忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】草川 為」の記事一覧

八潮と三雲 6

八潮と三雲 6/草川為
取り立て屋コンビでお出かけすることに♥ デートのつもりで誘った八潮。ロマンス映画を観るための偽装(カモフラージュ)だと思い込んでいる三雲。いい雰囲気になりつつも、微妙に噛み合わない2人は拗れて…!?

これがデートじゃなきゃ何なんだ!?


昨日に引き続き、草川為さんの作品です。
同時発売の2冊だったんですけど、かなり雰囲気の違う作品でした。


今回は18~22話までが収録されています。
前巻からその傾向はあったんですが、全体的に八潮さんが不憫(笑)

ようやく三雲への思いを自覚したのでデートに誘ってみたり色々やるわけですよ。
でも、もちろん三雲はそんなこと知りません。
八潮←三雲の一方通行だと思っているから、そういう前提で八潮の発言を深読みしちゃうわけです。
うーん、今までのことを考えるとそうなるのも仕方ないような気もしますが。

でも、三雲って変なところ鈍いからきちんと告白しないとダメだと思いますけど、どうなんだろ?


山猫兄妹が登場しているんですが、ここで九生の猫の出生の秘密が明かされています。
九生の猫はあらゆる血統の猫からごく気まぐれに生まれてくるんだとか。
猫ですから、一度の出産で5、6匹生まれるわけですが、その中で九生の猫が複数いることはめったにないらしいです。
ついでに、一般猫×一般猫より九生猫×九生猫の方が九生の猫が生まれる確立は高いらしいです。

で、成長スピードが一般猫と九生の猫だとかなり違うだとかそういう話もなされる訳ですが、へーそうなんだと思う一方でしー君のことを思うと悲しくなりますね。
弟分であるしー君は特別パスを貰って九生の猫社会を出入りしていますが、彼はあくまで普通猫でしかないんです。
三雲の実の兄弟たちはすでになく、しー君はあくまで「弟分」だからまだ一緒にいられるってことなんですよね。

今はともかく近い将来、三雲の年齢を超えて先に逝ってしまうわけで……。
さらっと読み飛ばしそうになりましたが、よく考えるとちょっと泣きたくなりました。


うーん、どうやら次巻で最終巻のようです。
これ2人がちゃんとくっついてくれるのかどうかももちろん気になるところですが、
仄めかされるだけで終わっている八潮さんの元飼い主「李世」の話とかちゃんとされるんだろうか……。
正直、そこが一番気になってます。

しー君の試練的なものもあるようです。しー君からしたら、三雲は命を捨ててでも自分を育ててくれた大切な人。
普通猫の自分じゃ三雲とともにいられる時間が短いことを知っているから「自分」がじゃなくて「誰か」に三雲の幸せをまかせるわけですから辛口になってしまうのも仕方ない。


次巻の発売は来年初夏。初夏ってことは7月頭とかかな?
楽しみです。

拍手[0回]

僕の棺で晩餐を

僕の棺で晩餐を/草川為
――飢えているのは血だけじゃないんだね。
街の爪弾き者・ロヴィサ、死を待つ牙折れの白い吸血鬼・アシュリー。
巡り会った2人は、静かに孤独に溶かし合うが…。

餌としての至福、太陽を捨てる決意…
人と吸血鬼、幾つもの夜を越えて生きていく。
連作読切集!!


昨日買ってきたの、早速読みました。
まずはこちらから。明日は八潮と三雲かな?


【僕の棺で晩餐を】
【黄昏恋々】
【星は暁のかげ】
【しのびごと】

の4編が収録されています。
うち、【しのびごと】以外の3作はあらすじにあるとおり『連作短編』になってます。
が、正直単品で読んでもなんら問題はないです。

というか、草川さんって短編集の発売って実ははじめてだったんですね。
ガードルードの5巻もある意味短編集ですが、あれは意味がちょっと違うからなぁ。
道理で初期以外の読みきりを読んだ記憶がないわけです。


連作3作は吸血鬼と人間をテーマにした話です。 時系列順だと【星】【僕】【黄昏】。ちょっとエロいなと思って読んでました。
【星】のヒロインであるアウレリアが、【僕】のアシュリーと【黄昏】の桐子を吸血鬼にしたってことらしいです。

これ【星】の収録は最後じゃないとダメですね。
【僕】だとアウレリアの登場はシルエットのみなのであまり気にならないんですが、【黄昏】に登場するアウレリアは本当に魔物というか、敵っぽいんですよ。
だからあまりいい印象を持たないまま終わってしまうんですが、最後に【僕】を読むことで印象が変わるんですよね。

【黄昏】でいかにもな現代女子高生が登場して、ちょっと驚いてしまいました。
「草川さんが女子高生!?」ってテンションあがったんですが、良く考えたらガードルードのサハラも女子高生。忘れてました。

【僕】で登場した『牙折れ』という設定がおもしろいな、と。
白い吸血鬼ってちょっと不思議な印象を受けたんですが、説明を読むとなるほど、と。
こういう設定は好きだな。


【しのびごと】だけ単品。
こちらも女子高生・千弥ちゃんが登場してますがこちらはあんまり現代女子高生って感じはしませんでした。おとなしめの子だからかな?

ストーリーとしては前世もので心中もの。
前世で“ちや”と葛は心中するものの失敗して葛だけ死んでしまい、生まれ変わった千弥の元に葛が現れて……って話です。
途中、ヤンデレというか無理矢理連れていかれそうになっていて普通に怖かったです。


どれもハッピーエンドにはなっていないからなのか、全体的にこの1冊は全部暗く思い印象を受けました。
【僕】はロヴィサを救ってアシュリーは死んでしまうし、【黄昏】は桐子は夜の世界を生きていくことを決め、【星】はミハイを守るためにアウレリアは自身の身を投げ出す、と。
【しのびごと】は、千弥の笑顔を餞に葛は一人溶けていってしまった訳ですし。
全部雰囲気にまかせて終わってる感があるので、読み取れてない部分がありそうだなぁとこの文章書いてて思いました。

草川さんの作品ってどちらかというと明るい話が多いイメージがあったので(まあ、花わずらいやガードルードの途中は暗かったですけど)ちょっと驚いてしまいました。
たまに読む分にはこういう暗い話もいいかな。

拍手[0回]

めぐる架空亭

めぐる架空亭/草川為
小説家・小山笹舟は祖父の部屋で同郷の憧れの文士・雪村千鳥の未完の遺作『架空亭』を発見! なんと読後に小説の中の架空亭が出現し、笹舟を招き入れる。ところ架空亭は客の生気を吸収して存続していることが分かり、病弱な笹舟には大問題。次の客を連れてくると約束するが…!?


結構久しぶりの草川さんの作品です。
前回のガートルードのレシピを紹介したのが、昨年10月ですからね。


表題作【めぐる架空亭】【999番目のハナ】が収録されています。

【架空亭】はあらすじにもあるとおり、故人である雪村の遺作。
雪村の思い入れがあまりにも強い作品であったために、魂が宿り、たくさんの人に取り付き渡り歩いてきた。
偶然、笹舟にとりついたことから物語は始まります。

正直、はじめて読んだときこの作品あんまり好きじゃないな、って印象しかなかったんです。
(【999番目】がツボだったこともあり余計そうでした)

数年ぶりに読み返してみたら、普通に面白くて。
やっぱり自分も年をとって、考え方や感じ方が変わっているんだなと実感しました。

ガートルードと同じく、人と人外が関わる話な訳ですが、単純にドタバタだけで終わりません。
わずか4話の話なんですけど、ちゃんとシリアスも含んで、ハッピーエンドになるあたりさすがです。

笹舟だけでは架空亭に通いつづけることは厳しいでしょうが、真向もいるしどうにかなるでしょう。
まあ、笹舟が亡くなったあとどうなるのかはちょっと気になりましたが。
気にしても仕方ないですね。


【999番目のハナ】はなんというか春めかしい話でした。
とある学校に転校してきたハナちゃん。その学校には樹齢1000年を誇る桜の木があって。
それに宿る精霊・千を元気にさせようとする話。

ハナちゃんが可愛いです。
先輩に恋するんだけど、ちゃんと引き際を見極めているあたりかっこいい。

千もちょっとお調子者だけどあのタイミングで復活するとかかっこいい。
こちらは恋が始まる?ってところで終わっているので、その後が気になってしまうんですが、ここで終わっている方がいいような気もします。
ちゃんとまとまっているので、下手なことしたら蛇足になりそう。


この作品、前述の通り、本当に数年ぶりに読んだんですが楽しめました。
こういう昔は微妙だったんだけど今読むと楽しめる本とかいっぱいありそうだなぁ。
少しずつでもそういう作品を発掘できるといいな、と思います。

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR