忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】田村 隆平」の記事一覧

べるぜバブ 17

べるぜバブ 17 修学旅行に行くのダッ!!/田村隆平
神崎の姪っ子・二葉の子守りをする事になった男鹿達! しかし、超奔放な二葉に振り回されて…!? さらに石高の面々が、聖(セント)石矢魔学園の修学旅行に便乗し、一路沖縄へ! そこでもう一人の子連れ番長と出会い!?


小説読もうと思っていたのに、気づいたら夕方でした(爆)
最近そういうこと多すぎるなぁ。


【バブ144 二葉ちゃん】【バブ145 水切り】
神崎さん家で二葉ちゃんに振り回される話。

結構笑いました。
神崎さん家がヤーさんだってのは最初のうちから出ていたんですが、今回ようやく組名が判明します。「関東恵林気(エリンギ)会」とかなんなの。
神崎さんの部屋が思っていたよりかなりオシャレとか、めちゃくちゃ広いとか色々あるんだけど、それより何より二葉ちゃんがすごい(笑)

ヤーさん(ヤス)を馬にしてみたり、組長を蹴り飛ばしてみたり。
さらには、ベル坊を引っ張りまわしたり。

最後、何故か男鹿と神崎さんで水切り対決になっているんです。
夏目さんじゃないんですけど「何コレ」。

もう訳わかんなかったです(笑)


【バブ146 修学旅行に行くのダッ!!】【バブ147 子連れ番長in修学旅行】
【バブ148 哀場猪蔵】【バブ149 哀場千夜】【バブ150 ちゅらい】
【バブ151 恋の嵐】【バブ152 まいご】
聖石矢魔の修学旅行にくっついて沖縄に行く話。

石矢魔の行事事情にはびっくりしました。
確かに作中の時間軸は晩秋か初冬くらいなはずなんですが、確かに何にも行事らしい行事があったことはなかったんですよね。
そんな事情があったとは……。

修学旅行に行きたいがためにみんなで茶番を演じてみたり、飛行機内でめちゃめちゃ浮かれてみたり(笑)

で、何なの、子連れがブームなの?

男鹿がベル坊、神崎くんが二葉ちゃん。
それだけでもおかしいってのに、偶然ホテルが一緒になった「南珍比羅高校」にも子連れ番長が存在するわけです。

それがタイトルにもなってる哀場猪蔵であり、千夜ちゃんであると。
なんで高校生の修学旅行に、幼児が3人もいるんだろう……。

哀場→葵ちゃん→男鹿、二葉ちゃん→ベル坊←千夜ちゃんとまあフラグが乱立しているわけですが、そういう面ではベル坊の方が大人ですね。
どちらかを選ぶことは出来なくても、自分が求められて振り回されているのはちゃんと理解しているみたいですし。

で、パー子と二葉ちゃんが、南珍比羅のモブたちに誘拐され、神崎さんと東条さんが助けにやってきて。
さらには、不良たちが占領していたスイートに泊まっていたのは姫川で……ってところで今巻は終了。


散々言われていたことではあるんですが、古市の扱いがマジで可哀相。
教室での水着云々のあとのキモ市は、まあ自業自得だと思うんですが、それ以外はなぁ。

表紙や3周年のカラー扉絵見てもわかるじゃないですか。
埋められて帯の文字で隠されていたり、みんなカッコよく決めてるのに半裸で縛られていたりと扱いが他と全然違うわけですよ。

本編でも今回マジで出番ないんですよ。ほぼトイレ。
うーん、この辺から古市パニックの伏線になってくるんでしょうが、古市にとって親しい友人って男鹿しかいないと思うんですよ。
それなのに、男鹿が自分を置いて遊びに行っちゃうとか、どうなの。
普段ならともかく修学旅行でソレって相当キツイと思うんですが、男子ってそういうの気にしないのかなぁ。

次巻より先に、ノベライズが先かな?
近いうちに読みたいです。

拍手[0回]

べるぜバブ 16

べるぜバブ 16 たつみさん/田村隆平
石矢魔の仲間達の協力で、悪魔野学園に捕らわれたヒルダのもとにたどり着く男鹿。そこに師団長・ジャバウォックが立ち塞がる! 強大な相手に、男鹿は暗黒武闘を限界まで引き出すが…。最終決戦の行方は!?


小説を読みたいな、と思っているんですが時間の都合で中々読めずにいます。
漫画ばっかになってしまうのは本当は避けたいんですけど難しいですね。


【バブ135 ゲーム】【バブ136 総大将】
【バブ137 VSジャバウォック】【バブ138 魔王のお父さん】
VSベヘモット34柱師団。

前巻は男鹿が1人で悪魔野学園に乗り込み、悪魔たちを蹴散らして息、途中で東条さんと葵ちゃんも参戦した、ってところでしたか。

なんというか、男鹿、東条、葵ちゃん、あと姫川もかな。
それ以外のキャラがちょっと可哀相でした。

助太刀しにたくさんのキャラが遅れてやってくるんです。
聖特設クラスの面々、六騎聖、イザベラたち侍女悪魔と結構な人数ですね。
で彼らはケツァルコアトルが仕掛けたゲームをクリアしている、っていう描写はあるんです。

が、初っ端の姫川がナンプレ解いてるところ以外まともに描かれていないんですよ。
作中でも静さんもいってましたけど、登場シーンがピークでした(笑)
登場シーンですごく燃えたのになぁ。

バトル的には、もちろん男鹿が勝利します。
戦いの最中で成長云々、ってのは結界師を思い出しました。なんかありましたよね。
てか、おとうさんスイッチとか懐かしいなと思ってみてたんですがあれってまだやってるんですか?
昔NHK教育でやってましたけど、ピタゴラスイッチでしたっけ?どうなんだろ?

最終的に、焔王が泣いて学校は炎上(笑)
ガチで泣いちゃってる東条さんが可哀相でした。


【バブ139 たつみさん】【バブ140 記憶を取り戻すのダッ!!】
【バブ141 記憶喪失の侍女悪魔】【バブ142 王子のくちづけ】
ヒルダが記憶喪失になってしまう話。

サラマンダーの炎で記憶を焼かれてしまったヒルダは目覚めると記憶を失っていました。
で、そのヒルダさんが男鹿家の悪乗りのせいもあってめちゃくちゃデレッデレになるんです。
もう別人の域ですよ。

そんなデレダさんにたじたじになってしまう男鹿とかもうごちそうさまでした。
おもしろかったんですけど、なんでここに来て急にラブコメ展開!?って感じでした。
というか、葵ちゃんの気持ちにまったく気づいていない男鹿ですが、さすがにこれだけやられると気づくんだなぁと。

相変わらずの扱いの悪い古市ですが、これが古市パニックの伏線だったりするのかなぁ。
深読みだとは思うんですけど、男鹿がヒルダさんに「ロリコンのキモ市」と教え込んでる様が描かれていることを考えると……。

王子様――ベル坊とのキスで無事記憶が戻ったヒルダ。
妹であるヨルダとの関係もちょっとよくなったっぽいし、なんかいいな、と。
というか、ヨルダはツンデレの意味知ってるんですね。


【バブ143 若】
前半は記憶の戻ったヒルダの話で後半は神埼さん家の話。

男鹿家の外で喋ってるラミアと、そんなラミアに付き合ってあげてる古市が可愛い。
古市とラミアの関係をちゃんと見てたらロリコン扱いする方がおかしいと思うんだけどなぁ。
どう見ても意地っ張りな妹と優しいお兄ちゃんにしか見えないんですけど。
うーん。

そして、ヒルダさんがデレててテンションあがりました。
記憶喪失最中はがっつりデレてるんですけど、あれは別枠というかあれもう別人じゃないですか。
普段のヒルダさんがデレるからいいんだと思うんですけど。
その辺どうですか。

後半は神埼さん家の姪っ子に振り回される話ですね。
神埼さん家は前々から言われていた通り、やくざ。

普通にサラリーマンやってるお兄さん(零さんだったかな?)の娘が遊びに来るんです。
で、パワフルな姪っ子に振り回されて限界を迎えた神埼さんが「子守のスペシャリスト」として男鹿たちを家に招いたってところで今巻は終了。

この辺全然読んでないんで楽しみです。

拍手[0回]

べるぜバブ 魔王外伝 田村隆平短編集

べるぜバブ 魔王外伝 田村隆平短編集/田村隆平
人類を滅ぼす為にやってきた大魔王の息子・ベル坊を拾った男鹿は育ての親に選ばれてしまった…!? 週刊少年ジャンプの人気作「べるぜバブ」連載前の読切に加え、爆裂ヒーロー物語「大宮ジェット」、他2編を収録!!


古市パニックが収録された20巻が発売されましたね。
田舎なのでまだ入荷されていなくて手に入れてないのですが、めっちゃ楽しみです。


今回は、短編集です。

【べるぜバブ】…金未来杯の本誌掲載作品。
【大宮ジェット】…ヒーローの話。
【ニライカナイより】…少年が少女を振り回して冒険する話。
【URA BEAT】…デビュー作の探偵モノ。

が収録されています。

読み終わって思ったことは「田村先生流用しすぎ」でした。
それというのも、【ニライカナイ】に登場するふざけた神・シーサっていうキャラがいるんですよ。
このシーサが転じてべるぜのコマちゃんになってます。
さらに【大宮ジェット】の主人公・赤星くんが最近本誌に登場した新キャラの一人。

これは私の目がおかしいのかもしれないけど【URA BEAT】の依頼人は古市にしか見えません。
依頼人、女性ですけど。


読んでちょっと驚いたんですけどべるぜが読み切り版と連載版でほとんど変わっていないんですね。
東邦神姫あたりは影も形もありませんけど、それは仕方ない。
気になったのは、男鹿家が和室なところくらいでしょうか(連載版で洋室)。
というか、読み切り時点で古市が登場していたことにびっくり。
いなくても話は進むんじゃ……、とか思いましたが古市がいないと男鹿を止めようとする人物がいないってことですもんね。納得。


もうひとつ驚いたこと。
【ニライカナイ】以外、全部本誌掲載作品なんですね。
【ニライカナイ】は読んだ記憶があったのですが、他は【大宮ジェット】が見たことあるような?といった印象だったんです。
私、10年ほど前から赤マル(今じゃNEXTですが)は欠かさず買っていたので読んだことあったんですね。
掲載当時、結構好きだと思った記憶がありますが、それが田村先生の作品だということは結構後になるまで知らなかったな。

他の3作品は、ジャンプを立ち読みですませていた時期に掲載されていたのできっとまともに読んでないでしょう。


結構古い作品もあったので、若干読みづらい感じはありましたが楽しめました。
また近いうちに本編の続きの感想を書きたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR