忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】畑 健二郎」の記事一覧

ハヤテのごとく! 18

ハヤテのごとく! 18/畑健二郎
ハヤテとアーたん、二人っきりの黄金色の日々。
いつまでも、いつまでも、続くと思っていたんだけれど。
二人の世界は終わりを告げる。


残業が長すぎて本気で辛い。
いや、ブラック企業とかに比べれば全然どうってことないんでしょうけど体力ないんでやばいです。


【第1話 THE END OF WORLD8 憎悪の王の誕生】
【第2話 THE END OF WORLD9 もう届かない声で】
【第3話 THE END OF WORLD10 いつか、雨が上がったら】
【第4話 休みは計画を立てている時が一番楽しい】
【第5話 愛ゆえに人は苦しむと聖帝も言っていたしね】
【第6話 イチャイチャしているカップルがデートとかするともれなくちょっと腹痛になるという病気が発生すればいいのに…】
【第7話 デートは楽しい。ていうか女の子と一緒なら基本的に楽しい】
【第8話 スキのある女の子がスキというダジャレを言うのはダレジャ】
【第9話 ああ…それにしても金が欲しいって帝愛の会長も言ってたしね】
【第10話 クイズ マジック ハムデミー】
【第11話 わからないから わかりたい。わかってないけど わかってしまう。 そういうクイズな人生ゲーム】

が収録されています。
内容的にはハヤテ過去編後半から、GWの旅行準備期間まで。
扉絵の高校生時代の雪路と薫先生にめちゃくちゃニヤニヤしてしまいます。

薫先生には報われてほしいなぁ。


まずは前巻から続くハヤテ過去編から。
なんというか、ハヤテとアーたんのすれ違いが痛い。
ハヤテの年齢を考えれば、親を無条件に信じてしまうのも仕方ないんでしょう。
だから、アーたんのいう言葉を信じられないわけですよね。
ハヤテを追い出したかったわけじゃなかったんだろうに……。

この過去編で登場しているハヤテ兄ですが、ハヤテ兄に声をかけてる人物ってナギのお母さんですよね。たぶん。
気づいてなかったなぁ。


後半は、ハヤテとマリアさんがデートしたり、それぞれ海外旅行を計画したりと繋ぎ回の印象が強いです。

8話のスキのある女の子云々なんですが、千桜さんは隙だらけだと思います。
千桜さんはオタクであることは隠す気がないのかな?
隠したいなら人は普通ラノベ読むときはカバーかけるよ。
カバーかけた上で挿絵が見られないように気を付けながら読むと思うんだけどなぁ。
まあいいか。


次巻は、それぞれ海外旅行に向かうようです。
なんとなく覚えていますが楽しみです。

拍手[0回]

ハヤテのごとく! 17

ハヤテのごとく! 17/畑健二郎
幼きハヤテが一人の少女に贈った名前…“アテネだから、アーたん”
二人っきりの世界で交わした約束…“いつまでも、ずっと一緒”
借金執事のできるまで…の、お話。


小説読みたかったんですが、読める気がしないので漫画引っ張り出しました。
最新刊に追いつくまでにはまだまだかかりますねー。


【第1話 法律でダメって言われても、観たい気もちは消えない】
【第2話 人生に必要な人とはだいたい出会うようにできている】
【第3話 仮面の下の涙も汗も、ヒーローだから見せられない】
【第4話 それは、光で時を切り取る機械】
【第5話 THE END OF WORLD1 君が望んだ三千世界】
【第6話 THE END OF WORLD2 神さまが棲むという城】
【第7話 THE END OF WORLD3 天照の箱庭】
【第8話 THE END OF WORLD4 世界に届く声で】
【第9話 THE END OF WORLD5 終わりへの予兆】
【第10話 THE END OF WORLD6 力への意志】
【第11話 THE END OF WORLD7 左手に愛を誓い】

が収録されています。
前半はいつもの通りの1話完結話なんですが、後半はタイトルからもわかる通り長編になります。
前巻の予告を見て、アテネ登場=海外行く話(ミコノス編でしたっけ?)をやると思っていたんですが、その前にこの話がありましたね。
すっかり忘れてました。
今回はハヤテ過去編ですね。


まずは前半。
ナギがR18作品を見ようとしてみたり、咲夜さんとチハルさんの出会いが描かれていたり、ヒナギクがハヤテたちにばれないようにヒーローショーの中の人をやってみたりするわけです。

R18作品といいつつも、エロというよりグロの方のR指定なんだと思います。
私あんまり映画を見ないんで、元ネタの映画をよく知らないんですけどね。
はじめ、エロの方のR作品を見ようとしていたナギがものすごく思春期っぽい(笑)
気になるお年頃ってやつなんでしょうね。
ただ、注意書きで三千院家の鉄壁のガードはネットにも有効云々の説明があったんですが、ナギが若干腐っている描写がちょこちょこある時点で鉄壁とは言いづらいような?と思ってました。
まあ、ナギはもともとハヤテの女装とか全然ありでしたから、受け入れる素地はあったんだろうなぁ。


後半は前述のとおりハヤテ過去編。
ハヤテが幼稚園とかの時代の話なんで、時間軸としては10年くらい前になるんじゃないかと思います。
ろくでもない親のせいで幼いハヤテは絶望していたハヤテが「王族の庭城(ロイヤル・ガーデン)」に迷い込みそこにいた少女・アテネとしばらく一緒にすごした様子が描かれています。

ここでハヤテの素地は完成していますね。
ハヤテのハイスペックな知識、技術、身体能力などはこの時代に叩き込まれたものが元となっているのは明らかです。
知識はともかく、身体能力はアテネが施した矯正がなければ今のハヤテの異常なまでの身体能力はなかったでしょうね。

なんというか、ロリショタだからかままごとめいた印象を受けました。
一生懸命なハヤテに対して、アテネが「付き合ってあげている」感を結構だしていることもありそう感じたのかもしれません。

うーん、改めて読むとこの話ってかなり色々謎だらけなんですね。
最新刊でもすべてが明らかになっているわけじゃないので、読み進めていくうちに忘れてしまいそうです。

作者あとがきで「あと何話入らなかった」とか「結末が次巻へ持ち越しとなった」とかあるんですね。
漫画化と編集さんはその辺も考えて連載していると思っていたんですが、違うんですね。

拍手[0回]

ハヤテのごとく! 16

ハヤテのごとく! 16/畑健二郎
男には、誰かを映画に誘わなければいけないと時もある。
映画だけでは済まなくて、海にも誘わなければいけない時もある。
これってデートって言うんじゃ…?


2日ほど更新が途絶えてしまいました。
実は体調不良でパソコンも携帯もいじれる状況じゃなくて……。
申し訳ありませでした(>_<;)


【第1話 災いは転じても災い】
【第2話 MAGICAL:LABYRINTH】
【第3話 オタクの迷い道】
【第4話 私が貴女を矯正してあげてもいい】
【第5話 忘れられない思い出にも程がある】
【第6話 疲れてる時は、寝てがんばれ】
【第7話 見ても、そっとしておく事が大事です】
【第8話 『浅野さん、さっきのはいい意味で言ったんだよね?』『もちろん!』誤解を生みがち、カミ☆スタ!】
【第9話 藪をつつくとヘビが出る。死体とかも出る。ろくな事がない】
【第10話 予定は未定】
【第11話 とりあえず話し合いは肉体言語でやってみる】


が収録されています。

ハヤテとヒナギクのデート回だとか、薫先生の片想いとか、咲夜さんの虫歯を歯医者に行かずにどうにかしようとしてみたり、瀬川さん家でバトったりする話です。


まずは前巻の続きであるハヤテとヒナギクのデート。
読んでいてヒナギクがツンデレであり、ハヤテがかっこつけである以上、この2人の仲は進展しないのかなぁ、なんて思いました。
お互い素直になればもうちょっと楽に進展すると思うんですけどね。


薫先生は白皇の体育教師で、雪路の同級生らしく、高校当時から長い間ずっと片想いしているよう。
当時の雪路は、(頭の出来以外)はヒナギクのような存在だったんだとか。
そりゃ、惚れてもおかしくないな、と思う一方で、ヒナギクと雪路のビフォーアフターを間近で見続けている薫先生のしょっぱい気分がすごくよくわかるというか(笑)
いつか、薫先生の恋も報われて欲しいものですね。しかしながら、この作品の作中時間軸の進みの遅さを鑑みるにいったいいつになることやら、って感じですね。


今回、一番楽しみにしていた瀬川家編。
まさかシラヌイとタマが屋敷の外に出てしまった話や、高尾山編が伏線になるとははじめて読んだ時は思わなかったです。

えーつまりは、シラヌイが瀬川さんの携帯をすってそれを使ってタマが2ちゃんにスレッドたてたりしてたわけです。
そして、そのままタマは携帯をパクってしまった、と。
そのせいで、携帯を持っていなかった泉は高尾山で一人取り残されるという羽目になってしまった、ということらしいです。

なんというか、朝風さんと花菱さんはわざと話をこじれてるなぁ、と。
まあ、ここで虎鉄と泉が双子の兄妹であることが明らかになったのも悪いんでしょうけどね(笑)
この時点でハヤテに思いを寄せているのは虎鉄だけだったはずなんだけど、認識の違いのせいでこじれにこじれて何故かバトルすることになるんですね。

父は泉をハヤテなんかにやれるか!と息巻いているし、虎鉄は虎鉄でハヤテと付き合いたいわけですから本気で挑んでくるし、といつものこととはいえ、ハヤテのとばっちりっぷりがすごかったです(笑)

きちんとお兄ちゃんしてる虎鉄に一瞬ハヤテからの好感度があがりましたが、一瞬でしたね。

この時点ではまだ下田編の罰ゲームはまだ忘れられていないようですが、その後触れられていましたっけ?
覚えてないなぁ。

予告を見ると次巻からはアテネ編なのかな?
アテネ編は結構流し読みしていたのであんまり覚えていないので楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR