表も掲載されています。
個人部門とペア部門とあったようなんですが、どっちも鹿島兄弟が1、2フィニッシュしてるあたりさすがだと思いました。
犬井先輩への総評は「生温かいコメント多し」とあって思わず「だろうな」とつぶやいてしまいました(笑)


次巻は今年秋発売予定。
鷹くんのトイレトレーニングやお花見の話あたりが収録されるよう。
そして、犬井先輩がいのまたさん(竜ちゃんの女装)への思いを捨てきれず葛藤している様も描かれるよう。
ぶっちゃけ、犬井先輩の話が気になって気になって仕方ないです(笑)
楽しみに待ちたいと思います。

拍手[5回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR