忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

べるぜバブ 18

べるぜバブ 18 ヒーローショーに行くのダ!!/田村隆平
修学旅行先の沖縄で、ついに哀場と男鹿が大激突! 邦枝を賭けた(?)子連れ番長対決の行方とは…!? そして帰着後、男鹿と邦枝がデート!? ごはんくんヒーローショーでまたまた波乱! 石矢魔の一同が大暴れダ!!


ノベライズを紹介したのは11月なんであんまり久しぶりな気がしませんでしたが、前巻を紹介したのは7月のことなんでちょっと久しぶりですね。


【バブ153 大将】【バブ154 子連れ番長対決】
【バブ155 修学旅行おしまい!!】
修学旅行編後半です。

前巻の続きですね。
修学旅行先でもケンカしてるんだから、やっぱり石矢魔だなぁって感じ。

なんというか、姫川と神崎の強さを再確認できました。
男鹿や東条さん、クイーンあたりが強すぎだけであって普通に強いんですよね。
うーん、感覚くるってるなぁ。

後半で葵ちゃんを巡って男鹿VS哀場の戦いが巻き起こっています。
正直、哀場の強さが謎。
いや、それなりに強いんでしょうけど、男鹿と戦ったとき哀場にはコマちゃんが憑いていたんで、地力がわかんないんですよね。
コマちゃん自体が大したことないとはいえ、それでも悪魔ですからね。普段よりも力は上乗せされていたはず。
その状態でも男鹿に負けてるんで、せいぜい神崎・姫川クラスなんだとは思うんですがどうなんでしょう?

修学旅行編は本当に古市の出番が少なくて残念。
描かれていないところで、寧々さんや夏目あたりに構ってもらえていたらいいんでしょうけど、きっとそれもないんだろうなぁ。

そしてオチは古市がラミアとほのかちゃんに買っていってあげたお土産。
いろいろ酷い。
ノリで訳わかんない使い道があるとは思えないものを買っちゃうのはよくあることだけど、古市ってもうちょっとセンスあると思ってました。


【バブ156 赤ちゃんドライバー】
ベル坊がおもちゃの車で爆走する話。

おもちゃの車と言っても魔界製ですから、ろくなことになりません(笑)
テンションあがってしまって、ベル坊は男鹿と離れられる限界15m8cmを大きく超えて飛び出していってしまうんです。

興奮している今はともかく、我に帰って知らない場所に1人だということを認識してしまえばベル坊は大泣きする→男鹿死亡というなんとも嫌なフラグがたってしまい、それを阻止しようと男鹿はチャリ、ヒルダはアクババにのって追いかけます。

なんでラストにグッドナイト下川が登場したのか本気でわからなかったです。
それにしてもこいつ地味に登場回数多いですね。


【バブ157 ヒーローショーに行くのダ!!】
【バブ158 ヒーローショーに出るのダッ!!】
【バブ159 ヒーローショー決着!!】
ごはんくんショーを見にいったはずが色々あって、出演する事になってしまう話。

はじめは葵ちゃんが光太を口実に男鹿をデートに誘うわけです。
そこに当然のごとく、古市とラミアがついてきて。

双葉ちゃんにねだられて神崎さんも来てて。さらには六騎聖の静さんもいて――というなんだかわかるようなわからないようなキャラたちが勢ぞろいしています。

ベル坊、双葉ちゃん、光太のちびっ子が固まっていると普通に可愛い(笑) そんでもって、光太は双葉ちゃんに惚れちゃったらしいので今後どうなるのか気になりますね。

で色々あってごはんくんショーに出ることになるわけですが、東条inごはんくんVSうんこ男爵in男鹿とかもう子ども向けショーの域でおさまるはずがなく。
着ぐるみ着てのガチバトルに子どもドン引きですよ(笑)

ラストは共通の敵・かいわれBOYが現れてそいつを倒す(倒せてないけど)ことでどうにか幕を下ろすわけですが、マジでグダグダすぎる。面白かったですけどね。

かいわれBOYの中には行っていたのは、なんとベヘモット。
どうやら、焔王もショーを見に来ていたらしく東条たちの暴走に目も当てられなくて出てきたってことらしいです。

最後に出てきた悪魔、誰だろう? 普通にイケメンなんですけど。
ケツァルコアトルとヴァハム(でしたっけ?犬の人)はわかるんだけどなぁ。
今度見返してみようと思います。

なんというか、古市の行動が謎すぎる。
葵ちゃんが男鹿をデートに誘ってることをわかってるのにどうして、一緒に遊園地行ったんだろう?
「男鹿だけいい思いするなんてギリィ」みたいな感情だったのかな?
うん、それっぽいね。

それにしても、男鹿に飛び蹴り?回し蹴り?してふっとばしていても反撃されないって古市やっぱりすごいな。
まあ、攻撃力が全然ないから気にならないってことなのかもしれませんが。


【バブ160 ビデオレター】
【バブ161 私立サンマルクス修道学院】
大魔王の依頼を受けて私立サンマルクス修道学院に潜入する話。

正直、この学院は異常だなぁ、と。
いや、石矢魔もある意味異常だし危険ですけどね。

金持ち学校なだけあって、権力争いとかそういう精神的な意味でも非常にきつそう。

古市が酷い扱いされるのはデフォルトとはいえ、「んま――っ」じゃねーよ!と。
お前ももうちょっとさぁ!と本人の全く気にしていないような振る舞いにちょっとイラッとしてしまいました。

ラスト、姫川と因縁のあるらしい久我山なる人物が登場しておわりです。
この辺ざっとしか読んでないんで楽しみです。


【番外編 べるぜバブバブバブ】
NEXTに掲載された番外編です。

双葉ちゃんと光太がベル坊を遊びに誘いにやってくる話なんですが、結局遊べてないという(笑) 
なんとも可愛らしかったです。
まあどっちみち、ベル坊って男鹿から離れられないんで、遊びも中々制限されそうですよねぇ。

大きくなってきたらまた変わるのかもしれませんが、本誌の展開上それが描かれることがあるのか……。


また近いうちに続きを紹介したいと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR