忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】朝香 祥」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

ホーンテッドスクール ~高原御祓事務所始末記~

ホーンテッドスクール ~高原御祓事務所始末記~ (高原御祓事務所始末記シリーズ) (コバルト文庫)ホーンテッドスクール ~高原御祓事務所始末記~/朝香祥
発端は江戸時代の非道な殺人事件、殺された者達の祟り。怨霊封じの御神木。もちろん伐採は代々禁じられてきた。そんな曰くを敷地に持つ学校が高原御祓事務所に依頼にきた。真悟の志望校星南の近くにある賀陽学院である(『禁忌(タブー)に触れてはいけません』)。一方、星南の女子更衣室では不気味な呻き声を聞く生徒が急増し…(『神さまの配剤』)。「学校の怪談」二篇。御祓屋たちの活躍がはじまる。


御祓屋シリーズ第3弾にして最後です。最後なんですが朝香祥さんの作品3つめなのでカテゴリ作成しました。
ひどく続きが気になる終り方をしているのですが、続きは出てません。

最後の謎の人物によるメールはいったいどういうことだったんだろう。
私、ずっとこのメールって三沢くんが作成したものだと思っていました。
実際は誰かわかるような描写はないんです。
多分、作中でパソコンをいじるシーンがあるのでその印象が残っていたので脳内で勝手に結び付けていたんだろうな。

作者もあとがきで「またこの二人を書くかは不明」って言ってますし、もう書かれないんでしょうけど、続き読みたかったなぁ。


『禁忌(タブー)にふれてはいけません』
御神木を移動させたことにより、おこった怪現象をどうにかしてほしいという依頼の話。

「伐採はダメでも移植はOK」と解釈した理事長がすっごいな、と。
霊の存在が普通に信じられていて、御祓師が弁護士程度に一般的な職業として存在しているという世界観であるはずなので、高名な僧侶(だったかな?)の言葉をそこまでないがしろにするものかなぁ、とちょっと違和感を覚えました。

前巻、セカンドステップで銀行強盗に人質として捕らわれていた少女が登場するんですが、こういう展開結構好きです。
というか、この話お金持ちの登場割合高くないですか?
だからなんだ、って訳じゃないんですけどね。

透さんが真悟の復学先を勝手に決めていたりするんですが、この兄弟お互いを思いやりすぎです。


『神さまの配剤』
真悟が通うことになった学校で14年前に行方不明になった少女の霊を探す話。

真悟が無駄にひっぱたかれたりするんですが、すごく真悟らしかったです。
ひっぱたいたのも、真悟がはからずもかばうことになったのもどちらも少女だったんですが、これ少年だったらどうなってたのかなー、とちょっと気になりました。
真悟がフェミニストなのは前巻でもかなり触れられていましたからね。

途中、教師って14年も同じ学校にいるかな?と疑問に思ったんですが、そういやこの学校私立って設定でしたね。
私立ならまだありかな?
私立高校って未知の領域なんでよくはわかりませんが、ありっぽそうですよね。

少女の存在が明らかになることで多くのものが救われたかたちになったこの話。
よかったです。


あらすじで「学校の怪談」って銘打たれてますが、まったく“それ”っぽくなかったです。
まあ学校を舞台にした怪現象、ですからあながち間違っていないのかもしれませんけどね。



そろそろ平日に読めるような軽い本が少なくなってきました。
うーん、あとは何が残っていたかなぁ。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

セカンドステップ ~高原御祓事務所始末記~

セカンドステップ 〜高原御祓事務所始末記〜 (高原御祓事務所始末記シリーズ) (コバルト文庫)セカンドステップ ~高原御祓事務所始末記~/朝香祥
南雲家の除祓に成功した透と真悟の高原兄弟。しかし、真悟は限界を超えた霊力の行使で意識不明になり、ある病院に運ばれてきた。意識も戻り退屈を持て余していた頃、「実は、出るらしいんだ、この病院」と、顔見知りになった入院患者に聞かされた真悟。わざとらしく驚くふりをしたものの、状況は深刻らしい。院内を視て回った真悟が目にしたものは、生身のものではない、一人の少女の姿だった。


これの続編で3編収録されてます。
これから読んでも大丈夫です。
実際私も、2巻3巻を読んで何年もしてから1巻を読んだ口です。
図書館に1巻だけなかったからなんですが、疑問に思う点はいくつかあるものの読めないことはないです。


『休日営業inホスピタル』
病院で少女とその母親を救う話。

心霊ものの大定番、病院が舞台です。
前巻で真悟が入院しているところで終わっていたと思ったのですが、その病院です。

生霊ともまた違うのかな?
霊の正体にはちょっとびっくりしました。

真悟が女性にあそこまで優しい理由がちょっと気になります。
いくら女手一つで育ててくれた母のいうことだから、といってもなぁ、と。

透さんが怒れることにも驚きました。


『à quatre mains』
音大生の邪霊を祓う話。

音大生とそのイトコが登場するわけですが、無意識の産物のつけを払わされるわけです。
それに透さんが自身を重ねてしまって真悟にぶちぎれられるんですが、真悟は笑いながら怒るイメージというか。
怒っていながらどこか冷静な部分が残っているというかそんなイメージがあったので、それにも驚きました。

ピアノを弾いているシーンはとても楽しそうでした。


『よくない木曜日~あるいは、実にささやかな序?~』
銀行強盗に巻き込まれる話。

真悟の演技力に笑ってしまいました。
顔と名前を一致させるのも得意で、話術も得意。営業とかやらせたらそうとう上手そうですね。

透さんと真悟の信頼しあう姿に「なんかいいな」と思わされました。
この出来事がきっかけで『ナントカ係』になるわけですが、はからずも南雲さんのてのひらの上な感じ。

そして、今回も市橋さんの透さんに対する愛(笑)にびっくりです。
この人と張り合えるのはリボーンの獄寺くんかまるマのギュンターか、ってな具合ですね。
正直、暴走しがちな上2名より市橋さんの方が有能かも。

透さんの真悟にのみ働く“癒し”の正体はいったいなんなんでしょう。気になります。



明日は何を読もうかまだ未定です。
というか明日から10月なんですね、はやいもんです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

フェイクスイーパー! ~高原御祓事務所始末記~

フェイク スイーパー! 〜高原御祓事務所始末記〜 (高原御祓事務所始末記シリーズ) (コバルト文庫)フェイクスイーパー! ~高原御祓事務所始末記~/朝香祥
“霊”の存在が認知され、除霊を請け負う職業がポピュラーになった昨今。だが、弱冠十八歳にして高原御祓事務所を経営する高原透は、除祓能力を持たない“エセ御祓師”である。悪徳御祓師を摘発するために、国の監査が入ることになり、透たちは大アセリ。そこに、透の腹違いの弟と名乗る少年、矢野真悟がやってきた。透は除霊ができる真悟を雇うことに……!? 近未来ゴーストコメディ!


今日はラノベです。
このシリーズ3巻まで出ていて、続きがありそうな終わり方しているのですが続きは出ていません。
どこかで「大人の事情」だと見た気がするのですが、まあ基本的に1巻で完結している物語なのであまり問題はないと思います。


あらすじでは近未来となっているのですが、近未来っぽい要素はあんまりないです。
どちらかというと世界観はムヒョロジに近いのかな。
ムヒョロジでは霊犯罪の増加に対応するために魔法律家が存在し、この作品では御祓師が弁護士程度にポピュラーな職業として存在しています。
どちらも霊の存在が世間一般的に認められ、それに対抗する職業がスペシャリストながらも結構な数が存在するってところは一緒ですね。


主人公は透さんでいいのかな?
表紙でいうと後ろの方にいるお兄さん。この人は超がつくほどのお人よしで、急死した父の後を継いで御祓事務所の所長に。
でも、透さんには霊を祓う力が皆無。
所員たちも事務処理能力はともかく、除祓能力はないらしく悪徳とはいわないものの偽者御祓師だったわけです。


問題のある御祓事務所に国の監査が入るという情報やら、弟を名乗る少年が現れるわ……。
あっさり読めるのでそういう印象はないのですが、こう文章にするとけっこう濃いですね。


この作品、コバルト文庫から出てるので登場人物紹介があるのですが、そこに描かれているのは男性オンリー。
女の人は本編でもちらりとしか登場しません。

市橋さんっていう事務員というか秘書?が登場するんですが、この人の透さんに対する過剰なまでの心酔っぷりがすごいです。
登場人物紹介で「透命のその態度はやや危ない(!?)」とか書かれてますからね。
何があってああいう態度になったのかすごく気になるのですが謎のままです。

まあ所詮はサブキャラですし、メインである透さんと真悟のことが先に語られるのは必然ですしね。
仕方ない。

透さんと真悟の会話が読んでいて楽しかったです。
透さんがなれない人との会話が苦手で、最初はかなりどもっているのですが、気づくとすらすら話していて好きでした。

途中で、真悟がスパイだったことが明かされるのですが、ここからどういう展開に持っていくのだろうとすごくはらはらさせられました。

最後の病院での会話ですが、セリフだけならかなり萌える内容だと思うんです。
だけどなんでかあんまり萌えられなかったんですよね。
やっぱり三人称で感情移入がしづらかったからでしょうか。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
13 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR