忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】今野 敏」の記事一覧

黒いモスクワ ST 警視庁科学特捜班

ST警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)黒いモスクワ ST 警視庁科学特捜班/今野敏
ロシアの捜査当局と情報交換のために急遽出張せよ――。
モスクワに到着した警視庁科学特捜班、通称STの百合根と赤城を待ち構えていたのは、ロシア正教会で起きたマフィア怪死事件だった。さらに、日本人フリーライターも変死して……。STシリーズ第3段。『ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ』を改題。


改題されている作品だったんですね。知りませんでした。まあ、どちらが先かってだけですからそこまで問題じゃないんでしょうけど。
でもなんでこれだけ“ST 警視庁科学特捜班”がサブタイトルにしたんでしょうか?


今回ピックアップされているSTメンバーは黒崎。えっと、鼻がよくて武術に長けている人です。
ピックアップされてはいるんですが、もともと無口の人なのであんまり目立ってないような……。

あんまり喋らない=芦辺さん登場ってことなのかな?とか思ってます。


この作品はタイトルからして分かるとおり、STメンバーがロシアに赴きます。
はじめ、赤城さんとキャップだけがロシアに向かったものも結局全員がロシアに行ってしまうのですから、ちょっと無理あるなぁ、とも思いました。
まあ、そこまで気になりませんでしたけど。

ロシア人の名前とか絶対訳わかんなくなる!と思っていたのですが、思っていたよりロシア人登場人物の数が思っていたより少なかったのでそこまで困ることはありませんでした。
けど、その少なさがゆえに犯人が分かりやすいです。
そして、爆薬のない爆発の正体もミステリ好きなら比較的すぐ分かるのではないでしょうか。
『焼けた小麦粉のにおい』。私もすぐにピンと来ました。そこから犯人まで一直線ってわけには行きませんでしたけど。

まあ、この手の小説は犯人探しよりその犯人をどう捕まえるか、ってのも楽しみの一つなのでそれもまたよしって感じ。


作中で菊川さんとキャップの酒盛りシーンがあるんですが、そのときの会話で気づかされました。
そうなんですよね。キャップはキャリア。現場に出てるのはせいぜいあと数年であってそのあとはどこかの警察署の署長におさまって……、っていう決まりきった出世の道を歩いていくはずなんですよね。
逆に菊川さんはえっと45歳で警部補ですか。なら警部で退職かなぁ。

百合根がキャップとして存在するのはあと数年。そういわれるとすごく寂しい気がしますね。
シリーズ3作目にして愛着が出てきたというか。
もし、キャップがどこぞの警察署長になって、新しい人がSTにやってきたとき、STメンバーたちはどういう対応をするのか。気になるところでもありますけどそんなことが描かれなければいいなぁ、とも思います。

そして、菊川さんの対応も変わってきたなぁ、と。
前巻で青山も菊川さんのキャップに対する感情を語ってましたけど、キャップの呼称に関するやりとりなんて、ちょっと微笑ましかったです。
ああいうのは好きだなぁ。


そして、SATの扱われ方にも思わず笑ってしまいました。
はじめはSATのおまけにSTだったんですけどね。
あれですね、“井の中の蛙”ってやつ。

おもしろかったです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人

ST警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人/今野敏
東京・新宿の公園で若い男の変死体が発見された。そしてまた不可解な変死事件が……。個性派揃いの警視庁科学特捜班の面々が動き出した。事件の背後には、宗教にも似た自己啓発セミナーの存在が浮かんできた。テレビ局の有名女子アナの身に危険が迫る――。土壇場に意外な展開をみせる究極のサスペンス!


STシリーズ第二段。
キャップが右往左往する話ですね(笑)

もうなんていうか、キャップがヒロインの小説に見えて仕方ないです。
キャップが少しずつ成長していく物語とでもいえましょうか。
捜査会議で発言するようになり、STメンバーを信用していきます。
STメンバーもまた、分かりづらいながらもキャップの言葉に答えようとするんですから、あながち間違ってないと思いますよ?

解説でも『(略)中間管理職のキャリアの姿は、本シリーズの隠れた「花」である』と書かれてますし。

この作品って登場人物たちの設定だけ見たらラノベに出来そうな感じですよね。
年齢をあと10歳下げて文体を柔らかくしたら全然ラノベでも通用しそうです。


二巻にして、もうST存続の危機です。はやくないですか。
確かに実績がないという点では、STが矢面にたつのはわからなくもないですね。何せ出来たばっかりですから。

前巻で青山の活躍がとりだたされてましたけど、今巻は山吹さん。えっとお坊さんの人です。
作中でふぐ毒が使われるのですが、ブードゥー教がどうの、ゾンビがどうの、とそういう話になります。
その話知ってたんですけど何で知ったんだったかなぁ。

ゲットバッカーズだったかなぁ、なんかブードゥー教について語られてた気がするんですが、何せ全部立ち読みだったので、詳しく覚えてないです。


自己啓発セミナーの教祖っぽい人が怖い。
弱い所につけこんで、自信を盲目的に従うように調教しようとしていく様は異様に思えました。
女子アナが、それに上手いことはまっていってしまうのですが、「あやしすぎるだろー」と内心突っ込みつつ読んでました。

途中で犯人の見当がついてしまうのですが、それをどう立証していくか読んでいておもしろかったです。
あと、刑事じゃないから権限のないSTメンバーが歯がゆい。
特例で権限を与えるとかできないんですかね。

まあ、警察組織とかってそういうのにうるさそうですけど。「前例がないから~」とかはぐらかされそうです。


なんというか、やっぱりキャップは愛されてるなぁ、と。
キャップが「手柄を立てないと!」と言ったから無理をしたってことですからね。
STメンバーとキャップの出会いが読みたいですね。
というか、STメンバーがキャップを信用するようになった理由が知りたい。

いつか語られるでしょうか。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ST 警視庁科学特捜班

ST警視庁科学特捜班 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班/今野敏
多様化する現代犯罪に対応するため新設された警視庁科学特捜班、略称ST。繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、追い詰められた犯罪者の取った行動とは。痛快無比エンタテインメイトの真骨頂!


最近EMEばっかり読んできて若干飽きてきたので、時間があった今日はSTを読んでみました。
EMEといい、STといい略称ばっかりですね。

今日はじめて知ったのですが、今度3rdシーズンがはじまる『ハンチョウ〜神南署安積班〜』の原作って今野敏さんだったんですねぇ。
知らなかった。そういや、今思い出せば安積班シリーズって図書館で見かけたことがあるような気がします。


STシリーズは中途半端に読んだ記憶があります。
学生時代に図書館にあったノベルスを読んだのです。
確かこの「ST」、「毒物」、「黒い」、「青」、「緑」だったかなぁ。
もう5年近く前の話なのでさすがに忘れてしまいました。

なので、この本も一度読んだのにストーリーとか全く覚えてなくて楽しめました。

キャップがこんなに頼りない人だったかなぁ?と首をかしげてしまいました。
多分、もう少し成長したであろう後のほうの巻の印象が残っているのでしょう。


というか、主要登場人物多めですね。
たいていの警察小説ってメインの2人組(たいていキャリアとノンキャリアorベテランと若手)+αって感じじゃないですか。

それを思うとこのシリーズはかなり多いのではないでしょうか。
キャップである百合根警部(キャリア)。
STメンバー赤城、青山、黒崎、山吹、結城の5名。
菊川警部補(ノンキャリア)。
7名?
長編だということを考えてもかなり多いかと思います。
これに犯人、被害者、黒幕などなどいろいろ登場するわけですからねー。

キャップが愛されてるなぁ、と思いました。
STのメンバーって、他の警察官たちに対しては歯牙にもかけない感じですが、キャップにたいしては優しいんですよね。

この話の犯人である人物の行動が怖い。
なぜ、ああも冷静に出来るのか。
そして、黒幕は再登場しそうですね。そして現実と想像のギャップに落胆すればいいのに、と思ってしまいました。

確かに日本人は上から提示されたものごとには基本的に従ってしまいます。
たとえば、今消費税が上がるとする。そうすると文句はいいつつもお店で「払わない!」って突っぱねる人はいないと思うんですよ。
その辺は国民性なんでしょうね。

そして、神社と寺の違いの説明にはそういえば、と納得しました。
確かに一般的に寺で結婚式はあげないし、葬儀は神社でしないですもんね。
そういう意識しないところにまで根付いてしまっているから無神論者のように見えるってのは、そうなのかもしれないですね。


STシリーズはこの1冊しか持ってないので、明日は続きを……ってわけにはいかないんですが、今度古本屋にいったときにでも続きを探して来たいと思います。

明日はEMEの続きかな?
『妖怪アパートの幽雅な日常』とかも読みたいんですが、取り出すのが大変なんですよねぇー。どうしよ。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR