忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】田村 隆平」の記事一覧

べるぜバブ 15

べるぜバブ 15 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 15 王と男鹿/田村隆平
ベヘモット34柱師団との戦いに備え、スーパーミルクタイムの完成を急ぐ男鹿。鍵を握るある人物を訪ね、悪魔を憑依させる禁術の教えを請う。3日間の修行を終えた男鹿は、一人で悪魔野学園に乗り込むが…!?


最近まったくべるぜの感想書いてないなぁ、と思ったら1年近くも更新してなかったんですね。
古市パニックを早く紹介したいので今度はこんなに間はあかないと思います。


久しぶりなので、自分用これまでのあらすじ。
再建された石矢魔高校は焔王ぼっちゃま(というかベヘモット34柱師団)の手によって乗っ取られて。
悪魔たちに対抗するための修行を始めた――。
ってところでした。


【バブ125 斑鳩酔天】【バブ126 VS島民】【バブ127 実践特訓】【バブ128 薺と禅】
男鹿と葵ちゃんの修行の話。

メンバーは男鹿、ベル坊、葵ちゃん、コマちゃん、ラミアの5人(?)。
早乙女先生の知り合い、斑鳩酔天なる人物が住む首切島なる孤島に向かい、そこで暗黒武闘を教えてもらいます。

結構伏線盛りだくさんですね。まったく覚えてませんでしたけど。
葵ちゃんのご両親の話とか、早乙女先生と斑鳩酔天の過去とか。
いつかちゃんと語られるのかな?
あ、ベル坊の国の名前ってここが初? ベルゼビュートだそうです。


【バブ129 囚われの侍女悪魔たち】
柱師団に囚われたヒルダとヨルダの様子を描いた話。

ヨルダは侍女悪魔としての能力はともかく、次元転送悪魔としてはかなり高位の存在のよう。
同じ次元転送悪魔であるアランドロンも結構すごいらしいのですが、アランドロンと比べてもすごいのがわかりますよね。

その能力を都合のいいように使われているんです。
「焔王ぼっちゃまのそばにいるために」といってますが、それを柱師団が素直に守るは思えません。
ヨルダもわかっているんだろうな。それでもヨルダはそれに縋るしかないんでしょうね。

ベヘモット柱師団総勢394人の転送を終えヨルダは倒れてしまいます。
そのヨルダを救ったのはヒルダ。
ここで姫川戦のときの男鹿のセリフ「ダチがやられて黙っているのは――」を思い出すあたり、ヒルダも男鹿に影響されているってことなんでしょうね。

因縁があるんだと思われていたヒルダとヨルダ。
やっぱり姉妹だったんだな、と納得しました。


【バブ130 男鹿の帰還】【バブ131 算数は苦手】【バブ132 王と男鹿】
【バブ133 ケンカ】【バブ134 ガールズバトル】
男鹿が修行から帰還し、柱師団に殴りこみをかける話。

冒頭から古市←アランドロンをぶっこんでくるあたり、田村先生は本当に古市いじめが好きですよね。

男鹿や葵ちゃんだけでなく、神埼一派、姫川、烈怒帝流なんかも修行しているんですが、ベヘモット34柱師団はそんな短期間でどうにか出来るような存在ではありません。
だからなのか、男鹿は一人悪魔野学園に乗り込みます。

それにしても男鹿は古市にだけは報告にくるんですね(笑)

柱師団のメンバーが次から次へと登場して、ぶっ飛ばされているんですが正直覚えられないw
ベヘモット、ジャバウォック、ケツァルコアトル、アギエル、ヘカドス、ナーガあたりは覚えてますがそれ以外は正直微妙。

屋上で火あぶりにされているヒルダを助けるために男鹿は走ります。
正確には、サラマンダーの『炎の宝物(ロストプロミネンス)』によって記憶を焼かれようとしているわけです。
夜明けまでに助けなければヒルダは、ベル坊のことも忘れてしまうんだとか。
タイムリミットがあることを男鹿は知りません。

途中、学校建設のアルバイトをしていた東条。
女性に手をあげられない男鹿(多分、美咲さんの影響だと思われ)の代わりに女性団員と戦うために葵ちゃんが現れて。
少しずつ前へと進んでいきます。

女性団員の中にファバスっているんですけど、これってアニメからの逆輸入ですか?
確か、田村先生がアニメのためにデザインした、みたいな話をジャンプで見た覚えがあるんですが。
ちょっともう記憶が定かじゃないです……。

で、葵ちゃんは柱将相手なら楽勝だったようなんですが、柱爵が出てくると状況が一転してしまって。
倒されそうになるんですが、アギエルが寝返り宣言をして今巻は終了。

アギエルって快楽主義というか自分が楽しいことが第一でしかもぶっとんでるので他の団員たちからもかなりめんどくさがられてますね。
この辺はもう立ち読みしてた時期なので詳しいことを覚えてないので楽しみです。

前述の通り、あまり時間をあけずに次を紹介できたらいいなと思います。

拍手[0回]

べるぜバブ 14

べるぜバブ 14 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 14 侵入!悪魔野学園/田村隆平
悪魔との戦いに備え、新たな課題が出来た男鹿。そんな矢先、男鹿に目を付けた謎の老人が出現!! 一方、新校舎が建つという事で見学に向かった石矢魔高生。だが、焔王の為の学校「悪魔野学園」に差し変わっていて!?


結構久しぶりのべるぜです。
前巻を紹介したのが12月ですからね。
年末年始の特番があったことを鑑みても間あきましたね。
アニメは3月一杯で終わるらしいのですが、ここ最近のアニメオリジナルは原作最新刊発売を待っていたってことっぽい。
ジャバウォックを倒してアニメは終わるんだろうなぁ。


【バブ116 石矢魔高校復活】【バブ117 挨拶】【バブ118 侵入!悪魔野学園】
【バブ119 激突!!VSアギエル!!】【バブ120 大将】【バブ121 ゲーム】

石矢魔の校舎が完成するものの、戦いにもつれこむ話。

冒頭で、古市の修行がどうのとかやってますが、古市に関しては自己分析通りなんですよね。
ラブコメ展開は女子じゃなくて男子ならありえるんじゃないかなーと。
なんだかんだで神崎姫川夏目あたりには後輩として気に入られていますし。

現在、男鹿たちが通っているのは聖石矢魔高校なんですが、その理由は男鹿が校舎を壊してしまったから。
だから、校舎が出来たら石矢魔に戻ると。

新校舎にテンションがあがる石矢魔メンツが可愛いです。
特に神崎と姫川(笑)
まさかのヘリ移動にはびっくりしてしまいましたけどね(笑)

そして、到着した学校はもう学校というより城。
驚く石矢魔一行でしたが、実はそこは焔王のものとなっていて学校名はまさかの「悪魔野学園」。
古市が適当に言った嘘の校名がここで本当になってしまうわけですね。

校舎の中に入ってみた面々でしたが、アギエルという若干いっちゃってる感じの少女に襲われるんです。
危機一髪のところを葵ちゃんに救われます。

コマちゃんは普通の人には見えないらしいのですが、古市あたりなら見えてもおかしくないんじゃないかなーと思ってしまいました。
だって今まで散々悪魔関係の問題に関わってきたわけでしょう?
ちょっとそれが納得いかないんですが、まあいいか。

葵ちゃんに促されるまま逃げる一行でしたが、見覚えのある面々に襲われます。
それは聖石矢魔以外に転校した石矢魔生たち。
なんと柱爵ケツァルコアトル(長い上にめんどくさい名前だなぁ……)により操られているのだとか。
学校と生徒たちを質として、焔王は「愛と誇りと友と絆と命をかけたゲームしよう」と。
古市たちに与えられた猶予は1週間。
1週間後には柱師団の全員が揃うのだとか。


一方、男鹿を訊ねてきた老人が1人。
警戒をあらわにする早乙女先生、聖石矢魔校長・石動源磨、心月流当主・邦枝一刀斎(葵ちゃんのおじいちゃんですね)。
石動校長ですが、なんというかトリコの次郎みたいだなぁ、と思いました。
普段はただのおじいさんだけど戦うときは筋肉隆々になるわけじゃないですか。
あんな感じ。

老人の正体はなんとベヘモット。
ベヘモット34柱師団を作った人物なわけなんですが、ベヘモット柱師団はすでに代替わりしていたんです。
現在の団長はジャバウォック。
あまりに危険な気性のため、柱師団から除名された男、だそうです。

そんな男にヒルダが連れ去られてしまいます。
男鹿はヒルダを取り替えそうとスーパーミルクタイムを用いて挑むわけですが、簡単にあしらわれてしまって。
ヒルダは男鹿の目の前でグランドバハムートなる巨大なドラゴンに飲み込まれてしまいます。


【バブ122 最強チーム】
石矢魔高校側の協力者たちが次々発表される話。

冒頭の男鹿と古市の言い争いにちょっとびっくりしました。
なんだかんだ言ってもこの2人仲いいじゃないですか。
古市はたいていギャーギャー言ってても、最終的には折れてあげてるから。
だから、古市が本気で怒るとこういうケンカになるんだろうなぁ。
まあ、長続きはしないだろうけど。

そしてラミアが自責の念を感じて涙します。
ベル坊がラミアを慰めてからのやりとりが好きです。
「オレ達がなんとかする」「泣くな!」の1ページがいいなぁ、と。
男鹿の足の骨折れてるんじゃないの?ってツッコミは無粋ですね。

石矢魔側の戦力は、下記の通り。
男鹿、東邦神姫、烈怒帝流、神崎一派、東条一派。
そして、六騎聖。

なんとも物凄いチームが誕生し、早乙女先生の地獄の修行が始まるってとことで次話へ。


【バブ123 悪魔野HR(ホームルーム)】
悪魔野学園でのホームルームの様子を描いた話。

ものすっごいシュールです。
なんというか、高橋先生が本気で可哀相です。

すごい今更ですが柱爵や柱将の説明されてますが、ぶっちゃけどうでもいいw
思わず笑ってしまいましたが、後半は一気にシリアスですね。

なんとイザベラたちは先日の失態のせいで、クビになったのだとか。
ヒルダを浚ってきたのはかわりの侍女悪魔が欲しかったからってことのようですね。
だから生かしていると。

そんなイザベラたちが早乙女先生の特訓で死に掛けている石矢魔生たちを影から見ているという意味深なコマがあって次話へ。


【バブ124 首切島】
「第2回男鹿ボロ負け裁判」と修行で首切島へ行く話。

爆笑してました。
男鹿ボロ負け裁判って、ようは男鹿の夢なんですけどカオスです。
夢だから言っていることも訳解らないし、キャラクターすら定まってない、と。

普段ツッコミしてる古市や、良心的存在である葵ちゃんすらもボケ倒してます。
毎回これだと疲れてしまうと思いますけど、たまにならこういうのもいいです(笑)

男鹿と葵ちゃん、ラミアとコマちゃんは首切島なるところに修行に向かいます。
それというのも男鹿のスーパーミルクタイムは早乙女先生が使う「魔力を制御する」紋章術の真逆を行くものなんだとか。
だから、それについて教えてあげることが出来ないってことなんですね。
分類として暗黒舞闘なるものになるんだとか。

同じく悪魔の力を利用して戦う葵ちゃんの修行も一緒に行うようです。
島が見えてきたってところで次巻へ続きます。


人気投票の結果発表もされていますが、アランドロンが9位ってこと以外はほぼ順当ですね。
1000票越えは、ベル坊、男鹿、ヒルダ、葵ちゃん、古市、姫川、神崎、東条なんで。
古市が5位で「意外!」となってますが、別にそこまでじゃないよなーと思いました。
グッドナイト下川が2年連合では1番上位なんですが、これは出番の差ですよねきっと。

アニメの若干先を行く形で紹介してきたべるぜですが、次巻はアニメでやるのか非常に微妙。
途中からアニメオリジナル展開に持っていくのかな、と思っているのですがどうだろう。
様子を見つつ紹介したいと思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

べるぜバブ 13

べるぜバブ 13 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 13 男鹿らしくしなさい/田村隆平
早乙女の下で修行を終えた男鹿とベル坊が、ついにベヘモット柱師団と対決! ベル坊の親だという自覚を持った男鹿は、凄まじきパワーの新必殺技を繰り出す!! ところが想定外のとばっちりが古市の身に…!?


アニメ普通に終わらないっぽいですね。
この巻に収録されている男鹿の親宣言あたりで終わるとちょうど1年でいい感じなんですけど。
2年目突入しちゃうのかー。原作追いつきそうだから迂回ルートに突入して訳わかんない展開にならないことを切実に願います。


【バブ107 オレが…】【バブ108 スーパーミルクタイム】【バブ109 戦いの終わり!?始まり!?】
ベヘモット柱師団と男鹿が戦う話。

前巻、ヘカドスをぶっ飛ばしたところまででしたか。

柱爵の方が柱将より上であるらしく、3人の中ではナーガが一番強いそう。かわいい顔してますけど見た目で判断しちゃだめですね。

男鹿とナーガの問答シーン、すごく違和感がありますね。
男鹿ってこういう問答だとか交渉だとかそういうのってすべて他人(主に古市)にやらせていたわけじゃないですか。
だから普段から男鹿の近くにいる古市やヒルダが不思議そうな顔をしているのもすごくうなづけます。

ここでようやく男鹿がベル坊の親宣言をします。
「オレが親だから人間を滅ぼすとかさせない」ってな内容の話な訳です。
散々ベル坊を誰かに押し付けようとしていた男鹿の発言なだけあって、ジャンプ掲載時すごくびっくりした覚えがあります。
ようやくか、って感じでもありますけど。

そして、ナーガ&グラフェルと男鹿の戦いがはじまります。
男鹿の新必殺技「スーパーミルクタイム」。ベル坊のミルクを飲むことによって、ベル坊の力をほぼそのまま引きだせるってことらしいです。
動きが半端ない上に、普通方向転換が出来ない空中にも魔王の烙印(ゼブルエンブレム)を設置してそれを足場や壁にして方向転換を可能としているので、普通にすごい。

男鹿の攻撃で姫川のマンション上部(多分5階分くらい?)ぶっとばしてしまうのですから本当にすごいです。

しかし、その力に何の代償もないわけはなくて。
それに関しては次話以降ですね。

天井吹っ飛ばしたときのどさくさで、古市がラミアを押し倒すようなかたちになってしまうんです。
焔王にもその状況を見られてしまって、ラミアのことを好きな焔王は怒ってしまって。
古市に対して全面戦争を宣言するんです。
アランドロンといい、今回といい古市が悪魔に関わると碌なことないなぁ。
本当に可哀相です。


【バブ110 とりあえず一件落着!?】【バブ111 入れ替わっちゃいました】【バブ112 男鹿らしくしなさい】【バブ113 女の戦い】
スーパーミルクタイムの副作用で男鹿とベル坊が入れ替わってしまう話。

グッドナイト下川やMK5なんかの微妙なキャラたちが久しぶりに登場してます。
MK5、1人足りないけど。
そのときに男鹿がメタ発言してましたが、いいのか。

神崎さんの無駄設定も明らかになってます。
なんかチェーンを引っ張られると切れて強さが3倍になり、ピアスを1つ外すとジャンプ力が2cmアップするそうです。
本当になんでここで明かしたんだ(笑)

さて、本筋。ヒルダと葵ちゃんの女同士の戦いがはじまります。
2人のうしろを男鹿inベル坊を抱えて走る古市にちょっと笑ってしまいました。
古市じゃこの2人に突っ込むことは出来ても、とめることはできないよなぁ。

2人の攻撃を受けた瞬間に男鹿とベル坊は元に戻ります。
早乙女先生によると、ほっとけば勝手に戻るんだったとか。

男鹿がちょっと可哀相ですね。
そして葵ちゃんが手に入れたらしい力が仄めかされています。それに関しては次話。


【バブ114 烈努帝瑠大作戦】【バブ115 邦枝と“あの子”】
前話の補足説明と葵ちゃんを烈怒帝瑠に戻そうとしたり、葵ちゃんが手に入れた力の説明話。

スーパーミルクタイムが生まれた経緯なんかの説明がされています。
本当に偶然生まれたものだったんだなぁ。

教室での一幕で、ネトゲやってた面々が仲良くなっててなんか癒されました。
こういうのも好きです。

葵ちゃんが手に入れた力。
それは諫早ちゃんに案内されてたどりついた祠にいた天狗。
エロオヤジみたいな狛犬のコマちゃんを力でねじ伏せ、言うことを聞くようにしつけたってことらしいです。

コマちゃんの力がどんなものなのかはあと2巻くらい後かなー。
ベヘモット柱師団が攻めてきてからじゃないとわからないはずですが、そのときにでも。

年末年始の特番の関係、アニメオリジナルを入れてくると思われることから次巻を紹介するのはしばらくあとになりそうです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR