忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】篠原 美季」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よろず一夜のミステリー 金の霊薬

よろず一夜のミステリー: 金の霊薬 (新潮文庫)よろず一夜のミステリー 金の霊薬/篠原美季
都市伝説サイト「よろず一夜のミステリー」に"黄金を見つけたものは祟られる"という情報が寄せられた。埋蔵金を発見した青年が轢き逃げされ、宝を求め山を掘り続けた老人はヒ素中毒、アンチエイジングを研究する女性は殺害された。接点のない三人の死に、ある共通点が浮かび上がる。そして調査を進める恵(ケイ)にも魔の手が――伝説にまつわる<怪>事件をサイエンス&心理から暴き出す!


先日購入してきた作品です。シリーズ2作目。
これ略称って何かあるのでしょうか。
作中と同じく、「ヨロイチ」でいいのかな?


今回はあらすじにもある通り、「黄金伝説」。
作者もあとがきで言ってましたが、途中で黄金伝説がメインなのか、不老不死がメインなのかわからなくなってましたが(笑)
まあ、徐福伝説を絡めた時点で仕方なかったのかもしれませんね。
(徐福、秦の始皇帝に不老不死の薬を探すように言われて蓬莱を目指した人物。その時、金銀財宝なんかを運んでいたということらしいです)


前回よりはミステリーっぽい気がしました。
なんていったらいいかな。
登場人物の少なさからいって犯人は一目瞭然なんで、犯人当てを楽しむには物足りないんですが、真相究明にいたる過程を楽しみたいって人なら問題ないかと思います。
私、こういう一見関係ないものが繋がっていくってのが大好きなのです。

そして、怪っぽい要素もこちらの方がいいですね。
1巻は科学的考証でほとんど否定してしまったような印象を受けたので。
今回は、そういう説明できる出来事も多々あるんだけど、不思議なことは残ったままである、と。
全てを明らかにするのも嫌いじゃないけど、こういう茶目っ気のある謎は残しておいて欲しいものです(笑)


作中で、恵がキイチによって一人で山登りを敢行させられ、そこで遭難&突き落とされるんです。
その辺はさすがキイチですよね(さすがに自分が行くのが面倒だからと1人で行かせて遭難させたことは反省したようですが)。
恵はそのときにいろいろ大事な情報を知り、黄金伝説の証拠となるべきものを手に入れているんです。

が、それだけなんですよ。
遭難先であったがために、その手に入れた場所の手がかりなんてものは何も残していない。
レコーダーを持っているのにもかかわらず、情報は中途半端な記憶のみ。
そりゃあ、呆れられるのも納得ですね。

まあ、そういう人物だからこそ、情報も証拠も恵の前にあらわれたのかもしれませんが。

恵って要領は悪いんでしょうけど、運だけはそうとういいんだろうなぁ。
ついでに顔だけはパーフェクトだから、人受けは相当良さそうですよね。

今回もまた、希美ちゃんはあまり登場していません。
テスト休みだったらしく、登場は本当に最後だけですね。しかも、ああいうことをしちゃうのですからすごいです。


解説の金原瑞人さんが
「(今回、恵と稔の父親についてまったく触れられていないのは)おそらく、このシリーズが十巻以上続くという見通しのうえで書かれているからだろう」(p282)
と書かれていてちょっと戦々恐々としています。
そんなに続かれるとお金と収納スペースに困ります(^^;)

3巻「土の秘法」の発売は来年6月。
そういや、1巻の帯から細々変更になってますね。
2巻のタイトルは「黄金伝説」で、3巻は「西行の秘法(4月発売予定)」だったのですよ。まあ、特に問題はありませんが。

もしかしてサブタイトルって五行に絡めてるのかな?
ってことは4巻は「火」で5巻は「木」になるんだと思うんですがどうでしょう。
答え合わせは6月ですね。楽しみです。

拍手[0回]

よろず一夜のミステリー 水の記憶

よろず一夜のミステリー: 水の記憶 (新潮文庫)よろず一夜のミステリー 水の記憶/篠原美季
大学生の日比野恵があるバイトを始めたのは、都市伝説などを扱う不思議系サイト「よろず一夜のミステリー」。ある日、そこに不穏な投稿が寄せられた。「呪い水で、人を殺せるって、知ってる?」――時を同じくして、怪死事件が発生。青年社長の万木輝一(ゆるぎてるかず)やサイエンスライターの蓮丈万聖(まさと)など、個性派ぞろいのチーム「よろいち」が真相究明に挑む、書下ろし青春<怪>ミステリー開幕!


以前購入して積読になっていたものです。
積読がたくさんあるのに図書館でも借りてきてしまうのは私の悪い癖です。

というか、表紙を見ても章扉を見てもまったく気付けなかったのですが、これ描かれているのって高嶋上総さんなんですねー。
ハーレムビートは夜明けまでのころと絵が変わっていて気付けませんでした。
私、最終巻が発売される前に売ってしまったんですよ。もうストーリーも半分くらいしか覚えてませんが、最後どうなったのかすごく気になりだしました(笑)


さて、本編。
あらすじにあるほど<怪>でもないし、ミステリーでもないってのが正直なところでしょうか。
「呪い水」といういかにもっぽい名前が登場するものの、どちらかというと科学的な考証に終始している印象を受けました。
というか、結局は「呪い」を証明することが出来ないから、ちょっともやもやした終わり方なんですよね。


シリーズ1作目ってこともあり、キャラクターがちょっと弱いながらも気付けば物語に引きこまれていました。
もともと少女向けライトノベルなんかを書かれている方なので、読みやすいです。
たぶん1時間15分くらいで読みきったのかな?
厚さがそれなりにあるので、プラス1時間弱くらいは見積もっていたのですが。


主人公の青年・恵はかなりの美形のようで、押しに弱そうな一面がありつつ、ちょっと生意気そうな面も出されているのですが、今後の他キャラとの絡みが腐女子としては非常に気になりました。
万聖さんとか優しげだけど、裏がありそうで(笑)

社長であるキイチさんの自論がですね、かなりぶっ飛んでいて。
「容姿のいい者は能力も高くあるべきで、逆に言うと、見目麗しくないものは能力も低くあるべき」なんだそうです。
美=善で、醜=悪ともいえるとか。
読んでいてちょっとびっくりしてしまいました。
(キイチ自身も恵とは方向性が違うとはいえ美形だから自分の能力は高いと思っているってことななのかな?)
そういう考え方だから、恵の能力の低さが気に入らないってことなんですね。
ってことは、恵が上手く育てばお気に入りになる可能性があるんじゃ?と想像してしまいました。
頭は悪くないと思うから素地はいいと思うんですけどね。


前述の通り、今巻はシリーズ第1作。
恵が会社の面子に馴染んできたかな、ってところで終わっています。
チームメンバーはこれで勢ぞろいなのかな?
アリサだとかまだまだ謎のままだし、希美ちゃんなんかは最後の最後でバイトをはじめたわけですし、今後もっと掘り下げられていくってことなんでしょうね。

帯によると2巻黄金伝説は10月、3巻西行の秘法は来年4月発売予定だそうです。
今後どんな風に展開していくのか楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR