忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】巣田 祐里子」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

ソラとアラシ 1、2/逢魔警察 ソラとアラシ 1~3 

ソラとアラシ 第1巻 (あすかコミックス)ソラとアラシ 1/巣田祐里子
人間会に妖魔が現れるようになった時代。そんな世の秩序を保つために作られたのが、「逢魔警察(おうまがけいさつ)」!
この対妖魔専門機関でバイトをしている運動神経まるでゼロの高校生・空と、凶暴な人喰い妖魔の嵐。正反対なこの二人がコンビを組むことに…!!
ソラとアラシ 第2巻 (あすかコミックス)ソラとアラシ 2/巣田祐里子
「逢魔警察」の一員になり、凶暴狼獣の嵐とコンビを組んだ空。だけど「人間」と「妖魔」の壁の高さに苦悩する日々で…。そんな時、嵐の封印された力が、ひょんなことで空の体内に宿ってしまった! 幸か不幸か、離れられない2人になっちゃった…!?
逢魔警察 ソラとアラシ 第1巻 (あすかコミックスDX)逢魔警察 ソラとアラシ 1/巣田祐里子
人間界と妖魔界がつながってしまった時代の秩序を保つために作られた「逢魔警察」。その中のエリート養成期間OZで服役囚(&終身刑)の凶暴狼獣・嵐を相棒(パートナー)に、日々奮闘する運動神経ゼロの高校生、一条空だったけど……。
「君&おまえ」を守るって決めたんだ……。
人喰い妖魔×フツー高校生コンビが、今日も大活躍(大騒動)!?
逢魔警察 ソラとアラシ 第2巻 (あすかコミックスDX)逢魔警察 ソラとアラシ 2/巣田祐里子
運動神経ゼロの高校生・一条空と服役囚(&終身刑)の人喰い狼獣・嵐は逢魔警察一のアンバランスコンビ。ある日、空の体内に宿ってしまった「嵐の力」が消滅の危機に…!? でも、嵐の気持ちを考えると告白できない空…。こ・れ・が…最大最悪の事態を引き起こすキッカケに!!
 「相棒(パートナー)に隠し事するよなヤツ、組むのは無理だ」
さてさて、コンビ崩壊の大ピ~ンチ!!
逢魔警察 ソラとアラシ 第3巻 (あすかコミックスDX)逢魔警察 ソラとアラシ 3/巣田祐里子
運動神経ゼロの高校生・一条空と服役囚(&終身刑)の人喰い狼獣・嵐は逢魔警察一のデコボココンビ。ひょんなことから体内に宿った「嵐の力」で様々なピンチを切り抜ける空。コンビ力も高まってきた、そんなある日空の体にオドロキの異変が起き始め…そして!?
千尋×陽太コンビのその後が読める描き下ろし番外編も収録!
衝撃と感動の最終巻!


本当はタイトルごとに紹介しおうと思っていたのですが、事実上続編なのでいっぺんに紹介してしまいます。
というかこれで巣田さんの作品紹介するの3記事目ですね。これ以上増えることないと思うんですが、一応カテゴリ作ろうと思います

世界観は人と妖魔が共存するもの。
共存といいつつも妖魔は人にはない力を持つわけですから、若干恐れられているってのが現実。
表紙に登場しているアラシみたい人間じゃないと一目でわかるのもいれば、普通の動物そっくりなのもいれば、申告されない限り妖魔だとわからないような人型まで種類はさまざま。

そんな対妖魔対策機関「逢魔警察」を中心に物語は進んでいきます。


主人公はタイトルのとおり、ソラとアラシの2人。
アラシは元々服役囚で、ソラの兄カイと組み、パートナーとして社会奉仕活動の一環として逢魔警察に協力していたと。
ある日、カイが妖魔に殺されてしまうんです。いろいろあって兄の死の真実を知りたいと思うようになり、現場にいたアラシとコンビを組み一緒に事件を解決していくようになります。

ソラは高校生って設定で一応バイトなんですよね。
だから一応部署的にはOZ――現場実習ゼロ課(オンザスポットトレーニングゼロセクション)なるもので未来のエリート捜査官養成部署の一員ってことになってます。
まあ、その辺はとくには問題じゃないかな。


昨日ツイッターでも呟いていたんですが、この作品を読み終わった感想としては「え、これってBLじゃないの?」でした。
ソラとアラシのコンビ、陽太(ひなた)と千尋のコンビがものすごくそれっぽいんですよ。
裏表紙に簡易相関図があるんですが、コンビのマークにハート使ってみたりしてて関係者の中に絶対狙っている人いるよな、と思ってました。

残りのコンビである椿とメルはメルが幼すぎるからなのかそういう対象には見えませんでしたけど。
コンビ関係なく気になったのは風祭さん。あの人の毒はすごい性質が悪い(笑)
ああいう引っ掻き回され方は好きなのでいいんですけど。

ソラとアラシが少しずつ絆を育んでいき、ソラが振り回されているようにしか見えなかったのにいつの間にかソラが振り回すようになったりしているのですからすごいです。
もうアラシはソラに逆らえないんだろうなと思って最終回を読んでいました。
きっとなんだかんだ文句をいいつつも従って守っていくんでしょうね。

一方、陽太と千尋のコンビは読んでいてすごく悲しくなってしまいました。
初登場時から良好な関係を築いていたこちらのコンビ。一見依存しているようにはまったく見えない2人ですが、実はお互い依存していたというか支えあっていたというかそんな感じ。
この2人に与えられる試練はすごくきっつい。
記憶消去ネタとかよくある展開なんですが、やっぱりね。仲が良かったころを知っているだけに見ていると辛くなってしまいます。

私は単行本しか読んでいないので特に問題なかったのですが、この2人に今後が示される番外編って書き下ろしなんですね。
連載しか読んでいなかった人にとっては、もやもやだったろうなぁ。

最終的にソラの高校卒業し、逢魔警察の一員として働くことになるってところまで描かれていてこれから先が想像できる感じですね。
アラシに力が戻っていくことで開いてしまった身長差(というか外見年齢?)がなくなっていてなんかいいなと思いました。

後半とか全然覚えてなくてそれなりに楽しめました。おもしろかったです。

拍手[0回]

異界繁盛記ひよこや✡商店 4~6

異界繁盛記ひよこや・商店 第4巻 (あすかコミックス)異界繁盛記ひよこや✡商店 4/巣田祐里子
陸をかばった皐月が、妖刀「闇桜」の聖霊に身体を乗っ取られた!
日ごとに衰弱する皐月を救うため、陸たち兄弟は必死に手をつくすが――。
緊迫する「闇桜」編のほか、涙と笑いと愛が詰まった第4巻!!
異界繁盛記ひよこや・商店 第5巻 (あすかコミックス)異界繁盛記ひよこや✡商店 5/巣田祐里子
相変わらず日本の学校と異界ヤマトを行ったり来たりの陸。
年末年始は兄弟とゆっくり…と思いきや、セールやら年越し準備やら受験やらで大忙し☆
そんな中、顔も知らないお母さんのこと、五男・皐月の眼帯の秘密などが明らかに…!
異界繁盛記ひよこや・商店 第6巻 (あすかコミックス)異界繁盛記ひよこや✡商店 6/巣田祐里子
陸のツナギの力に異変が…なんと、他人の心の声が聞こえるようになってしまったのだ!!
しかも、そのことが家族に知られてしまい、「ひよこや」の皆との間に溝ができてしまう…。
陸は「ひよこや」にもういられない!? 感動の最終巻!!


宣言通り、昨日の続きです。
あらすじにもあるとおり、全6巻で終わりです。


4巻には【其之二十一 ウサミミ族図書館】【其之二十二 闇桜・覚醒】【其之二十三 水の底でサクラ咲く】【其之二十四 進路、どーする?】【其之二十五 5年分の贈り物(プレゼント)】【其之二十六 トラブル★フェスティバル】【其之二十七 夜叉と神楽院】【番外編 「ひよこや」の一日 】が、
5巻に【其之二十八 突撃!水野一葉】【其之二十九 お母さんの商品】【其之三十 「ひよこや」の年末】【其之三十一 あけまして窃盗団】【其之三十二 ひよこやVS受験生】【其之三十三 突撃ウサミミ魔法都市】【其之三十四 石の記憶】【番外編 慰安旅行だよ!ひよこや✡商店】
6巻には【其之三十五 豆風邪発生!?】【其之三十六 お父さんってどんな人?】【其之三十七 早春!見合い注意報】【其之三十八 タヌキの置き土産】【其之三十九 ファースト♥バレンタイン】【其之四十 春の一日】【其之四十一 オワリのハジマリ】【其之四十二 決断しました】【其之四十三・最終話 石に還る】が収録されています。


一応6巻で完結なんですが、ちょっと不完全燃焼って感じです。
当時応募者全員サービスで後日談などを収録した内容的にはけっこう盛りだくさんっぽい小冊子があったらしく、そちらまで見ていればまた変わっていたのかもしれません。


日本へ逃避行中だったツナギ能力者・神楽院くんと聖霊の夜叉を連れ戻そうとした者たちによって、間違えて水野ちゃんがヤマトへつれて行かれてしまったりします。

水野ちゃんに異界の存在が知られた時はいったいどうなってしまうのかと思いました。
しかもその異界で陸の好きな人を知ってしまい、なおかつ後押しすらしてしまうんですからね。
そのかわりに、皐月とフラグがたったのはびっくりしましたが、よかったんじゃないでしょうか。

まあ、今のところ言葉が通じないので意思疎通出来てるようで出来てないんですが、なんだかんだでうまくやっていくんだろうなぁ。


で、いろいろあって陸のツナギ能力がどんどん強くなってしまうんです。
聖霊石の影響で、人の心の内を知ってしまうようになって。聖霊石の影響なので、日本にいる間は問題ないんですが、それだとひよこ屋にいることは出来なくて。
せっかく再会した兄弟たちと別れなくてはならないのかと陸は悩みます。

でも、陸は兄弟たちと別れることができなくて。
サイカから「オレ様の故郷に行けば問題解決や!!」と聞き、それにすがります。

原石から召還されたサイカ(大)からその方法が示されます。
それは聖霊にツナギの力を返すこと。

陸の力は、ヤマトにいる限り成長しつづけるものなんだとか。
だから、日本にいる時は問題ないけれど今のような二重生活を続ける限り、力は育ってしまう。
ツナギ能力を封印する特別部屋にずっと入っていれば話はまた違うのかもしれませんが、そういう訳にはいきませんからね。

家族と一緒にいたい陸は力を返すことを即断します。
が、そうするとサイカを召還することができなくなってしまうんですよね。

サイカは笑顔でさよならをいう訳ですが、最後の最後、陸から力を奪ってから本当はもっと一緒にいたかったと。けど仕方ないからと。
思わずうるっときてしまいました。


ツナギの力を失って、サイカと別れてしまったけれど家族みんなでこれからも元気にやっていくんだろうな、と思わされる最後でした。
けどやっぱりサイカと別れたのが納得いかなくて。
もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ、と。

でも、サイカが入っていた聖霊石の招き猫自体はひよこ屋に残っているから、同じツナギである神楽院ならサイカを出せるんじゃないかとか思うところはあったりします。
もしかしたらその辺のこと前述の小冊子に書かれていたのかもしれませんね。

今となっては知るよしもありませんが、楽しかったです。

拍手[1回]

異界繁盛記ひよこや✡商店 1~3

異界繁盛記ひよこや・商店 1巻 (あすかコミックス)異界繁盛記 ひよこや✡商店 1/巣田祐里子
天涯孤独、あ~んど10歳までの記憶がまるでない中学3年生・深川りく。「家族」の記憶なんてまったくないけど平和に暮らしていた彼のもとに、ある日「兄弟」だと名乗るへんてこりんなヤツらが現れた???
異界(ヤマト)で彼らが経営する万屋「ひよこや」でアルバイトをすることになったりくだけど……!?
異界繁盛記ひよこや・商店 第2巻 (あすかコミックス)異界繁盛記 ひよこや✡商店 2/巣田祐里子
異界(ヤマト)では「ひよこや」のバイト、日本(こっち)では学園生活と大いそがしのりく。
ライバル店「越後屋」との騒動が一段落したと思ったら、りくの5年前(ヒミツ)を知っているらしいロクデナシの三男坊・三笠が帰ってきて――???
異界繁盛記ひよこや・商店 3巻 (あすかコミックス)異界繁盛記 ひよこや✡商店 3/巣田祐里子
異界(ヤマト)と日本(こっち)の二重生活にもなれてきたりくに、イキナリ退学の危機が!?
受験生にあるまじき大騒ぎの毎日を、あつ~い兄弟愛に支えられ家族の絆を深めていくりく。
そんなある日、同い年の兄・皐月のうしろに不吉な暗い影が――。


大江戸を読んで、どことなく世界観が似ているなと思っていたこの作品を思い出して引っ張りだしてきました。
改めて読んでみたらいうほど似ていませんでした。やっぱり記憶って結構曖昧なんですねー。


1巻に【其之一 再会、桜吹雪】【其之二 ゲンロクの町】【其之三 君を迎えに】【其之四 招かざる猫】【其之五 木花★日本デビュー】【其之六 聖霊(サイカ)様降臨】【其之七 まだまだサイカ様、降臨中】が、
2巻に【其之八 越後屋、来襲】【其之九 お嬢、参上】【其之十 誕生日の封印】【其之十一 第3の男】【其之十二 ホントのチカ】【其之十三 5年前の光景】【ファンタジア王国魔法騎士団Jr.】
3巻に【其之十四 学校へ来よう!】【其之十五 食虫花を買いに】【其之十六 風雲! ゲンロク城】【其之十七 二つの世界】【其之十八 お隣ですね♥】【其之十九 ドキドキ林間学校(キャンプ)♥】【其之二十 妖刀・闇桜】【特別番外編♪】が収録されています。


物語はあらすじにもある通り、天涯孤独だと思われていた少年・陸が自身は元々異世界・ヤマトの住人であることを知り、ヤマトに住む兄弟たちと再会しワイワイやっていく話です。

兄弟たちが経営する万屋「ひよこや」。音は銀魂と同じですが、あちらが「なんでもやります」であるのに対し、こっちは「なんでもそろいます」というもの。
異界の商品に驚きながらも、店の手伝いをしていく中で様々なことがおきるんですね。
基本、ほのぼの陸総愛され。BL的な意味じゃなく家族愛的な意味で。


登場人物たちはかなり個性豊か。
ひよこやの若旦那で過保護な長男・壱也、魔法が使え伸縮自在(?)な次男・双葉、
カラスでろくでなしの三男・三笠、なかなか食えない四男・椎、
陸と同い年でちょっと短気な五男・皐月、
そして5年前に記憶喪失かつ行方不明になっていたツナギ能力者の六男・陸。

その他にも番頭の澪とか従妹の木花(このはな)に聖霊石のサイカや、
ライバル店越後屋のお嬢さま・果梨に、陸に思いを寄せている日本の少女・水野ちゃんなど。
メインとなるのはこれくらいかな。

ちゃんと女の子が出ているのにも関わらず、兄たちが陸のこと大好き、というか過保護なので正直ちょっとかすんでいます。
もうちょっと進めばまた印象も変わるはずですが。
まあ、5年も行方不明だったわけですから、またいなくなられちゃたまらないってのもあり、兄たちが過保護になるのもわからなくはないんですけどね。


聖霊石ってのは聖霊が宿る魔石で。その聖霊を石から出したり、聖霊と合体したりできる人のことをツナギというんだとか。
力を使うとひどく体力を使うらしく、幼いころの陸は、結構な頻度で具合を悪くしていたらしく、それが過保護に拍車をかけているんですよね。
さらに、聖霊石に関わると基本トラブルに巻き込まれるわけですから余計です。

でも、陸自身はしっかりもので世話好き。
本人からしたら家族から心配されるのは嬉しいんだけど、信用のなさを示すようで微妙な気分になってしまうんですよね。

なんとなくは覚えているんですが、細かなところは忘れているのでなかなか楽しめます。
この作品全6巻なんですが、後半は今週中(早ければ明日)にでも紹介できたらいいな、と思います。

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR