忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】時計野 はり」の記事一覧

お兄ちゃんと一緒 全11巻




お兄ちゃんと一緒 全11巻/時計野はり


先日の体調不良もあり目標達成がちょっと厳しそうなんで、10巻くらい一気読みできるのないかな?と探していたらちょうどいいのがあったんで、今日はこの作品です。
今思うと結構すごいタイトルですね。


非常に仲のよいシスコンブラコンの家族の話なんですが、この家族実はかなり複雑なんです。
というのも兄4人は父の連れ子、別れた男性との間に出来た子供を妊娠中に結婚したということなので、実は桜ちゃんと兄達は血が繋がっていないんですね。
それでも両親が存命中はそれもまた1つの家族の形だったでしょう。
が、桜ちゃんが3歳とかなのかな?幼いころに両親は亡くなってしまい桜ちゃんは母方のお祖母ちゃんに、兄弟は父方の親戚にバラバラに引き取られることになります。

そしてそれから10年近くが立ち、桜ちゃんのお祖母ちゃんが亡くなってしまい1人になった桜ちゃんのもとに4人のお兄ちゃんがやってきてと一緒に暮らしはじめるというところから物語が始まります。

1話の時点での情報が下記の通り。
長男・正(まさし)25歳、作家。1巻表紙右下。
次男・隆(たかし)23歳、国語教師。1巻表紙左上。
三男・剛(つよし)19歳、フリーター。1巻表紙左下。
四男・武(たけし)17歳、高校生。1巻表紙右上。
そして、桜(さくら)14歳、中学生。1巻表紙中央。

桜ちゃんと正お兄ちゃんを中心に描かれるファミリーコメディ→ラブコメです。
最終話で、桜の高校卒業まで時間軸は進むので、最終的には正お兄ちゃんってアラサーなのね……。


おもしろかったです。
11歳も離れたお兄ちゃんに恋をしてしまった桜ちゃんの葛藤だとかそういうのが描かれているわけですが、いかにも少女漫画って感じ(笑)

桜ちゃんが恋した正お兄ちゃんは表紙を見ただけだとちょっとわからないかと思うんですが、だいたい常に女装してるんですよ。そしてお母さんやらお姉ちゃんやらを名乗ることが多いんですが、やっぱりきちんと男性なんですよね。
ギャップにニヤニヤしながら読んでいました。


少女漫画の主人公ということもあり、桜ちゃんに思いを寄せているキャラは何人かいるんですよ。
で、そのうち鈴木くんがもうちょっと報われても良かったんじゃないかなぁ、と。
片桐くんや鳴々先輩が要領いいってこともあるんでしょうけどね。

柱でも触れられていましたが、片桐くんったら本当に要領よるぎてちょっとズルいなぁ。
中学生時代に桜ちゃんに告白して玉砕して引っ越していった片桐くんが高校生になって戻ってきて再び桜ちゃんにアタックし始めるものの、結局桜ちゃんを諦めて、長いこと自分を思ってくれていた園田さんとくっつくわけですよ。
まあ、園田さんの気持ちを思うとそれはそれでいいんですけど、なんだかなぁ。
そんなこんないっても片桐くん結構好きですけどね!


個人的に兄弟の中だと剛が一番好きでした(笑)
普通にかっこいいよ。ちょっと手(というか足だな)が出るのが早くて口が悪く、ツンデレ入ってるけど優しい人な訳ですし。

それ以外のキャラだと洋介くんとか結構好きでした。
武のために泣いてあげるあたりいい子ですよね。
あとは梅ちゃんとか。あの子はいい性格してます(笑)
鳴々先輩とかの自由人っぷりも嫌いじゃなかったです。


前述の通り、この作品は桜ちゃんが高校卒業するまでの話です。
正お兄ちゃんへ思いが通じたとはいえ、2人の、否、この兄妹の関係はあまり変わりなく5人で仲良くやっていくんでしょうね。
恋人である以前に兄妹であるということはきっと変わらないんでしょうから。

この兄妹の中で結婚とか出来そうなのって隆と武くらいでしょうか。
剛はリンちゃんがいる限り難しそうです。
リンちゃんといい、正といいこの作品の男性陣は女装が似合いすぎ(笑)

久しぶりに読みましたが面白かったです。
続きに各巻あらすじと収録話をのせています。


拍手[2回]

学園ベビーシッターズ 8

学園ベビーシッターズ 8/時計野はり
ある晩、「かぐや姫」の絵本を虎太郎に読んでやった竜一、かぐや姫が月に帰る結末にしょんぼりした虎太郎は、なぜか自分の好きな物をプレゼントする貢ぎ魔に!? 一方、牛丸さんからデパートでの買い物に誘われた猪又さんは友達とのお出かけ初体験にドキドキ♡ ところが――?


今回の表紙はきりんちゃんと山羊くん根津くんの幼なじみコンビです。
でも、本編には2人は登場してません(笑)


39話44話までと、【巻末おまけ漫画1 山羊くんの日常】【巻末おまけ漫画2 根津くんの日常】が収録されています。
巻末おまけ漫画2本は、表紙の2人が本編に全く登場していないがために「表紙の男の子2人が気になるわと手をとって下さった方がいたら申し訳ないので」ってことで書かれたらしいです。


まずは【39話】はあらすじにもある虎太郎が貢ぎ魔になる話。
かぐや姫の話って最後は月に帰ってしまうわけですが、それを聞いて虎太郎は「自分の好きなものを好きな人にあげたらみんないなくならない」みたいな思考回路になったんですね。
だから、色々と皆にあげまくるんですが、その根底に両親の記憶があって。竜ちゃんまでもがいなくなってしまうことを恐れているんですよね。
行為自体はすごく可愛らしいものなのに、切なくなってしまいました。


次、【40話】
兎田さんが鍵をなくしてしまったことから保育ルームを大捜索。2年くらい前の写真を発見し、猿渡先生と兎田さんが2人で母親教室に参加した過去を思い出す話。
妊婦さんの猿渡先生がえらい可愛い。
これは犬井先輩がほれちゃうのもわからなくもないなぁと見ていて思いました(笑)
というか兎田さんの犀川さん宅予想はあれどこのハンター?www
結局、兎田さんの鍵は抜き忘れていたってだけでした。
鍵をなくしたと疑われていたみどりちゃんは怒っていいよ。


【41話】は牛丸さんと猪又さんが買い物デートする話。
竜ちゃん、狼谷くん、虎太郎、鷹くんも同じデパートに買い物に来ていて偶然合流したりするんですが、初っ端からもう(笑)
新幹線の本を買って!と主張する鷹くんにを一蹴する狼谷くんなんだけど、兄2人は参考書を買いに来たらしいのに手にもってるのは漫画っていうね。もう可愛いな。
というかこの4人めっちゃ親子っぽい。もちろん竜ちゃんは母親です。
正直、猪又さんが真面目で本当に不器用な人なんですよね。あと、他人に頼るってことを知らない人でもあると。
ベビーズや牛丸さんたちと関わることで少しずつ柔らかくなってはきているからこれから先、もう少し楽に生きられるようになるんでしょうね。
というか、女子高生なのに携帯を携帯する習慣がないとか本当に真面目だな!?


【42話】は皆で温泉に行く話。
理事長のお友達が経営する温泉宿に招待されるんですが、「タダより高いものはない」と理事長はめっちゃ警戒してるんですよね。
でみんなで温泉入ってわいわいしてるんですが、なんというか、狸塚先生ったら!ってなりました。
さすがにタオル一枚で来ちゃダメでしょう。竜ちゃんも男子高校生だってこともわかってあげてほしいです(笑)

温泉に招待された理由は野性の猿に困っていて追っ払って欲しかったからってことらしいんですが、狼谷くんそういや野球部でしたね。
すっかり忘れてました。


【43話】は犬井先輩の話。
表紙候補でもあったみたいなんですが「犬井先輩はない」と判断されたようです。いーじゃん犬井先輩でって思った私は少数派なんだろうか……。

犬井先輩は女装した竜ちゃんにひとめぼれしていて、誤解を解こうとしたものの上手くいかなくて余計面倒なことになっていたんです。
今回、ようやく「いのまたさん」=竜ちゃんだってことが明かされる訳ですが、まだ色々危ないなコレ。
正直、顔はまったく変わってませんからね。ふとした瞬間にまたふらっとしそうです。というかもうしてましたね(笑)

うーん、犬井先輩のクラスメイト・猫田さんが明らかに犬井先輩のこと好きなのには気づいてないんだろうなぁ。
猿渡先生、いのまたさんと確かにゆるふわ系が好みっぽい犬井先輩の気をひこうとパーマかけてみたりと頑張っているようなんですが……。
頑張ってほしいです猫田先輩。

「狼に食べられる」ネタ、ベビーズは「狼少年」からの連想で、兎田さんのいう狼は「男は狼なのよ」的なアレで通じてないあたりちょっと笑ってしまいました。


【44話】は傘の話。
おばあさんが2人に傘を買ってくれるんです。竜ちゃんは折りたたみ傘で、虎太郎はパンダの可愛らしい傘。
で、虎太郎はパンダを濡らしたら風引いちゃうから傘がさせない状況になってしまって。
読んでいておじさんのかさを思い出しました。
最終的に雨に濡れる竜ちゃんを助けるために傘を差すわけですからこの兄弟は本当にお互いが大事なんだなと改めて見せ付けられました。


ラストは番外編2編【山羊くんの日常】【根津くんの日常】
前述の通り、本編に登場していないから描かれたこの2編なんですが、根津くんの苦労がしのばれる話です。
うーん、山羊くんがものすごく顔で得してるな、と(笑)
幼児の写真を見て鼻血出すような変態なのに、周りの女の子たちは「根津くん彼女の写真を見てとろけるような笑みを浮かべている」となるらしく。
でも根津くんは山羊くんの行動にどん引いて縁切りたいとまで思っているのに、ほうっておけないんだから優しい人なんですよね。


次巻は来年初春発売予定。3月かな?
七夕の話だったり、双子がはじめてのおつかいしたりするようです。楽しみ。

拍手[1回]

学園ベビーシッターズ 7

学園ベビーシッターズ 7/時計野はり
兎田さんが風邪でお休みの保育ルームに意外な助っ人・犀川さんが登場。ところが、ベビーズにアクシデントが起きて…? 一方、猪又さんとの友情が芽生え始めた牛丸さんにはある秘密が!! 嫌われたくないと隠してきた事実を竜一たちに知らせ、大切な恋と友情に危険信号!?


昨日購入してきた学ベビ、早速読みました。
今回の表紙は犀川さんと虎太郎です。


33~38話までと、【ゆるゆるおまけまんが みどりちゃんと兎田さん】【巻末おまけまんが おままごとにて】が収録されています。


【33話】はあらすじにもある通り、兎田さんが風邪をひいてしまい、助っ人として犀川さんが保育ルームにやってくる話。

そうなんですよね。竜ちゃんが手伝っているとはいえ、保育ルームに常駐しているのは兎田さんだけ。兎田さんに何かあるとこういう事態に陥ってしまうわけですね。
保育ルームがいつからあるのかはいまいち不明ですが、今までどうしていたんだろう?

犀川さんって、本当に不思議です。
というか、犀川さんの言葉って丁寧、というか回りくどい面があるので(笑)
あんな切れ方したら、さすがに兎田さんも気になるよなぁ。

みどりちゃんの言葉といい、ベビーズの言葉は兎田さんじゃなくてもニヤニヤしてしまいます。可愛い!


次の【34話】は牛丸さんと猪又さんが登場します。
竜ちゃんのことが好きな、牛丸さん。
猪又さんも竜ちゃんのことを好きなんでしょうが、こっちは無自覚なので三角関係にはならないんだよなぁ。
牛丸さんってほけがみの花巻さんっぽい立ち位置ですね。ほら、お色気シーン的な意味でお尻担当というか(違う)。

実は牛丸さん、小さい子が苦手なんだとか。
で、どうにかしようとチビーズと一緒に過ごすんですがうまくいかなくて……。

多分、牛丸さん一人っ子なだろうなぁ。竜ちゃんが言っていた通り、あの手のことは小さい子が側にいると慣れます。
私、弟とけっこう年が離れているので、おむつ替えたりミルクあげたりしたわけですがやっぱり大変なんですよ。
でも、可愛いのも確か。

牛丸さんにとって、この出来事はいろんな意味で大きなきっかけになったんじゃないかな。
猪又さんと一緒にまた登場してほしいものです。


【35話】は犬井先輩再登場です。
文化祭の時に立っていたフラグ回収ネタですね。

まあ、回収しきれていないというか、余計ややこしいことになってます(笑)

文化祭のとき、「娘に男を近寄らせたくない」きりんちゃんのお父さんがやってきたため、竜ちゃんたちは女装したわけです(まあ、女装というにはお粗末なものでしたけど)。
で、その時に犬井先輩はかつら被った竜ちゃんにひとめぼれしてしまったんです。

そこで誤解を解いてしまえばよかったんですが、熊塚先生が悪乗り(ですよね、あれは)して竜ちゃんに完璧女装させちゃった上、真っ赤になってしまった犬井先輩に真実を告げられなくなってしまった竜ちゃんは誤解を解くことが出来なくて……。

犬井先輩の恋は本当に不憫なものばっかりです。
でも、竜ちゃんの女装って全然違和感ないんだよなぁ。特に狼谷くんや犬井先輩と並ぶと身長差的にもいい感じ。

作者がこういうネタはありかなしか気にされていたのですが、私的には全然ありです。
むしろもっとやって、って感じ。


【36話】は虎太郎がいちごちゃんを育てる話。
家庭菜園の話から苺を育てよう、となるわけですね。

これ保育ルームのみんなでやればいいのに、って思ってしまいました。
幼稚園とかで野菜って育てませんでした?

根津くんとこは大家族の上、貧乏なので家庭菜園が充実しているようです。
それにしても、根津くんは博識だなぁ。
苺の種類云々は書いてあったからだとしても普通、精肉の方法は知らないよ。

苺を愛おしむ虎太郎が可愛かったです。
そして、おばあさんの気遣いが空回りしていて、笑っちゃいけないんだろうけど笑ってしまいました。

うーん、汗だらっだらの竜ちゃんに「うわー」と。

でも、なんとかなってよかったね。


【37話】は山羊くんの話。
山羊くんがああまでも小さい子が好きになった理由だとかが語られてます。

読んでいてちょっとびっくりしたんですが、山羊くんって夏目の名取さんとちょっと似ていてきらめいてるわけですよ。
で、名取さんは意図してキラメキを出しているんだけど、山羊くんって天然なんですね。

前話でも思ったんですが、竜ちゃんって本当に子どもに懐かれますねぇ。
根津くんとこの双子ったら、変態(山羊くん)から竜ちゃんと虎太郎を救おうと頑張るんですよ。
いやー、可愛い。
というか、根津くん合流後に怒られると思ってんだろうな。竜ちゃんの後ろに隠れている双子に萌えました。

山羊くんって両親共働きの上、お姉さんと年離れているので鍵っ子だったんだとか。
誕生日でも一人だったりとかが普通で、ある年の誕生日に根津くん宅に連れられて、いろいろあって。
まだ小さかった双子が笑いかけてくれたのを見て、目覚めたと(笑)
作中で竜ちゃんも言っていたけど途中までいい話だったのに、なんか色々と残念です。

というか、さすがに27の娘がいる両親に妹か弟をねだるのは無理があるんじゃないかな。


最後、【38話】は狼谷くんが死にそうになる話。
冬のお話なわけですが、鷹くんが狼谷くんを窓の外に閉め出してしまうんです。

狼谷宅は電波が悪いらしく、ベランダに出た狼谷くん。
いつものごとく、鷹くんを邪険に扱ったわけですがそれに怒った鷹くんが窓の鍵をしめてしまうわけです。

狼谷くんの性格上、助けを呼ぼうとはしないし、雪が降ってきて本当にやばくなってきてもタイミング悪く携帯は電池切れで。

たまたま、狸塚先生のところでも似たような状況になっていたことから、竜ちゃんが狼谷くんの危機に気づいて事なきを得るわけです。

が、これがいけないことなのは間違いなく。
ベビーズの中で流行ったのかな。
狸塚さん、狼谷くんの続き、兎田さんまで被害にあったので(まあ、兎田さんは命の危機まではいきませんでしたが)竜ちゃんがしっかり叱ったようですよ。

多分、竜ちゃんのいうことならベビーズはきちんということきくんだろうなぁ。
竜ちゃんって普段優しいというか怒らない子なので、子どもたちは自分たちが悪いことをした、ということを自覚できたんじゃないかな。


【おまけまんが】2本は本当に可愛い。
1冊全部こんな感じの話でもいいくらいです。

次巻は初秋発売予定。9月とかかな。
虎太郎が貢ぎ魔になったり、保育ルーム創設時の話だったり、温泉旅行に行ってみたりだとかするよう。
猪又さんの「嬉し恥ずかし」な初めてとはいったい何なのでしょう?
楽しみです。

拍手[2回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR