忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】筑波 さくら」の記事一覧

目隠しの国 8、9

目隠しの国 8/筑波さくら
温泉旅行も無事に終了。ツキがあるのかないのか、微妙な日々を過ごす並木だが――。一方、"力"の事実が親友エリに優しく受け入れられ、ほっとしたかなで。それも束の間、火事を見つけたかなでは現場へ…。この騒ぎの中、あろうのとったある行動をエリが目撃してしまい!?
目隠しの国 9/筑波さくら
母が最後に暮らした場所でもあるの家で、過去を見てしまったあろう。それは辛い思い出だったが、母に愛されていたことも同時に思い出す…。そして、その時の事件がもとで、あろうの『力』が強くなったこと=『目隠し』がとれたことも明らかに。それを知った宗は――!?


前巻を紹介したのが2月のことですから、ちょっと間があいてしまいました。
こんなにあけるつもりはなかったんだけどなぁ。


8巻には【31話】【35話】、9巻には【36話】【40話】最終話までが収録されています。

並木さんやあろうくんの誕生日を祝ってみたり、ダンスパーティーの準備や当日を楽しんでみたりと平和な話もある一方で、後半はめちゃくちゃ重い。
作者が柱でかなり気にしてましたが、過去に読んだときはもっと重い印象があったので逆にあれ?となってしまいました。


あ、あとあらすじにもある通り、エリちゃんにあろうくんの能力がばれてます。
前巻のかなでっちゃんの能力を受け入れたときも思ったんですが、エリちゃん本当に男前です。
かなでっちゃんとあろうくんへの対応で触れることに対して違いがあるのは、二人の能力レベルの違いが原因なのかな?

あろうくんの目隠しはどこかへ行ってしまった状態で、一方、かなでっちゃんはたまに目隠しがずれる程度の能力なので。
かなでっちゃんの未来とは違い、あろうくんが見る過去にはある程度予測が出来るから事故の直後であろうくんのことを思っての行動だったんだろうけどなぁ。
これはかなでっちゃんだから言える言葉ですね。


そして、前巻あたりから不穏な空気を出してた宗さん。
この人のせいでめちゃくちゃ重い話になっているといっても過言じゃありませんね。

この人の目的は自分の力を強くして亡くなってしまった自分の妹でありあろうくんのお母さんであり早苗を過去のヴィジョンの中に見ること。
宗さんの能力は、並木さんほど頑張らなくても2、3日程度の過去を見ることが出来るんだとか。
早苗さんが亡くなったのはもう何年も前のことで、宗さんはそれを見ることが出来ないわけですね。

で、あろうくんはショックからか早苗さんが亡くなった前後のことを覚えていなかった。
宗さんはショック療法とでもいうべきか、あろうくんにその『過去』を見せることで自身の力の強化に役立てようとしていたわけですね。

目隠しをなくしたきっかけは『大切な人の危機を救うため強く強く思うこと』。
だから宗さんは『大切な人』であるあろうくんを道路に突き飛ばそうとしてみたり、危機的状況を作り出そうとするわけです。
ですが、宗さんにとってあろうくんは『大切な人』だからそんなことが出来るわけがない、と。

正直、宗さんがなぜそこまで早苗さんを大切に思っているのかわからないので、そこまで感情移入できないのですが、宗さんがあろうくんを殺しかけるという最悪の未来を迎えなかったことだけはよかったと思います。


ラスト、雪山で遭難したかなでっちゃんを救うため、力を使いすぎて消えてしまったあろうくんが再び姿を現すところには鳥肌が立ちました。

エピローグ的な数ページになんかいいな、と思えました。
万人に受け入れてもらえるわけじゃないけど、それでもわかってくれる人はいる、一人じゃないというのはとてもいいな、と。


面白かったです。
この作者さんの作品、もう1シリーズ持ってるのでそれもまた折を見て紹介していけたらな、と思います。

拍手[1回]

目隠しの国 7

目隠しの国 7/筑波さくら
あろう並木達と一緒にお祭りに行き、そこであろうによく似た人物を見かけたかなで。そして人込みで消耗し、家で倒れたあろうの許に、何とその男が現れる!! 彼の正体とは一体? 一方、親友エリとの絆を強く感じたかなでは、遂に“力”の事を打ち明けようと決心して――!?


前巻を紹介したのが昨年10月のことなのでちょっと久しぶりですね。


【26話】【30話】と、並木さんと大竹さんの出会いを描いた【特別編】が収録されています。

今回はなんというか、うん?ってなるネタが多かったです。
不穏な雰囲気を運んできたあろうくんのおじさん・宗との同衾ネタとか、エリちゃんとかなでの関係とかそういうの。
あとはラッキースケベ的なあれこれもかな。

ちょっといつもと違うような?ってなりました。
ただ、宗さんが企んでいることがあまりいいものではなさそうなので無理にテンションあげてるのかなーなんて思ってしまいました。
あ、宗さんはあろうくんのお母さん・早苗さんのお兄さんらしいです。


作中時間軸は秋ということで、秋祭りに行ったり温泉にいったりしていってます。
かなでっちゃん、あろうくん、並木さん、エリちゃん、江沢くんの5人で行動するのが普通になっていてなんかいいなぁ、と。
今回、江沢くん関連の刃傷沙汰になりかけるんですけど、普通にOLと付き合っていたらしい江沢くんがすごいわ。


エリちゃんとかなでっちゃんの話は、なんというか……百合っぽかったです。
いや、作者はそんな意図をもって描いてはいないと思うんですよ。
ただ、妖アパ2巻を読んだときの感覚に近いものはありましたね。
ほら、長谷のアパート訪問からのクリを挟んで布団に一緒に寝てるときの会話。「泣きわめくお前が愛しかったよ」とかその辺。

昔は素直に友情として読めたものが、今じゃそういいう方向にしか見えなくなっているあたり腐るって怖いなぁと思いました(笑)


宗さんはあろうくんに何をさせたいのでしょう。
宗さんにとって妹であろう早苗さんがとても大事で大きな存在であることはわかります。
が、正直異常な気もする。これあろうくんが女の子だったらやばかったんじゃ?ってくらい不穏な雰囲気。
まあ、少女漫画でそんな展開になり得るわけはないんですがね。


この漫画も残り数巻になってきました。
最後どうなるのか覚えていないんで、楽しみです。

拍手[0回]

目隠しの国 5、6

目隠しの国 5/筑波さくら
夏休み、皆で海にやって来たかなで達。そこであろうは中学の同級生と再会し「バケモン」といわれてしまう。そんな折、かなでと並木が誤って海に転落! 海の水から二人を探そうと全ての"力"を解放するあろうだが…。過去と未来のシークレットロマンス「目隠しの国」第5巻!!
目隠しの国 6/筑波さくら
バスケ部の親善試合の日、かなで達は対戦にやって来た並木の弟・淳也と出会う。音信不通だった兄がかなでやあろうと笑い合ってる姿に、複雑な表情を見せる淳也。そんな彼が試合で大ケガする未来を、かなでは見てしまい――!? 過去と未来のシークレットロマンス第6巻!!


昨日は紹介できなかったので、今朝続きも読んで2冊いっぺんに紹介してしまうことにしました。


5巻には【16話】【20話】、6巻には【21話】【25話】が収録されています。
それぞれ犬が主役の特別編も収録されています。

あ、犬の名前が6巻で発表されています。どうやら当時雑誌で募集企画やったみたいですよ。
「まろ太」だそうですよ。

作中時間軸は夏から秋にかけてです。
5巻で夏休み中みんなで海へ行って、6巻で文化祭の話をやっているので。

5巻もあろうくんの、6巻は並木さんの過去に触れられています。
まあ、あろうくんに関してはもうちょっとあとでがっつり触れられるのでここではちょっとしか触れられていませんけど。

過去視をするようあろうくんにせまる元同級生・本間君が登場します。
あろうくんってようはサイコメトラーなわけですからね。エイジや絶チルの紫穂をはじめとしたサイコメトラーが、犯罪捜査に協力していることを思うと、そういう発想になるのはわかる。
でも、それはあろうくんの意思を総無視しているわけです。

中学時代の近寄りがたい雰囲気のあろうくんに近づいて声かけまくったというのも、能力がばれたあとも普通に接してくれたというエピソードからも彼が悪い子じゃないのはわかるんですけどね。
もうちょっとやりようがあったんじゃないかな、と思いました。

6巻は並木さんの話。
並木さんの能力はあろうくんとは逆に未来視。なんとなく予知とはちょっとイメージ違うんですが、未来を当てられるというのも怖いものなんですよね。

お母さんとの距離は、今すぐどうこうできるような距離感じゃないけど、弟・淳也くん相手ならどうにかなりそうなんですけど、どうかな。
並木さんといい、あろうくんといい自己防衛本能強そうというか、「相手に傷つけられる前に自分から離れる」って感じなんですよね。
だから、自分から近づいてくるかなでっちゃんや会長、まろ太あたりに弱いんだろうなぁ。

淳也くん、いかにも素直になれないお年頃っぽいけど生意気なだけで普通にいい子なんで、彼が架け橋になってあげて長い時間をかければ新しい家族の形を作ることが出来るんじゃないかな、と思いました。

過去視と未来視という真逆ながらも似た能力を持つ3人ですが、かなでっちゃんはとても恵まれているのだな、と読んでいて改めて思いました。
だからこそ、かなでっちゃんは躊躇いなく2人に手を差し出すことができるわけですね。
そして、2人はそんなかなでっちゃんに救われている、と。


巻末にドラマCDの注文方法云々のページがあるんですが、並木さんが石田彰さんですごく納得してしまいました(笑)
ちなみにあろうくんは関智一さんでかなでっちゃんは椎名へきるさんです。

もうそろそろ(もうちょっと先かな?)終わりが見えてくるんだと思うんですが、本当に大雑把なストーリーしか覚えてないので楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR